« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

ウエスティン東京のビュッフェでたらふく頂く

Dsc01879_1 兄夫婦、母とランチで行きました。

恵比寿のウエスティンホテル1Fのテラスは気楽にいけておいしくって何度も行っているところです。単品より断然ビュッフェがいい!沢山の種類があってしかもおいしいので最近ずっと食べに行きたいと思っていたのでした。

ところが、連休の後、改装で8月までクローズとなるそう・・・。残念。食べ納めです。

というわけで、現在はスペシャルビュッフェを開催中。今回はメイン一つはチョイスするようになっていました。テラスの人気メニューいくつかから選べるようになってました。ナシゴレン、ラザニア、フォアグラ丼などなど。私はやっぱりフォアグラ丼♪あー体に悪いですね。でもお醤油の和風テイストで美味でした。

ビュッフェの方はクラムチャウダー、ビーフストロガノフ、ブイヤベースもおいしかったです。そしてデザートがまた罪作りで・・・。ビターテイストのショコラのエクレアがまったりおいしかった。

しばらくお預けという強迫観念が私を過食に走らせました。←言い訳

んーさすがに夕飯はいつになく軽めとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコチップマフィンを焼く

Dsc01870 昨日、久々のパン焼きが楽しかったので調子にのって今日も作ってみました。

チョコチップマフィン。そんなにビターテイストなのでおやつというより朝食に向くお味です。

本来、粉300グラムで10個分のマフィンができるレシピ。しかし紙のカップが足りず8個しかなかったので無理やり8個にして作りました。

かなりワイルド!アメリカンサイズになってしまいました・・・・。

しかも本当は全部で60グラムのチョコチップを入れるところを中途半端に80グラムくらいのチョコチップがあったのでえーいいれてしまえっ!と本来よりチョコを増量。

ますますアメリカンサイズになってしまいましたわ。

自分がアメリカンサイズにならないように気をつけまーす♪

| | コメント (4)

久々にパンを焼く

Dsc01852 全粒粉入りのローフ型パンを焼きました。

息子の抱っこで腱鞘炎になりたまに焼くパンも機械に頼っていましたが久々に手捏ねで作りました。弾力のある独特のパン生地のあたたかさ、久々で楽しく焼きました。

以前通っていたパン教室のレシピですが欠席してしまった時のレシピなのではじめて作りました。

全粒粉を40%入れて甘みは蜂蜜。結構入れたんですが焼き上がりはあんまり蜂蜜っぽくなかったかな・・・。いや、使った蜂蜜がもともとイマヒトツだから香りが弱いのかも知れません。

とはいえ、本当に久々手捏ねパンだった割にそこそこ悪くない仕上がりで個人的に満足。なにより息子が喜んで食べてくれたのがうれしい♪3枚も食べた!(←食べ過ぎ、与えすぎ。)

ちょっとふくらみが非対称ですがご愛嬌ということで。同じ生地で成形を変えるとピタパンも作れるようです。今日は面倒でローフにしちゃいましたが今度はピタパンにトライしてみます。

| | コメント (0)

子育て支援センターぴっぴに行く②

Dsc01842 久々に東横学園の子育て支援センターにいきました。

前回はつかまり立ちから数歩歩ける位でしたのでハイハイがメインの移動でしたが最近はかなり早足で歩けるほどになったので気がつくと凄い遠くまでトコトコ行ってしまいます。

前回も沢山のおもちゃにかなり興奮し母のことなど眼中になかったのですが今回もすっかり私を置いて一人で歩き回ってました。こうやって巣立っていくのね・・・。

すぐどこかに行ってしまうし他の子供さんが遊んでいるおもちゃ取っちゃうし・・・。男の子のママは大変とは聞きましたが、今日一日息子の後を追って走り回り疲れちゃいました。走れるようになったらどうなってしまうのやら。母も息子に負けずパワーアップしたいと思います。

遊ぶおもちゃも遊び方も前回より成長を感じられ、母としては疲れたけどうれしい一日でした。

ぴっぴで高校時代行っていた塾のお友達とばったり再会したのですが昔と全然変わってない!もう10年以上前なのに・・・。キレイで素敵なママで私も見習わないといけないと反省。

| | コメント (3)

蜂蜜黒豆パンを買う

Dsc01811木村屋総本店さんのパンです。

あんこに興味がない私にとってあんパンは幼い頃から謎の存在でした。ましてや上に桜の塩漬けが乗っていたりすると、洋風なの和風なの?甘いの辛いの?と矛盾しすぎです。

さて最近になって自分でもパンを焼くようになり市販のパンもお勉強方々いろいろなところのものを試すようになりました。

新宿伊勢丹(またか・・・。)の限定「蜂蜜黒豆パン」。はまってます。 黒糖かブラウンシュガーがほんのり効いた生地のなかに甘く炊いた黒豆がぎっしり入ってます。

Dsc01815黒豆も大粒で甘くておいしい♪

お正月に黒豆炊いたら絶対作ってみようと思っていたのにパン作る前に黒豆食べきってしまったのでした。来年は作るぞ!

木村屋さんのパンは昔ながらの日本のパンっていうかんじでおいしいですねぇ。

ちなみにチョココロネパンは下の細くなってるところをちぎって、上のチョコクリームをつけて食べる派です。旦那様は豪快に上のクリームのほうから食べますが最後はパンだけになってしまうので私の食べ方が正しいと思う。と以前、指摘しましたらチョコで甘くなった口をパンのみ食べることで中和するのだといってました。なるほど。食べ方はご自由にということですね。

| | コメント (2)

ノリエットのケーキを買う

Dsc01826 今朝はバタバタと忙しく旦那様のお使いで不機嫌な息子を連れまわしすっかり疲れてしまいました。って、息子の方が疲れたでしょうけど。

そんなときは甘いもの♪

新宿タカシマヤにもいったのでノリエットのケーキを買いました。

「ノリエット」という店名の響きがなーんとなく昭和っぽくて好きになれないのですが以前結婚式の引き出物で焼き菓子を頂いておいしかったのを思い出しました。

ピスタチオクリーム入りのオペラにしました。おつまみのナッツとしていただくピスタチオとマカロンとかケーキに使われるピスタチオが同じものだとは思えない!全然お味違いますものねぇ。さておき、お菓子で使われているピスタチオは大好き!

本日のケーキのピスタチオも独特のいい風味が出てます。色もきれいですし。オペラにしてはお酒控えめで私向きです。ノリエットのシェフ?は尾山台のオーボンビュータンで修行されていたそうですがあちらの殺人的甘さではなく、ちょうどいい。

疲れ気味の私を癒してくれてありがとう・・・。ふう。

| | コメント (2)

NYsweets Fairでまた買っちゃう

Dsc01794 今日は絶対地下には行くまいと決め伊勢丹に行ったのにやっぱり覗くだけ・・・と行ってしまいNYスイーツフェアでケーキ買ってしまいました。あーあ。

最近毎日のようにケーキを頂く機会があり今日はやめておこうと思ってたのに・・・。

銀座の三越にはいってるGIOTTOのシェフがNYのお仲間呼んでイベントになってるようです。なかなかいいコンセプト♪

さすがNY。どの店もケーキが大きい!ホント半分で売ってくださーいって感じです。今回限定のものの多くはホールだったり何個かのセットでチョイスが厳しかった。

結局、最近一番食べていないテイストをと思いレモンスフレを選びました。ミシュラン一つ星のJOJOというレストランのものです。

底にはオレンジとスポンジが入っていてレモンがさわやかです。思っていた程は甘くなかったです。他のお店のも食べたかったなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

梢でお集まり

Dsc01777 パークハイアット東京の和食レストラン梢に旦那様の家族と行きました。

成人式や息子のお宮参りの後など節目のお食事会にしばしば行く和食です。器なども素敵ですしお味も好きなので今回も堪能してまいりました。

春の季節感たっぷりのコースでした。全部おいしかった!!ご馳走様です!

Dsc01766_1Dsc01773_1先付:アサリとウドなど山菜の酢味噌和え

椀盛り:海老しんじょう。生青海苔が汁にありました。

お造り:かつお、たい、いか。

八寸 :いろいろあって・・・。ゆり根の梅和えとソラマメのお団子がおいしかったです。

焼き物:なす田楽アナゴのせ。木の芽が薫り高くいい感じ♪(写真)

進肴:鶏のすき焼き風。(写真)生卵をつけていただきます。

お食事:たけのこご飯・お味噌汁

デザート:ココナッツミルクの汁に黒蜜の寒天寄せ、抹茶ミルク寒天寄せ、胡麻団子が入ってます。(写真トップ)一度に4度おいしくっておなかいっぱいといいつつペロリと頂きました。

本当は全部写真撮りたかったのですが如何せん息子に夕飯食べさせながらなもので・・・。残念。

ところで息子用にパンを持ち込ませて頂いたのですが足りず、白いご飯とゆかりをお願いしました。ゆかりはすっぱいかなと思いましたがほんの少しだけふってあげたら大喜び。ご飯しっかり一膳食べきりました・・・。一回分に相当する量を食べた後に。誰に似たのか大食いのようです。あちゃー。

あと驚いたことをひとつ。

ホテルエントランスに車をつけて息子と先に降りたところ、ホテルの方が「バレットパーキングにしますか?」と。海外なら数ドルくらいでやってくれるものですが絶対高いと思い、「おいくらですか?」と尋ねましたら・・・・

「5000円です」

高いにもほどがあります。世界のセレブが御忍びでくるときならいざ知らず・・・。でもそういう人たちは運転手付でしょうしいったいだれが5000円払うのかしら。景気よくなってるってことですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理「辛い海老味噌」を作る

Dsc01764 タイ料理のナムプリック・カピというディップというかソースといいますか・・・。とにかく初めて作ってみました。

ナムプリック=唐辛子・にんにく・シャロットをクロック(臼)で付き合わせる辛い味噌

カピ=海老の塩漬けを発酵させた調味料

カピ(蝦醤・シュリンプペーストとも言いますが)というタイはもちろん東南アジアでよく使われる調味料がベースです。(写真)

カピのDsc01761 蓋を開けるとなんとも食欲をそそらない臭いがします。金魚のえさというか・・・水槽とか釣堀とかで臭いそうな感じの生臭さです。

でも炒めるととても香ばしくおいしくなるのです♪チャーハンの最初に炒めて味付けに使ったり、グリーンカレーペーストにも沢山使用します。

そのカピと干し海老、にんにく、唐辛子、ブラウンシュガー、ナンプラー、レモン汁をフードプロセッサーでがーっと潰して出来上がり。簡単です。

このペーストを野菜スティックにつけていただくそうです。

んー方向性は悪くないですね。でもカピは凄く塩気が強いしナンプラーも塩気強いしでちょっと辛すぎました☆レモンと砂糖を増やしたほうがよさそうです。にんにくも生だしちょっときつめでした。次ぎ作るときは今回の反省を生かすとします。(涙)

野菜スティックだけではどうも消費しきれなさそうなので野菜炒めの味付けに使ってみましたらかなりいけました!

1ヶ月くらい持つそうなので炒め物で消費するとします。

ふと気がつけば賞味期限が近づいている・・・。そんな材料を使って冷蔵庫の掃除に励む昼下がりでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新宿伊勢丹のデパ地下でいろいろ買う

母と新宿伊勢丹にいきました。お昼は最近ずーっと食べたいと思っていたグリル満天星のオムライスを頂くつもりでしたが、息子の泣き泣きに負けてお昼とお菓子を買って家に帰ることになってしまいました。あーオムライス恋しいや・・・。

泣きまくりでベビーカーに乗っていてくれず抱っこ。重い。重すぎます。でもその重さがお買い物に走らせてしまうのです。言い訳ですけど。地下の食品フロアでいろいろ買いました。(正しくは、買っていただきました。)

四国・瀬戸内の物産展を催事でやっていたのでお昼に牡蠣飯と広島風お好み焼き「豚玉そば」を購入。他にもさつま揚げ?風のものも夕飯用に買いました。ジャンクな感じですが結構おいしかったりして♪Cimg0033

おやつにはマ・パティスリーで田園調布のルージュブランシュのチーズのモンブランと武蔵関クープ・ド・キュールのパリブレストを。

伊勢丹のマ・パティスリーはいろいろなお菓子やさんが期間限定で出展しています。いろいろなお店のお味が楽しめて伊勢丹に行くと必ず立ち寄ります。今日のように違うお店のをひとつづつ買って同じ箱に入れてくれるのもうれしいサービスです。お店によってだめなときもあるんですけどね。

でも最近新しいお店の出展がなくて、目新しさにかけるなぁ・・。がんばってください、伊勢丹さーん!

ルージュブランシュは以前いとこが遊びにきてくれたときに頂いておいしかったのでマパティスリーに入っているときはよく買います。今日のケーキもおいしかったなー。

他にもフェルベールのジャム、アンリシャルパンティエの焼き菓子、和久傳の鯛茶漬けも・・・・どれもおいしい好きなものばかり!今日もおいしく幸せな一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桃花林でお集まり

Dsc01748私たち家族にお祝い事(?)があって旦那様の親戚がお祝いの会をしてくださいました。

中華をリクエストしましたら大好きなホテルオークラの桃花林でおなかいっぱいご馳走になりました♪

春のお祝いコースというようなものだったと思いますが、前菜からデザートまでどれもおいしかったです。

一番おいしかったのは最後に出てきたスープチャーハン!トビコ入りの比較的シンプルなチャーハンに熱々のスープが張ってあるちょっとお雑炊風の一品です。トビコのプチプチが楽しく、さっぱりサラサラっと入ってしまう感じです。

オークラは私たち夫婦にとってのスタート地点でもあるのでまた気持ち新たにがんばっていきたいなと思いました。

お祝いに花束を頂きました。

息子が生まれる前まではずっとフラワーアレンジメントを習っていたのでキレイなお花が絶えることはありませんでした。雑事に追われたまに数本のお花を買ってきて投げ入れする程度になっていましたが、やっぱり豪華なお花があると家の中が華やぎいいものですね。最近バタバタしてますがまたもう少し落ち着いたらきちんとお花を飾りたいなー。

| | コメント (3)

手前味噌を混ぜる

Dsc01712 一昨年、手作り味噌にチャレンジしてなかなかの出来栄えに味をしめ今年も作っております。

2月に仕込みをしました。大豆を一晩水につけてから柔らかくなるまでコトコト煮ます。

煮えたら煮汁を軽く切ってバーミックスで潰します。バーミックスなかったら絶対面倒で作れないけれどあっという間につぶれてくれるので助かります。さすがに1キロの大豆はマッシャーとかすり鉢を使って手で潰すなんて・・・。腱鞘炎は息子の抱っこだけで十分こりごり。

つぶれたら麹と塩と混ぜて団子状にして味噌甕に隙間なく詰め塩を振って保存します。何十年もお味噌を手作りされている方に昆布を間に挟むとおいしくなると伺い、昆布も団子の合間にはさんでいます。

仕込から2ヶ月ほどたちましたので今日、味噌甕を開けました。

少し発酵がはじまってお味噌っぽいにおいがしています。今年もおいしいお味噌ができそうです。前回作ったときは表面に結構カビがついてしまいましたが今年はほとんどなし。カビを取って底からよく混ぜて表面に塩をして再び寝かせておきます。

そのまま蓋してしまうのも待ちきれないのでちょっとだけお味噌を取ってきゅうりと一緒に頂きました。おいしい♪仕込んでから3ヶ月くらいからお味噌としていただけるそうですが半年以上たってからがおいしいそうなので秋までじっと我慢です。

再び蓋を開ける頃には深い茶色のお味噌ができていると思います。

いまから楽しみ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花より団子!?のお花見パーティ

Dsc01701 兄夫婦が新居に越したお披露目を兼ねて、ちょっと遅めのお花見パーティをしました。

新居のマンションに住人が使えるパーティスペースがあり、そこで母たち姉妹から0歳児まで親戚三世代が集まって総勢13名の集いとなりました。

孫世代一番上の小学生の動きを尊敬のまなざしで他のチビちゃんは見つめておりました。じっと観察そっとマネをしてる者あり、取りあえず自己流でマネてるつもりだろうけれどただ歩いてるだけの者あり、一人自前の椅子に横たわり時より笑みを浮かべる者あり・・・。広々とした畳のお部屋に孫世代も大喜びでした。

お料理は母、姉、私で分担。

メニューは、海老のそば粉クレープ巻き、サーモンのクリームチーズ、モッツァレラチーズの生ハム包み、ミートパイ&チーズパイ、エリンギとかぼちゃのトマト煮、お豆のパンツァネッラ風サラダ、サーモンピカタ&ほうれん草ときのこのソテー、牛肉のサラダ、焼き豚の北京ダック風春巻、ちらし寿司。(全部入ってるかしら?)こうやって並べてみると包んだり巻いたりするメニューが多かったかしら。今日もおなかいっぱい!

みんなでわいわいガヤガヤ。お部屋から見える桜もまだまだキレイでしたがさすが我が親戚。みんな花より団子で楽しいひと時でした。

ケーキ、イチゴもおいしかったー。ごちそうさまでした♪

| | コメント (5)

板ゼラチンを使ってパンナコッタを作る

Dsc01390 おやつがない!でもなんか食べたい!そんな日はパンナコッタを作ります。

簡単だしおいしいし大好き。

いくつかレシピを持ってますが最近は本場イタリア人のシェフに習ったレシピが気に入ってます。

生クリーム・牛乳に砂糖を溶かす時、オレンジの皮を入れるのがポイント。とシェフに習ったのですがオレンジ、家にないし・・・。グランマニエで勘弁してもらう・・・。もはやシェフのレシピじゃないですね。

普段お菓子作りには粉ゼラチンを使ってます。しかしこのレシピは「絶対に板ゼラチンを使用すること」とシェフにしつこく言われました。「板ゼラチン家にない」というと「ではツクラナイデクダサーイ」←ずっと英語で話してたのにココだけ日本語・・・。

このレシピのプルプル加減は粉ゼラチンでは決して再現できないそうです。

そこまで言われると板で作ってしまいます。一度粉ゼラチンで同じ配合で作ったんですが確かに板のプルプルと違うような気がします。でも洗脳されてるだけのような気もします。

多くの料理本では「板と粉は同量で置き換えて作ってよい」とありますが本当のところはどうなんでしょうねぇ。

| | コメント (2)

シャンパンゼリーを作る

Dsc01669 シャンパンのハーフボトルが棚の奥から出てきました。

普段お客様でもない限り、家でお酒を飲むことはありません。

ということでシャンパンゼリーを作ってみました♪

お菓子の本でみた作り方で作りました。水と砂糖でシロップを作りゼラチンを溶かしてゼリー液を作り、泡が消えないようシャンパンを静かに流し込みます。あとはとろみが少しでるまで冷まして冷蔵庫にいれて数時間待ちます。固まったら千切りしたミントを軽く混ぜて出来上がり。

シャンパンの泡が残っているので口に入れると舌の上でシュワっとします。写真撮った後ちょっと物足りなくてイチゴを混ぜてみたらおいしくって調子に乗って食べました。

散々食べてから気づいたけどアルコール飛ばしてないんですよね、このレシピ。

一人で酔っ払いました。情けない・・・。夏のパーティにお出しするのにいいレシピかもと赤ら顔で思うのでした・・・。

| | コメント (0)

おうちで縁やのラーメンを食す

Dsc01673 週末のお昼は旦那様がラーメンを作ってくれます。

最近はスーパーで有名なラーメン屋さんの冠をつけたものとか沢山売っていて結構おいしいです。

ラーメンの具は冷凍庫に常時ストックしてある自家製チャーシューと夫婦の研究の賜物といえる「とろーり」半熟卵に万能ねぎを各自好きなだけ乗せます。もうひとつ物足りないラーメンのときはゴマを振ったり仕舞いには豆板醤といてしまったりほとんど原型をとどめないことも・・・。

しかし、今日のお昼に頂いた札幌にお店がある「縁や」さんの海老そば醤油は久々に大ヒット!

作っているときから海老の甘い香りがしていて期待度が上がりましたが一口食べて二人で「おいしいっ!」と盛り上がりました。Dsc01674

比較的こってり系ですが香ばしい海老の香りがしてホントにおいしい。ホントにオリジナルの味です。食べたことのないタイプのスープです。

今回はデパ地下の催事で買いましたが通販もあるようです。池袋の東武デパートレストラン街にもお店あるようですがなかなか行かない場所ですし・・・。子供いるとラーメン屋さんはなかなかいきにくく・・。お取り寄せしちゃおうかなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »