« お食事マフィンを作る | トップページ | シカゴで見送り »

サンクス・ギビング・デーの真似事

11月23日はサンクス・ギビング・デー。感謝祭と訳すのかしら?

ヨーロッパから新大陸アメリカに渡って来た人々が最初の収穫をインディアンとともに祝ったというのが起源だったかと思いますが、日本では全くメジャーでなく、ナニをする日やら・・・?ターキーたべるのよね・・・?たしか。

私の無知っぷりはさておき、アメリカでは思いのほかめちゃくちゃ盛り上がっています。

日本のお正月にもちょっと近いイメージなのかしら?家族が集まってご馳走を本当に沢山沢山食べる。いよいよこの感謝祭を来週に控え、テレビではサンクスギビングディナーの作り方をやってるし、お店では材料のセールやら出来合いのターキー予約受付中とかやっぱり盛り上がっている。ちょっとお節っぽい。食べ過ぎママ的には見逃せないイベントのようです。

テレビやらでアメリカ人のリアクションを見るに、“sweet poteto with marshmallows”が定番で且つ、かなりお楽しみメニューっぽい。

作ってみた。

スイートポテトという日本のサツマイモみたいな形をしたお芋をゆでます。サツマイモに比べ皮は茶色く、中身はオレンジ。ちょっと水っぽかったので粉吹きっぽくしてからバターとブラウンシュガー、生クリーム少々を入れてマッシュポテト状にします。もちろんアメリカ風(?)にシナモン、ナツメグといったスパイスをしっかり効かせておきます。

それをお皿に敷き詰めマシュマロを上に乗せてオーブンで焼き色をつけます。(今日はトースター使用)

Dsc03574

なんだかかわいいものが出来上がりました。マシュマロの表面は焦げて、中はちょっと溶けて。おやつに頂きました。

ポテトはほっくりしていて色といいちょっとカボチャっぽい感じ。少し甘さ控えめにしておいたのでマシュマロの甘さが程よくて素朴なおやつになりました。

多分「本物」はもっと甘いのでしょうが・・。

先ほどネットで色々調べてみたら、コレはどうやらデザートではなくローストしたターキーのサイドディッシュとしていただくもののようです。すごいなぁ、アメリカ。デザートは他にパンプキンやアップルパイなどを用意するようです。

なんだか盛り上がってきました、サンクスギビングデー!ターキー焼いてみようかしら・・・・!?

|

« お食事マフィンを作る | トップページ | シカゴで見送り »

お菓子」カテゴリの記事

アメリカ暮らし」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

誰かさんから、サンクスギビングデーの話は聞いていて、
ご馳走になった体験あれど、豪華豪華!!
半端な量ではない、
付け合せもボリウムたっぷり。
でも、ターキー美味しい~~
日本では殆ど口にしないわねえ。残念。

投稿: yuyu | 2006年11月18日 (土) 09時45分

美味しそう!これ知らなかった!
我が家も姉家族と共にここ数年サンクスギイングと称して
ターキー食べる会!を開催しております(笑)
是非是非ターキー焼いてみて~!
私はターキーがお肉類の中で一番好き!な程ターキーフリークよ。

投稿: ちゃこもんきー | 2006年11月18日 (土) 12時26分

日本では勤労感謝の日だもんね!
サンクスギビングデー、私の中高では、みんなで果物を持ち合って礼拝するホールの壇上に飾ってあった気が。
でも柿とかリンゴとかで色合いがイマイチ似かよってしまうのよー。
お芋部分はパンプキンにも見えるね!美味しそう~。

投稿: kotosato | 2006年11月19日 (日) 15時06分

きっと本格派ターキーなんだろうなぁ。
日本で本場の量を再現するのはオーブンの容量的に無理!?

投稿: yuyuさまへ | 2006年11月20日 (月) 12時56分

そんな楽しい企画をしていたとは!!!
ターキーはそんなに食べる機会ないものねぇ。
ターキーのひき肉は結構普通に売っているんだけど結構臭いがキツイのよね。焼いたターキーは大好きなので今年は本場デビューです!

投稿: ちゃこもんきーさまへ | 2006年11月20日 (月) 12時59分

そうだ!勤労感謝の日だ!!
中高でそんなお祝い(?)してたんだ!!しらなかったー。
確かに季節的に色合いが偏る。
しかもどれもブラウンシュガーかけてスパイスかけて加熱するとおいしいようなのが多くて食べすぎの元。困ったものよ。

投稿: kotosatoさまへ | 2006年11月20日 (月) 13時01分

おいしすうううううう

投稿: saial, | 2006年11月24日 (金) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お食事マフィンを作る | トップページ | シカゴで見送り »