« ジンジャーブレッド・クッキーを焼く | トップページ | シュトーレンでクリスマス気分を盛り上げる »

日常食としての牛ステーキ

我が町の名物料理はBBQだ。神戸牛にはかなわないけれど牛肉も名物だ。

東京にいた頃、夕飯の準備が面倒になったりするとお刺身と大葉を買ってきて「海鮮丼」をよく作っていた。簡単なのにダンナサマも私も満足。

アメリカに来てこの技が使えなくて本当に困っている。そんなわけで最近は海鮮丼の変わりに「ステーキ丼」とか恐ろしく贅沢に聞こえるものを作っています。ステーキアボガド丼とか。マグロの代わり・・。

牛肉は安い。(牛肉に限ったことじゃないけど)100g300円程度のものでかなりおいしいものが手に入る。海鮮丼より安上がり。

さすがにステーキ丼にも飽きてきた(!)のでちょっと目新しいものを作ってみた。

東京で作ったら豪華ディナーになる「牛肉のカフェドパリ風」。ステーキを焼いてその上にカレー粉や色々なハーブ等々を混ぜ合わせたものをのせて、バーナーで表面を焼きます。Dsc03803

  いつか買おうと思っていたバーナー、ついに買っちゃった。日本だったら魚焼きグリルとか他に表面を焼く機械があるけどこっちにはないんだもーん。クレームブリュレとか作りたいし。Dsc03806←言い訳。

やっぱり、おいしかった・・・。ステーキ丼よりやっぱり好評だった・・。

アメリカにいるうちにステーキの焼き方くらいはしっかりマスターしたいものです。

|

« ジンジャーブレッド・クッキーを焼く | トップページ | シュトーレンでクリスマス気分を盛り上げる »

アメリカ暮らし」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

美味しそうね!東京では中々出来ないものが豪華に美味しく頂けるなんて素敵じやなーい。
そちらにいる間にせいぜい贅沢に牛肉お料理マスターしてくださいませ。バーナー便利でしょう。色々使い道あるので使いこなしてくださいませ。ただし気をつけて!

投稿: yoyoba | 2006年12月19日 (火) 23時01分

バーナーは思ったよりパワーがなくて焼き色つけるのに結構時間かかっちゃいました。

パワフルすぎるのも怖いしね。
コレぐらいが落とし所なのかと思われます。

投稿: yoyobaさまへ | 2006年12月20日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジンジャーブレッド・クッキーを焼く | トップページ | シュトーレンでクリスマス気分を盛り上げる »