« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

クリスマスの準備

Dsc03682 昨日まで窓を開け放ち、長袖一枚で快適に暮らしていたのに。

天気予報では前々から言っていたけどついにきました。冬。

学校が終わって建物から出ると外はもう白かった。学校に着いたときは雨だったのに。ほんの1時間。

雪というよりアイスストーム。なんだかおいしそうだけど全然おいしくなくってみぞれなのか雹なのかの嵐というか要するに小さい氷が激しく降っております。

初めてこんな天気の中、運転しました。徐行しまくり。安全第一。初めて白い景色を見る息子は珍しく静かに見入っておりました。

さて、冬です。最大のイベントクリスマスまで一月をきりました。ちょこちょこ準備をしてきましたがだんだん家にもクリスマスムードがでてきました!

Dsc03692 写真のはCrate&Barrelで一目ぼれしちゃったオーナメントハンガー。好みのオーナメントをぶら下げられるものです。

お店のディスプレイにあったのもかわいかったけどお値段も結構したし、クラフト屋さんのサンクスギビング明けのセールで安く入手したものをぶら下げて見ました。お値段は安すぎていえないっ!

去年までのクリスマスはなんとなくシルバー一色とかブルーとかシックなデコレーションをしていたけれどこちらのお家はグリーンがベースカラーでとても良く赤が映えるのでオーソドックスな赤・緑・ゴールドを基調にした飾りにしようと思っています。

来年以降はいよいよ息子ウケを狙ったデコレーションになると思うので今年は最後の大人のクリスマスにしたいと思ってます。

明日の朝、どれくらい積もっているのかな・・・・。雪かきしたくないよぅー。

| | コメント (9)

今更ターキーを焼く

Dsc03654 お友達夫婦が遊びに来てくださることになったのでずっと悩んでいたターキーに今更ながら挑戦してみました。

サンクスギビング翌日のスーパーにてターキーをゲット。一番小さいのくださいと言ってでてきたのが11ポンド=約5.5キロ。重。お約束のタバコと比べてみました。

ローストターキーと一言で言っても詰め物や調理法もさまざま。インターネットで色々見ていろいろな人のいいところ取りして作ってみました。

よく洗って水気を拭き、塩&レモンでマッサージしてスタッフィング詰めて焼きます。たったそれだけのことなんですけどね~。

如何せん5.5キロの鳥ですから・・・。ローストチキンの比でないワイルドさ。なんとなく野趣あふれる香りが致します・・・。かなり厳しー。涙目ですわ。

スタッフィングはパンが主流ですがライスにしてみました。ターキーの中にきれいにお掃除されたターキーの首・心臓・レバーが入って売っています。これらと玉ねぎ・牛ひき肉を炒めた後、お米と水を加えて柔らかくなるまで煮ます。味見してみたらお醤油が欲しい感じだったのでちょっと足してみました。コレは正解。レバー等が入っているので濃厚なリゾット風のものができました。コレを詰め物に使います。Dsc03657

ターキーのオシリからご飯を詰めて。表面にオリーブオイルを塗り、ハーブを載せて、周りに香味野菜を置いて、オーブンバックに入れます。オーブンバックとは長時間オーブン焼きするターキーの乾燥防止をしてくれる優れもの。普通の透明な袋みたいなものなのですが。今回はコレを使ってみました。

あとはときどきひっくり返したり方向変えたりしながら焼くのみ。

Dsc03663 3時間ほどしたらかなりおいしそうな色に。香りもいい感じです。

焼き上がったら30分以上寝かせて肉汁を落ち着かせて出来上がりです。

Dsc03668_1 あまりにターキーが大きく乗せるお皿がなくて苦労いたしました。オーブンから出したらこんな感じ。

お味は思った以上に癖がなく食べやすかった。出来上がりが思った以上に早かったので食べる時間までに少し余熱が入りすぎたかな。しっとりの仕上がりとはなかなかいかず。ソースはグレービーも作りましたが一番ヒットは醤油+ゆずこしょう。コレはさっぱり美味です。やっぱり日本人ですから!スタッフィングも少し柔らかめでしたがおいしかった。

もう一歩美しい仕上がりにはなりませんでしたが初めてにしては及第点と思います。

しかしターキーは大きいー。残ったターキー、お持ち帰りしていただきましたが(殆ど押し付け)それでもまだまだ沢山。残ったターキーの活用法をテレビでいっぱい紹介してますがその気持ちわかります。ターキーサンドイッチ、ターキーカレー、ターキークリームシチュー辺りが定番だそう。普通に鶏が如く棒々鶏とかに使ってもおいしそうです。

オーブンに入れさえすればさほど大変でないことが判明しました。来年も今回の反省を生かして焼いてみたいと思います。塩水にあらかじめ1晩つけておくとしっとりしあがるそうですので来年こそはやってみたいと思います。

サンクスギビングは「(神様より)与えられたものに感謝」という意味だけれど私の場合、普段与えられている便利な食材たち(カットされたお肉とか)に感謝。

結構奥が深そうです、アメリカ料理。

| | コメント (10)

サンクスギビングデー当日

Dsc03629 ついにサンクスギビング当日です。

色々な方にリサーチした結果、サンクスギビングのオーソドックスな「過ごし方」がわかりました。

朝9:00 サンクスギビングパレードを見ながらターキーを焼く・・・macy'sというデパート主催のものでNYのセントラルパーク辺りをパレード。巨大風船が沢山でてきて人気のキャラクターとかがいっぱい出てきます。最後はサンタクロースが登場して、「いよいよホリデーシーズン本番だよね」というかんじで終了します。

パレードの最初に小学生くらいの子供達の歌と踊りのショーがあったのですがさすが個性を重んじる国(?)アメリカ。バラバラです。かわいいけれどなんか笑っちゃいました。日本のお隣の国だとすごいちっちゃい子供でも一糸乱れぬなのに・・・。お国柄を感じます。

16時くらい ターキーをはじめとしたディナー食べる・・・アメリカ人いわく「すごい量食べる」そう。本当にすごい量なんでしょうね。

19時 NFL(アメフト)のテレビ中継を見て盛り上がりまくる・・・ちょうどシーズンの盛り上がる時期なので観戦にも気合が入る模様。日本の野球の比でない盛り上がり。応援の声がご近所から聞こえます。

最後は余ったターキーをみんなで分けて持ち帰り、翌日はターキーサンドイッチにでもして食べる。

以上。人によっては2箇所(両家のジージバーバ宅ということでしょうか)のパーティを掛け持ちしたりで忙しく過ごすそう。やっぱり日本のお正月みたいなイベントのよう。

我が家はというと、ターキーを焼く勇気(&無駄なく食べる勇気)がもう一つ出ず、レストランでやっているサンクス・ギビング・ビュッフェにランチで行きました。

予約しないで平気と高をくくっていったら満席。今日はとっても暖かい気候だったのでテラス席なら空いていると言うことでなんとかもぐりこめました。

カメラを忘れてしまったので写真はないのですが、普段からおいしいお店なのでとてもおいしく沢山頂いてしまいました。自家製のカントリーハムとクランベリーソースがおいしかったな。

殆ど知識のなかったサンクスギビングデー。随分勉強になりました。来年は「正しい過ごし方」してみようかしら?いや旅行行きたいなー。

*写真は先日WHOLE FOODSというスーパーのデリで食べたサンクスギビング風ランチです。

備忘録:今日のメニュー(自分用のメモとして残すのでテキトウに流してください)

ロースト・ターキー

カントリーハム

ロテスリー・ビーフ

ガーリックマッシュポテト

スイートポテト(もちろんマシュマロつき)

ソーセージコーンブレッドのスタッフィング

グレービー

グリーンビーンキャセロール

ウオルドルフ・サラダ

トス・サラダ

クランベリーソース

レリッシュ盛り合わせ

ロールブレッド

デザート(アップルパイ、ピーカンパイ、パンプキンパイ、ブレッドプディング)

| | コメント (4)

サンクスギビング・ランチ

Dsc03636_1 今日のランチはお友達のお子さんが通うチャイルドケアセンターで「サンクスギビングランチ」を頂きました。

子供達と一緒に父兄も(私は関係ないけどー)ランチすると言う企画。父兄参観みたいでちょっと楽しい。

サンクスギビングがこんなにも盛り上がるイベントだということはわかってきましたが、さて肝心の食べ物は・・・。

お味が想像できないモノも多いのでとても楽しみに伺いました。

子供達はインディアン風の羽がついた帽子をかぶったり、「大草原の小さな家」にでてくるようなご婦人風にエプロンと帽子など仮装してます。お教室も飾りつけがしてありかわいくなっていました。

