« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

メキシカンディナーを作る

Dsc03388 野菜を欲しているっ!なんとなく体がそんな感じです。

ゆえにメキシカンディナーにしました。

タコスに包むお肉はTACO SEASONINGを使っちゃいました。アンチョという大きい唐辛子を使って簡単にできるのですが今日はより簡単に済ませてしまいました。レタスとトマト、チェダーチーズをのせてタコス用のソースが売られているのでそれをかけて出来上がり。サワークリームも添えてみました。ひき肉炒めただけです。

さらに野菜を取らねば!ということでディップ2種。アボガド・玉ねぎ・コリアンダーで作るガッカモレ、トマト・玉ねぎ・コリアンダーのサルサ。どちらもフレッシュのグリーンチリを使ってみました。Dsc03386

日本でグリーンチリ入手は面倒なのでストックしていたタイ料理で使う小さいグリーンチリを使っていました。アメリカで買えるメキシカン用のチリは獅子唐より一回り小さい位のサイズ。メキシカンはポピュラーなので材料がどこでも買えてうれしい。今回は息子もいるしマイルドにしたかったので、たった3本で十分と購入したら15セントでした!!量り売りはいいですね。

さてこのチリ、実際使ってみたらすごく辛く、結局2本しか使えませんでした。(しかも種抜きにして)

私としては非常に気分にマッチした夕飯で満足だったのですが息子は不満モード。ご飯がないと騒ぎます。

メキシカン改め沖縄名物「タコライス」にしたらペロリと平らげました。タコライスはこのひき肉、レタス、トマト、チーズをご飯にのせるというもの。沖縄米軍が発祥ではないかと思われます。

とりあえず親子で満足いたしました。

| | コメント (6)

アップルサイダー工場に行く

Dsc03379 家から車で30分ほどのところにアップルサイダー工場があります。お友達に連れて行っていただきました。ありがとうございますー!

工場のあるところはまさに「大草原の小さな家」のワンシーンにありそうな平原にあります。

小さなオールドアメリカン調の小屋がとってもかわいい。ハロウィーン前ということでかぼちゃも売られていました。

今日は半袖でもOKなほどの温かさだったので沢山人が来ています。

アップルサイダーを作っているところがちょっと見られて、後は併設されているお店でお買い物♪

アメリカは日本と同様、リンゴの品種が沢山あります。日本の富士もありますがどれも日本より小ぶりで食べやすい。日本の蜜がたっぷり入ったリンゴもおいしいけれど、こちらのすっきり爽やかなリンゴもなかなかのお味です。

アップルサイダーそのものは近所のスーパー等でも広く扱われていますが他にもリンゴ、アップルバターなどのジャム系、スパイス、蜂蜜などが売られています。

Dsc03384 せっかく来たのですからおいしい体験をしないと!

アップルサイダーがスムージー風になっているドリンクとドーナツを買い食い。

アップルサイダーは今日の暑いほどの気候にはとても心地よい喉越しと甘みでした。

ドーナッツはシナモンが効いていて周りにお砂糖がまぶしてあります。チュロスみたいなお味で油っこくなくもう一個食べちゃいたいくらい。おいしかった。

蜂がぶんぶん飛んでいて我々の甘いモノを狙っているのがお邪魔でしたがそれだけおいしいということですね。

お土産にアップルバターを買いました。パンに塗って朝食に頂きたいと思います。

| | コメント (10)

かわいそうな桃のその後

Dsc03365 先日「桃のコンポート」のつもりが「自家製黄桃缶もどき」と化したかわいそうな桃。

ヨーグルトと一緒に頂くのも結構悪くなくってちょうど風邪っぴきの息子に好評でした。

しかし、それだけではこの悔しい思いは消えず・・・。

昔何かの本で見かけた恐ろしく簡単なレシピを思い出しました。多分アメリカのデザートだったとおもいます。

タイトルは不明。黄桃缶などのフルーツ缶詰とバナナ、リンゴ、マシュマロ、サワークリームを同量で和えるというもの。産後の異常な食欲の時(今も!?)一度作ってかなりおいしかったものの乳腺炎になりそうになりその後封印されていた一品。

和えてから少しおくのがおいしさのポイント。マシュマロがなじんでおいしくなります。しかし置きすぎるとバナナとリンゴの色が変わってきますので注意。バナナのまったり感とリンゴのしゃきっとした感じがおいしいのです。

今回はサワークリームを控えめにしてヨーグルトをプラスしてみました。

今回もおいしかった。満足。かわいそうな桃を有効活用できたことにさらに満足。よかった。

残ったコンポートのシロップは水を足しジュース風にして、風邪薬を混ぜて息子にあげたら一気に飲み干した。これまた有効に活用できて満足。

肩の荷が下りた・・・。

| | コメント (6)

CRAY POT RICEをつくる

Dsc03357 クレイポットライスはシンガポールの屋台料理。中華っぽいものですがマレーなのかインドネシアなのか東南アジアテイストを感じる一品です。

シンガポールのホーカー(屋台)で食べたのはそれはそれは鶏がジューシーでご飯が香ばしくっておいしかった。東京のレストランで食べられるところあるのかしら?

前から一度作ってみたかったのですが土鍋でご飯を炊いたことがないので失敗したらいやだなと、なかなか挑戦に至りませんでした。クリステルやルクルーゼだとちょっと趣ないし・・・。

今夜はだんな様夕飯ナシだし・・・。いざ挑戦です。

鶏をオイスターソース・醤油・ブラックソイソース・生姜汁・ごま油・砂糖・片栗粉を混ぜたタレに漬け込んでおき、フライパンで表面の色が少し付くくらいに焼いておきます。

ジャスミンライスをチキンブロスで炊いて粗方炊けたところで先ほどのチキンを入れ、蓋をして蒸します。

蒸しあがったら青ネギを散らして出来上がり。

土鍋でご飯もルクルーゼやクリステルで炊いたときと同じ位の時間で大丈夫でした。底にはおこげがしっかりできていて、成功!

最後に散らす青みは青ネギより断然パクチーであるべきっ!珍しくパクチーのストックがなかったのでネギで我慢しましたがこれはこれでおいしい。

香ばしくっておいしかったなー。

でもナニが違うのか良くわからないけどシンガポールで食べたほうがもっとおいしかったような・・・。というか別モノだったような気がしてきました。違うレシピでもまた試してみようかな。野菜たっぷりのスープでも作ればこれで十分な夕飯になるので、今度はだんな様がいるときに試してみます。

| | コメント (12)

天然酵母食パンを焼く

パン作りの上達のためにはしばらく同じパンを焼き続けることが必要だそうです。

でもそうは言ってもねぇ、飽きっぽいので私。すぐ違うパン焼きたくなっちゃうのです。違うレシピで。

先日起こした天然酵母を使って食パンを作ることにしました。

天然酵母で食パン作るのは初めて。こちらに来てローフ形のパンもそんなに焼いてません。気合を入れて捏ねました。(当然最初はキッチンエイドでやりましたけど)

なかなかいい生地ができて一次発酵へ。でも、お昼過ぎから息子が熱出しちゃいましてね。もう今回のパンは無理と諦めモード。

息子が寝付いた夜に発酵が完了する予定でしたが室温が高かったのか夕飯前には発酵完了。息子がうとうとしている間に成形して、二次発酵。後は息子が寝た後、焼けばいいという目論見。諦めかけていたパンですが一応作業を進めておりました。

いつもより早く息子は就寝。意外とあっさり寝てくれて、いざパンを!とオーブンへ。

あと2分ほどで焼きあがるというときに寝室から泣き声が。迷ったのですがココまで来て黒こげになるのも・・・と思い、オーブンからパンを取り出してから息子の元へ。

息子が寝付いてからパンを見ると、やはり焼きが甘かった。

上はパリパリでおいしくできたのですが底と脇の焼きが甘く。息子のほうが断然大事なのでいいのですがやっぱりちょっと残念。

というわけでケースに入ったままの写真です。Dsc03360早く元気になってくれるといいな・・・。そうしたらまた焼くぞ!!

上のほうのパリパリ部分は代官山・ヒルサイドパントリーの食パンっぽい味がして懐かしかったなー。

| | コメント (4)

かわいそうな桃

Dsc03337 昨日コストコで箱売りの桃を買った。シーズンもいい加減終わりと思われるので最後に!と。

ずーっと前から作ってみたかった桃のコンポート。日本では桃が高くてもったいないし、生で頂くのがおいしすぎて加工する気になれず試したことがなかったレシピ。

日本の白桃とは違うけどまあ桃だし、コンポートにしようと張り切って購入したわけです。

お砂糖と水とレモン汁と桃を火にかけて柔らかくなるのを待って出来上がり。昨晩作ってそのまま冷まして朝を迎えました。

ちょうどヨーグルトを切らしていたのでまあちょっと生クリームでもかけていただいてみましょう。Dsc03338

きれいな黄色に仕上がりました!

ってアレレ?今更気付いた私。食べてみて確信した私。

これって缶詰の黄桃???そうでしたそうでした。桃といっても黄桃ですから当たり前です。缶詰ではないですが同じものですね。

一気につまらなくなりました。これなら缶詰でいいよー。甘さは控えめだけど。悔しい・・・。

というわけで再加工。Dsc03347

生のリンゴと一緒にサワークリームが入ったフラン風のものに仕立ててみました。

オリジナルのレシピはドライアプリコットを戻して使っていたのですが今回は黄桃を使って作りました。

んんんー、普通。すごく普通の味のものができました。まずくないけど感動がありません。

ダメだこりゃ。

桃さんごめんなさい。今日はなーんかお菓子作る気分じゃなかったのに頑張っちゃったのがいけなかったと思われます。

作りたい気持ちを大切にしなくてはいけませんね。今日、学んだことです。

あと2個黄桃のコンポート残っているのよね。フレッシュのもあるけれど・・・。どうしよう。

| | コメント (10)

レモンポピーシードマフィンを焼く

Dsc03244_1 従姉のブログを見てレシピをおねだりしました。

私はレモンとポピーシードの組み合わせを知りませんでしたが、そのつもりで見てみると意外と色々な所でマフィンやらパウンドケーキやらが売られていました。

「甘めのレシピ」と聞いたので少しお砂糖控えめにしてレモン汁を少し多めにして作ってみました。従姉のブログではレモンスライスをトップに飾っていてすごくかわいかったのですが、今回は息子ウケを狙ってスライスはのせずに作りました。

焼き上がると蜂蜜の甘い香りとレモンの爽やかな香りがオーブンから漂ってきます。

マフィン型から取り出そうとすると、きゃー、マフィンの上部が取れちゃいました・・・。レモン汁入れすぎたかしら・・・?

食べてみるとふんわり軽い。マフィンというよりケーキっぽい仕上がり。甘みも酸味もいい具合に好みの感じにあがりました。ポピーシードのプチプチがまたいい味出してます。おいしい♪レシピありがとう!!

余談:珍客Dsc03282

息子が窓の外をみてなにやら訴えかけています。外を見てみると・・・・

なんか、鳥がいっぱい歩いてます。

渡り鳥系???リスはよく見かけるけどこんな大きい鳥は初めて。白鳥くらいのサイズがありました。

ナニ鳥??ガチョウ??そんなの来ない??

| | コメント (8)

ハロウィーンパーティに参加する

英語のお勉強に通っている学校のプログラムでconversation partnerというのがあります。要は英会話の練習に付き合ってくださるネイティブを紹介してくれるというもの。週1のペースで会って色々お話しています。

そのconversation partnerが通う教会で仮装パーティがあるとのことでよかったら、と声をかけてくれました。なかなかアメリカ人の普段の生活覗ける機会もないので行ってまいりました。

会場に着くと皆さん仮装しまくりです!!Dsc03300

海賊風の格好したオジサマやナース姿(とはいえこちらのナースですのでセクシー系ではありません)の女性。謎のチャイニーズ風の牧師様。子供ももちろん仮装。女の子はプリンセス系のドレスが多かったですが男の子は結構面白かった。チョコレートのm&m'sもよかったけど、一番気に入ったのはマリオ&ルイージ。日本のですしね!それぞれが色々工夫していて、なりきっていて面白い。

とりあえず仮装なので息子にはハロウィン用に購入したものを着せてみましたが、私は普段どおりの格好で。やっぱり仮装すればよかったかしら・・・。巷に売られている大人モノはセクシー路線が多いのですが、教会のイベントですしそういう方向ではなく手作りで工夫しているようでした。そんなに怖い系の仮装もなかったですし。Dsc03301

さてパーティはといいますと、まずは腹ごしらえから。おそらく信者さんが持ち寄りされたモノのよう。

メインはチリ!何個ものお鍋やスロークッカーに入ったチリが並べられていました。それぞれのレシピで作っているのでしょう、微妙に入っているものや赤さが違います。

トマトがいっぱい入っているチリを頂きました。おいしいー!そのチリを作った方ではないと思いますがチリの作り方をならったので今度家でも作ってみたいと思います。

他にもコーンブレッドやブリトー、デザートのクッキーやブラウニーなどが並びました。

コーンブレッドは日本のパン教室習ったときに知りましたが、今回何種類かつまんでみてこれまた色々なお味があるのだと知りました。パイナップル入りというのがおいしかったな。

お食事が終わったらホールに集まってフォークダンス大会!ひえー!私はシャイな日本人なので壁の花となりましたが老若男女皆さん踊っていて盛り上がっておりました。150人はいたでしょうか?すごい人数です。圧巻。Dsc03306

大人たちが踊る大きな輪の端で小さなプリンセス達がクルクル回りながら踊っていてこれまたかわいかった。かなり楽しそうでした。お友達のお嬢ちゃまプリンセスもお仲間に入れていただいてクルクルしてました。よかったよかった。

教会のパーティですから皆さん気さくに話しかけて下さったりして楽しく過ごせました。

パーティの最後に仮装のコンテストがあるそうですが子連れで行っていましたのでお先に失礼しました。結果はどうなったのかなー?次回conversation partnerに会ったときに聞いてみたいと思います。

ハロウィンって意外と大人のイベントなのかしら?と思ったりして。フォークダンスなんて色々出会いのチャンスありそうですものねぇ・・・。

| | コメント (5)

LOVE とんこつラーメン♪

Dsc03266 東京からのお土産でとんこつラーメンをいただきました。

非常に非常にありがたい。

ラーメン大好き夫婦なので東京にいた頃は毎週末お昼はラーメンと決まってましたがこちらに来ておいしいラーメンが手に入らず悲しい思いをしておりました。

醤油ラーメン、味噌ラーメンはまだなんとか入手できるのですが壊滅的にお目にかかれないのがとんこつラーメンなのです。

先日頂いてから今週末に食べると決めていたので事前準備もばっちり!

数日前からチャーシュウの仕込みに入りました。

日本だとチャーシュウ向きの形をしてネットを巻かれた豚肉が売っていますがこちらには当然そんなものはなく・・。かなり大きい塊はあるそうですが、我が家で作りたい500グラム程度のサイズですとステーキ用にカットされたものになります。強引に紐で縛って、醤油・日本酒・お砂糖に五香粉と練りゴマをちょっと混ぜたタレに生姜、ネギとともに一晩漬け込みます。

翌日、お鍋で回りに焼き色をつけて付け汁を加えて加熱し、蓋をしたままおいておけば出来上がり。日本で作っていた丸く太い形のお肉ですと30分ほど煮ていましたが厚さ3センチほどのステーキカット肉なので10分ほどの加熱で終了。早くできるのはありがたいかも。

久々のラーメンに腕がなまって(?)ちょっと麺が柔らかめになってしまいましたがきくらげとゆで卵、青ネギものせていただきました。

おいしいなー♪久々のラーメンのBGMに日本から送ってもらった「サンデージャポン」のビデオを流してみました。デーブスペクターくらい日本語の話せるアメリカ人が側にいたら便利だよねーと話しつつスープもしっかり全部いただきました。

幸せ。

じゃんがららーめん食べたいな~。

| | コメント (9)

BBQパーティ

Dsc03270 お友達のお宅にNYからお友達が遊びにいらしたのでBBQパーティにおにぎり数種と海老の揚げワンタンを持って、参加させていただきました。

とはいえあいにくの雨ですし外はかなり寒いっ!

男性陣にがんばって寒い中焼いて頂き、「おんなこども」は中でヌクヌク焼き上がりを待ち、おいしくいただきました。

アスパラ、キングベル、とうもろこしの野菜グリルに始まり、ビーフにソーセージ、リブといったお肉類を焼きました。他にもサーモンのパテ、サルサ、タプナードソース、焼き豚、ガーリックトーストなどなどを用意して下さいました。いつも手際よくササッと沢山作ってくださっていつもおいしく頂いております。おいしかったーご馳走様でした♪

そして最後はDsc03118 サプライズのベビーシャワーをしました。お仲間のお一人が年内に初めてのご出産となります。めでたいめでたい♪

先日こっそり集まってダイパーケーキを作りました。

ダイパーケーキを作るのは初めて。オムツをクルクル丸めてテープで止めて、ウエディングケーキが如く積み上げて最後にカードやリボンで飾り付けをします。4段のダイパーケーキ、なんと100枚以上のオムツでできてます。なかなか楽しく作れました。

でもいざ赤ちゃんが使い始めたら一ヶ月持たない量でしょうね。実際には新生児用ではなくてもう少し大きいサイズなので当分は出番になりませんけれど。

ご無事にかわいい赤ちゃんのご誕生をお祈りしたいと思います。

|

ホシノの天然酵母パンを焼く

日本から「ホシノの天然酵母」を送ってもらいました。万歳!!

Dsc03217まずは天然酵母の種おこしから。粉末の天然酵母に30℃の水を入れて温かいところに24時間置きます。酵母を30℃位に保たねばならないのですがだんだん寒くなっているので温かいところを求めて移動させながらの24時間。そんなに神経質になる必要はないのですけどね。今回はお料理しているときはお鍋の側に置き、衣類乾燥機使っているときはその上におきました。ちょっと全体に温度が低めだったと思いますが一応酵母は完成。

翌日は朝からパン作りモード♪とはいえ、ドライイーストより穏やかに発酵していくので一分を争って作業する必要もないのでユルユルな感じで作れます。

朝食の後片付け後にパン捏ね。結構生地が堅くってこんなだったかしらと首を傾げつつも何とか捏ね上げます(ってキッチンエイドがやったんですけど)

そのままぬるま湯を張ったボウルに生地を入れた容器をいれて温かめのところに放置。

約12時間後、息子を寝かし付けた21時頃Dsc03255_1 。成形しました。今回は簡単でおいしいぷちパンにしました。その後二次発酵を2時間くらいとって、オーブンで焼きます。

焼き上がり、オーブンをあけたときの甘い香りといったら!!最高っ!

種おこしがあまりうまくいかなかったにも関わらずパンはいい具合に膨らんでうまくできました。

きちんと釜伸びしてて久々のいい出来。

まもなく0時というのに翌朝まで待つことができず思わず一口・・・。(こういうことしてるから太るんですが。)

おいしいー♪

でもバターの味が日本と違うので日本で焼いた味ともちょっと違う。小麦粉も違うし。バターが牛乳っぽい香りなんですよね。多分アメリカのほうがおいしいということなんでしょうけれど私、牛乳嫌いなもので。

今回の種おこしであと5回くらいは焼けるのでプチパン以外にも挑戦してみたいと思います。プチパンのあまりのおいしさに他のパンまで手が回らないの・・・。

| | コメント (6)

街中のハロウィーン

Dsc03059_1 ハロウィーンが近くなって盛り上がっています。

スーパーマーケットには山積みのパンプキン。写真はかなり前に撮ったのですが一度ほとんどなくなって補充されていたほどです。

さて街中はというと・・・。

意外や意外(?)そんなに気合を入れてデコレーションしているお家がなく・・・。特にウチの周りはお年寄りが多いのでそんなに派手ではないようです。

とはいえ探してみればそこそこありました。Dsc03222

お玄関に近寄って写真を撮るわけにもいかないので道路からの望遠。ちょっと見辛い写真ですがご勘弁を。

このお宅はかなり張り切りモード。右端のほうにはカントリー調のお人形と骸骨・・・。

Dsc03227 可愛かったのはこのお宅。

WELCOMEのゲートまで付いてます。芝生に埋められた小さいモンスターが可愛いのです。おそらく夜にはライトアップできるようになっているはず。

かと思えばDsc03230

骸骨&蜘蛛の巣系のお宅とか宇宙系のお宅も。

Dsc03231

何でもありですね。

我が家はイタってシンプル。Dsc03235 Dsc03234

お花とかぼちゃを置いてドアにリース。

金物製のリース、ひそかにかわいくって気に入ってます。

| | コメント (10)

butternut squashに挑む

Dsc03202写真右側の瓢箪型のかぼちゃが本日初挑戦する野菜です。(左側のはハロウィンのミニかぼちゃ)

お店やレストランで頻繁にbutternut squash soupを見かけるのでまあ失敗はなかろうと思っての挑戦です。

ネットで調べましたら「くびれ」から下にタネがあるというので「くびれ」のところでカット。皮はピーラーで意外とあっさり剥けました。Dsc03209 写真では良くわからないけれど日本のかぼちゃより鮮やかな黄色。山吹色とかアプリコットとかそんな感じの色でしょうか。

しかし、非常にウリ臭い。瓜なのでしょうがないのですがメロンというかそんな臭いがします。しかも剥き終わった後手を洗ってもなんか灰汁のようなものがこびりついて石鹸でも落ちずべとべとしておりました。

あとは玉ねぎいためてスープで柔らかくなるまで煮てバーミックスでつぶして生クリームを加え塩コショウ。日本のかぼちゃより水っぽい感じだったので牛乳より生クリームのほうがいいかなと思いました。

Dsc03220出来上がりはうーん。まあまあおいしいかなー。日本のかぼちゃがないならこれでも許せるかな・・・。やっぱり水っぽいというか薄い感じがしました。ドロドロ感がないのよね。

結論:日本の皆様は挑む必要なし

写真の後ろに写る物体は本日の夕飯「鶏肉クリームソース クレープ包み」也。

以前月に何度かはクレープを焼く機会があったのでよく夕飯に作っていた一品です。久々に作ってみました。

玉ねぎ、きのこ、鶏肉をバターで炒め、粉を加え、牛乳を加え濃度が高めのホワイトソース風にします。このソースをクレープで包んでほうれん草を敷き詰めた器に並べて、チーズをのせ、オーブンでこんがりするまで焼きます。

今日は息子にほうれん草食べてもらいたかったので細かく切ってホワイトソースに入れちゃいましたけど。別モノになってるとすぐ避けるもので。見事に平らげてくれました。作戦勝ち!

ご飯よりパンとかパスタを一緒に頂くほうがあいますよー。

| | コメント (2)

ハロウィーン絡みのイベントに行く

Dsc03160 今日はポカポカ陽気。土曜日なので家族3人で町が経営する公園でやっているハロウィーンイベントにいってきました。

普段は小動物と戯れたり滑り台とか公園っぽくなっていて遊べるようになっています。はじめていたのですが広いし工夫されていて結構遊べそう。でももう寒い季節到来だからなぁ・・・。夏は暑すぎるし。屋外モノはいける時期がかなり限られているのでもったいないわ。

Dsc03162 今回はイベント中なので一人6ドル払ってまずは馬の引く馬車に乗って特設イベント会場に連れて行かれます。Dsc03165

そうするとこんなのがあったりします。

牛の餌、干草の巻かれたもの「ヘイ」がペイントされているものです。子供が昇ったりして遊べます。

こっちに来た頃は珍しく思っていましたが町のいたるところで見かけるのでだんだん驚かなくなってきた。そんな自分に驚いたりして。

息子が気に入ったのはDsc03179コーンの粒で作ったお砂場(?)風のもの。

お玉ですくったりばら撒いたりで大層気に入った様子。長い時間遊ばせてもらいました。

他にもコーDsc03189 ン畑とか釣りコーナーとかありましたがもう少し大きくないと楽しめないようでした。

そして最後はパンプキンの描かれたカーテンをくぐって好きなパンプキンを一つお持ち帰りできます。

持ち帰ったパンプキンは玄関に飾ってみました。

我が家のハロウィーン準備はいよいよ整いました!早く来い来いハロウィーン!!

| | コメント (14)

パン焼きマシーンと化す(自分が)

数日前に雨の日があって、これで完全に夏の終わりを感じていましたが、甘かった。

雨が止み、本日快晴。気温6℃。

秋じゃなかった。冬が来ました。

天気予報によると今夜は初の氷点下になる見込みとのこと。やっぱり冬だ。と思っていたら天気予報の森田さんみたいなおじさんが「いよいよ秋ですね。」と解説を締めくくった。

これからもっと寒くなるということのようです(涙)

今日はお出かけの予定でしたが、風邪っぽいし家にいることにしました。かといって一日寝ているほど辛いわけでもなく、息子がお昼寝に入ると無性にパンが焼きたくなった。

Dsc03135 シンプルなフワフワのパン。朝食用の丸いパンを作るつもりだったけれど途中で思い直し、半分はローフ型にしてシナモンシュガーとレーズンを入れてみました。

最近気に入っているDean&Delucaのレーズンを贅沢に巻き込んだら贅沢すぎる量とそもそもの粒が大きいのとでうまく巻けなかった。

しかも焼きすぎた。最近パン作りサボってたからだ。

フワフワパンの発酵を待つ間、やっぱりまだ作り足りず、冷蔵庫に残っているサワークリームを消費すべくサワークリームビスケットの製作を開始。ビスケットといっても普通のパンみたいなものなんですけどね。フォカッチャ風というか。何度か作っているけれどちょっと酸味のあるさっぱりしたお味でペーストなどを塗って食べるとおいしいものです。

Dsc03120 こちらは一次発酵だけでいいので簡単楽チン。オーブンの中で膨らむ姿がかわいい。

焼けていくパンを見るのが手作りパンの幸せな瞬間です。

焼きあがった合計3種。幸せ。

3種類も一気に焼くとお味見を堪能できないのが今ひとつ。

レーズン入りのを夕飯にちょっと頂きました。発酵がうまくいかなかった割に(寒さが原因と思われます)おいしくできました。

息子が食べたがるので薄いのを一切れあげたらレーズンだけ食べてパンは私に戻してきた。ひどい・・・。

パンは奥深いです。おいしいパンが焼けるよう修行を開始いたします。

| | コメント (6)

塩味マフィンを作る

Dsc03117 パンを作るのは大好きだけど最近は家を出たり入ったりコチョコチョ動いているのでなかなか発酵を待っていられず、発酵いらずのクイックブレッドばかり。

最近はマフィンばかり焼いております。

日本にいた頃はマフィンの位置づけが微妙であんまり作らなかったんですけどね。

甘いものを食事としていただくのも抵抗あるし、おやつには重いし。

でも最近は朝食に頂いております。ドライフルーツが入ったものとかブランマフィンとか。さすがにチョコレートマフィンを朝食には抵抗ありますが。(息子もチョコレートデビューさせてないし)

たまには塩味のおかずっぽいのもおいしそうと思って作ってみました。

東京・小金井のオーブンミトン小嶋るみさんのベーコン入りのカップケーキレシピを作ってみました。

日本のベーコンに比べこちらのベーコンはフライパンに乗せるとカリカリに仕上がります。日本でカリカリベーコンがうまく作れなくって疑問に思ってましたが脂の割合にポイントがありました。こっちのは本当に8割方脂ですもの・・・。焼きあがる頃には揚げ物状態になってます・・。おそろしぃ。

カリカリベーコンのほかにパルメザンチーズを沢山入れてパセリと胡椒のアクセント。朝食っぽい!

さすがお菓子をなさっている方のレシピゆえ(?)上品なサイズでふんわり軽く仕上がりました。

ここのところ、どっしり重い「しっかりマフィン」ばかり食べていたので軽さが新鮮でした。他にもバナナ入りの甘いマフィンレシピも載っていたので今度作ってみたいと思います。

ところでマフィンとカップケーキって何が違うんだろう・・・?加藤千恵先生のレシピはカップケーキっていうとパウンドケーキと同じ生地をカップに入れているようですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JAPAN FESTIVAL

Dsc03101 週末に通っている学校で「日本祭」なるものが開催されました。

そんなに日本人が多いわけでも縁があるとも思えず、どういう経緯で始まったものか解かりかねますが、家族で行ってまいりました。

着物や盆栽の展示といったものからピカチューのフェイスペインティング、物販まで色々です。

近所に住む日本人だけでなく遠くからも結構きているようで久々の日本語の喧騒に癒されました。

やっぱりお目当ては食べ物でしょう!お寿司屋さんが出店をだしていたので巻き物と握りを買ってみました。握りは冷蔵庫でキンキンに冷やされていたと思われ、かなり微妙でしたが巻き物はオーダーしてから作ってくれてかなり満足でした。意外にも豪華ランチです。

だんな様に絶対やめたほうがいいと散々止められましたがどうしても挑戦してみたくってSOBAを買ってみました。

普通のお蕎麦に温かいジンジャーソイソースをかけ、ビーフ・チキン・ポーク・シュリンプの茹でたものを乗せてくれます。そして後はサラダバーにてブロッコリーとかきゅうり、ネギなどの野菜、豆腐を自由にのせて出来上がり。

ジンジャーソイソースはそんなに悪くないんですけどね。アルデンテがありえない土地柄(?)ゆえ、それはそれはソフトなお蕎麦でございました。あと一分茹でたら絶対溶けますよ~。トッピングのお肉モノに対する謎も最後まで解けず。まあ確かにこれを日本食とするならヘルシーな気がする・・・。

だんな様に無駄遣いといわれましたが意外や意外息子が気に入ってしまい・・・。

息子にとって人生初蕎麦だったんですけどね。日本に帰ってお蕎麦食べさせたら堅いっていうようになったらどうしようと不安です。Dsc03105

以前から一度行きたいと思っていた日本人がシェフを務めるフレンチレストランがデザートを出店していました。

迷わず購入。チーズケーキとティラミス♪久々のやさしい甘さに驚きました。そうそう、日本のお菓子ってこういう感じだった!おいしい。

今度レストランも行ってみたいと思います。

アジア人がマイノリティーなこの町で日本贔屓のアメリカ人の方が結構いらっしゃることをうれしく思いました。真剣に囲碁や将棋をされるアメリカ人の方には本当に頭が下がります。私できません。

| | コメント (3)

たまには外食ランチ

  今住んでいる近辺で今のところ一番「繊細な料理」(?)を提供していると思われるレストランに先日お友達とランチしにいきました。

NEW AMERICAN料理だそうです。ご夫婦で経営されているそうですがお店もセンスよくこちらの方もおしゃれしていらしているようです。一度家族で夕飯に行ったことがあるのですがそのときもとてもおいしかった。今回も期待が膨らみます。

Dsc03073 まずはアスパラガスのクリームスープ。真ん中に浮かぶはミニスコーンのようなもの。さすがアメリカと感じさせるボリューム。

息子がパンにつけて食べるので色々なレストランでスープを頼むことが多いのですが多くのレストランではキャンベルのスープに材料を加えたと思われる味が多いのですが(時にそのままですけど)こちらは自家製で作っているなと安心できます。(あたりまえか)

続いてメイン。私は久々に食べたくなって優雅なマダムランチですのにラムチョップをチョイス。Dsc03075

ローストされたラムにそら豆やコーン、キノコなどの野菜が添えられカラメルソースがかかっています。ラムにつけられたピメント(赤ピーマン)のペーストがスモークのいい香りがしておいしかった。

こちらのレストランで気に入っているものの一つにパンのサーブの仕方があります。Dsc03074

ランチなのでパンは1種類でしたが、オリーブオイルにリコッタチーズを入れたものを漬けていただきます。リコッタのさっぱりさもおいしいのですがオリーブオイルがすごくおいしいのです。

色々な関係でサラダオイルからごま油からオリーブオイルまで油というものにお金を出して買ったことがほとんどなかった我が家。こちらに来て初めて買うようになって油の味がすごく気になっていることもあるのかも知れません。特にオリーブオイルはヨーロッパ産ゆえに日本と同じ、いやそれ以上にお値段が張るのでなかなかいいものが買えません。久々のおいしいオリーブオイルにうっとりいたします。

デザートはレモンメレンゲパイ。Dsc03077 お店の看板デザートだそうです。甘い!けどすっぱい!メレンゲが可愛くって結局完食してしまいましたけど。こちらの甘さにかなり慣れてきてる証拠ですよね・・。恐ろしいわ。

お腹いっぱい。息子も喜んでいたように思います。

またいきまーす。

| | コメント (1)

フェタチーズのキッシュを焼く

Dsc03064 久々にキッシュを焼いてみました。

お料理教室で習ったものなのでおいしいのは確認済ですが自分でもおいしくできるかは作ってみないとわからないのでお客様のときに初挑戦は避けたい。かといって、夕飯にはなんとなくしにくいし、息子と二人のランチのために焼くには面倒だしでなかなか作る機会がありません。

このキッシュは赤・緑・黄色のパプリカとズッキーニ、玉ねぎをよく炒めたものをアパレイユに混ぜて焼きます。タイムとオレガノを入れてちょっと地中海の香りがしておいしいのです。

先日購入のフードプロセッサーで野菜をみじん切りして炒め、もちろんタルト生地もフープロで作りました。これまで使っていたミニプロセッサーより大きくなって作業効率がかなりUPしました。満足です。

タルトを空焼きしてフェタチーズを散らし、アパレイユを流して焼きます。

フェタチーズは山羊のミルクで作るギリシャのチーズ。ちょっと癖があるのでダメな方も少なくないと思いますがキッシュに入れて焼くと独特の臭みはほとんど感じられません。

未だにコツをつかめずにいるオーブンで何とか焼きあがりました。

お味は・・・。うーん?もっとおいしかったような気がする・・・?野菜をもっと炒めた方がよかったのかな、ちょっと寝ぼけたお味になってしまいました。あー残念。

とりあえず1ホールできちゃっているので残りは冷凍してちょこちょこお昼にでも頂くとします。またリベンジで作ります~。

| | コメント (5)

キッチン家電が集まってます

ミキサーが欲しい。どうしよう、どうしよう。

迷っております。なぜなら他にも用途がかぶるものを持っているから。

バーミックスとクイジナートのミニフードプロセッサー。

バーミックスは毎朝飲むバナナミルクジュースや息子の大好きなポタージュスープに欠かせません。コップやお鍋にそのまま入れてガーっと混ぜるのは非常に楽チン。ホイップクリームも楽チン過ぎるし。バーミックスは慣れているしコツを知っているので他のことでもどうしても欠かせない。

一方でミートローフとかドライカレーとかみじん切りを沢山する料理のときはミニフードプロセッサーが楽チン。順にみじん切りにして炒めていけば時間短縮。欲をいえばもう少し大きいほうがタルト生地とか作るとき楽なんだけどな・・・。

うーん。うーん。

お店を見ているとミキサーは30ドルくらいからあります。決断しかかったとき目に入ったのはミキサーと容器部分を交換すればフードプロセッサーにもなるという1台2役モノ。値段は倍弱。

うーんうーん。どうしよう。

えーい買っちゃえー!!!→ 買っちゃった♪

Dsc03049東京の頃はスペースに限りがあったので「諦める」ということができたのですが今は格段に増えた収納と「どうせ買うなら早く買って使い倒したい」という勝手な理論(?)を振りかざしてとどまることを知りません。

というわけで只今のキッチン家電コレクション。

日本からつれてきたバーミックスとミニフードプロセッサーに加え、アメリカで買ったキッチンエイドと今回仲間入りの「ミキサー&フードプロセッサー」

こんなにいらない?コーンスープとか繊維の強いスープはミキサーが必要なのよ!タルト作りもこれで前より楽になるわ!ばんざーい。

こういう買い物に迷っているとき「買っちゃえば」といってくれるだんな様に感謝感謝です。ちゃんと使いますからね~。

| | コメント (6)

子供集合の土曜日

  土曜日ですのにだんな様たちはゴルフやら出張やらで皆さんお出かけ。ということでお仲間3人とその子供達計4人が集いました。普段は大きい2人は幼稚園に行っているのでなかなか今日のメンバーが集まることはありません。

ふと気が付けばその中の一人がお誕生日を迎えたばかり。特にお祝いも差し上げていませんでしたし、バースデーケーキを持っていこうと思い立ちました。

とはいえ、チビちゃんのことですから食べられるケーキも限られており、いろいろ考えたものの年齢に応じて「部分食べ」が可能なベリーのタルトにしました。って本当は自分が食べたかったんですけどね。Dsc03031_3

昨夜タルトを焼きカスタードを途中まで作っておき今朝クリームを流し、イチゴ・ブルーベリー・ブドウをのせました。

朝出掛けにパーティ用品ばかり売っているお店に行って、ろうそくとバルーンとバースデーパーティ仕様のコーン帽を買ってお伺いしました。

タルトにろうそく立てて、子供達に帽子を被せて、タルトを囲むように座らせて写真撮影タイム。

子供ってこういうとき大変ですよねぇ。それぞれ手を伸ばし食べようとしますので親達は「まだダメー」と大騒ぎ。

結局、ウチの息子だけ待ちきれずイチゴ・ベリーをつまんでしまいました。もう少し待ってよ・・・。

子供は上のベリーがお目当てなのでひとしきり落ち着いたところで大人でタルトを頂きました。久々に繊細なお菓子っぽくて(私が作ってるので微妙なんですが)ほっと一息でした。

しかし4人の子供が集まると賑やか。それぞれが可愛いい~。最後はみんなでビデオ鑑賞。日本から送られてきたNHKの子供番組。初めてアルゴリズム行進を行進しながらやってみました。結構難しいのね。

| | コメント (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »