トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

クリスティーヌ・フェルベールのコンフィチュールを開ける

Dsc01171クリスティーヌ・フェルベールのコンフィチュール?カタカナが多すぎですが「コンフィチュールの妖精」といわれるフランス人フェルベールさんのジャムを開けました。

新宿伊勢丹の地下で彼女のコンフィチュールを扱っています。一昨年の冬、 試しに買ったところから始まり、いろいろな味を試しています。フルーツがたくさんしっかり入っていて香り豊か。どのコンフィチュールもベースとなるフルーツにスパイスや他のフルーツが入ったりでレシピは無限にありそう。伊勢丹でもそのときによって置いてある味は違います。ヨーグルトに入れたりカマンベールチーズと一緒にいただいたりするとあっという間に空っぽになります。

定番のベリー系もおいしいけれどお勧めはミラベル(プラムの一種かな?)とルバーブ。ルバーブはあまり好きではなかったけれど凄くおいしくて何種類かいただきました。ルバーブは普通薄いピンク色ですが彼女のはきれいなグリーンです。他のジャムとは全然お味が違います。

一月に伊勢丹で開催されたサロンドショコラにも出店していました。フランスアルザスの本店はお菓子も扱っているようで。しかもフェルベールさんご本人も来日。調子にのってせっかくなのでオレンジとチョコレートのコンフィチュールと著書を購入しました。フルーツが違えばいくらレシピがあっても彼女の味は再現できないのはわかっているのですがなんとなく・・・。作ることはなさそうですが写真もたくさんで見て楽しめます。

さて、今回開けたチョコレートのコンフィチュール。まあ、おいしいんですけどね。やっぱりフルーツ系のほうがおいしいかな・・・。

| | コメント (2)

bobuxのファーストシューズ

息子も11ヶ月になり数歩あんよができるようになりました。外を歩かせるにはまだまだおぼつかないので靴はまだ先・・・と思っていました。

でも最近外に出かけても抱っこより自分で立ちたい!歩きたい!とせがむようになりました。今日は予防接種。きっとまた長時間待たされます。

そういえば出産祝いでいただいたbobuxのファーストシューズがあったことを思い出しました。スリッパをなめたがるのでその代わりにおしゃぶり状態で使ってましたが(すみません)ついに今日出番となりました。Dsc01299

とても柔らかい革でできていてしかもかわいい。

底も革製なので外に履いていくというより外国で室内も靴生活の方々が使うものと思ってました。でもちょうど今の息子のようにトコトコ一人では歩けないけれどちょっとお外で立ちたい、出かけた先の室内でちょっと歩きたいというときに最適です。

おかげさまで予防接種の待ち時間もクリア。ベビーカーに乗せてても靴下みたいに気づいたらなくなってしまうこともなくいい感じ。一人でしっかりあんよできるまでbobuxにお世話になります。

| | コメント (1)

ブランマフィンを焼く

Dsc01266 たまにすごく食べたくなるブランマフィンを焼きました。以前通っていたパン教室で習ったレシピです。

Dsc01270_1小麦表皮=ブランとヨーグルトがたっぷり入ったマフィンです。食物繊維たっぷり。とってもおなかにいいマフィンのはず。よくわからないけれどミネラルとかビタミンとかもたくさん摂れそうです。レーズンもはいっているし。混ぜてカップに入れて焼くだけのお手軽さもあって思い立ったらすぐ作れます。今日は勢いあまって12個焼きました!

ブラウンシュガー、蜂蜜、モラセスがはいっていて奥深い甘み。でもやさしい甘さなので焼きあがってから蜂蜜をつけていただいてもおいしいし、熱々焼きたてにバターをちょっとのせていただくのも気に入ってます。息子も初ブランマフィンを喜んで食べてくれました。ママの味として覚えていてくれるかなー?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

牡蠣の包み揚げをつくる

Dsc01256先日行ったお料理教室で習ったポルトガル風牡蠣の包み揚げを作りました。

簡単に言えば牡蠣の餃子風クリームコロッケ。(?)牡蠣とグリーンオリーブの入ったホワイトソースを作ります。味付けにウースターソースとタバスコを隠し味に入れるのがポイントのようです。

衣はまず卵なしのシュー生地風のものを作ります。バター、牛乳、水、レモンの皮を火にかけ沸騰したら小麦粉を一気に入れてよく混ぜます。ラップに包んでしばらく冷ましたものを薄く延ばし餃子の皮のように丸く型抜きします。その生地でクリームソースを包み小麦粉・卵・パン粉をつけて揚げます。パン粉が足りなかったので途中からコーングリッツに変えましたがそれでも十分おいしかったです。

オリーブの酸味とタバスコがちょっぴり効いた中身とそれを包む皮のモチモチ感、更に揚げたてのサクサク・・・。お客様のときにおつまみでお出しするのによさそうなメニューです。

でもどのあたりがポルトガル風なんだろう・・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

親子ボーロと春ボーロ

Dsc01246 今日はとっても暖かかったので前からずっと食べてみたかった鎌倉五郎の親子ボーロを買いに新宿の小田急百貨店まで行きました。

よく拝見させていただいているブログに紹介されていてボーロ好きの私は是非食べたいと思っていたのです。

目的の親子ボーロをめでたくゲット。親子のように大小のボーロが入ってます。ほんのり甘くて変なにおいもしないしなかなかおいしいです。息子もボーロ好きゆえ、開ける前から興奮です。写真撮らせてー。大きいボーロはチビの息子には溶かすのにかかる時間が長めになるので大人しくていいです(笑)

Dsc01240_1

ついでにひな祭りシーズンということで雛あられと春ボーロなる味つきボーロも一緒に買っちゃいました。どうやらほうれん草とイチゴ味のようです。

こちらはひな祭り過ぎたらいただくとします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

白花豆を煮る

Dsc01234_1 大好きな白花豆を煮ました。

お豆を煮るのは面倒だと思っていたけれど一度やると簡単だとわかります。

一晩水につけて一度湯でこぼし灰汁をとったらやわらかくなるまで煮るだけ。

といっても長い時間火にかけたままだと忘れてしまいそうなのでいつもキッチンに立つときだけ火にかけます。キッチンを離れるときは火を消してふたをしたまま置いておきます。余熱で十分やわらかくなっていきます。

今日はトスカーナ風お豆のサラダでいただきました。みじん切りのたまねぎと混ぜて塩こしょうオリーブオイルであえたものです。オリーブオイルがおいしければシンプルながらとってもおいしくいただけます。

| | コメント (1)

沖縄の蒸しパン「黒糖アガラサー」

Dsc01228もう買っちゃいけないと毎回思うのに見かけると絶対買ってしまう・・・。私にとって黒糖アガラサーはそんな食べ物です。一個210円だし。

新宿伊勢丹の地下で沖縄の催事をやっていて思わずまた買ってしまいました。

アガラサーは黒糖味の蒸しパン。普通の蒸しパンに比べると生地もずっしり重くて詰まっているかんじ。出来立てはふんわりですがさめると結構噛み応えがあります。そしてなによりとにかく甘い!!おいしいんだけど甘い。多分生地に解けるMAXの黒糖が入っていると思われます。

ところどころに黒糖の塊が残ったままになっていてそれがまたおいしい。でも甘い。甘いもの好きの私も一個は絶対一気に食べられない。しかもおなかの持ちがすごくいい。おなかの中で膨れるみたい。

でもおいしい・・・。また見かけたら買っちゃうんだろうな・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お台場のクアアイナでたらふく食す

トイザラスでお買い物したかったのでお台場のアクアシティに家族3人で出かけました。

夕飯どうする・・・?といっても息子がいるのでおしゃれレストランというわけにもいかず。子連れでも気兼ねせずに楽しめるハワイのハンバーガー屋さんクアアイナで簡単ディナーとなりました。(しかも5時から)

私はハンバーガーのセットにアボカドをプラス。旦那様はチーズバーガーのセット。なんか欲張ってしまいターキーサラダとクラムチャウダーまでつけちゃいました♪

久々に頂きましたが相変わらずの大きいハンバーガーでなかなかかぶりつけず・・。息子に夕飯を食べさせながらの二刀流でますます上手に食べられず・・・。←言い訳 ハンバーガーはぐちゃぐちゃに崩れてしまいました。昔からハンバーガー上手に食べられないのよね・・・。

でもとっても満足。はじめて頂きましたがクラムチャウダーもターキーサラダもおいしかった!店内に流れるハワイアンを聴きながらハワイに行きたい病にかかりましたわ。

でも二人で3000円以上したの!高すぎっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BENOITでランチしました

旦那様に息子を預けてアラン・デュカスのお店BENOITでランチしてきました。旦那様&息子、ありがとう。

息子が生まれて以来はじめてお友達と優雅にランチ・・・。幸せ過ぎます。

ビストロというにはお値段もするし気楽なお店ではないですが他のお店にはない感じで楽しめました。

5000円のプリフィクス(前菜2種・パスタ・メイン・デザートのコース)をいただきましたがボリュームたっぷりです。

Dsc01198

最初は中近東の料理ムタバル(なすのペースト)風のものと多分フロマージュブランの2種のディップ。ムタバル風の方にはコリアンダーとヤギのチーズが入ってて好きなお味です。

Dsc01200

続いて前菜。おまかせでお願いしました。写真左はこれまた中近東系。フムス。ひよこ豆のペーストがレンズ豆や野菜にかけてあって混ぜていただきます。ちょっとカレー風味で今日のコースの中で一番おいしかったかな。写真右は甘い赤ピーマンの間にカニがサンドしてあります。んー、なんかお寿司屋さんでお目にかかりそうなお味がしましたー。   

Dsc01201

パスタは・・エスカルゴバター風味のもの。名前は難しすぎて忘れちゃいました。小さく切られたビーツの赤や野菜の緑がきれいでした。

Dsc01202メインは鹿肉。胡椒がぴりりと効いたソースと真っ赤ですっぱいスグリのピュレといただきます。お肉も柔らかく思ったよりあっさりしていてペロリといただきました。

Dsc01203

デザートはフレンチトースト風のブリオッシュにたくさんのフルーツとバニラアイスがのせられたもの。ボリュームはかなりありますがそんなに甘くなくおいしかったです。

お友達のお皿もお味見しましたー。違うものをオーダーしたのでそっちもおいしかったなぁ。デザートについていた生姜のソルベ、おいしかったです。そんなに辛くないし、梨の香りが程よく効いていて。

全体的には「地中海風」を謳っているだけあってイタリアのパスタ・リゾットや中近東系のペースト、アフリカ・モロッコのタジンなんかもありちょっと変わったものをという時にいいお店かと思いました。インテリアも好き嫌いありそうですがおのぼりさん気分の私は「イマドキっぽいなー」と妙に感心しました。

まあ何より女友達とのお気楽おしゃべりがいちばん!またランチしようねー!

| | コメント (0)

魅惑のショコラ

Dsc01162_1 やっぱり冬はショコラ♪

先日お友達がMichel Chaudunのpavesをくださいました。ありがとう!

生チョコはものによって脂くさい感じがしてうーんっていうものもありますが久々においしくいただきました。一つ一つが少し小さめなのもおいしさの秘訣かしら?でも小さめゆえにもう一個・・・。ああとまらない。

かわいい箱にぎっしり入ってた”石畳”。すでに隙間だらけで”石ころ”状態になってます。

| | コメント (0)

表参道のエチカでパンを買う

表参道は今表参道ヒルズのオープンで凄い人ですがちょっと前にオープンした駅の中のお店Echikaは少し落ち着いてきました。

オープン間もない頃買っておいしかったのでJEAN FRANCOISでパンを買いました。

小麦のいい香りがちゃんとするし、生地もおいしいけれどパンに入っているオリーブとか胡桃とかがとてもおいしい。家で焼くのとはまた違うおいしさで幸せ。

バケットももちろんおいしいけれどレーズンが入ったのがおいしかった。薄くスライスしてカマンベールチーズ載せていただきました。うーん止まらない・・・。

エチカで買ってその場でいただくこともできます。そんな優雅な時間うらやましい・・・。

| | コメント (0)

素敵・・。おんぶっこバギー。

ベビーは一人しかいないのに3台ベビーカーがあります。

だってどれも必要なんだもの・・・。マクラーレンQUEST、VOLOに続く3台目はちょっと変り種のベビーカー。

その名もおんぶっこバギー

いけてなさ過ぎるそのネーミング。しかも目立つところに大きく「おんぶっこバギー」と書かれたおっきいタグが縫い付けられています。(ありえない)

タグのせいで旦那様に購入を止められましたが、信頼できる先輩ママの強い推薦をがあったので思い切って購入。買ったその日にタグは自力で取り外しました(アハハ)

ベビーが座る通常のバギーと違い、立っている感じなんです。ベビーからすると歩行器みたいな感じです。動き回るようになってからはおとなしく座っててくれないんですよね。そんなお年頃のベビーにはホントお勧め。「僕は立ってますぅうう!」って感じでぴょんぴょん跳ねながら乗ってます。

バスや電車に乗るときも本体が軽いし場所とらないしで大活躍。まだちょっと寒いんですが暖かくなったらますます活躍してくれそうです。

| | コメント (0)

ポルトガル料理

   Dsc01146_2

今日は久々のお料理教室。ポルトガル料理でした。

料理って同じ素材でもお国変われば調理法もできあがりもかわり歴史とか文化とかのつながりが見えてきたりして楽しいものです。

ポルトガル風シーフードライス。ヨーロッパに はイタリアのリゾットやスペインのパエリア、フランスのピラフ・・・いろいろありますがポルトガル風はどちらかというと日本のおじやに近い食感です。魚介のトマト風味洋風おじやって感じでしょうか。作り方もスープを作っておいて生米を入れて煮る方法です。水分を煮詰めすぎず、かといってゆるゆるでもなく。なかなかさっぱりしていておいしかったです。

ポルトガル風ってあまりなじみがなかったのですが最後に添える青物はなんとコリアンダーなんです。あのタイ料理とかで使われている結構嫌われ者のアレです。肉料理はパセリで魚介はパクチーなんですって。パクチーはアジアとかメキシコとか中南米のイメージが強いですけどヨーロッパでも使われるんですね。アラブ諸国の影響でしょうかね。

奥が深いわっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は和風チョコでバレンタイン

_041 今日はバレンタインデー。

最近はすっかり自分のためのチョコレートとなりました。

1月末に新宿伊勢丹のサロン・ド・ショコラに行きました。すっごい混んでいてベビーカーの私は直ぐに退散。でも会場のあま~い香りは堪能できました。

ヨーロッパからたくさんの有名なショコラティエが来日されていたようですが今年はなんとなく正統派のヨーロッパのチョコレートではなく変り種に目が行きました。

京都のPONTOのもの。和風の素材を使ったチョコレートです。

きなこのプチ・フュジョンというのを買いました。きなことチョコ?って思いましたがプラリネがさくさくしてて、なかなか実はおいしいのです。包みもかわいいし。個別の包みを開くとなんだか朝顔みたい。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年3月 »