ランチはといいますと、もちろんターキーがメイン!クランベリーソースもそえられました。予想に反し(?)甘すぎず、むしろ酸味がいいアクセントになっています。

付け合せはマッシュポテト、グリーンビーンキャセロール(隠元のクリームソース)、マッシュド・スイートポテト、パンが付きました。スイートポテトはまさに先日トライしたスイートポテトwithマシュマロのポテト部分と同じようなものでしたが、お食事のお皿に並ぶとなるほど納得。日本のおせち料理でいうところの栗きんとんのようなものだと思われます。

最後にアップルパイorパンプキンパイが頂いてお開きとなりました。正直あまりお味に期待はしていなかったのですが、結構、おいしかった・・・。

さて、いよいよ明日が当日となります。夕方のニュースで渋滞情報をやっていました。皆さん里帰りされるようです。「渋滞が発生しているところを赤い点で示しています」というアナウンスとともに表示された全米地図はロッキー山脈と思われる部分を除き、真っ赤!!

日本だと4時間以上ドライブとなれば他の交通機関を使うものですが(国土も狭いし)こちらは皆さん8時間とかでもドライブしちゃうので頭下がります。

明日はどう過ごそうかな。マクドナルドとかも閉まってしまうそうです。すごいなぁ。

| | コメント (2)

シカゴで見送り

いやもう、先週はひどい目にあいました。

水曜には息子が嘔吐しダウン。翌日にはほぼ治ってホッと一息。

と思いきや金曜朝に母が胃の調子が悪いと。しかし午後から少し良くなってホッと一息。

と思いきや今度は私がダウン。全く同じ症状。気持ちわるー。悪阻を思い出しました。

明らかに息子から移された感じです。

我が家に滞在している母を送りがてら土日でシカゴに行く予定にしていた私達。飛行機やホテルのチケットだってバッチリ用意済み。そのまま母はシカゴから日本に帰る予定ですし、頼みの綱の旦那さまは出張中。シカゴで落ち合う予定となっていました。

金曜日の気持ち悪いさなかどうしたものかと思いました。息子と母はOKそうですが、自分が完全にダメダメ。シカゴまでたどり着ければいいのですが家から空港まで約1時間私が運転しなければなりません。荷物運んだり、搭乗手続きしたり・・・。できるの!?最悪タクシー呼んで母だけシカゴに送り込みダンナ様と観光してもらおうかとも。でも早朝フライトですしそんな手配を色々するより気合で運転していったほうが楽なのか・・?

色々なことが頭をグルグル回りながら眠り出発当日・・・。

一応、運転できないこともなさそうな体調に回復。偉い、自分。と久々に思いました。

無事にシカゴに着いてダンナ様を見つけた瞬間は本当に安堵いたしました。ふー。

*************

シカゴに着けば、ほぼ大体元気。人間の体って不思議。

ちょうど土曜日はシカゴの目抜き通りであるミシガンアベニューの点灯式&ディズニーキャラクターのパレードがあったため昼間からすごい混雑!!久々の人ごみに飲まれてみました。パレードは夜なので我々は行きませんでしたがテレビでみるにかなりの盛り上がりだったようです。一足早くシカゴはこの日からクリスマスムードが盛り上がっていくみたいです。

Dsc03608_1今回の「おのぼりさん」ターゲットはジョンハンコックセンター。ミシガンアベニューに立つ高い建物で展望台があります。シカゴには高い建物がいっぱいあって東京育ちの私はビル群を見ると癒されます。 ジョンハンコックセンター1階にクリスマス用に装飾されたミニチュア電車が走っていて息子は釘付け。夢いっぱいの装飾で大人も楽しめました。

さすがに夕飯は当初予定していたイタリアンにはいけず日本料理となりアメリカ最後の夜に母には悪いことをしましたがみんな何とかシカゴで集えたということで和やかに時を過ごしました。

今日午前、母は日本に帰っていきました。もうすぐ成田に着くかなー?最後はバタバタと綱渡りになりましたが楽しい時間が過ごせました。また遊びに着てね~。

| | コメント (16)

サンクス・ギビング・デーの真似事

11月23日はサンクス・ギビング・デー。感謝祭と訳すのかしら?

ヨーロッパから新大陸アメリカに渡って来た人々が最初の収穫をインディアンとともに祝ったというのが起源だったかと思いますが、日本では全くメジャーでなく、ナニをする日やら・・・?ターキーたべるのよね・・・?たしか。

私の無知っぷりはさておき、アメリカでは思いのほかめちゃくちゃ盛り上がっています。

日本のお正月にもちょっと近いイメージなのかしら?家族が集まってご馳走を本当に沢山沢山食べる。いよいよこの感謝祭を来週に控え、テレビではサンクスギビングディナーの作り方をやってるし、お店では材料のセールやら出来合いのターキー予約受付中とかやっぱり盛り上がっている。ちょっとお節っぽい。食べ過ぎママ的には見逃せないイベントのようです。

テレビやらでアメリカ人のリアクションを見るに、“sweet poteto with marshmallows”が定番で且つ、かなりお楽しみメニューっぽい。

作ってみた。

スイートポテトという日本のサツマイモみたいな形をしたお芋をゆでます。サツマイモに比べ皮は茶色く、中身はオレンジ。ちょっと水っぽかったので粉吹きっぽくしてからバターとブラウンシュガー、生クリーム少々を入れてマッシュポテト状にします。もちろんアメリカ風(?)にシナモン、ナツメグといったスパイスをしっかり効かせておきます。

それをお皿に敷き詰めマシュマロを上に乗せてオーブンで焼き色をつけます。(今日はトースター使用)

Dsc03574

なんだかかわいいものが出来上がりました。マシュマロの表面は焦げて、中はちょっと溶けて。おやつに頂きました。

ポテトはほっくりしていて色といいちょっとカボチャっぽい感じ。少し甘さ控えめにしておいたのでマシュマロの甘さが程よくて素朴なおやつになりました。

多分「本物」はもっと甘いのでしょうが・・。

先ほどネットで色々調べてみたら、コレはどうやらデザートではなくローストしたターキーのサイドディッシュとしていただくもののようです。すごいなぁ、アメリカ。デザートは他にパンプキンやアップルパイなどを用意するようです。

なんだか盛り上がってきました、サンクスギビングデー!ターキー焼いてみようかしら・・・・!?

| | コメント (7)

お食事マフィンを作る

Dsc03563 ここ数ヶ月私の中で流行っているマフィン。というかもはや定番になりつつある。

その割りに「コレ」というレシピにもう一歩であえていません。パン教室で習ったのが一番気に入っているけれど色々なフレーバーに展開可能なレシピでもないので現在色々お試し中です。

東京青山にあるARIというマフィン屋さんはなかなかおいしいという噂。レシピ本が出版されているので母に持ってきてもらいました。

基本のプレーンな生地レシピが載っていてあとはお好みの具材を混ぜて焼きこむというスタイル。混ぜる具材のアイディアもコレまでにないような柿とか抹茶マーブルとか食べてみたいのが沢山載ってます。

おそらく看板メニューは甘いマフィンと思われますが、本日はお食事マフィンのレシピを初トライ。

お食事マフィン用の生地にスモークサーモンとクリームチーズを入れたものとドライトマトを入れたものの2種を作りました。基本生地+具材なので1度に色々なフレーバーを作れるのがありがたい。

出来上がりは、ムムムムム・・・。マフィン道は険しい。材料や型の違い等々が原因なのかベーキングパウダー多めのレシピにもかかわらずあまり膨らまず。多分おそらくお店で販売されているのとは違うものができたと思われます。

脆い感じのレシピですがお味は悪くないかな。でもお食事マフィンでもお砂糖が結構入っていて、毎日頂くにはちょっと気になるかな。日曜ブランチ限定のマフィンとしては悪くないかも知れません。

他に本に掲載されているスイートマフィンやビスケットのレシピも近日試してみたいと思います。まだまだマフィン道の道のりは長いです。

| | コメント (8)

ポトラックパーティ

Dsc03547_1 通っている英語のお教室でポトラックパーティをしました。

自国の料理を持ってくるように先生はおっしゃっていたように思いますが食材が手に入りにくかったり、多くはホームスティをしている留学生さんなので普段料理していなかったりでみんな苦労の末、一品を用意してきたようです。そんなわけで必ずしもお国料理ではなかったのですがみんなが頑張っているのがわかって微笑ましかった。ってすっかりオバチャンモードの私。

写真にはほんの一部しか写っていませんが韓国のチヂミやポーランド人のパウンドケーキもおいしかった!けれど密かに一番おいしいと思ったのは台湾人のポール牧そっくりさんのオジサマが持っていらしたマーボー豆腐でした。もちろんオジサマがお料理されたもの。さすが本場モノで唐辛子より花椒がピリリときいていて白飯が恋しい一品。作り方を詳しく聞きたかったのですが中国語訛りの英語がどうにも私には聞き取れず、あちらも私の英語がわからないようで普段からコミュニケーション不能なので残念ながら断念・・・。とっても残念。

私はジャガイモのコロッケを持っていきました。どこの国の方にもウケがいいと評判の日本が誇る「ブルドックソース」持参で。やっぱり好評でした。

日本人の子に「ママの味がする~」ととっても喜んでもらえましたがそりゃそうだ。コロッケは私が作ったのではなく私の「ママ」が作ったのですから!確かに「ママの味」がしました。

| | コメント (12)

もちケーキを作る

Dsc03462 あんこ嫌いの完全洋菓子党の私ですがたまーーに和菓子を食べたくなるときがあります。

先日ご馳走になっておいしかったのでレシピを頂いた「もちケーキ」を作ってみました。

餅粉を沢山使ってバターや卵、砂糖を混ぜた生地の半量を天板に流し、あんこをちぎってのせて、さらに残り半量の生地を流し込みオーブンで焼きます。

あんこなかったので茹で小豆でやってみましたがあんこほど重すぎず私にも食べやすく正解でした。

餅粉を使っているだけに食感はモッチモチ。オジサマのダジャレみたいで嫌ですが、本当にモッチモチ。後引くおいしさ。餅粉だけにお腹に溜まるので少量でも満足感があります。

久々に緑茶を入れて一緒に頂くとこれまた満足。たまには和菓子も悪くないですね~。

しかも冷凍可ということなので小さくカットしてちょっとずつ頂きたいと思います。

| | コメント (2)

クリスマスな買物

Dsc03527 クリスマスにはまだ早いですがお店はどこもクリスマス商戦開始済みです。

スーパーにてかわいいものを発見しました。

チャックつきの保存袋、クリスマスバージョン!

袋バージョンだけでなく、ラップバージョンもありました。Dsc03532

このPress'n Sealはとっても優れもの。 アメリカのラップは信じられないほど使いにくい。切る時にくしゃっと張り付いてしまったり、お皿に張り付かなかったり。イライラの種です。やはり日本のテクノロジー&マーケティングはすばらしい。

さてこのPress'n Sealはお皿にかけてお皿の淵をプレスするとしっかり張り付いてくれてお皿を傾けても漏れる事もありません。当たり前?しかも何度でも使えます。Dsc03534(興味のある方は説明お読みくださいませ)

今日は購入したクリスマスバージョンのPress'n Sealでお夕飯の残り“カリフラワーのミモザ風サラダ”の保存に使ってみました。靴下がかわいい~。

クリスマスのお買物、まだまだ買っちゃいますよ~。

| | コメント (12)

カニをたらふく頂く

先週から母が遊びに来てくれています。バタバタと狭い町を買い物に走っております。(笑)

今夜は母も一緒に外食で済ませました。

アメリカ料理屋というか炭火焼屋さんというか。要するにステーキハウスの一種。お友達からカニがおいしかったとの情報を得ていってまいりました。

Housemade Poteto Chipをブルーチーズのディップに浸けて頂くものに始まり、フライドチキンサラダをオーダー。サラダなのにハーフサイズを頼んだのにフライドチキンがどっさりのったサラダ。なぜ?サラダだけでもお腹いっぱいになりそうです。

Dsc03478メインはハリバット(「おひょう」というひらめもどきの白身のお魚)のソテー、リブアイステーキ、カニをオーダー。

リブアイはアメリカ中西部の肉好き地域ではなかなかポピュラーな牛肉の部位。アメリカ牛は赤身がメインですが和牛が如く霜降りで柔らかくってとてもおいしい。今日もなかなかおいしかった。ちなみにステーキは16オンス。16オンス=1ポンドで450グラムちょっと。すごい量ですよね・・・。(もちろん完食)

照明の暗いお店なので写真がよろしくないので見にくいですがカニ足の大きいこと!直径3センチくらいの太さの足にぎっしりカニ肉が入っていてとっても贅沢!レモンと溶かしバターとともにサーブされますが醤油をお願いして和風で頂いてみました。すごくおいしいっ。結局食べきれず、お持ち帰りまでしました。

お腹いっぱい・・・。メインと一緒に出されるコーンブレッドもコーンの甘みがおいしくってついつい手が止まらなかった。

お買い物ツアーで普段より歩いているのでよしとします。

| | コメント (10)

Crate&Barrelに行く

Dsc03467 シカゴ発のSHOP「クレイト&バレル」。

インテリアショップというかお家周りのものを扱うお店です。日本のフラン・フランみたいな品揃えのお店というかウイリアムズ・ソノマの全部屋版というか。

日本には何でもあるので「アメリカでしか買えないもの」というのは意外と少ない(ように感じる)

アメリカに来たら絶対色々お買い物したいと思っていたお店。

が、わが町にはないことが判明・・。(涙)先日シカゴに行ったときに念願かなってお店にいったけれど食器とか割れ物はなかなか旅行先で買うのは気が引けるし。

そんなクレイト&バレルがついに近所にオープンしました!うれしい・・・。

先日シカゴで見て狙っていた小麦粉や砂糖の計量もできるスプーンを購入しました。1さじ=1/4カップになっているのです。

ストック用の容器に入れっぱなしにしていつでも計量しながら取り出せるので便利かなと。

欲をいうと日本のカップは200mlですがアメリカは250mlなので日本のレシピだとちょっと計算しないといけないんですけどね。

でも日本のレシピはたいていグラムで量が書いてありますがアメリカのは(とくにお菓子レシピ)なんでもカップでかいてあるのでこちらのレシピのとき活躍してくれそうです。

まだお店が込んでいたのでゆっくり見られなかったけれどままたいって買い物しまーす。

いつも「ナイナイ」ばかり言っている私がたまには「アル」お話をしてみました。

| | コメント (10)

ハロウィーン当日を楽しむ

今日はいよいよハロウィーン当日。

私も初めてのハロウィーンなので色々勝手がわからずドキドキですがまずは息子の通うチャイルドケアセンターのパーティに行きました。

会場に着くとスタッフが仮装してお出迎え。なかなかアイディアいっぱいの仮装で見ごたえありでした。さすが保母さんたちは器用&発想が豊か。さてさて教室に進めば、普段一緒に遊んでいるお友達が仮装しています。みんなうれしそう。息子の通う1歳半~2歳クラスはイヌとかクマとか動物系が多い。もう少し大きいクラスはヒーローものとかプリンセス系とかが多いんですけどね。暮らすには他にマジシャンと称したモーニング姿の子やバレリーナちゃんもいました。息子は本人の希望でミッキーマウスになりました。ディズニーストアで握りしめて離さず。Dsc03418ちょうどクラスにミニーマウスちゃんもいていい感じのカップル♪

パーティでは画用紙にハロウィーンのシールを貼ったり、かぼちゃ型のクッキーにオレンジ色のアイシングとハロウィーン用のチョコを載せたりのクラフトタイム。いつも預けている間もクラフトタイムはあるのですが息子はいつも泣いてて作品になっているのは無いようで・・・。初めてとも言える完成品に母は感激です。

その後みんなで歌を歌ったり。最後は大人用にクリスピークリームのドーナツが振舞われました。もちろんハロウィーンっぽいのをチョイスしておきました。

結構私が楽しかったりして・・・。息子は何時ママに置いていかれるかと不安そうで可哀想でしたがそこそこ楽しんでいた様子。

Dsc03451  さて夕方暗くなると“Trick or Treat”といってお菓子をおねだりしに回ります。

お友達のところに伺ったり、ハロウィーンの装飾に気合が入った通りにあるお家(全然知らないお家!)をたずねました。中には仮装してお菓子をくれる方も。だんだん息子も勝手がわかってくるとカボチャ型の容器を差し出すようにしてお菓子をねだっておりました。

何件かまわり満足したところで帰途に着きました。ご近所もちょっと回りたいなと思っていたのですが我が家の周りは一面真っ暗!ハロウィンに参加しないお家は灯りを抑えて暗くしておくのが決まりのようですが本当に真っ暗。暗黒。残念ながら本当のご近所さんのところへはいけませんでした。ちょっと残念~。Dsc03423

家に帰ってお夕飯。今日はハロウィンパスタのクリームグラタンを作りました。カボチャとこうもりの形をしたパスタがかわいいでしょ~。

夕飯後、疲れた息子はこれまでにない速さで眠りにつきました。私も楽しかった~。

| | コメント (14)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »