« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

ただ今、一時帰国中

Dsc04572_1 1年弱ぶりに日本に一時帰国しています。

まもなく2歳になる息子とはじめてのロングフライト。緊張しました。

とはいえ、トランジットするシカゴまではだんなさまが見送りしてくれましたし、成田には義父母のお迎え。甘えまくり。有難うございます。

写真は冷蔵庫内の食糧整理と機内で食べるように作った卵とハムのパンとハムロールパン。食べ過ぎママ的にはどうしても今回利用のアメリカ系航空会社の機内食を受け付けないので息子と自分用、お留守番の旦那様用に焼きました。

他にもおにぎりやフルーツ、お菓子、マフィン・・・と沢山の食糧を持ち込んでのフライト。旦那様は荷物が増えると嫌がりますが、私は絶対持ち込む派。今回も持ち込んで正解でした。冷めても結構おいしかったなぁ。

明けて本日から活動開始。Dsc04582 息子は母に預けて、歯医者に行ったり諸々の用を済ませました。

大好きな新宿伊勢丹の地下改装には驚きましたが、1年やそこらでは早々変わらないものですね。

一番驚いたのはJRのイオカードが使えなくなっていたこと。いまさら?ですよね。券売機で買わなくてはいけないなんて!

あとケータイが薄くなっていることと花粉症シーズンがすでに始まっていることに驚いた!

伊勢丹でこれまた大好きな九州物産展開催中。嬉しい・・。

禁断のイートインコーナーで一人、ワンタン入りとんこつラーメンを頼み、スープ、全部飲み干してしまった・・・。

スタート好調?です。いっぱい食べて帰りたいと思います。

| | コメント (14)

ありものでデザート♪

テレビを見ていたら色々なサンドイッチを紹介していました。

クロワッサンで作るパニーニもおいしそうだったけれどデザートに心奪われました。

Dsc04566イタリアの恐ろしく固い2度焼きクッキー“ビスコッティ”にチョコとヘーゼルナッツのペースト“ヌテラ”を塗ってバニラアイスを挟む。そしてエスプレッソに浸しながら頂く。

オリジナルからは外れるけれど「アリモノ」でできそう!

特に好きでもないのになぜか以前買っていたビスコッティ。ヌテラはないのでクリスマス後のセールで買ったwilliams-sonomaのジンジャーブレッドバターをヌリヌリ。その名の通りジンジャーブレッドに入るようなスパイス(シナモン・クローブ・カルダモン・ナツメグなどなど)がコンデンスミルク混ぜられたようなもので一見ピーナツバターみたいなものです。セール品だったので不安でしたがかなりアタリなお味でパンに塗ったりして日々頂いてます。

話が逸れました。

ジンジャーブレッドバターを塗ったビスコッティにバニラアイスを乗せて完成!ビスコッティ2枚は重いのでオープンサンド風にしました!

エスプレッソの代用、濃いめのコーヒーに浸して・・・と思ったらオープンサンドゆえ、非常にdipしにくい。カップ、傾けちゃったりして。まあいいか。

ちょっとスパイスが足りなかったのでシナモンパウダーもかけて。

かなり、しみじみ、おいしいです。予想通りというか。

手間なし、簡単おやつですがとても気に入りました。ビスコッティのアマレット風味がとても引き立ちます。ヌテラよりおいしいかも!?

ビスコッティはまだまだありますのでスプレッドとアイスクリームの味を色々変えて楽しみたいと思います。

| | コメント (2)

早いもので一年経ちました

Dsc04426アメリカ中西部から東部にかけて大寒波とのニュースが日本にも伝わっているとか。

おとといは雪が降りましたが大して積もらなかったしだんだん雪慣れしてきたので落ち着いていられました。

とはいえ朝はマイナス15℃以下でした。すっかり氷点下生活にも慣れて駐車場からお店まで位の距離ならコートなしで走ってしまってます。

ご心配おかけしてます。

ところでブログを初めて昨日で丸1年経ちました。

早いものです。

転勤が決まって生まれ育った東京を離れることが決まった時、家族や友達と離れがたく忘れられちゃうのでは・・・?という不安から始めたブログ。

小学校の頃、宿題で毎日日記を書いていたことはあったけれどよく1年も続いてきたものだと自分で驚きます。

ひとえにこれは読んでくださっている皆様のお陰(&日本語恋しさ)に他なりません。

日本はもとより色々な国に住む方にも読んでいただけてうれしいです。

ありがとうございます。今後ともよろしくどうぞです。

Dsc04407最近ちょっとバタバタしておりますのでいつも通りいっぱい食べてますが、あんまりお料理してません。

ので、以前作って写真撮っていたもののUPしていなかったものを載せてみます。

<中華風胡麻だんご>

お羊羹を小さく切って白玉粉で覆います。胡麻をまぶして油で揚げて出来上がり。簡単だけどおいしいです。でも絶対揚げたてで食べるべし!Dsc04383

<ヨーグルトのデザート>

泡立てた生クリームにお砂糖とヨーグルトを混ぜクリームを作ります。

間にフルーツを挟んで出来上がり。

| | コメント (25)

スフレ・オ・ショコラを作る

もうすぐバレンタイン。

きっと今頃日本のデパ地下は大騒ぎなんだろうな・・。

バレンタインにチョコレートを渡すのは日本だけと聞いていたけれど意外にもアメリカでもこの季節チョコレートがいっぱい出回ってます。

例年、デパートの戦略通り何個もおいしそうなチョコレートを買ってましたが今年は手作り。

10代以来かしら~。ああ、青春。

Dsc04547_1スフレ・オ・ショコラ作りました。加藤千恵先生のレシピです。初めて作りました。

チョコレート系のお菓子ってレシピ見ると恐ろしくなるほどバターやら砂糖やら入っているのでなんとなく手が出なくって。今回もバター90グラムと砂糖150グラムとかなりヘビーなレシピですが出来上がりは直径14センチ。絶対全部食べてはいけません。神様ごめんなさい。

14センチのマンケ型がないのでクリステルのお鍋で。更に湯煎して蒸し焼きにするのですが更に大きな24センチのクリステルに入れて焼きました。うーん便利。

出来上がりは初めてにしてはよくできたかな。もう少し気泡を抜いたほうが良かったかも。

しかし、試食に至り、ひじょーーーーに甘い。なんか手に汗握る感じです。(怖)久々に参りました。加藤先生のレシピは時々目が飛び出るほど甘いレシピがあるのです。不思議。

でも今回使用したチョコレートが原因かも。「カカオマス」と表示されたものが見つからなかったので「chocolate for baking -unsweetened-」というのを使ってみたのですが・・・。あってるのかな?

一切れで十分チョコレートシーズンを堪能した次第です。

ふー。

| | コメント (9)

ドライアプリコットについて考える

以前レシピを知ってからちょくちょく作っているキッチンシンクマフィン。ドライアプリコットやココナッツ、人参・・・と本当に色々なものが入るおいしいマフィンです。

ドライアプリコットがちょうど切れたので新しい封を開けて・・・。Dsc04522

同じものを買ってきたつもりでしたが、ふと気が付けば、違うっ!

左はカルフォルニア産、右は地中海(トルコ)産。

赤ずきんちゃんに惑わされましたが、帯の色も違えばアプリコットの絵も微妙に違う!日本はどっちのが売られているのかな・・?

中身はといえば益々違うのです。カルフォルニアのはまさにドライ。硬く、そんなに甘みもなくどちらかというとすっぱい。トルコ産はジューシーで甘くてセミドライ。1パックに入っている量も違う。(値段は忘れました・・)

さりげなくもこんなに違うとは!!

パッケージの裏を見ればカルフォルニア産はサラダ・シリアル・スムージーに、トルコ産はそのまま食べたり、お菓子やパンに混ぜることを薦めています。

同じように見えて別物だったとは・・・!

ところで中身の違いを知らなかったとして、カルフォルニア産とトルコ産、どっち買いますか・・・?

私は結構産地が気になるほうです。日本で野菜を買うとき輸入ものと国産ものがあれば絶対国産を買っていました。それは安全性のこともありますが「なんとなく国産のほうがおいしいような気がする」から。実際、果物とか断然おいしいし。

でもなんとなく「きくらげ」なんかを買うとき国産よりなんとなく中国のほうが本場の味な気がしてどちらを買うべきか迷ったりして。

パッケージ、しっかり見てお買い物しないといけないですね。そして色々な種類を試してみないとおいしいものを見逃してしまうかもしれませんね。

一度「いいな」と思うと同じメーカーのものを買いがちなコンサバ人間なのでちょっと反省。人間チャレンジしないと広がりませんな。

Dsc04536 今回はミニマフィン型で焼きました。

ミニマフィンの紙型がハロウィンしかなかったのがちょっと・・・。

トッピングのレシピ、他のレシピのでやってみましたがオリジナルのほうがおいしかったなぁ。

| | コメント (8)

タラコ風料理

地中海料理食材のお店に行きました。

地中海料理とはギリシャ・トルコ・イランといった地中海を囲む国の料理で間違ってもイタリアンの魚介たっぷりペスカトーレみたいなお料理ではありませぬ。

お目当てはムサカなどに使われる茄子だったのですが残念ながら仕入れがなく。

もう一つのお目当てであったタラコの代用品として使えるという「タラマ」を入手しました。

タラコと同じように赤というかピンクというかのきれいな色。タラコよりは粒が大きく、まさに偽モノキャビアサイズです。Dsc04500

タラマといえばタラモサラタ。さっきネットで調べたらタラコサラダでもタラマサラダでもタラモサラダでもなくタラモサラタらしい。

Dsc04510_1 タラマは鱈の子ではなくCARPの卵と書いてあります。。鯉ですよ。鯉。

ホンモノのタラマで作るタラモサラタは期待通りのおいしさでありました。

かなりのビックボトルでタラマを購入していますのでさてどうしたものか。そうそう長持ちするものでもありません。

生で「たらこおにぎり」なんていうのは若干生臭くってNGな雰囲気。

加熱する「たらこ料理」といえばたらこスパゲッティ。これもまあおいしくできました。(写真ないですが)

そして今夜作ったのは青梗菜のたらこソース。Dsc04517 中華です。

にんにくみじん切りを油で香りが出るまで炒めタラコ(いやタラマ)と卵黄を混ぜたものを加え加熱。

少し炒めたらチキンスープを加え、塩コショウで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。

茹でた青梗菜にかける。

日本にいた頃もタラコでよく作りましたが、大変おいしくできました。ちょっと炒めすぎで失敗ですが。タラコで作るほどきれいな赤い色は出ませんでしたがお味はほぼ同じ。自分としては満足です。

タラコが幸運にも入手できる方は是非お試しください。とてもおいしいですよ。結構ご飯が進みます。

後は何かレシピないでしょうか・・・。ちょっと飽きてきたかしら・・・?

冷凍していずれまた使うとしますか・・。

あんまり食べると痛風になりそうだし。

| | コメント (8)

NFLスーパーボウルTV観戦!

アメリカで一番盛り上がるイベント、スーパーボウルが先ほど試合終了しました。

我が町のチームはスーパーボウル出場とはなりませんでしたが(特に惜しいわけでもなかったようですが、そう弱いわけもないらしい・・・)だんな様の上司の方もお招きしてみんなでTV観戦しました。

Dsc04489 スーパーボウルが近づいてからというもののお料理番組では観戦時のおつまみレシピが取り上げられ、スーパーでは観戦用のグッツや食べ物が沢山売られていました。

私の知る限りの「正しい観戦メニュー」は宅配ピザ、おつまみ系のサラミやチーズの盛り合わせ、フライドチキン、野菜やチップスwithディップ、シメはアイスクリーム・・・なのではないかと。でもこうしてみるとアメリカの所謂パーティメニューですね。スーパーボウルだから特別というわけではないのかな。

色々見かける中、今回作ってみたのはメキシカンテイストの“7-layer-dip” その名の通りディップが7層になっています。下からレタス・タコミート・サワークリーム・ガッカモレ・サルサ・チーズ・オリーブの計7層。下から順番に重ねていくだけで出来上がり。チップスと一緒に頂きます。買い慣れないチップスを買ったら塩っぱくてちょっと失敗でしたが、最初にお出しするオツマミメニューとしては簡単でいいかもしれません。

他のお料理はというと、もう一家族と一緒に上司の方をお招きしたのでお料理も半分持ってきて頂いて、楽ちんおもてなしとなりました。

作ってきて頂いたのはサーモンとマッシュポテトのグラタン、ひじきのサラダ、パプリカとササミの白和え。どれもとてもおいしかった!おいしいお豆腐が見つからずすっかりお豆腐食べてませんでしたがおいしいメーカーも教えていただけてこれまた嬉。

私の方は海老の卵白揚げ、黒酢の酢豚、ローストビーフ、定番の出汁茶漬け。卵白揚げがさっくり揚がらず残念でしたが滞りなくサーブできて一安心です。

やっぱり上司の方だとちょっと緊張しますね。

Dsc04495 最後の最後はお土産で頂いたチーズケーキを。

凄い重量感で生クリームたっぷり。高さもあるし。日本人的なサイズでカットしようとすると立たないし、サーブするのに非常に難儀いたしました。こういうの不得意なのよねー。

アメフト試合?子供の世話やらなんやらで結局全然見られませんでした~。

| | コメント (12)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »