« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

新居

Dsc02404

新しいお家です。

どこがなんだかわからないですよね。私もよく把握してません・・。左手がガレージで右手にちょっとみえているのが玄関です。

とりあえず外観のみ。

家の中は引越し作業中につきご勘弁を。

townhouseということで何軒かがつながってひとつの建物になっててそれがまた何個かで村みたいになってます。

ほかの家と壁を隔ててつながっているといってもほとんど一軒家感覚で音も気になりませんし、方向音痴の私としては自分の家のかべの向こうがどのうちのなのかまだわかりません。なんか入り組んでるんですもの。

Dsc02406二枚目は家の前の通り。

もちろん「村」の中です。でもストリート名もついているし一応公道のようです。

似た造り&外観のタウンハウスが並んでいます。

ご近所さんにも何人かお会いしてご挨拶しました。ほとんど家にいなかったはずの旦那様ですが意外と(?)社交的なのかいろんな人に“I met your husband!”といわれます。

お子さんがいるおうちもあるようですが今のところはシニアなご近所さんしかお会いしていません。新興住宅地と聞いていましたが東京のように若い人が住むという感じでもないようです。

しかし空が広い!本当に平らです。アメリカの田舎が満喫できそうなところです。観光名所も何もないようですが暮らすには勝手がよく安全でよさそうです。

そろそろいろいろ町を探索してみています。おいしいものあるかなー?ってそのまえに生活用品をそろえないといけません。結婚当初のたくさん買い物してたころを思い出します。けど、安い・・・。かわいいものたくさんありそうですが日本に持って帰ったら大きすぎて置き場がないんだろうな・・・。

| | コメント (7)

新生活スタートしました

みなさまご無沙汰です。

土曜日の朝、成田空港を出発し旦那様の待つ転勤先に向かいました。

心配していた15ヶ月の息子との長いフライトでしたが、これ以上ないほどいい子にすごしてくれておそらく息子の姿を見ていない人は側の席でも子供がいたとは思わなかったに違いない!終始、ニコニコ私の膝の上で遊ぶかスヤスヤ寝てくれました。わが息子ながら本当に偉かった。

11時間近くのフライトでたどり着いたのはシカゴ。目的地まではここからさらに飛行機で1時間半ほどのアメリカの真ん中。いよいよ旦那様が待つ空港まであとちょっと。「本日はご搭乗ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。」と機長からのアナウンス。急降下して着陸態勢です。

とおもったら・・・。あれ、昇ってる?回ってない?

30分ほどしても着陸しません。いやな予感。

そしてその予感は的中し、サンダーストーム(カミナリ)が来ていて空港がクローズ。一度隣の州の空港まで連れて行かれ着陸。目的地の空港が開くのをまって再度向かいました。到着後も荷物が出てこなかったりもあり予定より3時間ほど遅れて新しい家に着きました。

旦那様が先に行って準備しておいてくれたお家はとてもきれいで何しろ広い!いよいよ新しい生活がスタートします。新生活についてはまた後日・・・。

とりあえず、皆様にご心配おかけしているのでこちらに来て3日目現在の様子を。

旦那様:早速出張で今朝からNYへ向かいました。

息子:時差ぼけか、疲れているのかほとんど一日中寝てます。新しいところで不安なのか一日中抱っこ抱っこと甘えてます。

母:いっぱい働いてもらって感謝感謝です。

私:風邪が治らないのと時差ぼけがつらいですが車に乗ってがんばっております。

| | コメント (10)

壮行会!?

Dsc02340_1 転勤になりました~。

というわけで実家で兄夫婦と共にしばしの別れを惜しみ食卓を囲みました。

一応、お祝い事ということで尾頭付きの鯛を静岡からお取り寄せしてみました。以前デパートで尾頭付き鯛を同じくらいの予算で頼んだことがありましたがそれとは比較にならないほど大きい鯛が届きました。食べごたえ十分。白身の部分を息子も少し食べました。

他にも私が食べたいネタだけのお刺身盛り合わせ、お赤飯、つみれ汁、から揚げ、蒸し豆腐・・・。(すべて私のリクエスト)素晴らしき和食ワールド。美味しかった♪満足。

Dsc02350そしてデザートは兄夫婦から・・・。Lettre d'amourのお菓子。こちらのケーキは嫌味のない控えめな甘さが好きなお店です。

今日はレアチーズ風のを頂きましたが下にカラメルが敷いてあって、珍しい組み合わせながらとっても美味でした。一口分けてもらったモンブランもなかなか。甘さと生クリームの勢いで食べるモンブランが多い中、栗がしっかり存在してました。

今ネットでお店のこと調べてみたらこのお店のパティシエも和光のスイーツショップ出身なんですね。どうも私好みのお菓子は和光の影がいつもあります。

さーて、食べ残したものはもうない!(ラーメン食べすぎでしたが)

生まれて一度も離れたことのない東京にしばしの別れ・・・。何年後に帰ってくるのかな?

皆様忘れないでね~。

もちろん新天地からもブログ更新します!が、しばらくちょっとお休みかも。PCセットUpしたらまた更新します。

ではいってきまーす♪

| | コメント (6)

素敵なプレゼント集結

Dsc02300  最近嬉しいプレゼントを沢山頂く機会があり、嬉しい限り。

ブログにオリジーヌンカカオが好きと書いたら伯母からプレゼント♪トリフというか中が生チョコみたいな感じで少し常温に戻してから頂くとやっぱり美味しい~。カカオの味が濃い!コーヒーと一緒に頂くと本当に幸せ。

続いてはいとこのブログに「ワッフル焼きました」とのっていてこれまた調子よく「いいな、いいな」と連呼しておりましたら、焼いてきてくれました。バンザーイ。天然酵母入りのワッフルです。いざ作ろうと思い立っても口に入れるまでに天然酵母ゆえ、発酵時間がかかり中々すぐにありつけません。ありがたやー。天然酵母独特の甘みというかコクというかがあって癖になるおいしさ。20066yota_043

更にワッフル達人のいとこの姉上、(まあ、要するにいとこですけど)に先日息子の写真を沢山撮影しいただいたのですがそのデータ入りROMを届けてくれました!

一眼レフカメラで本当に沢山撮影!やっぱり一眼レフで撮ると違うわ。腕の問題もかなりありますけど・・・。セミプロさんですものね。自然光でわが息子もなかなか可愛く撮れてました。←親ばか

というわけで撮影者の許可とってませんが一枚だけUPさせてください!

沢山素敵なプレゼントありがとうございます!蝶々さんもありがとうね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

念願のじゃんがらラーメンで反省

あれれー、PCの調子がよろしくないのか写真がUPできませーん。(涙)

息子を出産する直前にも食べたじゃんがらラーメン。誰に何といわれようと好きです。近日中に食べると心に固く誓っておりましたが、やっと実現しました。

頼んだのは「じゃんがららーめん全部入り」。お兄さんが運んできてくれて気づいた。

私が食べたかったのはじゃんがらラーメンじゃなかった。

しかも更に過ちが!かなり前に一度全部いりを頼んであまりの具の多さにラーメン食べている気がしなくて二度と頼んではいけないと思っていたものだった!!

久々に行くからこういうことになるのです。これからはもう少しマメに通いたいと思います。

そうすればちゃんと食べたいものにありつけるはず。

というわけで今日の備忘録「次行くときは、ぼんしゃんらーめん ネギ・たまご・角煮いり」

でもそれはそれでおいしかったなぁ。

| | コメント (2)

タイ料理デリバリーを頼む

Dsc02266 大好きなアジアンフード。たまには人に作ってもらいたい!けどレストランにはなかなか行けず・・・。

義姉のブログで美味しいと紹介されているのをみて、ついにデリバリー頼んでみました!

1280円以上でデリバリーしてくれるので一人分でもOKかと思いきや単価が安いのでやはり二人分くらい頼まないとデリバリーしてくれないのね・・。ということで色々頼んでみました。

今回頼んだのはパッタイ(タイ風焼そば)、生春巻き、グリーンカレー、鶏肉のココナッツミルクスープ。全部で2090円。(頼みすぎ)でも安い・・・。この4品だったら女性3人分のランチにはなります。グリーンカレーは圧力鍋で作ったと思われる鶏の柔らかさがなかなかです。パッタイが一番おいしかったなぁ。自分でパッタイを作るとお鍋に麺がくっついちゃったり、麺の固さ調節が難しいけれどいい具合に仕上がってて満足です。

一品一品もかなりのボリューム。食べに行くより断然安い。パッケージなんかも可愛くっていい感じ。お友達と簡単ランチするときピザ頼むよりよっぽど満足度高そう。またたのんじゃおー。

しかし最近お料理してないなー。しばらくお料理お休み中zzz

もうすぐまた頑張って作りますよ~。

| | コメント (4)

デフェールのお菓子が届く

Dsc02255 お友達がたまプラーザにあるデフェールのお菓子を送ってくださいました。突然のプレゼントでとっても嬉しい!ありがとう♪

デフェールはたまに新宿伊勢丹に出てることがあって何度か生菓子頂いたことがありますが美味しい。ゆえに初めて頂く焼き菓子にも期待がもてます。

最初に頂いたのは米粉のサブレ。すごいサクサク!ほろほろ軽くって米粉のよさがすごく出てます。他にも中の赤色が綺麗なラズベリー風味のフィナンシェも重すぎず美味しい!

先ほどネットで見たらデフェールのシェフパティシエ安食さんはモンサンクレールでも修行されていたのですね。でもモンサンクレールさんほど「本場の甘さ」ではないので私にも甘すぎずいただけます。お酒控えめでお子さんにも人気だそうです。そういえば生菓子、そんなにアルコールっぽくなかったように思います。

毎日ちょっとづつ楽しみながらいただきます。ありがとう!

| | コメント (3)

中華でもてなされる@伯母宅

Dsc02262 息子を連れて伯母宅に遊びに行きました。いとこも集まってくれて久々のメンバーでゆっくりランチタイムを楽しむことが出来ました。

ランチは大好きな中華!

ひき肉やたけのこの炒め物と揚げ春雨のレタス包み、海老シュウマイ、酢豚、麻婆茄子、酢豚、くらげきゅうりを乗せたお豆腐、更にご飯と卵のスープまでつきました!

中華は作り置きがきかないのでおもてなしの時タイミングが難しくって挑戦したことないのですがさすが伯母です。いとことおしゃべりしてるうちにパパパーっといつの間にやら出来ていました。すごいー。お昼からめちゃくちゃ豪華です。しかもハオチー!(㊥おいしい)なかなか手が掛かるので家では手が出にくい酢豚も、美味しかったなー。

色々おしゃべり出来たし楽しかったー。親戚は仲良しなので皆で何かと集まることも多いのですが少人数で会うのもじっくり話せてこれもまた楽し。今日もデザートまでおなかいっぱい!

いざ食べようというときに息子がお昼寝してくれたのがまた絶妙!楽しい充実の一日でした。

有難うございます&ごちそうさま♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

広尾「プチポワン」でディナー

Dsc02236_15 広尾にあるフレンチ「プチポワン」に親戚とディナーしてきました。

プチポワンはご縁のあるレストランなので何度かお世話になっていますがいつも美味しいのはもちろん、サーブの仕方にも演出があって楽しいレストランです。お料理一品一品もすごく手が込んでいて「プロの仕事」を感じさせてくれるお店です。

本日のいただいたのは下記のコース。

・黒いさきと帆立貝ふんわりした白アスパラのジュとともに・・・皮がパリッと焼かれたイサキが白アスパラのクリーミーなソースの上に。相変わらずキャビアが豪華にのってました。

・甘鯛と浅葱のクレープコンソメ流し(写真大)・・・お皿には浅葱が包まれたクレープの上に甘鯛。あとからポットに入れたコンソメをテーブルの上でゆっくり注いでくださいます。演出が素敵。コンソメの香りがふわっと広がって食欲をそそります。

・オマール海老のリゾットグラタン・・・リッチなオマール海老入りのクリームリゾットがグラタン仕立てに。オーブンから出したての熱々のお皿で出てきました。フレッシュのエストラゴンが時間と共に香りを放ちます。

・シャロレー牛のローストビーフ・・・マッシュポテトに絶妙な焼加減のローストビーフが乗せられ甘めのソースがかかります。ここだけの話、おかわりしてしまいました・・。

・パンプルムースのクレームフロワ・・・グレープフルーツの酸味が効いたクレームフロワ(クレームブリュレのような感じですね)に少し苦めのカラメルソースがかかっています。

Dsc02233_2 Dsc02239_1 Dsc02246_1 Dsc02249_1

最後にマカロン・フルーツゼリーとコーヒーをおなか一杯といいながら頂いて解散となりました。

おいしかったなぁ。

個室とはいえ息子がかなり不機嫌で泣いたりで大騒ぎ。プチポワンの方々・一緒に行った親戚の皆様、本当に申し訳なかったです・・・。本来はチビが行くようなお店ではないですものね。(反省)母の食欲が抑えられず、申し訳ありませんでした。

でも、楽しくお話して、皆さんお忙しい中久々に会えて嬉しかった♪有難うございます!ご馳走様でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

器を頂きました!

Dsc02192_1陶芸好きの義妹が器をプレゼントしてくれました!ありがとう!とっても嬉しい!

今回焼いてくれたのは写真の2点。これから夏に向けてお素麺用の大きめの鉢と薬味入れです。

優しい色合いと柔らかな丸みで癒し系の器です。お素麺に限らずサラダや大皿料理にも何でもマッチしそうです。こういう色の器ってお料理がとっても映えるので嬉しい。我が家は和食でお客様おもてなしのとき鯛茶漬けを最後にお出しすることが多いので薬味入れもこれまた活躍しそうです。

いつも使いやすくって素敵な器を焼いてくれます。しかもリクエストも受け付けてくれたりして更に頭が下がります。本当に有難う♪

私もいつか陶芸習いたいなーと思ったけど美術の宿題の粘土細工も父に作ってもらっていたくらいなのでダメですね。使える器(芸術性以前の問題)を作れる自信ないですー。

また素敵な器作ってねー!

| | コメント (3)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »