« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

海南風チキンライス

Cimg0277 食道楽でもある兄夫婦。義姉のブログを見ていて日々「うらやましぃー。食べたいー」を絶叫している私。

以前兄夫婦がシンガポールにいて遊びに行った際に食べてからすっかりハマった「海南風チキンライス」。シンガポールの名物料理の一つです。

チキンライスといってもケッチャップ味のでは無く、蒸し鶏とチキンスープで炊いたご飯を一緒に頂くというシンプルメニュー。でもこれがおいしいのです。

今日はコストコで勢いで買ったドラムスティック大5本いり×8パック(約8ドル)を消費すべく、骨付きのドラムスティックで作りました。ご飯は本当は鶏を蒸した際にでるスープで炊くそうですがそれだとご飯と鶏の出来上がり時間に差がでてしまうのでチキンスープで炊いてしまい、鶏を蒸した際できた汁はスープとしていただきました。

この海南風チキンライスの命は鶏につけるタレにあります。本日は3種類用意。シンガポールでもお店によってバリエーションがあるようですが、はずせないのがダークソイビーンソース。溜り醤油というかもっとドロドロの甘いモノです。日本ではシンガポールで売っているものを持っていたので本格的味を再現できましたが、こちらで入手できたモノは少し薄めで・・・。義姉のアドバイス通りカラメル入りを買ったんですけどね。でもまあそこそこおいしかった。

二つ目のソースはこれまたシンガポールにチキンライス用のチリが売っているのですがこちらでは手に入らず。ネットをいろいろみたら豆板醤を日本酒で薄めると似た味になると書いてあったのでそれをお試し。確かにっ!十分これでいけます。

三つ目は摩り下ろした生姜にレモン汁を加えたもの。少しさっぱりしててこれも大好き。

大好きなコリアンダーをもりもり乗せていただきました。おいしかった~。

東京だと恵比寿にもシンガポール料理を楽しめるお店ができたそうです。シンガポールにはまだまだおいしい料理がたくさん!日本に帰る頃にはもっともっとメジャーになって沢山お店ができてるといいな♪

そういえば昔会社員だった頃西荻窪の駅前にあったシンガポール料理屋さんによくいったなぁ。まだあるのかな。あってほしいけど。

| | コメント (8)

テラスでピザランチ

Cimg0272_1 今日は朝からお料理するぞモード。ずっと作ろうと思いつつ先延ばしになっていたピザをお昼に作りました。

外食でピザを食べる機会は多いけれどやっぱり手作りのほうが断然おいしい。本日のメインテーマはアメリカの「いまひとつなのよね~」という食に関するストレスを手料理で発散すること。

サブテーマとしては「アメリカに行ったら絶対買うぞリスト」に含まれていたピザストーンを使うことでもありました。日本のオーブンでは絶対入らないサイズなのですがセールでめちゃくちゃ安くなっていたのでアメリカで使い倒すと決めて購入いたしました。

あらかじめオーブンを予熱する際にピザストーンも一緒に入れておきます。ピザ生地が出来上がったらピザ屋さんが窯に入れるときみたいに木の大きいヘラ(?)でピザストーンの上に移動させて焼きます。今日は2枚ピザを焼いて1枚はピザストーンで、もう一枚は天板の上で焼きましたけれどピザストーンのほうがいい具合に焼き色が付いて(特に裏側)本格的ピザに少しは近づいたかな。

ひそかにかなり前から作ろうと決め材料もチビチビ用意しておりました。

今日トッピングに使ったのは、いろいろ野菜入りのトマトソース(息子に野菜を避けられないよう粗微塵に切っております)・フレッシュモッツアレラ(コストコで6個いり7ドルくらいだった!)・ドライトマト(これまたコストコで大きいパックで買ったトマトをオーブンで焼いてオリーブオイル漬けにしておいたもの)などなど乗せてみました。

そして先日のお流れになったBBQの残りステーキを昨日ローストビーフ風にしたのでその残りをサラダに乗せて・・。

息子と二人のランチになんでこんなに気合はいってるんだろう・・・?

そして勢いあまってテラスで食べてみました。(笑)

気分もすっきり。ふー。今度はお友達呼んでやることにしますわ。

| | コメント (8)

BBQのはずが・・。

Cimg0260 日本からお客様があるので旦那さまの会社の皆さんとBBQでおもてなし。のはずだったのですが週末の天気はアメリカ中西部名物(?)のサンダーストームでカミナリ&豪雨の予報。土曜の夜は確かに豪雨でしたが日曜は朝から怪しい雲は出ているものの中々雨は降ってこない。迷いに迷って、BBQを中止に。でも男性陣のゴルフはちゃっかりしっかり決行。

さーて、各々仕込みかけていたお料理、どうする?ということでだんな様たちがゴルフに興じる間女性陣はそれぞれの仕込み料理を持ち寄ってのランチパーティとなりました。

とはいえメインとなるべきBBQはできないのでサイドディッシュのランチ。お豆のサラダ、山菜おこわ、海老の揚げワンタン。野菜スープもおまけにつきました。

サイドディッシュばかりのはずなのにご飯・サラダ・おかず・スープといい具合にバランスもとれててなかなかおいしいランチでした。

本来BBQで焼くはずだった分厚いステーキとソーセージがお土産になってホクホクランチでした。

夜はみんなでステーキを食べに行きました。少し離れたところは豪雨による洪水やらで大騒ぎだったようですが自分たちのいたところでは結果的に雨粒ひとつ落ちずBBQできたみたいでしたけど。残念。

BBQの中止に伴い、冷蔵庫がパンパンです。とりあえずみんながすごく楽しみにしていた秋刀魚のBBQは見送りになってしまったので甘辛に煮付けにしちゃいました。それから明日は分厚いステーキ肉をどうにかしないと・・・。

もちろん米国産牛肉ですよ!狂牛病!?気にしていたらこちらでは食べるものありませんっ!

|

10年以上ぶり!

今週から学生になりました。食べ過ぎママですが食べてばかりもいられないので少しは英語をどうにかしたくて学校に通い始めました。こちらについて早々、深くも考えずいくことを決めてしまいましたが息子を預けていいものかとかいろいろ悩んだ末、ダメならやめてもいいや!と開き直っていくことに決めたわけです。

10年以上ぶりの学生です。周りは20歳くらいの若者ばかりです。そんなに年をとったつもりも無かったのですがやっぱり20代は違いますね。キラキラしてます。青春ですよ。とても可愛い。“I miss my boyfriend."なんて話に耳を傾けつつ、すっかりオバサンモードで彼女たちの仲間に入れてもらっております。

授業中は学校に併設されたチャイルドケアセンターに息子を預けてます。こういうサービスが充実しているのがアメリカのいいところですね。当然、息子は英語を全く理解しませんので日々涙を流していますがいつか慣れてくれるはず。おやつタイムだけはすごくご機嫌らしいですが。さすが食べ過ぎママの血を引いています。

しかし、アメリカの食に関する考え方って私には理解できません。日本の保育園でおやつといったらフルーツとか手作りのバナナケーキとかそんな感じのものが出されるように思いますが、こちらは体に悪い感じ全開です。1歳児にピーナツバーターもりもりクッキーとか「おっとっと」みたいな塩分多すぎクラッカーとかクレヨンみたいな色のクッキーとか食べさせますかね!?

本当はランチもそこで食べてもらえるといろいろありがたいんですがメニュー表みて辞めました。

“cheese burger,banana,milk"って野菜とか無いんですかねぇ。人間の食習慣は3歳までに決まるといいます。できる範囲ですが息子には安全なバランスのとれた食習慣を身につけて欲しいと切に思います。いずれ大きくなったら親がなんと言おうと「ポテチ・コーク・マックがいいー」ってなるんですから。せめて今だけでも・・・。

| | コメント (9)

本場!BBQパーティ

  昨日の夜はウチに遊びに来てくれたお友達に誘われてBBQパーティに参加させていただきました。

アメリカ人の本場BBQパーティはこちらに来て初体験となります。楽しみに伺いました。

ウチから30分くらいドライブ。州境を跨いだところにお友達のフィアンセのご親戚が住んでいらっしゃいます。フィアンセさんのご両親はもともとこの辺にいらしたそうでご親戚は近くに多くすんでいらっしゃるとか。ご結婚される二人をお祝いしてのご親戚大集合のBBQパーティだったようです。

お庭にはたくさんのテーブルといすが並びオードブルも並んでいます。ジュージュー焼くいわゆるBBQを想像してうかがったのですがどこで焼くのー?火が見当たりません。

メキシカンなオードブルをつまみつつしばし歓談。お子さん連れの方もいらして、息子を含め遊びに加えていただき楽しく過ごせました。初対面の唯一の他人(しかも日本人)なのに皆さんいっぱい話しかけて下さりいろいろご近所情報を教えていただき楽しく過ごせました。

あれー?BBQはないのかな~?しばらくすると「家の中に料理があるのでとってくださーい」と。

Cimg0246Cimg0247_1取りに行きますと中にはお料理が。ははーん。なるほど!アメリカ中西部 はBBQが名物料理。BBQといっても炭火で焼いていただくというよりスペアリブのようにたれにつけて焼くもの。今日のBBQパーティの指し示すBBQもじゅーじゅーBBQではなく中西部BBQだったのです。

ポテトサラダ、コーンサラダ、フルーツサラダ、ベイクドビーンズにBBQのお肉。お肉はビーフ、ポーク、ターキー、チキン。バンズ(パン)も添えられてます。

どれもおいしかったけれど、ベイクドビーンズがほんのり甘くって最高においしかった。伺ったお家の方とその姉妹+ママですべてのお料理を用意されたそう。作り方を聞いたけど「作り方はフツーなの。ママじゃないとこの味にならないのよ」と。うーん奥深い。どこも「ママの味」って言うのはまねできないものなのですね。

デザートはピーナッツバター入りチョコレートケーキwithアイスクリーム。アメリカーンでした。でもそんなには甘くなかったです。お味以上にアメリカを感じたのは老若男女がみーんなデザートを食べていること。日本だったら男性とかデザートパスする方、多いですものね。オジサマたちがデザートを食べてる姿はなかなか可愛いものです。

| | コメント (5)

初お客様

Cimg0244

アメリカで初めてアメリカ人のお客様をすることになりました。お客様にちゃんと(?)お料理するのも久々だしまだまだ不慣れな食材&キッチンでちょっと緊張気味でしたが何とかうまくできました~。ふー。

アメリカ人のお客様といっても日本語も私の英語よりよっぽど上手ですし、東京の家に遊びに来てくれたこともある方。だんな様のお仕事関係の方ですが、親しくお付き合いしている方のようで気楽にということで・・・。ランチだし。

メニューは、和食希望とのことだったので和風にしてみました。夏っぽい和食メニューって大葉とかミョウガを使うものが多いし、そもそもお魚系は壊滅的に手に入らないのでメニュー決めるのが結構大変でした。

作ったのは、鶏ササミのクレープ包み(私の定番♪)、海老・アボガド・トマト・マッシュルームのゼリー寄せ、和風コーンスープ、紅白もち米団子、枝豆ご飯、和風ピクルス。

日本でも散々作ったことのあるメニューですが日本のときとは少しずつ違うものになりました。クレープ包みに赤味噌ダレがいるのですが赤味噌のおいしいのがないので中華の甜麺醤を、枝豆ご飯の枝豆は冷凍EDAMAME、ピクルスにいたってはベビーキャロットを使用。お皿もいつもより和風度UPしてるし。

でもでも、「オイシーデス」といってたくさん食べて下さいました。もうすぐご結婚されるということでいろいろお話盛り上がりました。

デザートは黒ゴマのプリン。こちらもおいしくできました。

夜は彼のフィアンセが私たちの近所にすんでいらっしゃるのでそちらのBBQパーティに参加させていただきました。そちらについてはまた明日書きます・・・。

| | コメント (5)

秋のリースを作る

Cimg0212 朝一番にすること。今朝もいつも通りテラスに出ました。家中冷房なので日々の温度変化に疎くなるのでそうしているのですが、今朝は涼しかった!いや、寒かった!15℃ですよ!びっくり。昨日から涼しくなってましたがいよいよ秋のようです。こうやって毎年一日を境に急に秋モードに突入するそうです。

気持ちも秋モードになったところで、私のオタク心がムズムズ。

家に引きこもって「黙々チマチマ」なにか作りたい!キルトのチマチマもいいけれど今回はフラワー系チマチマ!

クラフト屋さんに行ってリース材料を買出ししてきました。もともとフラワーアレンジメントは大好きだけどこちらはあまり生花はいいものがなくて(野菜といい、魚といい生ものはダメなのです)アートフラワーが豊富に売ってます。

日本より安くって種類も豊富。お店はハロウィーン、クリスマス関連の商品がたくさん並んでましたがとりあえず今回はイベント用ではなく「秋」をテーマに。

日本でも玄関のドアにリース飾ってましたが、うーんこちらは飾りガイがあるっ!ドアが大きいっ!思いっきり大きめのリースを作ってみたつもりでしたがそんなに大きくなかった・・・。

はー、久々に作って楽しかったなー。たまにこういう一人の時間を持たないとね。(食べてばっかりじゃなく)

| | コメント (4)

チェリークラフティとクッキーを頂く

Cimg0199 日本人のお仲間にお菓子作りが上手な方がいらして今日はみんなでお菓子を教えていただくことになり参加してきました。

とはいえ、本日の息子はどうにも私と波長が合わず(?)朝から荒れ模様。テロのニュースもあったので何か感じてたのかも知れません。いや、どちらかというと、嵐ですごい雨だったからかも。

いざお昼ご飯を食べていくぞ!というときにお昼寝開始。あちゃー。残念ながら遅れて参加となってしまい、お菓子をみんなで作るはずが、ただご馳走になりに行くこととなってしまいました。

作ったのは(食べたのは)2品。

一つ目はチェリーのクラフティ。クリームチーズが少し入っていて卵がきつすぎなくてとってもおいしい!甘さも程よく日本人好みで後引くおいしさでした。

二品目はクッキー。アイスボックスタイプのクッキーですがコーンフレークを入れるのが特においしかった。お子様にもOKなお味でこれまたおいしい。

しかも、お土産付きっ!すばらしい。本当にありがとうございました。

イギリスのテロニュースでなんとなく怖いなーと朝からテレビにかぶりついていましたが(英語があまりわからないので余計怖いのです)おいしいお菓子を頂いていると一時忘れられて幸せです。

とはいえ、今日は息子が荒れているのでお友達のお宅でお茶はこぼす、ブドウは食べ過ぎる、挙句のあてに私のバックから頂いたレシピを引っ張り出しておいてきてしまう・・・と散々な一日でした。早速あした作ってみようと思ってたのにぃ。

手作りのお菓子をみんなが楽しめる平和な世の中になるといいですね。

| | コメント (6)

ルバーブといちごのパイを焼く

Dsc02668 すっかりルバーブにはまっているのでルバーブといちごのパイを焼いてみました。

ずーっとルバーブのパイを焼いてみたかったけれどクリームが入ったパイだとちょっと気分的に重かったのでシンプルなパイを作ってみました。

こちらで買った雑誌にでていたレシピで挑戦!出来上がりが直径30センチくらいと思われるので手持ちのタルト型にあう分量に割り返してつくりました

タルト生地は昨晩作っておいたので今日はルバーブとイチゴをカットして、砂糖と上新粉を混ぜたものをまぶしてタルト生地に乗せて焼きます。

40分ほど焼くのにかかりましたがきれいな赤いタルトができました。

早速試食~♪んー、今日はなんと甘さが控えめすぎ~(涙)そんなことになろうとは!

急遽、粉砂糖を上に掛けて生クリームをちょっと垂らしていただきました。そうしたらおいしいー。久々に「手作りお菓子のよさ」を堪能いたしました。幸せ・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

バナナパウンドケーキを焼く

Dsc02650_1 お菓子があまりにも不発なので少し基本に立ち返ってみることにしました。オーブンの癖を知るにはパウンドケーキがやはり一番。ちょうど熟れ熟れの黒バナナ(新種じゃないですよ。単に黒くなっちゃっただけ)があったのでバナナパウンドケーキとなりました。

なーんてパウンドケーキは私の鬼門ケーキ。お菓子の先生も「パウンドケーキは初心者と上級者にしか焼けない」と断言されてまして本当はすごく難しいケーキ。自称中級(=パウンドがうまく焼けない状態)になったとき妊娠してお菓子作りなんてトンでもない状態になったまま封印していたので今回は解決の糸口が見つかるか迷走するかの賭けでもあります。

いろいろ山積の問題点解決のため、本日はキッチンエイドも封印。手で全部混ぜれば本当はいいはずだけど自分の腕が一番信用ならないので日本で使い慣れたブレンダーを使用。材料とオーブンの違いに特化します。

うーん。お菓子の先生にはとてもお見せできませんがこれまでの中ではまずのデキ。気泡が入ってしまったのは論外として・・・。お味はそう悪くなかったです。

でも原因はわかってます。わかりました!ふくらみが悪いのも底と側面が焼きすぎなのもすべてはオーブン。近々もう一度焼いてみて今回の失敗を検証してみるとします。あー、でももう一回焼くと他のポイントで失敗したりするんですけどね。

少しは光が見えてきたような・・・。気もする・・・。

でもやっぱり日本のお菓子が恋しくてDsc02647 手作りお菓子より憩ってしまったりするのでした。yuyu、kate&yarnさんありがとうございます。ウマウマです!やっぱり黄な粉が一番でしょ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キーライムパイを焼いてはみた

Dsc02640 「キーライムパイってなに?」と以前、母に聞かれました。「えっ?」食べ物関連には強い母の口からそんなこときかれるとは。高校生時代の寄り道でたべたりしていたので当然メジャーなケーキだと思っていました。でも大人になってからレストランで頂くなんて機会は確かになかったなぁ。

調べてみたらアメリカのケーキだったんですね。フロリダあたりで採れる「キーライム」というライムを使っているのが本当の「キーライムパイ」だそうです。

本当のキーライムは手に入らないけれどキーライムパイもどきを作ってみようと思ってネットを検索。日本人のブログに「アメリカ人に教わったレシピだけど甘すぎなくて日本の友達も喜んでくれました」と書いてあるのを発見。こういうレシピが欲しかったのよ!と勇んで作りました。

非常に簡単なレシピ。というかセミハンドメイド・ケーキ。パイは自分で作るのではなくスーパーで売っているパイシェル(オーブンで焼くだけのもの)を使用します。でも某メーカーのパイシェルを指定。そして卵黄にコンデンスミルク(これもメーカー指定)、ライムジュースを混ぜ素焼きしておいたパイシェルに流し込み、その上にメレンゲを乗せてオーブンへ。ちゃんと指定されたメーカーの材料を使って作りました。お手軽お手軽。

なーんか嫌な予感。コンデンスミルクの甘さに危険を感じ、ネットで見たレシピの半分にして製作。日本人のお墨付き&練乳半量作戦のダブルブロックしたので甘みが足りなかったらどうしよーなどと思いながら焼き上がりを待つ。

粗熱がとれたところでケーキカット&試食。

ムムム。大陸の味だ。半量にしたのに。甘っあままままままー。だんな様は一口でリタイア。

私も一切れでノックアウト。メーカー指定のパイシェルは塩味が強くって中のクリームは甘い。アメリカンだ。

懲りずに他のレシピを試してみるか・・・。

っていうかこっちに来てからほとんどお菓子失敗してます・・・。

| | コメント (4)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »