« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

キャラメルパウンドケーキを焼く

Dsc05002_1 他の方のブログで「稲田多佳子さん」のレシピを参考に作ったという件をよく見かけます。

まんざら他人とも思えぬお名前(笑)なので前から気になっていましたがついに著書を入手。

普通の主婦でブログでレシピを公開するうち話題になりレシピ本を何冊か出されています。

キャラメル好きとのことなので「キャラメルミルクパウンドケーキ」を手始めにトライ。

久々にクグロフ型を引っ張りだして焼いてみました。焼いている間なぜか普段よりオーブンから香りが漂わず謎でしたが、出来上がりはなかなかおいしい。

パウンドはあんなにも単純なレシピなのにそれぞれの作り方・配合で全く違ったものになる奥深いケーキです。

今回のレシピは焼き上がりすぐも翌日も変わらないくらいしっとりの仕上がり。焼き上がりはかなりラム酒がきつく子供はちょっと・・でしたが翌日にはなじんでおいしくなりました。やっぱりパウンドは翌日以降が食べごろということですね。

タルトやマフィンなども載っていたのでまた挑戦します。

やっとお菓子作りなど平常営業な毎日に戻りました。

| | コメント (12)

桜、満開気分

Dsc04988 東京は桜が咲き始めたそうですねー。

マイナス15℃の町から日本に一時帰国し、1ヶ月後に戻ったら最高気温25℃まで上がってました。

すっかり緑を取り戻した町に桜を思わせる街路樹がそこかしこに植えられていて只今満開です。

桜にそっくりだけれど色は白。それでも日本人としてはとても心和みます。

モールの一角にも咲いていたので写真を撮っていたら、通りすがりの人が「きれいよねぇー」と話しかけてきたので日本にも同じような花があるという話をしたら、Bradford Pearという花だと教えてくれました。先ほどネットで調べたらアメリカでは多くの町で街路樹として植えられているそうです。Pearといっても食べられない梨みたいですが。

原産は中国だそう。なるほどちょっと日本を思い起こさせるはずです。桜みたいにはらはらと散る姿も見られると嬉しいな・・・。

| | コメント (2)

味噌を仕込む@アメリカ

Dsc04945 時差ぼけと疲れでご機嫌斜めの息子を抱えても私にはやらねばならぬことがある!

それは味噌の仕込み・・・。

ナニを頑張っているのやら。って延べ時間はかかるけれど実労はちょっとなので簡単なんですけどね。

今年で3回目の手作り味噌になります。別に凄く味噌好きということもないのですが季節が来るとなんとなく作る気になってしまう・・・。お節料理みたいなものなんでしょうかね。

毎年違うところで大豆や麹を買って色々実験中。今年は麹を買ったお店の作り方にこれまでの良かったところを採用するセミ・オリジナル。

東京で生麹を通販で購入。説明下記を見たら「2日以内に仕込むこと」とあります。仕込んでからアメリカに持ち帰るのでは重さが増えるばかりでどうしたものかと思いましたら塩きり麹(麹1キロにお塩400グラムを混ぜる)にしておけば1週間はOKとあったのでそこまでやって持ち帰ってきました。

Dsc049521キロの大豆を一晩水につけふやかした恐ろしいほど増量した大豆。

柔らかくなるまで茹でてバーミックスでつぶします。

Dsc04957 日本から持ち帰った塩きり麹と混ぜます。手持ちの直径32センチボウルでも溢れんばかりの量。気合で混ぜます。

Dsc04962 ココからは毎年作っている人の特権!去年のお味噌を少し混ぜます。お味により深みが出て発酵も早いそう。

Dsc04965 後は日本酒(本当は焼酎)で消毒した味噌甕代わりの保存容器にボール上に固めた味噌だねを空気が入らないように並べていきます。間に昆布を挟んでいくとこれまたおいしさ倍増!!

Dsc04969 ラップをして2キロ以上の重し(今年は塩とグラニュー糖の袋!)を乗せて2ヶ月待ちます。

2ヵ月後に混ぜて・・・更に夏が終わるころ飴色のおいしいお味噌が出来上がっているハズ!!

今年も楽しみです。

アメリカで育つ味噌はどうなるのかしら・・・。ちょっと不安でもあります。

| | コメント (11)

なんとか無事アメリカ戻りました

Dsc04937 1ヶ月にも及ぶ一時帰国から昨日アメリカに帰りました。

日本で色々お世話になった皆様、ありがとうございました。

帰りはダラス空港にてトランジットして家に。しかし未だに腑に落ちないのですが、色々あってトランジット便に乗り遅れました。8:30ダラス着と機内のテレビに表示されていて現在の現地(ダラス)時間というのを見て時計を直したはずなのに、実際8:30定刻到着といっていたはずなのに、実際は9:30に到着していたのです。(旅行会社の予定表には9:30到着となっていたんですがね・・・それを見ておけばよかったのですが)

おそらくサマータイムが反映されていなかったと思うのですが。そんなことってアリ?と思いますが、確かに入国審査の時も国際線トランジット組を探すアナウンスが流れまくっていたし、同じような目にあったと思われる日本人が航空会社のカウンターで乗り遅れたとか押し問答していたり、すれ違った人が「トランジットまで思ったより時間あるわねー」なんて話していたり・・・。どういうことなんでしょうかねぇ。

Dsc04792我々夫婦もすっかりだまされて入国審査をのんびり済ませゲートに向かうと閑散としていて・・・。

CNN放送の画面をぼんやり見ていて気が付いた!1時間違うと。乗り遅れました。

結局ダラスから家までの便はその後も何本か出ていたので事なきを得ましたが、もし最後の1便だったり、息子と私の2人だったら・・・。恐ろしいです。殆ど機内では寝ていないのでフラフラなのに広いダラス空港を右往左往。途中ゲート変更などにも見舞われあそこの空港は殆ど制覇したくらいクルクル移動。

まあ無事に着いたのでいいですが。

日本、楽しかったです。ありがとうございます。 アメリカを発った時はマイナス15℃だったのに、昨日は20度以上ありました。お庭の芝生も鮮やかな緑に戻っていて既に春というか夏というか。

Dsc04921しばらく東京とはお別れですが日本で買いこんできたイロイロでアメリカで頑張ります!

写真1:東京での最後の晩餐 たけのこご飯、めざし、くみ上げ湯葉

写真2:義母とダンナが息子のケアをして頂いたため食べるのに夢中ですっかり写真を撮り忘れた息子のお誕生日会のデザート

写真3: 恵比寿ガーデンプレイス三越で開催していた栃木展にて購入の「明治の館」のチーズケーキ。懐かしいおいしさのケーキでした。

| | コメント (6)

京鼎樓 恵比寿本店に行く

今回の東京滞在でかなりのお友達と会えましたが、そのファイナルを飾るのは学生時代の友人。お互い東京人なのに今は二人とも東京から離れたところに暮らしています。

「東京ってすごいよねー」と妙な盛り上がりをみせながら夕飯を共にしたのは恵比寿の京鼎樓。5:30の開店と共に入ったのですがふと気がつけば満席になっていました。

台湾の小龍包で有名なお店が日本上陸のようです。久々の再会に話が尽きずゆっくりオーダーを選ぶゆとりなく、コースを頼みました。

Dsc04797 まずは前菜盛り合わせから。ピータン豆腐久々に食べました。美味しかったなー。

その後も小龍包2種。Dsc04800 普通の小龍包に加えお茶が入った皮で包まれたものが出てきました。スープが入っていておいしいー。大好きな黒酢もテーブルに用意されていて嬉しい。その後もエビチリや酸辣湯、焼ビーフン、チャーハン等々とすごいボリューム!!

限界近くなったところでデザートの杏仁豆腐がサーブされました。とっても美味しい!やさしいけどゆるすぎない固さが私好み。杏仁の甘い香りがとても美味しかった。

満足満足~と思っていると「開店2周年記念の桜饅頭ですー」と店員さん。

おなか、いっぱいですよー。でも折角なので半分くらいはしっかり頂きました。甘すぎないあんこに桜の塩漬けが入っていて美味しかったですよ~。

軽めに食べようなんていっていたのに最終的にはすごいボリュームでした。そして色々話も尽きることなく次回また会える日を楽しみに別れたのでした・・・。

| | コメント (6)

結婚披露宴にいく

今回の一時帰国の最大の目的、義妹の結婚式・披露宴に出席しました。

私達夫婦も披露宴をした思い出のホテルでのひととき。あれから5年も経ったのね・・・。

今回久々にお着物で参列。母が今回のために誂えてくれた色留袖はとてもきれいで着付けしていただきながら久々優雅な気持ちになりました。ヘアセットも着付けもしていただき、息子の前に「ママきれい?」と出るといつもとあまりに違う様子に驚いたらしくパパの胸で「知らない。知らない。」を連呼。(涙)着物を脱ぐまで私とは視線すら合わせてくれない始末。いつもとのギャップに動揺したようですが・・・。失礼なっ!

着物なのをいいことに息子を母と旦那様にすっかり預けて、お料理に舌鼓。Dsc04875_1 前菜のフォアグラもとってもおいしかったー。

なんといってもメインの牛ヒレ肉のフランベがすごかった!お客様の目の前でシェフがフランベします!予想以上の炎にびっくり!!Dsc04895

会場の高い天井にも着いてしまうくらいの大きな炎!炎の熱がすぐ側で見ている私のところまで感じられます。すごい!そしてサーブされたお肉はまたとても柔らか!アメリカンビーフも結構美味しいぞと思っていましたがやっぱり和牛!最高!

Dsc04898 披露宴の最後には新婦の手紙が朗読されました。家族への感謝に始まり、旦那様となる新郎やそのご両親の温かさが綴られていました。かわいく、優しい義妹が素敵な温かいおうちのお嫁さんになってとても嬉しく思いました。旦那様ファミリーにはいつもとても良くしていただいているけれど改めて私もいいご縁に恵まれた幸せをかみしめました。

とてもいい一日でした!!お幸せに!!

| | コメント (6)

リビエラ青山でランチ

Dsc04747 息子の誕生日が近いこともあり母・兄夫婦と青山のイタリアン「リビエラ青山」でお祝いランチをしました。

こちらのお店、落合務シェフプロデュースのイタリアン。週末はウエディングをやっているようですが、普段は普通にお食事が出来るようです。

まずは前菜3種盛り合わせ。お肉のパテも美味しかったけれど、トマトがとっても甘かった~。

Dsc04751 続いてフォアグラと焼リゾットのコンソメ仕立て。上にのっているサラダも一緒にお茶漬けのように混ぜていただきます。フォアグラの濃厚さとサラダのさっぱりで美味しい~。幸せ。

Dsc04755 パスタは生うにのクリームソース。

これまたリッチなお味ですが、美味しい♪とても美味しかったフォカッチャでソースも残らず頂きました!

Dsc04763 デザートはクレームブリュレとキャラメルアイスをチョイス。母のティラミスもマスカルポーネがふんわりしていて美味しかったな。

お料理はどれも期待以上に美味しかった!私のチョイスは結構こってりめだったけれど意外とさっぱりいただけました。

そして更に嬉しかったのが、兄夫婦がサプライズで用意しておいてくれた息子のバースデープレート!

まだ大人と同じようなお菓子はあげていないのを知っている兄夫婦が頼んでおいてくれたのは、お皿にHappy Birthdayのメッセージがきれいに描かれ、息子の大好きなイチゴにろうそくを立ててあるプレート!感激です。

サーブされたとたん、息子はろうそくの炎とイチゴに眼が釘付け。何度目かのトライで無事ろうそくも吹き消し、ひとくちでイチゴを食べご満悦。

こちらのレストラン、子供用の椅子もあるしお店の方も子供にとても慣れているし優しい。トイレにもオムツ換え台があったし個室を利用すれば子連れでも安心して利用できるレストランのようです。子連れにもおすすめです。何よりお料理美味しいし。

お誕生日のプレゼントも頂いて、いっぱい遊んでもらって息子も大人も楽しいひと時でした。今日もありがとー。

| | コメント (12)

友人宅に大集合

Dsc04735 長い人は幼稚園から短い人でも中学から知っている友人達10人+子供(あってる?)が友人宅に集合いたしました。

かれこれ15年近く会っていない友人とイマドキな再会を果たし、今回の一時帰国に集まってくれたのでした。

第一声は「みんな全然かわらないねー」

昔の写真でも引っ張り出せばびっくりするほどしっかり年取っているのでしょうが(笑)なんだかタイムスリップしたようで不思議な時間でもありました。

今回、色々声を掛けてくださったりした友人宅に伺ったわけですが、ランチもしっかり用意されていて尊敬です。

うまくデリバリーを活用されていて、でもお子ちゃま分は豆乳かぼちゃドリアやおにぎりなどしっかり手作りされていて、ウチの大食漢も大満足。本当にご馳走様でした~。

なんせおチビさんたちがいっぱいですからゆっくりおしゃべりに興じるなんて無理でしたが楽しいひと時を過ごせました。

同じ学び舎の仲間達が時を経て、それぞれの人生頑張っているのがわかって私も食べてばかりじゃいけないなと反省しました~。

みんなはこれからもちょくちょく会えるのかと思うと遠くに戻る身としてはちょっと寂しいけれどまた一時帰国の際は遊んでいただけると信じてまた遠くでがんばってきまーす。

ありがとうね。

| | コメント (8)

従姉邸でお集まり その2

  Dsc04695_1先日とはまた違う従姉のおうちに遊びに行きました。

半年違いの従姉とは結婚したのも、子供が生まれたのもほぼ同じ頃。姉妹みたいに育っただけに同じような人生歩んでおります。(笑)

でもでも、昔から従姉はお片付け上手で私はその反対。子供が生まれてからもやっぱり従姉のおうちはお掃除行き届いていて素晴らしい・・・。

従兄一家も時間を作ってくれて大人7人+子供3人で賑やか手巻き寿司ランチとなりました。

アメリカ生活では決して実現できない、ネタが豊富な手巻き寿司。お魚系はもちろん甘エビとかイカ納豆等々いっぱい巻き巻きしていただきました。他にもかぼちゃのコロッケや鶏の甘酢あん、サラダにごまあえ等々に加え、ニョッキまで!凄いっ!準備大変だったろうなぁー。でも美味しく美味しく頂きました。ありがとうー。

Dsc04701

デザートは田園調布のレピドールでお菓子を買っていきました。

玉高にも入っているみたいだけれど生ケーキはもちろん焼き菓子も美味しいお店です。

私はこのお店のポルボローネというほろほろと崩れるようなクッキーが大好きで以前母がアメリカに来たときにも持ってきてもらったほど。コーヒーにも日本茶にもあうお味です。

子供3人集まってとっても賑やかで楽しかったです。賑やかだったのは子供だけじゃなく大人もですけれど。楽しいひと時ありがとうー!

| | コメント (2)

海南鶏飯食堂にいく

恵比寿にあるシンガポール料理レストラン「海南鶏飯食堂」にいきました。

Dsc04667 各国料理なんでも食べられる東京に於いても結構最近まで食べられなかったシンガポール料理。

アジアンフード好きな私のためにお友達が予約しておいてくれました。ありがとー。

海南風チキンライスは数あるシンガポール料理の中でも大好き。以前もブログで書いたけれどおうちご飯でもしばしば作るメニューでもあります。

久々にお店で頂いたチキンライスはしっとりジューシーで美味しい~。大中小とサイズが選べるのだけれど他にも色々頼んだので小にしました~。おなかはいっぱいでそれ以上は無理だったけれど気持ちとしてはもっと食べたかった~。無限に入るけど太らず、そして胃痛にもならないそんな胃が欲しい~。

チキンライスの他にも、トウミョウの炒めものやマカオ風のカレー、エビチリも頂きました。どれも美味しいわっ。やっぱりアジアは最高!

残念ながらそれぞれ忙しくって会えなかったお友達もいたけれど、また帰国したとき会えるの楽しみにしているよー!それぞれ、頑張ろうね!

| | コメント (4)

ウエスティン東京のビュッフェ

恵比寿のウエスティン東京のザ・テラスに行ってきました。実家から近いこともあってこれまでいったい何回行ったことか・・・。ビュッフェってあまり好きじゃないのですがここのはとても美味しい。里帰りの味というか、今回1度は行かなきゃと思っていたところです。

Dsc04655_1 今日はイタリアンビュッフェでした。と言ってもチーズフォンデュとかありましたけど・・。

私が日本を経った直後に改装し、一度は違う形式になったそうですがやっぱりビュッフェが好評だったらしく、内装は変わったものの以前と同じようなビュッフェが楽しめるようになりました。

今回は何種類もあるソースから好きなものを選ベるお肉や野菜のグリルが一番おいしかったなー。豚のソテー+オニオンマーマレードの組み合わせが一押しでした。

Dsc04657 こちらはデザートがまた美味しい!今回も沢山頂きました。

ホリデーシーズンにアメリカで売られまくりだったチョコレートファウンテン(チョコの噴水)もあって、実際に食べるのは初めてだったのでフルーツやらシュークリームやらにチョコレートをつけて沢山いただきました。美味しいチョコレートを使っているので何をチョコ掛けしても美味しい♪コーヒーのクレームブリュレもかなり美味しかった。

こちらのビュッフェ、何がいいってお味はもちろんですが子連れ歓迎なところ。もちろんホテルですからそれなりに静かにすることは当然ですが、ビュッフェゆえ席についてすぐ食べ物にありつけますし多少席を立っても目立ちません。ウチみたいな常時ハングリーなお子ちゃまをお持ちの方にはとてもいいはず。3歳以下はタダだし。ハイチェアも完備。素晴らしい。息子もかなり盛り上がって沢山頂いてました。かぼちゃとサツマイモのメイプル風味スープがお気に召した模様。

今日も美味しかった・・・。

美味しかったばっかりですみません・・・。

でも美味しかった。

| | コメント (8)

中華「古月」でディナー

新宿御苑にある中華料理古月で兄夫婦とディナーしました。

「絶対アメリカで食べられないもの」という謎解きみたいな私のリクエストに義姉がチョイスしてくれたお店です。

Dsc04630中華と言っても普通の中華ではなく薬膳っぽいと言うか面白い食材が使われています。

プリフィクス風のコースなのですが各々好きなメニューを選べるので3人色々頼んでお味見し合って1人分以上の満足でした。

Dsc04631_1まずは前菜。白きくらげが特に美味しかった前菜盛り合わせと鴨の焼き物プラムソース。プラムソースがまた美味しくってめちゃくちゃ私好みでした!

続いてDsc04634 春筍と高菜・豚の炒め物。下揚げしてある高菜がおいしい!

Dsc04635 次はメニューを見ているときから義姉と興奮しまくりだった薬膳スープ。私は春風邪予防のスープ、義姉はお肌つるつるスープをチョイス。

具体的に入っていたものはえーっと・・・?分からなくなっちゃったけれど薬膳特有の不味いが効きそう~っていうのではなくて優しい美味しいスープ。良薬が口に苦くないなら毎日飲みたいー。ちょっと自分じゃ作れないなぁ。

Dsc04636 続いては中華風クレープにかに玉、浅葱、赤大根を包んでいただくもの。これはおうちでも作れそう!かつ、とっても美味しい。ありそうでなかった組み合わせで気に入りました。

Dsc04640_1 お食事の最後は土鍋に入って登場のアツアツメニュー。

兄はマーラー豆腐、義姉はお麩の肉詰め、私はコラーゲンもりもりの牛バラと牛筋の煮込みをオーダー。

どれもご飯に合う味付け、3人とも汁ビーフンを頼んだけれど白いご飯が欲しいお味付け。美味しい!!

〆のデザートは亀ゼリー!!Dsc04641_1 その昔、香港で食べたときは大田胃酸ゼリーかと思うような味だったけれどお豆やバジルシードと共にシロップで味付けされたこちらの亀ゼリーはさっぱりさわやか。マンゴーソースがまたおいしいのです。

全部しっかり平らげて、とっても幸せ。確かに絶対アメリカでは食べられまい!!

兄夫婦ちゃま、ご馳走様でした!

ん?今回いやに写真が多いって?美味しかったのはもちろんだけど、なんといっても息子は母に預けてお留守番しててもらったので・・・。大人ご飯はゆったりお味も楽しめて幸せだわ~。

| | コメント (6)

東京スイーツ2店

東京には美味しいスイーツが溢れいているっ!

アメリカではひっくり返っても手に入らないのが繊細なお菓子たち。自分でも作れないしね。

美味しいものをいっぱい知っている兄夫婦が実家のそばにあるスイーツ2店を教えてくれました。

Pict0006一つは和菓子屋さん。 目黒川沿いにあるHIGASHIYA。先日も伊勢丹で見て美味しそうと思っていたところ兄夫婦が持ってきてくれました。写真左がひと口果子。ちょっと洋風テイストが入った練り餡のお菓子。色々なお味が一箱に入っているので少しずつ楽しめるのがいい♪

右手に写っているのは番茶のプリンと抹茶のブラマンジェ。包みも可愛いしフルフルかつお味もとっても満足!番茶のプリンって始めていただいたけれど癒し系の優しいお味。おいしかったー。

Dsc04612_1そして2店目は洋菓子。五本木にあるPatisserie SOURIREが美味しいと教えてくれたので早速食べてみました。

このお店スリールのパティシエはあのロアジエにもいらした方と聞き更に期待は膨らみます。タルト系が特にお得意のようです。

キャラメル風味のシュークリームを食べましたが苦すぎず甘すぎず出しゃばり過ぎないキャラメルの香りがとっても美味しいクリームがたっぷり。しっかり、美味しい・・・。

他にも写真のりんごのパイ、ココナッツのタルトもとても美味しい。奇をてらわずしっかりまじめに作っている感じが伝わってくる美味しさでした。

パティシエの岡村さん、お店にもいらっしゃいましたがめちゃくちゃ細い方でした・・・。お菓子やっているのにあれだけ細いとは、よほどストイックに作っていらっしゃるのか・・?プロはそんなに試食しないのかしら・・?勝手な想像も膨らみます。(笑)

久々、ヒットのお菓子屋さんでした。兄夫婦殿、ありがとうです。

| | コメント (10)

従姉邸にお邪魔する

Dsc04607 生活感が全くない素敵なおうちに住んでいる従姉邸に遊びに行きました。

日本の家と思えない広さと欧米ミックスなインテリアがとても素敵です。遊びに行ったのは2回目だけれどチェンバロがあったり、ランプが沢山置いてあって大人のムード漂ってやっぱり素敵なおうちでした。うちのおもちゃ御殿とは大違いだな・・・。

もうすぐドイツに留学する旦那様と一緒にしばし日本を離れるようですが忙しい中、沢山の美味しいお料理作ってくれました!!Dsc04602

従姉の旦那様特製のウイーン風グヤーシュやローストポーク、そして噂のラザーニアをついにご馳走になりました。夫婦でキッチンに入ってお料理。憧れちゃう。

噂のラザーニアというのは、アメリカンスタイルのもの。いつも従姉の実妹が事あるごとに「お姉ちゃまのラザーニアが食べたい」というので一度ご馳走になりたいと思ってました。

ミートソースとホワイトソースをはさむのが一般的ラザニアですが、こちらのはシンプルなトマトソース、ひき肉を炒めたもの、そして数種類のチーズをパスタの間に挟んで焼いたものです。ミート&ホワイトのダブルソースよりあっさりしていて、器からはみ出たパスタがこんがりクリスピーに仕上がっていてとても美味しかった。今度私も真似して作ってみたいと思います。

デザートはアップル・パンプキンケーキ!Dsc04609 パンプキンケーキの上にソテーしたりんごが乗っている豪華ケーキ。アイスクリームとイチゴを添えて、最後にナツメグをグラインドします。

こちらもアメリカのレシピとのことですが甘すぎずおなかいっぱいといいつつしっかり完食!しかもしっかりレシピも頂いて帰ってきたので、アメリカに戻ったらこれまた早速作ってみます。

息子もちゃっかり大人に負けぬ量を平らげ満足しておりました。

従姉ちゃま&旦那様、ご馳走様!!ドイツでまた新しい味を見つけてきてね!!

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »