« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

お料理教室~6月の和食メニュー

Dsc02183 今日はお料理教室に参加しました。和食メニューです。

6月の点心ということでいろいろ作ってお弁当に詰めます。

和食のお教室のときは大抵5品くらい作りますが今回はデザートを含め13品!今日は参加者が多かったのでよかった・・・。お休みが多いと手が足りず大変なんですよね。

中でも「芋がらと三つ葉の胡麻酢和え」が私好みでした。灰汁抜きした芋がらと軽く湯がいた三つ葉を胡麻酢で和えるだけなんですけどね☆こういうものは微妙な配合がモノを言いますものね。使っている胡麻がおいしかったのもあるに違いない(!)「茄子の木の芽田楽」もおいしかったなー。

そして思わず「おー」と声が出ちゃうのがデザート。(写真)その名も「紫陽花」白こし餡を丸めてその周りにバイオレットリキュールのゼリーを流し、別に固めておいたゼリーをクラッシュ状にしてこんもりのせて冷やし固めます。簡単だけど見た目が凄いゴージャス!まさに紫陽花!梅雨のジメジメした季節も少しは晴れやかな気持ちになれそうです。

| | コメント (2)

オリジンーヌ・カカオでお買い物

Dsc02164 自由が丘からすっかり足が遠のいている私。以前は月に3度はお稽古で訪れていた街です。

そして一度頂いて以来すっかりファンになったオリジンーヌ・カカオ。和光のショコラティエ出身の川口さんのお店です。川口さんはプロ向けのチョコレート講習会でも講師を勤められたり、いわば「日本のショコラティエの先駆者」だそうで以前通っていたお菓子教室の先生も一目置く方です。

自由が丘まではいけませんでしたが東急東横店でもいつの間にやら買えるようになっておりました。

今回購入はショコラ4Pと抹茶のクッキー(名前忘れました・・)。もちろんショコラは言うことなくおいしいですが個人的にはこの抹茶のクッキーが大好きなのです。

バターの香が豊かで抹茶の苦味ととてもマッチします。他にも紅茶味とかもあったと思いますが断然抹茶です。夕方遊びに来たお友達もおいしいと喜んでくれました。

今日は買わなかったのですがこちらのガトーショコラは本当においしい。ホールで1500円くらいの日持ちするものなのですがしっかりショコラの味がして甘すぎず、苦すぎず絶妙。今年のバレンタインの時、自分用に買ってチビチビ頂き大満足。さすがの一品です。

そしてこのお店の何よりありがたいのは「おいしいのに日持ちする」こと!マドレーヌ等々の焼き菓子、3週間とか持つんです。最近、賞味期限って結構短いですよね。お遣い物とかの時にありがたいっ。

| | コメント (3)

一風堂でマダムの一人ランチ

Dsc02150 子供が生まれてから行きたくても絶対行けないお店があります。それはラーメン屋さん。息子をひざに乗っけて熱いもの食べるほどおバカさんでもないし、旦那様と入れ替えでラーメン屋に行くほどのパワーもないし。

息子を実家にちょっと預け、ついにラーメン屋さんに行きました。嬉しい。涙。

うちはラーメン好き夫婦。家でラーメン作ったりしてチャーシューと煮卵作りは匠の域も近いと思いますがやっぱり外で人様に作っていただくのはおいしいですなぁ。

本当はじゃんがららーめんにいきたかったのですが時間の都合で恵比寿の一風堂へ。

平日の12時過ぎ。近くの会社の人や作業着姿の人も。明らかに浮いてましたが負けてられないわ。気合入れて、こってり味の赤丸煮卵付麺硬め、高菜とモヤシを麺と同量くらい入れて頂きました。(笑)気持ちは替玉したかったのですが向かいに座るOL3人組(女子)に先を越されて女の替玉の微妙さを感じたのでぐっとこらえて帰ってきました。

久々ラーメン、幸せでした。妊婦の頃じゃんがらで見かけた「家族でじゃんがら」早く息子ともいけるようになりたいな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スペイン料理を食べる

Dsc02148 昨日、大雨の中、学生時代の友人と久々に集まりました。

赤坂のスペインバルというスペイン料理のお店です。

ラッキーなことに月二回の食べ放題デー(?)で通常メニューの中から食べたいものをいくらオーダーしても女性一人2500円。安い・・・。

頼みまくりました。イベリコ豚のソーセージに始まり何皿頼んだやら・・・。白アスパラのニンニクオリーブオイル、タコのフリットもおいしかったなー。最後のパエリア、デザートまでサングリア片手に今日もまたたらふくです。調子に乗ってニンニクも沢山食べちゃいました・・・。一人何片分たべたのやら、想像したくないです。

それぞれ忙しく暮らしていていつものメンバー全員で集まったのは2年以上ぶりだったでしょうか。私自身、息子生まれてからお友達と夜出かけるの初でしたし。

知り合ったのは10年以上も前ですが昔と変わらぬ盛り上がりであっという間に時間が過ぎました。昔と違うのは健康問題が話題にのぼるようになったことくらいかしら・・・。元気に年取りたいものです。

| | コメント (2)

麻布十番リストランテ・キオラでランチする

Dsc02123 麻布十番のリストランテ・キオラでランチしました。

本当にすっかりレストラン情報にも疎くなっている私。お友達がいいところに連れて行ってくれました。

白を基調にしたすっきりした店内。地下もあるようでしたが1階の明るい席で頂きました。そんなに広くないけれど満席です。

プリフィクスのコースが2種類。食いしん坊なので一皿多いコースをチョイス。

Dsc02126Dsc02120 空豆とホタテのスープ・・・  エスプレッソカップにクリーミーな空豆の冷製スープ。スプーンにホタテのカルパッチョが乗っていてスープと混ぜていただきます。

前菜盛り合わせ・・・こちらはチョイスではないのですが少しずついろいろ頂けて女性好みです。どれもおいしかったけどココットに入った春キャベツのクーリにコンソメジュレがのっているのが凄く気に入った!

日向夏のカッペリーニ・・・日向夏の酸味とフルーツトマトの甘みが合わさっていい感じ。今週末の暑さに心地よいです。

Dsc02127Dsc02128ブロッコリーと貝柱のオリキエッテ・・・かなりアルデンテでした。もう少しもっちりしてると私好みですけど。ちょっと残念。

ローズヒップのソルベ・・・これまたおいしい。ローズヒップって結構すっぱいですが甘みが旨く補われていてもっと頂きたかった。

Dsc02131_1Dsc02133_1羊の胸腺肉のムニエル・・・お皿が運ばれてきたときから凄くいい香り。本当にお肉?と思うほどの柔らかさ。クレソンの強い味がまた羊のおいしさを助けてます。かなりのボリュームでびっくりしましたが結局全部平らげてしまいました。(しかし私が撮った写真だとから揚げ定食みたいになってしまうのはなぜ?)

デザートにお米のババロアを。結構しっかりお米が入ってましたが甘過ぎずそんなに重くないデザートで頂きやすかったです。

カプチーノとショコラも頂きご馳走様!

全体の感想としてはお値段の割りにボリュームもかなりしっかり、でも前菜など少しずついろいろいただけるのでかなりお得!今回のコースも4000円きってました!

素材を大切にされているようでフルーツトマトの甘さ、貝柱の柔らかさ等々お料理の中の素材の力をちゃんと感じさせてくれたのが印象的です。

一つ気になったのは・・・

コースの最初に「苦手なものありますか」って聞いてくださるのですが他のテーブルの方、その問いに対し「トマトとチーズが苦手です」と答えていらっしゃいました・・・。イタリアンレストランでそれってどうなのー?その方のお皿がどうなるのかとても気になったのですが自分のほうに夢中で見忘れちゃいました。うーん、気になる。

<追伸>今回一緒に行ったお友達、私より先に感想をUPされていたのを拝見しましたがほとんど同じようなこと感じてたみたいで笑っちゃいました。そもそもプリフィクスなのにほとんど同じもの頼んでるし。友達ってそういうものですかね。

|

「飲む酢」で乾杯する

Dsc02106 叔母の家に遊びに行きました。いとこたちも集まって叔母の手料理に舌鼓。おいしー♪ありがとうございます!

メニューは冷たいアボガドのスープ、フェタチーズと野菜のキッシュ、ドライカレー、サラダ。写真を撮る間もなく「いただきまーす!」

キッシュ、とてもおいしくってお代わりしちゃいました。ドライカレーもお代わりしたかったけど、く、く、苦るしい。さすがの私もお代わりは辞退いたしました。

お料理の前に乾杯をしました。あまりお酒が強くない一家なので「飲む酢」で乾杯!

高島屋で求められるそうですがオークスハートというお店のデザートビネガーをミネラルウォーターで割ったものです。

今日頂いたのは「飲む苺の酢」キレイな赤い色で一見すると赤ワインのようです。

苺の甘いフルーティさとビネガーの酸味がなかなか美味。美容と健康を掲げた飲むお酢って結構売ってますがこちらのものは凄くおいしい。昼間のお集まりでお出しするの、凄く素敵だなと思いました。お酒と違って帰りの車、気にしなくていいですし。

おいしかったので「飲むジューシーマンゴーの酢」もテイスティングさせていただきました。苺より酸味がありますがこちらも飲み易い。他にもいろいろなお味があるようです。

他の種類もいろいろおいしそうなものがあります。高島屋にお買い物に行かなきゃー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

塩釜ローストビーフを習う

Dsc02091_1 今日はお料理教室に参加しました。

初めて塩釜体験。とても充実。自分でも出来そうなのでお客様のとき是非挑戦してみたいと思います。

今日は2.5キロ(!)の牛肉を使いました。それに対し用意され塩釜用の塩は1.5キロほど。一気に買い物できないですね。重すぎます。

塩に卵白を入れて混ぜハーブも加え天板の上でしっかり固めてオーブンに入れます。待つこと50分。更に肉汁が落ち着くまでしばし置いておきいざ塩釜を割ります。

わー。レストラン顔負けの豪華さ。ってお肉が何といっても2.5キロですから・・・。すごい迫力です。

薄くスライスしてタブレや自家製天然酵母で焼いたフォカッチャとともにいただきました。シンプルですが美味しかったです。

塩釜の調理自体は時間もさほどかからずパーティ向きですが火入り具合ばかりは経験をつまないとどうにもならなそう。一度塩釜割ってしまったらもうどうしようもないですから。

何度か練習して本番のお客様用に焼くということになりそうですが牛肉2.5キロってなかなかコストが・・・。安くて美味しい牛肉が手に入ったら挑戦することになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復習~ドイツパンを焼く

Dsc02062 あいにくの空模様で予定変更、家にいることにしました。せっかくなので・・・と昨日いとこに教えてもらったドイツパン、ミッシュブロートを焼いてみました。

昨日分けてもらったライ麦粉と強力粉を1:1の割合でミッシュして作りました。(ミッシュ=混ぜるっていう意味らしい。)昨日はカランツを練りこみましたが今日はなかったのでプルーンを細かく切って入れてみました。

普通のパンみたいに捏ねる、叩くっていう作り方とは違い混ぜる、まとめる・・・といった不思議な製法。多分レシピ考案の先生オリジナルの作り方と思われます。面白いけどこれでいいのか・・・・?生地も扱い辛いし。謎です。

まあなんとか焼きあがりました。ドイツパンらしい重くって硬いパンができました。スライスするとプルーンの甘い香り。

焼きたても少し頂きました。おいしい♪けど昨日のカランツのほうがおいしい。プルーンは独特の風味が微妙でした。うーん。まあ十分おいしいんですけどね☆

そもそもなぜ昨日焼いたパンを今日も焼いたかというと・・・いとこが焼きたてより一晩置いたほうがおいしいと言ってたから!

昨日お土産で持ち帰った分昨日のうちに食べちゃって・・・。ハハハ。というわけで今日は一切れだけでぐっと我慢し明日ゆっくり堪能したいと思います。

| | コメント (2)

キッチンエイドでフランスパン生地を焼く

Dsc02042 ずっと知りたかったキッチンエイドでのパン捏ねのコツ。

いよいよ今日、いとこに習いました!わーい。

フランスパン生地で今日はベーコン入りのエピとシャンピニオン型に成形しました。

パンの成形って最初に思いついた人は凄いなといつも感心しちゃいますが本日も然り。かわいい稲穂とマッシュルームが沢山できました。

表面パリパリ、中はふんわり。暖かかったのでちょっと生地がダレ気味になりましたがおいしくできました。手捏ねもいいけど機械に任せると楽。今日全部で1キロ分を焼いてしっかりコツを聞いてきました!これで自分ひとりでも焼けそうです。

他にもちょっと珍しい作り方のドイツパン、ミッシュブロートも焼きました。カランツ入りライ麦パンです。薄くスライスしてチーズ塗ってワインと一緒に頂いたらこれまたおいしそうなパンです。

Dsc02048 沢山のパンに加え、オニオングラタンスープ、から揚げ、大根とサーモンのサラダ、カプレーゼ、ニンジンサラダ、タラモサラダ、タプナードペースト、日向夏のジャムが加わり、気づけばいつもの食べ過ぎファミリーのスペシャルランチとなりました。

最後はイチゴのムースまでついて本当におなかいっぱい。ゆっくりおしゃべりも楽しめて充実の一日でした。

またみんなでパン焼きたいな~。

先生、本日はありがとうございました!

キッチンエイド買うぞ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スコーンを焼く

Dsc02020 先日作った日向夏のジャムを頂くのにやっぱりトーストよりスコーンでしょ、ということで焼きました。

以前有名なお菓子研究家の本格的レシピ(?)で作ったのですが作り方が難しい割になんとなく思う味が出ず封印していましたが凄く簡単なレシピを見つけたので試してみました。

本当に混ぜるだけの簡単レシピで十分そこそこのものができました。凄く凝って難しく作るより日々頂くものはこうやって気楽に作れるものがやはりいいなと実感です。

写真を撮ろうとカメラを構えると・・・。手がそぉーっと伸びてきて次の瞬間スコーンが一つ消えました。

・・・・・。

息子のお口がモグモグしています。。

キミにはまだ早いよ。そんなこといっても後の祭り。母の声など届かないようです。

| | コメント (4)

日向夏のマーマレードを作る

Dsc02007_1

ひゅうがなつ。

数年前、宮崎出身のお友達に頂いて初めて知って以来大好きなフルーツの一つです。最近はスーパーなどでも見かけます。ニューサマーオレンジなんて呼ばれることもあるようです。

見ためは涙型の小ぶりグレープフルーツみたいです。柚子の突然変異で生まれたもので宮崎原産だそうです。

そのまま頂くときは黄色い皮の下、白いワタに甘みがあるので皮を薄めにむいて中の果肉とワタを頂きます。果肉はモノによっては結構な酸味ですがワタの甘みで頂きやすいお味になります。

黄色の硬い皮ももったいないし本当にすぐ旬が過ぎて店頭で見かけなくなるので思い切って初めてマーマレードを作ってみました!

思い立ったときに限って温存してたレシピが見つからず、ネットでいろいろ比較して、でも最後は適当に作ってみました。

皮の苦味がどうなのか初心者ゆえ検討もつきませんでしたが今回は最初に皮だけ2回茹でこぼしてから果肉とグラニュー糖を加えて1時間くらい煮詰めました。

マーマレードのレシピの多くはワタから苦味が出るので取り除くとされていましたが日向夏はワタがおいしいのでそのまま入れちゃいました。

出来上がりはおいしいー!と満足しましたが、その後ヨーグルト入れていただいてみたらちょっと甘みが足りなかったかなーと反省。でもその分ヨーグルトに沢山入れて日向夏を満喫します。

糖分も少ないしあまり持たないでしょうから早く沢山食べるとします。お菓子とかに使うのもよさそうだなー。でももったいない~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

口内炎を退治する

Dsc01967 最近ビタミンが足りてないようで口内炎ができてしまいました。

そんなときに決まって食べるものフレッシュミックス!和名をおいしい青汁といいます。サプリメントなぞ飲みません!天然モノで勝負です。

フレッシュミックスはバーミックス販売のチェリーテラス自慢の一品です。レシピはHPや取り扱い説明書にも載ってます。見た目だけでは全然試す気にならない一品ですがフルーツ多めで甘い口当たり。食べる青汁です。

今日のフレッシュミックスはバナナ・キウイ・青梗菜・りんご・セロリをベースに作りました。パセリがないのでフレッシュバジルをいれ、レモンがなかったので日向夏の果肉も入れてみました。あとはバーミックスで潰すだけ。わーいお手軽。

風邪の引き始め、吹き出物ができたときにも本当によく効きます。これで明日には口内炎ともおさらばだわー!

でもお昼ラーメン食べちゃった☆

| | コメント (6)

実家でもてなされる!?

Dsc01960 あまりに連休をもてあましている私を見かねて母が手料理でオモテナシしてくれました。

おばと女三人+息子で久々にゆっくりいろいろおしゃべりもできて楽しかったです。

メニューは和食。お向こうに始まり今日はお弁当仕立て。お弁当には鶏の揚げ物(写真中央)で海苔、シソ、春雨と衣が3種類異なっているものや梅とおじゃこのご飯等々・・・。胡麻酢和えがおいしかったなぁ。所々、木の芽の香が効いてていい感じ♪お椀もおいしかったー。かなり好みのもっちり系。ブログを読んでくださっている関係者の方々はいずれお口にされるでしょうからまあこの辺で詳細は語らずということで。

Dsc01957 お食事とともに自家製梅酒をちょっと頂きました。なんと20年もの!

深い甘みとコクがあるのにすっきりしたのど越し。おいしー。

そういえば小学生の頃母がベランダに梅を干していたことを思い出しました。それは梅干か・・・。

20年ものというと驚いちゃうけれど自分がすでにそこそこ大きかったことが更なる驚きです。思えば年取ったものだー。

そうそう、おばとのおしゃべりで盛り上がった大根とゆずのお漬物、レシピおしえてくださいませ。

| | コメント (2)

徒然なるままに夕飯を作る

Dsc01945 世の中GW。いろいろやりたいことあるのにどこもお休み。

今年のGWは旦那様もお仕事だし全然ゴールデンじゃない・・・!やる気レスな日々もあとは明日を残すのみ。ムフフ。連休終われ~なんて思ってるのは私だけでしょうね☆すみません。

あまりにヒマなので新宿に豆電池買いに行ってみました。小田急デパートで沖縄・南九州展やってる!勇んで会場に乗り込みましたがさすがGW。ガラすき。お客の少ない物産展ほど盛り上がらないものありません。とはいえ大好きな辛子レンコンを購入。

さて本日の晩餐。タイトルは「やる気レスなんだけど他にすることもないので料理してみた」そんな感じです。

メニュー

白飯・・・炊飯器が旅に出たのでおなべで炊いてみた。

イカと大根の煮物・・・魚売り場で意味もなく買ったイカ5杯の処理に困り作ったけど凄く柔らかかった。イカさん邪険にさばいてごめんなさい。しかも半分冷凍しちゃったし。

辛子レンコン・・・物産展の店員さん曰く「マヨネーズつけて食べるとおいしいよ」毎回買うたび言うんですけどそんなにおいしいのでしょうか。今日もそのまま頂きました。

砂肝とねぎの甘辛いため・・・コチュジャンを使いたくて。これまた以前意味もなく買って冷凍されていた砂肝を使ってみました。

いわしのつみれ汁風・・・息子の離乳食用に作った野菜スープにつみれをいれさせてもらいつくりました。ほとんど息子に食べられた。

揚げだし豆腐

連休なのにヒマだわ・・・。普通だったら「遊びに行きました!」とかを記事にしそうなのに。まあいいか!あーでも大して料理してないですね。

| | コメント (3)

お節句にピザを焼く

Dsc01939 今日は端午の節句。息子にナニカしてあげたいなと思っても柏餅も食べられないし・・・。

せめて息子の喜びそうなご飯を!

ということでピザを焼いてみました。なーんて本当は自分が食べたかったんですが。

ピザ生地は一次発酵だけですぐ焼けるので簡単!ありがたいっ!

息子用の具はカポナータ風にしてみました。鮭、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、ピーマン、かぼちゃ、トマトを軽く炒めた後、水を足して柔らかくなるまで煮たものです。本当はチーズをたっぷり載せてとろーりとさせたいのですが塩分が気になるのでカッテージチーズをのせました。あと普段はあまりあげないゆで卵なんぞ乗っけてみたりして。一口お相伴に預かりましたが結構おいしい・・・。

息子も大喜びで食べました!(←いつもガツガツですけど)さすがに周りのクリスピーな部分は硬かったようなので一緒に頂いたカリフラワーのスープに浸して食べました。

親子で手づかみで食べるのも楽しいものですね。

今夜は菖蒲湯だ!菖蒲振り回しそうな予感・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楼蘭で息子のお節句食事会

Dsc01921 息子のお節句ということでホテルパシフィックの中華「楼蘭」でお食事をしました。

じーじ・ばーばに囲まれ息子もニコニコ。ばーばが用意してくださった緑色の紙兜を頭にのせて写真を撮ったり楽しいひと時でした。

お食事もコースでおなかいっぱい!とってもおいしい。魚介がいろいろ入ったフカヒレスープやカニ爪の揚げたのとかもおいしかったなぁー。中華も大好き!ご馳走様でした!!

思えば去年の初節句はお宮参りと重なる時期だったので同時にお祝いしました。あの頃の息子はまだまだフニャフニャでお食事をしたレストランでベビーベットを貸していただきスヤスヤ寝てました。私も久々の外食で嬉しかったのを思い出しました。

一年たった今年は靴を履いて上手にあんよして、ご飯も沢山食べ、ニコニコ。凄まじいほどの成長です。同じ一年過ごしてきたのに私は・・・。考えるの止めときます。

大好きな皆さんに会って息子も楽しかったのでしょう、帰りの車はすぐにねんね。家についても起きずに寝てます。お風呂も入らず今日は就寝となりました。こんなこと初めて!明日はお節句のお祝いに頂いたおもちゃでまたパワフルに遊ぶことでしょう。ママもがんばりまーす!

| | コメント (3)

タイ料理「グリーンカレー」を作る

Dsc01875 夕飯はグリーンカレー♪

ペーストも自家製です。

クミンシード・コリアンダーシード・黒こしょう・にんにく・香菜・カピ(タイの海老味噌)・グリーンチリなどをフードプロセッサーでガーっとやれば簡単にペーストができます。

大久保の職安通りにアジアスーパーストアというタイの食材スーパーがあってそちらで材料はすべてそろいます。通販だとないみたいですが店頭に行くと「トムヤムクンセット」というのが売られていてタイ料理に使うバイマッカルー(こぶみかんの葉)、カー(生姜)、レモングラスなどが少量ずつ入ったセットになってます。生野菜とはいえいずれも冷凍可能なので一度買って冷凍しておけばいろいろなタイ料理を作るときに使えます。ナンプラーのビックボトル500mlも350円とかの激安。タイ米も安くておいしいです。

そんなこんなで作ったグリーンカレー。市販のペーストは手軽ですが妙に辛くってしょっぱいので自分で作ったほうが思い通りに仕上がります。とはいえ塩気のナンプラー、結構入れるんですけどね・・・。具材は鶏肉、ナス、シメジ、たけのこ、かぼちゃ。少しマイルドにしたくってグリーンチリを減らした上、具にかぼちゃも入れたらなんだか黄色いカレーになっちゃいました。

もう少し辛めにしてもよかったかなー。ペーストは冷凍もできるので一気に作って残りは冷凍。ペーストを炒めてチャーハンにするとまたおいしいんです。目玉焼き乗っけちゃったりして。久々のタイ料理おいしかったー♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »