« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

春菊・クレソン・香菜の黒酢サラダを作る

Dsc01628 昨日のお料理教室で習ったサラダを早速作ってみました。

材料は春菊、クレソン、香菜を適当な大きさにしたものに牛のしゃぶしゃぶ肉に軽く火を通したもの。お教室では彩りに赤と黄のパプリカも入れましたが本日はカット。

主張の強い食材ばかり。でも食べてみると春菊がダントツ主張してます。

ドレッシングがおいしいのです。中国の黒酢にナンプラー、砂糖、醤油、豆板醤を加えます。アジアの心、「すっぱ・甘・辛い」です。黒酢とナンプラーのあわせ技、いけます。

簡単だけどメインを張れるパンチのきいたお味。一人で大きな鉢全部食べちゃいましたよ。お茶碗片手に。

生の春菊っておいしいですよねぇ。母が昔よく作ってくれたツナ入りのマヨネーズ風ドレッシングかけていただくのも好きですがこちらも定番メニューになりそうです。

写真がぼけているのは本日とってもご機嫌斜めな息子を最後の手段「おんぶ」しながらの撮影のため。最近後追い激しいんですよね・・・。

| | コメント (1)

アジア料理を習う

Dsc01621 お料理教室に行きました。今日はアジア風のメニューでした。今日はお野菜いっぱい。おいしかった上に体にいいぞと自信を持っていえる野菜量に満足です。血液サラサラになったかなー。

メニューは

細切り野菜のチャイニーズトマトスープ・・・沢煮椀の中華版!

マグロと水菜のタルタル・・・ちょっと韓国風のようなハワイ風のようなごま油とお塩でシンプルに味付けしたタルタルでご飯に載せて丼にしてもかなりおいしそうです。

タイ風鶏肉のサラダ巻き・・・鶏もも肉をナンプラー、にんにく、醤油をベースにしたタレに漬け込みオーブンで焼きます。オーブンからナンプラーの焼ける甘い香りが食欲を誘います。

牛肉と香味野菜のサラダ・・・春菊、クレソン、香菜を生でたっぷり頂きます。中国の黒酢を使ったドレッシングが美味でした。

ライチ杏仁豆腐

本日の先生はとってもさっぱりされた方でお料理もとっても簡単。お夕飯の一品にすぐできるものばかりでした。

クレソン本当はあんまり得意でないのですが味の強いモノ同士、春菊とのシナジー効果ですっかり虜になったので帰りにクレソンと春菊買いました。明日の夕飯に登場予定!

Dsc01607 実家に預けた息子もいい子にしていてくれて、桜も綺麗で最近バタバタ忙しくしていますがちょっと心休まりました・・・。ふー。

ゆっくりお花見したいなー。

| | コメント (0)

コーンミールビスケットを焼く

Dsc01583 微妙に賞味期限が過ぎてしまったコーンミールを使ってコーンミールビスケットを焼きました。

コーンミール入りのスコーンみたいなものです。明日の朝食用です。でも焼き上がりがやっぱりおいしいのでちょっとつまみ食い。甘みはそんなにないのでメイプルシロップ付けていただきました。調子に乗ってクロテッドクリーム風にマスカルポーネチーズも付けて食べたらおいしいー。けどちょっと重過ぎました。反省。

賞味期限が過ぎたのに結構残っているコーンミールを使うのが目的なのに30グラムしか消費できなかった・・・。

というわけで晩御飯はワカザギのフライ。小麦粉でなくコーンミール付けて揚げましたがやっぱり大して減らなかった。コーンミール沢山使うレシピって何かないですかねぇ。「モッタイナイ」キャンペーンにのってケチケチがんばっております・・・。

| | コメント (1)

アーミッシュのお菓子shoo fly pieを焼く

Dsc01559 以前パン教室で習ったSHOO-FLY PIEを焼きました。直訳すると「ハエあっち行けパイ」

あまりのおいしさにハエを追い払うのが大変という意味だそうです。

アメリカに住む300年前の生活を現在も守っているアーミッシュの人々が作るパイだそうです。電気やガスも使わないそうです。冷蔵庫に入れるなんてことないんでしょうね。保存性を高めるためでしょう、ブラウンシュガーのほかにモラセスがたっぷり入っています。モラセスというのは黒蜜みたいなドロリとした液体です。ベーグルの外側のつるりとした茶色いところのほんのり甘い味、あれがモラセスの味です。

シナモンを少し入れたパイ生地に中身の生地を流します。中身の生地はモラセスに卵や粉、ブラウンシュガーなどを混ぜたものです。その上にクランブル風に粉、ブラウンシュガー、バターを混ぜたものをのせてオーブンへ。簡単です。

モラセスの独特の風味が素朴な感じでかみ締めるおいしさがあるパイです。フランスなどの繊細な感じとはかけ離れてますけれど。

しかし、今回、失敗しました・・・。(涙)

前の晩、計量だけ済ませておき、朝バタバタといろいろなことの片手間で作ったのがいけないのです。焼きあがったー!とオーブンを開けるといつもと様子が違います。あー上のクランブルみたいなところにバター入れるの忘れました・・・。なんかおかしいなぁと思いつつ雑事に追われ悔しい失敗です。冷蔵庫には計量済のバターが(涙)。

教訓:お菓子は集中して作ろう。

上のクランブル風の部分はそぎ落として頂きましたらいつもよりちょっとヘルシーな感じ(?)でそれはそれでおいしかったのでまぁいいか・・・。

カットしてすぐに頂かない分は冷凍して少しずつ頂きます・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

目黒のとんきでたらふく食す

とんかつといえば目黒の「とんき」でしょう!小さい頃から旦那様も私も大好きなとんき。お互いの小さい頃はもちろん面識ないのですが同じような所に出没していたのです。久々にどうしても食べたくて息子を預けて行きました。

18時ちょっと前に着きましたがすでにカウンターは満席。昔からいらした名物おばあさんはもういらっしゃいませんが昔からいるおじさんがオーダーを取ります。そしてこちらをちらっとみてメモ・・・。きっと私たちの特徴をメモしているに違いないのですがアレだけたくさんの待ちのお客様をどう識別するのか未だに謎です。昔は洋服変えたり、めがねかけたりいろいろ変装してみましたが絶対間違えないんですよね・・・。誰かご存知じゃないですかねぇ。

まもなく席が空きビールを頂いているととんかつが供されます。独特の衣、脂っこ過ぎないお肉、あまーい千切りキャベツ。キャベツはなぜかそれだけでご飯一膳いただけてしまうほどのおいしさ。今回は2回もキャベツお代わりしてしまいました。

お味も大好きですが揚げ物を扱うお店と思えないほど清潔な白木のカウンター、店員さんの化粧っけのなさ、無駄のない動き。でも無愛想ではないのです。サービスがまたすばらしすぎます。この時代にホームページなど持たず、ランチはしない。夕方16:30からの営業。未だに黒電話(しかもピカピカ)をお使いです。頑ななポリシーを感じるお店です。そのときによって味やサービスにムラがあるなんてことは絶対ないところがストイックでホント脱帽です。

とんきで修行された方が独立したお店がいくつかありますが、同じなんだけど微妙に何かが違ったりしてやっぱり目黒に行ってしまうのです。あー今回もおいしかったなぁ。

とんきに行くと必ず家の掃除を心に誓います。なかなか実行できないんですけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Sadaharu AOKI parisのケーキを買う

Dsc01547新宿伊勢丹にサダハル・アオキ・パリがオープンしました。アナウンサーの雨宮塔子さんの旦那様のお店です。パリでも人気のお店だそうです。抹茶とか和素材を使っているのも人気の理由かと思います。きれいなお菓子で見た目もとても素敵です。

バレンタインに旦那様が会社の方からチョコレート風味のフィナンシェを頂いておいしかったのでウキウキ買いに参りました。(ちなみにフィナンシェは丸の内店でのみ取り扱いだそうです)

一昨日オープンということでなーんとなく店員さんもぎこちなく今にも泣き出しそうな息子を抱えている身としてはてきぱきお願いしますよーという感じでしたがチョコレートのケーキを買いました。かなりいいお値段なので1個だけ購入・・・。

チョコレートクリームやプラリネ、アーモンド風味の生地と何層にもなっていて絶対家では作れない手の込んだ一品です。上にひとつマカロンが載っているのがかわいらしいです。

おいしかったですがちょっと大きいんですよねーサイズが。半分にして半額にしたらもっと買えるのになぁと思ったのはわたしだけでしょうかねぇ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

塩豚にはまる その2~カスレを作る

Dsc01546 先日の塩豚の残りを使ってフランスの郷土料理カスレを作りました。

カスレとは豚肉と白いんげん豆のトマト風味の煮込み料理です。フランスの南西部のものだそうですが材料や作り方はいろいろだそうです。

料理研究家の大森由紀子さんのレシピをベースに作ってみました。

塩豚を軽く煮て臭みと脂っこさを取り、別なべで焼き色をつけます。玉ねぎも加えていためお水を入れてお肉に火が通るまで煮ます。火が通ったら白いんげん豆(缶詰)と生のトマトをいれ豆が崩れ豚がやわらかくなるまで煮ます。グラタン皿にソーセージとともにいれパン粉をふりかけオーブンで焼き色をつけて完成。パンにもご飯にも合う一品です。

塩豚のこっくりした甘みが味に深みを出してくれます。

残った分は明日パスタを絡めていただきまーす♪

| | コメント (0)

息子の誕生会 その2

Dsc01525 六本木ヒルズのGRAND HYATTのフレンチキッチンでバーバ、おじさま・おばさま(と呼ぶとまたまた怒られますが)に息子の誕生日を祝っていただきました。

お料理もとってもおいしくって個室で気楽に楽しいひと時を過ごせました。

最初は海老をパイではさんだもの。アメリケーヌソースがかかってました。スープはチョイスできましたが私はサツマイモのポタージュ。お魚は写真がないですが鯛のポワレ。メインもチョイスでラムのグリルを頂きました。Dsc01514Dsc01515Dsc01519ラム好きの私としてはかなりおいしかったな~。

デザートはお誕生日ということでベリーのショートケーキを予約してありました。軽くて少しリキュールがきいたイチゴが挟まっていてこれまたおいしかった。息子もちょっとだけ頂きました。大人はバースデーケーキに加え、もともとのコースデザートのチョコレートケーキとアイスクリームとの盛り合わせ。かなりのボリューム・・・。さすがにちょっと全部はいただけませんでしたがカプチーノとともに頂き、満足満足。

フレンチキッチンにはテーブル付の子供用のいすもありますし、セサミの子供用のお皿も出していただきました。1歳くらいだとまだテーブルなしの子供椅子だと一人で座れませんしテーブル付でないと大人のテーブルに手が届いてしまうのでテーブル付子供椅子を用意していただきありがたかった。おもちゃを広げ機嫌よく遊んでくれて夜にしてはいい子にしててくれました。ムードのあるレストランなので個室でないと失礼かと思いますが子連れにも対応していただけるお店でした。

息子の誕生日なのにすっかり親が楽しんできました。息子も大好きなみんなに囲まれてプレゼントまで頂いてニコニコでした。ありがとうございます!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

塩豚にはまる

Dsc01489 塩豚にはまってます。もはや定番になりつつあるような・・・。豚バラ500gで大さじ1/2の粗塩をすりこんでラップにしっかりくるみ冷蔵庫で2日ほど。きれいな赤色を帯びた塩豚ができます。

薄くスライスしてテフロンのフライパンで焦げ目がつくように焼いてお皿に盛っておき塩豚のうまみがついたフライパンでねぎをいためたっぷりのこしょうと香り付けにごま油を少し。豚肉にトッピングします。すごーく簡単。すごーくおいしい。ポイントはおいしい豚肉を買うこと。以上。

塩豚はゆでるレシピが多いですがシンプルに焼くのが一番おいしい。塩豚のお味だけで十分おいしくご飯もすすみます。

同じように焼いてわさびやゆずこしょう、レモンなどもおいしいです。

残った塩豚は・・・。また違う料理に使います。

| | コメント (4)

息子の誕生会 その1

息子の誕生会ということで旦那様方のひーばーば、じーじ、ばーば、おばちゃま(こう呼ぶと怒られちゃいますね)が我が家に来てくださいました。

いっぱいのお客様に息子は最初驚いて泣いてましたが、日韓の野球を応援しつつ楽しくお昼のパーティとなりました。

私も久々のお客様でたくさんお料理してたのしかったなー。虎の子のビンテージシャンパンとワインもおいしかったわー。

メニューは和食。実母のレシピです。

・えび、ささみのクレープ包み・・・えび、ささみときゅうり、小ねぎを味噌とゴマ入りのクレープでセルフで包みます。取りあえずのオードブルに便利な一品です。

・牡蠣のコンフィ・・・牡蠣を空焼きしてオイスターソースで味付け。オリーブオイルにつけておきます。

・アスパラの豚肉巻き・・・アスパラにお肉をくるくる巻いて。レモンでさっぱり頂きます。

・蒸し豆腐の蟹あんかけ・・・卵白と豆腐をバーミックスでとろとろに混ぜ蒸します。蟹のあんをかけ三つ葉を散らして。

・豚肉の梅あんかけ・・・衣をつけて揚げた豚に梅としょうゆのあんを絡めて。酢豚の梅版?

・菜の花の辛し和え・・・からしを溶いただし醤油に漬けておきます。

・ちらし寿司・・・先日簡単さに開眼したちらし寿司。今回は小鯛の笹漬けやアナゴ、いくらなどをちらしました。息子用は酢飯を普通のご飯にして錦糸卵など食べられそうなものを乗せました。

・和風ピクルス・・・きゅうり、大根、にんじんを昆布入りの漬け汁につけます。すっぱ過ぎず箸休めにぴったりです。つくり置きできるし、日持ちするしお気に入りです。

・紅白白玉の白味噌汁・・・紅白白玉と青みにほうれん草を入れて白味噌の汁を張ります。

デザートのケーキはグラマシーNYでバースディケーキをバーバが用意してくださいました。

自分で言うのもなんですがおいしかったなぁ。写真をUPしたいところですが撮るの忘れました。食べてから気がついた・・・。

息子もご機嫌で大人のメニューにちょっと手を入れて食べられるようにしたのをたくさんたべました。お誕生日プレゼントもたくさん頂いて、ありがとうとペコリ。頭を下げました。

息子にとっても大切な家族とのひと時、きっと覚えてないけれどそのあたたかさはずっと覚えててくれると思います。

| | コメント (3)

息子の誕生日

Dsc01430 今日は息子の1歳の誕生日。一年前出産した日が昔のような最近のような。しみじみ感慨深いです。

初めてのお誕生日、何にしようか・・・?

当初ショートケーキを作ろうと思い、旦那様にいったら「結局食べるのキミでしょ」と鋭い指摘。息子が食べられるものでとホットケーキになりました。一応スペシャル感(?)を出したくて息子の大好きなバナナ入り、イチゴ添え。「ウマウマ」連呼しながら喜んで食べてくれました。

夕飯は絶対「鯛の尾頭付き」にするぞ!と心に決めて買い物に行ったのですがここのところ海が荒れているそうで鯛の入荷なし。何件か見ましたがやっぱりないので「甘鯛」になってしまいました。かなりスケールダウン・・。Dsc01455 ローズマリー、タイム、ディル、ローリエとハーブいろいろをはさんでオリーブオイルかけて焼きました。息子もハーブ嫌がるかと思いきや結構普通にモグモグ・・・。大人になったのね・・。

さーて、息子も眠りにつきました。ママ1年お疲れ様ということで買ってきたケーキをいただくとします。

| | コメント (3)

今日の無駄遣い~スーパーにて

Dsc01401 納豆だけ買うつもりでスーパーに行ったのにいろいろ買ってしまいました。

本日の衝動買いからトップ2←他にも無駄遣いしてます

その1 男前豆腐のやっこ野郎

最近すっかり有名になった風に吹かれて豆腐屋ジョニーを作る男前豆腐さんのもの。もうやっこの季節なんですねぇなんて思い購入。いささか男前豆腐の芸風(?)には飽きてますがなーんか買っちゃうんです。本日のやっこ野郎は・・・湯豆腐のと違いがわからないなぁ。でもイソフラボン摂取しました!って確信もてる大豆の濃厚さはさすがですわ。息子の白和えにも使いました。やっぱりジョニーが一押し。

その2 函館北海道乳業「テオブロマのチョコレートプリン」

スーパーでたった120円なのに結構かなりおいしい♪実は最近のハマリ物で何度か買っております。ちゃんと濃厚でテオブロマの冠にふさわしいお味です。ちょっと褒めすぎ?以前、ココアも売ってましたけどアレもおいしかったなー。

テオブロマでちゃんと生ケーキ買うのもいいけれどお値段に比例してチョコレートがかなり濃厚なのでこれ位が個人的には好き。焼き菓子はクッキー始め、おいしくってお店のそばを通るとこれまた衝動買いします。

| | コメント (2)

チヂミ道を極める

Dsc01395 韓国料理のチヂミ。大好きなんです。クリスピーな表面、でも中はもちっとしてていろいろな具が沢山はいってて・・・。

最近は韓国料理店にもいけず、おいしいチヂミと疎遠になっております。焼肉屋さんのチヂミってちょっと邪道だし、かといって子連れで大久保あたりの韓国料理屋さんっていうのもかなり気が引けます。

というわけで自分でおいしいチヂミを作ろうとがんばっています。が、何度作っても納得のチヂミができません(号泣)いったい何回作ったことか。いろいろなレシピで作って試行錯誤中。これまでの試作により(本当にくるったようにつくっている)生地に上新粉を入れること、裏返してからはヘラで押して焼き付けること等々ポイントらしきことはわかってきました。どのレシピも一長一短でかといって組み合わせるとバランス悪いし。

あー、そして本日も試作いたしましたが失敗です。本日のレシピは卵が多かったようで卵味が立ってしまいました。うーん。

材料半分残ってますので明日またチャレンジしますか・・・。旦那様ごめんなさい、チヂミばっかりで・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子育て支援センターぴっぴに行く

東京・等々力にある東横学園の子育て支援センターぴっぴに行ってみました。Dsc01385 子育て支援センターというとなーんか地味そうな汚そうな古そうな・・・そんな感じがしますがとんでもない!東横学園の中にある新しい施設ということもあってとてもきれいで大満足!区の児童館も見習ってほしい!

おもちゃもおままごとや絵本、パズルや楽器・・・思いつくようなおもちゃは大体あります。日本のキャラクターもののおもちゃはなくてヨーロッパの木のおもちゃとか質のよさそうなものが沢山!

そろそろ家にあるおもちゃに飽き飽きしていた息子も大興奮!床におろすなり母を置いて一目散に遊びだします。しかも相変わらずひとつのおもちゃに集中しない・・。少しするとまた違うおもちゃに向かいます。落ち着きがないのは完全に母似です。大人も滑れる頑丈な滑り台もあって滑り台デビューも果たしましたが降りてくるのは怖いらしく下から登ってました。まあ遊び方は自由とういうことで。

お弁当を持っていけば子供が食事するスペースもあるし、大人も学食を使えるのでとても便利。近くに駐車場がもっとあれば完璧なんですがー。でも大満足。ちょっとうちからは遠いですがまた行ってみたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

京都レマン館の洋菓子をいただく

お菓子の世界もまたつくづく奥が深いと思いました。

京都レマン館の桜のシュークリームと抹茶プリン。Dsc01368 京都の洋菓子店ということで和の素材をつかっていて季節感もたっぷり。そろそろ待ち遠しくなる桜の開花を想い、桜のシュークリームと抹茶プリンを購入。

うーん。微妙すぎてどうリアクションしていいかわからないお味。甘すぎて受け付けないってことはあるのですが、どちらかというとその逆で甘くないというかなーんか薄いように感じます。コーヒーと一緒にいただくとコーヒーの味と香りに負けちゃうんですよね。

桜のシューは中のクリームにもさくら塩漬けが入っています。ほのかに塩気があります。カスタードクリームも卵控えめな感じ。抹茶のプリンも抹茶の苦味がでてていいと思うんですがもう少しクリームっぽさがほしいような・・・。単に私の舌がこってりを求めているだけなのでしょうか。

すみません。あくまで個人の意見です。でも最近ショコラでもバジルとか胡椒入りのとかおよそお菓子っぽくない素材が使われてますよね。時においしいものもありますがなかなかチャレンジしてる感じのお菓子は微妙ですね。和の素材と洋菓子のコラボ自体は好きなんですけど。

京都らしく薄味はんなりな(?)洋菓子、ととるべきでしょうかね。お菓子の好みも地域差あるんでしょうかね。奥が深い・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卵白貯めてエンジェルフードケーキ

Dsc01362 卵白がたくさん貯まったのでエンジェルフードケーキを焼きました。

井上絵美さんが著書の中で余ったら卵白を冷凍させておいて貯まったらエンジェルフードケーキを焼くと書いていらして、なるほどとマネして焼いています。「いつもの容器」を決めておいて卵白があまるたびに足して冷凍。貯まったら作ります。卵白10個分くらいでしょうか。

最初は井上さんのレシピで作っていたのですがいつの間にかアーモンドプードルを使わなくなり、バニラを入れるようになり・・・ともともととは違ったものになってます。キッチンエイドを手にしてから更に簡単になり気楽に作れます。今日もお昼ご飯を作る片手間で作ってランチ終了時には焼きあがりました♪シフォンケーキ同様冷めるまでひっくり返しておいて置く時間が待ち遠しいです。

適当につくってもおいしくできるのがまたエンジェルフードケーキのいいところ。ふわふわだけどしっとり軽い生地。チョコレートは入っているけど小麦粉も少ないし思わず沢山食べてしまいます。またまた反省。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水天宮にお礼参り

Dsc01341_1 妊娠5ヶ月のとき水天宮に安産祈願に行き、お蔭様で安産でしたが、恩知らずの私はお礼参りに行っていませんでした。

いくらなんでも!ということでなんとか息子が1歳になる前に駆け込みで行って参りました!

安産祈願は祝日と重なった戌の日に行き凄い混み。入場制限までしていて水天宮の外にもながーい行列が。しかし今回のお礼参りは週末だったのにす、す、すいてる・・。お天気もいいおまいり日和なのに。戌の日じゃなければこんなにすいてるんですね。

安産祈願のときに受けた腹帯とお守りを焚き上げしていただくようにお願いするのですが「お気持ちをこの袋にお入れください」と受付の巫女さん。ほんの「お気持ち」を袋につめ渡しますと「お子様の健やかなる成長をお祈りしております」と写真の絵馬、お守り、あと神様にお供えしたお砂糖とお米を頂きました。その後お参りして帰りました。

なんかよくわからないのですがとても晴れやかな気持ち!1年間行かなきゃと思い続けたこともあり達成感です。気分爽快!でも周り見渡せばお礼参りの方々は首すわり前の赤ちゃんがほとんどでしたわ。やっぱりもっと早く行くべきでしたね。反省。きっと神様は心広いので許してくださるでしょう。

ちなみに頂いたお砂糖とお米は今夜の夕飯に混ぜていただきました・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エジプトの味デュッカをつくる

Dsc01326 中東のミックススパイスといいましょうかデュッカ(dukkah)を作りました。今回はオリーブオイルをつけたパンにデュッカをたっぷりつけていただきます。

材料はゴマ、クミンシード、コリアンダーシード、マカダミアナッツに岩塩です。今回はナッツ以外をバーミックスのスーパーグラインダーにかけて数秒。少し刻めたらナッツを入れ更に数秒。あとは岩塩を加えて味を調え出来上がりです。調理時間約10秒。早い。とっても簡単。

クミンのさわやかな香りとゴマやナッツの香ばしさと歯ごたえ。エキゾッチックなお味です。クミンとかのお味が嫌いでなければおいしいと思います。

最近ではフランスやニュージーランド、カナダなどでも有名だそうでパンにつけるほかパスタに絡めたり魚やお肉にまぶしてローストするのもおいしいそうです。

以前デパ地下に入ってるフランスの食料品店フォー○ョンさんで100グラム1000円以上で売ってました。100グラムもあってもねぇ。絶対作ったほうが早い・おいしい・安い!ちなみにドライハーブは代官山のヒルサイドパントリーさんが断然安いですよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちらし寿司

  Dsc01304_2ちらし寿司を作りました。おとといに・・・。

もうすぐ息子の始めてのお誕生日。お誕生会で作ろうと思い立ったものの作ったことなかったので試しに作ってみたわけです。でもこんなに簡単とは知らなかった!感激。しかも出来立てじゃなくてもおいしいし、上にのせる具もなんでもいいし。お客様の時重宝がられる理由がわかりました。

Dsc01306_1 今回は酢飯にしいたけ、にんじん、油揚げを煮たものを混ぜ、トッピングには海苔、錦糸卵、レンコンの甘酢漬け、アナゴ、サーモンとイカのお刺身をヅケにしたのをのせました。青みは絹さやが高くて今回はグリーンピースで我慢。

おいしかったし満足。やっぱり飯台買おうかなぁ。でも収納に困るんですよねぇ。

| | コメント (1)

志野のドレッシング@新宿高島屋物産展

Dsc01318_2 本日より新宿タカシマヤで開催中の「美食の京都展」に行ってまいりました。物産展、大好きなんですよ。すっかりおばちゃんですね、私も。

本日のターゲットは京都の味工房志野のドレッシングです。以前他の京都展で購入してあまりのおいしさにお取り寄せしようとHP覗いたら今回の出店を知り、送料もったいないのでひたすら今日を待っておりました。だってクール便高いんだもんー。

「しいたけと玉ねぎとセロリのしょうゆドレッシング」なかなか美味です。市販のドレッシングを買うことはめったにないのですがこのドレッシングは夫婦で気に入り1週間たたないうちに使い切ってしまいました。セロリの風味が利いててキャベツ、トマトにかけてもおいしいですが大根や水菜といった和の野菜にも合います。お店のお姉さん曰く、イカ・タコなど魚介類にかけるのもお勧めだそうです。500ml840円、なかなかのお値段です。しかしその価値あり。

お店のお姉さんが薦めるので「にんにく・鰹のたたきドレッシング」も買っちゃいました。にんにくが利いてますが確かにお魚のカルパッチョにかけたらおいしそうです。

前回東京では常時買えるところはナイと聞きましたが今日もしつこく「東京では買えないんですよねぇ??」と尋ねると「人気のお味はこの地下でも買えます」ですって。早く教えてくださいよ。確かに地下のマーケット風になっているところで数種類売っておりました。わざわざ雨の中がんばって行ったのになぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »