« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ビーチに行く

Dsc06664 2時間ほど車を走らせると本当のアメリカ西海岸に着きます。

珍しく雨の降っていない週末、だんな様も息子に早く起こされていたので行ってきました。

ひたすら森の中を進みます。ビーチに行く車が多くあるので寂しい道ではありませんが、山火事注意の看板とともに本当に木しかありませんでした。

突然リゾート地にたどり着いてにぎやかになります。ビーチといっても夏場でもよほどのもの好きしか泳がないという冷たい海です。

でも砂浜が白く、一面開けているので開放感が凄い。結構波が高かった。お天気が悪い日が多いのでたまの晴れ日にこんなところにいるとそれだけで幸せに感じます。

そこらのカフェでお昼ご飯を頂き、息子のお砂場セット片手にビーチを散歩しました。息子は初の海。怖がるかと思いきや大喜びで走り回ります。風も強く寒かったのですがわかっていない息子は海に向かって走っていきました。何とか入水は避けられましたが本人は入る気満々でした。

「ビーチさいこー」と叫びながらくるくる回っていましたがそのうち歌がとまらなくなり落ちている昆布片手にリサイタル。

Dsc06690 先が丸くなっていてコードのように長くってまるでマイクそのものでした。「ぱぱ、まま、踊って」といわれ踊らされました。

ほのぼの楽しい週末でした。

写真奥に見えるのは全米何位だかの大きさを誇る一枚岩だそう。

かなり大きくて山みたいでした。

ゴミもほとんど落ちていなくって気持ちよかったなぁ。

ところで全然「海の香り」がしなかったのですがなぜ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Halloween準備完了!

Dsc06649 いよいよハロウィンです。一人で盛り上がっています。(息子は飽きている)

当日が迫ってきてついにJACK-O-RANTANつくりました。

昨年作ろう作ろうと思ううちに終わってしまい、次回こそはと去年のハロウィン後のセールでちゃっかりお安く購入しておいたくり貫き用のこぎり&中身を掘り出すものセットを使って作りました。

最初はヘタの周りを丸くくり貫いて中身の種とワタを取り出します。ワタが取りにくくって時間かかりました。やっぱり中身を取り出すためのヘラは必要でした。日本のかぼちゃと違って水っぽくて扱い辛かった。

大きめのと小さめの2個つくりました。Dsc06653 息子に見せたら「怖いよ~」といって近寄らず。

喜んで欲しかったのに。

早速玄関に並べてみましたがなんだか隣同士よりいいかなと思って重ねてみました。

Dsc06658更に気分を盛り上げてティラミスもハロウィン風にしてみました。Dsc06637

久々にたべたくて作ったのですがコーヒー&リキュールを浸み込ませて下に敷くフィンガービスケットがなかなか見つからず苦労しました。

いろいろなスーパーに行ったのですが昔のお菓子で人気がないらしくあまり取り扱いがないそうです。

さあ、いよいよハロウィンです。

今年はどんなハロウィンになるかしら。楽しみです。取りあえず雨が降らないことを祈ってます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イタリアンレストラン風。

Dsc06582 日本で春に放送されていた松本潤くんが主演のドラマ「バンビ~ノ」

今更、ビデオで見ました。

博多から上京した松本くん演じるバンビが六本木のイタリアンレストランで修行するお話です。

ストーリーもまあ面白かったのですがダンナと私の目は料理に釘付け。

アメリカにはイタリアンと言ってもドミノを思わせるピザか茹で過ぎパスタばかり。ダンナはレストランに行くたびに「スーパーアルデンテ!」としつこくいって注文するのですがそれでも柔らかいパスタが出てきます。

おいしいイタリアンがなかなかないので飢えているのです。

そんな我々に刺激的過ぎるドラマでペスカトーレが食べたくて食べたくて食べたくて。

ついに作りましたよ、ペスカトーレ。レストラン探しをやめました。

思い立ったら作ればいいじゃない、と思うなかれ。おいしいシーフードを手に入れるのは結構至難の業なのですから。イカ、アサリ、ムール貝、海老を存分に入れて作りました。

あああ、アルデンテ。う、うま・・。シーフードもおいし・・・。

興奮気味の我らの横でマイペース息子は「おさかな、きらーい。パスタ、おいしー」といってパスタばかり食べる食べる。

結局我らは最初にちょっとパスタを食べたのみで後は魚介のトマトソース和えをひたすら頂くことになってしまいました。

なんかなぁ。ちょっと悔しかった。思いが募りすぎていてたとえ息子であれパスタを殆ど食べたのが許せないっ!!心の狭い両親です。

日本に帰ってイタリアンが食べたい。おいしい中華も食べたいけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Halloween Party

いよいよハロウィン当日まで1週間となり街はハロウィン一色!

といいたいけれど、意外とこの街は盛り上がっていないかも・・・。お店に行けば確かにハロウィンムード満点ですがこんなものかしら。

とはいえ楽しいアメリカのホリデーシーズンの第一弾。楽しまないわけにはいきません。

先週も息子の幼稚園のパーティに行ったけれど今日はいつも参加しているPlay Groupのパーティです。

しかも今回の会場は我が家。この家での初パーティです。

Dsc06617 大人8人と子供9人で大騒ぎでした。

お料理はポトラックだったので楽ちんでした。

ピザ、ロールサンドイッチ、ミートボール、お肉と野菜のオムレツ風グラタン、ひじきと野菜のおにぎり、鰻寿司、葛きりと茄子の中華炒め・・・。私は鶏肉のジンジャーココナッツソースwithライスとハロウィンクッキーを焼きました。

ジンジャーココナッツソースは個人的にとてもすきなんだけれど意外とココナッツミルク嫌いっていう方がいるのでなかなかお客様の時にお出しできなかった1品。辛くないタイカレー、生姜の辛味はあるけれど、といったものです。

Dsc06588皆さんそれぞれにおいしくっていっぱいいただきました。

ハロウィンのクッキー、地元産のオーガニックバターを初めて使ってみたのですがなんだか個性が強くって個人的にはちょっと不満の残る味になってしまいました。日本の繊細なレシピにはちょっとあわなかったようで残念。

それぞれ子供にハロウィンのコスチュームを着せて大騒ぎで写真撮影をしました。

1才から3才の子供なので中々じっとしていてくれず難儀でした・・・。そして全員が写っている写真はついに撮れず仕舞い。まあこんなもんでしょうかね。(写真UPできず残念です)

まだ小さいこともあって男女ともかわいい系が主流。女の子は妖精のようでかわいかった~。こういうとき女の子っていいな~と思ったりします。

いっぱいおしゃべりして、これまた一人が持ってきてくださったケーキをつまみ解散となりました。

最後にお友だちの一人が下さったtreatがとってもかわいかった♪今度マネしちゃおう!

Dsc06621

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フレッシュポルチーニのリゾットを作る

Dsc06515 秋の味覚、きのこ。

日本とは違う「旬のきのこ」がFarmer's Marketで売られています。

先日のレストランでおいしかったジロール茸を使ってリゾットでも・・・と思って買出しに行ったら思いがけず生のポルチーニが売られていました。

言わずと知れたイタリアの松茸・ポルチーニ。ドライのを使って香りを楽しむことはあるけれど贅沢にフレッシュを頂くことが出来るとはちょっと嬉しい。今日は贅沢にポルチーニをいただきます。

Dsc06518店頭にはポルチーニが2種ありました。

一つ目はなんだかアニメにでも出てきそうなころんとしたキノコ。こちらの方がお値段が高くって100g$5ほど。これ一個で$7くらいでした。

笠の裏ヒダがなくって変な感じ。でも切ってみるとヒダがあるの。ますます変な感じです。(笑)

Dsc06522

Dsc06519_2 もう1種は大きい椎茸の裏側にこんもりとヒダがついているような形。

キノコってよく見るとなんだか不気味・・・。

こちらのキノコが100gで$4くらい。

フレッシュポルチーニを料理するのは初めてだったのでネットでちょっとお勉強したところ生のには「虫がいる」と。

イタリア人は「虫もおいしいって言うんだからおいしいのさ!」といかにもイタリアンな捉え方で気にせず食べるそうですが、虫がいると聞いてそのまま料理するのも不安で恐る恐る軸を抜いてみると・・・

いましたよ。沢山。

アブラムシの小さいのみたいのが・・・。(涙)

天然物のキノコなので当たり前ですね。ひたすら取って、最後はご法度の水でさっと洗ってしまいました。そしたらキレイにいなくなりました。よかった。

いざ、リゾットつくり。今日はしらす干しとたけのこを一緒に入れて最後にパルミジャーノレジアーノをいれてリゾットにしてみました。

Dsc06534 ドライポルチーニを使ったときのようなキノコが際立つ、茶色いリゾットとも違い、白いすっきりしたキノコリゾットが出来ました。

ポルチーニの独特の歯ごたえがおいしい。香りがお届けできないのが残念~。

キノコ嫌いの息子のOKも出ました。

沢山作ったので今日だけでは食べきれず・・・

残った分は丸めてライスコロッケにして冷凍庫へ。またの機会に揚げてじっくり楽しもうと思います。

Dsc06539

| | コメント (15) | トラックバック (0)

Moms’ Night Out!!

いつも参加しているPLAY GROUPのママ友さんとディナーを食べに行きました。

月1回、子供をパパに預けてママ達だけで食事を楽しむという企画。毎月お誘いいただいていたにも関わらずその日に限ってパパさんが出張だったりで今回初参加となりました。

今住んでいるアメリカ北西部はアメリカの中で最も注目されているグルメエリア。

もちろんNYなどの大都会に行けばおいしいものはいくらでもありそうですが、手頃なお値段でレベルの高いお料理が食べられるということで全米からグルメツアーが組まれているそうです。←現地集合で参加したいです・・・。

そんなわけで、全国紙などでも美食の街として記事になったりすることもしばしば。そんな時必ず名前が挙がるレストランに念願かなって行ってきました。

とても小さなお店。アンティーク感のあるかわいいお店です。

私がオーダーしたのは

“Duck Squash,Mushroom,panchetta vinaigrette"

という一品。メニューはどれもそんな書き方で出てくるまでどんなものかあまり良くわかりません。(笑)Dsc06502

で、出てきたのは写真の一品。カボチャのピュレに皮をカリカリに焼いた鴨がのり、キノコのソテーがトップにあしらわれています。ソースは甘みのあるバルサミコを使ったソースだったと思います。

このキノコが凄くおいしい!フレンチで使うジロール茸かなと思って聞いたらChanterelleというそう。どうも気になってネットで調べたらこれは英語名でやっぱりジロール茸でした。

凄く薫り高くて、このアタリは茸の産地でもあるのでおそらくローカル物だったのだと思います。

あまりにおいしかったので先ほどスーパーで買ってきてみました。かなりいいお値段でしたがソテーしていただいてみようと思います。

デザートはこれまたどれを頼んでいいやら悩むものばかりでした。(苦笑)

だって詳細のメニュー名は忘れてしまいましたが「メイプルコーンミールブレッドとアイスクリーム ベーコンのせ」とかそれはデザート??というものばかり。

お友達がコーンミールブレッド+ベーコンをオーダしていて一口いただきましたが、「何かアリかも・・・」という微妙なバランスで成り立っている確かにデザートでした。確かにカリカリのベーコン乗ってましたけれど。「パンケーキにベーコンとかソーセージ添えてあるけれどメイプルシロップ一緒にかけちゃえ~」というのと同じ感性かも。(?)

私が頼んだのはDsc06504 写真手前のもの。デザートの中でも最も危険度が高そうだった「フォアグラのアイスクリームシュー キャラメルソース」をオーダー。

フォアグラですよ。フォアグラ!!

確かにフォアグラのアイスクリームでした。塩味のアイスだって言ってましたが確かに全然甘くないまるでフォアグラのアイス。

それがシュー生地に挟まっております。キャラメルソースを絡めていただくと・・・何故か結構おいしいんですよね・・・。あまりに不思議すぎて思わずみんなで唸っちゃいました。

写真奥はクリームブリュレとエスプレッソのムース。これは唯一「フツー」のデザートでおいしゅうございました。

結論としてこのお店がおいしいのか・・・?

鴨は相当おいしかったです。デザートは酢豚にパイナップルが許せないと思う方にはおススメしないかも。話のタネに一度は行っておいて良かった。

最近日本のお菓子でも「塩キャラメル」とか「唐辛子風味のチョコレート」とか微妙なバランスお菓子って多いですよね。柿の種チョコレートコーティングとか・・・。流行なんでしょうかね・・・。

お店を出た後は近くのカフェに行っておしゃべり。久々の子なしディナー、幸せでした。

ママが楽しむ一方、自宅では・・・

ママがいないと泣く息子に「ママ、出張」と冗談で応じたパパ。

パパが出張中いつも「出張いつ終わるんだろうねぇ」と出張=長期不在と心得ている息子がその後、荒れに荒れたのは想像に難くない。

ありがとうございます、お疲れ様です。パパさん。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

母さん、何をがんばっているんだか。

最近、週3回息子に幼稚園へ行ってもらっています。

目的は息子に社会性を持たせたいから。なーんてホントは少し一人の時間が欲しかったから・・・。

その罪悪感なんでしょうか、誰かと会う予定もない息子と二人で過ごす日は妙にサービス精神旺盛にいろいろなところに連れて行ってあげてます。

Dsc06465今日も朝から雨模様。息子が一番行きたい公園は無理なので 室内の遊び場へ。

Children's Museumというところで東京で言うならこどもの城みたいなものでしょうか。

水で遊べたり、ミニチュアの街があってスーパーマーケットでお買い物して、併設のカフェでレストランごっこしたり、粘土したり・・・と魅力的な施設です。

午前中みっちり遊ばせて息子も大満足。お昼ごはんも息子のご機嫌取り(?)でパンケーキなんか食べさせたりして。車に乗せて帰途で息子はお昼寝突入・・・というシナリオだったのですが、家に着くや否やパッチリお目覚め。

「おうちいや。おでかけしようよ」と息子。まだまだ午後早い時間で家にいるのも間が持たないのでまたまたPumpkin Patchへ。Dsc06471

今回行ったところは農耕機が引く馬車に乗れます。ガッタンゴットン凄いゆれるのでかなりスリリングでした。危うく息子が転がり落ちるところでした。

Dsc06472 実は今年Pumpkin Patch、早くも4箇所目なんですよね・・。他に行くところがないものでネットで農園を探しては出没しています。

場数を踏むとだんだんカボチャを見る目も厳しくなってきます。

今回のところはお値段安いけれど形が今ひとつ・・・。ムムム。農耕機が引く馬車がタダだったのはポイント高かったですが1件目のところが一番工夫してあって楽しかったです。

息子はカボチャ買うと大張り切り。持てないだろうと思って「持ち上げられたら買う」といったら怪力だして持ち上げたので思わず購入にいたりました。2歳児があんなに力あるとは知りませんでした。

かなりのサービス満点っぷりに私もちょっと自己陶酔しておりました。

夜寝る前、今日何が楽しかった?と聞いてみたら「納豆おいしかったね」と息子。

それは良かったね・・・。母は複雑ですよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

今年の味噌ができました

Dsc06479 気が付けば10月も半ば。

今年も自家製味噌ができました!

3回め、初のMade in Americaです。材料は日本で仕入れてきたんですけどね☆

日本と違う気候、甕ではなく普通の保存容器、とちょっと違う条件が揃っていたのでドキドキでしたがちゃんと出来てました。

とはいえ、乾燥しているからなのか重石が足りなかったのか例年お味噌の甕に溜り醤油が浮いてくるものでしたが今年は1滴もなし。夏に一度味噌を混ぜた時は出来てましたがここ数ヶ月の分は蒸発してしまったのかしら?

日本だと表面がカビたりするのですがそれもなし。蓋を開けるとこれまでなかった若干腐敗臭を思う微妙はニオイとちょっとねっとりしてそうな表面。なんとなく怖かったのでその辺はサヨナラさせてもらいました。

Dsc06483 表面を取ったらすっかりいい香りがしてきて舐めてみればとても美味です!!おお、キュウリに付けて食べたい・・。(キュウリって売っていないのよね)

写真左が今年のもの、右は昨年のもの。

写真だとあまり差がないけれど本当は全然色が違うの。やっぱり1年年上の味噌は色に深みがあります。

Dsc06485 お夕飯には白菜・大根・わかめのお味噌汁を。

息子が偉く気に入ってくれて一人で3杯飲み干しました。珍しく具の野菜も食べてくれたので、頑張ってお味噌作りした甲斐がありました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Pumpkin Patchにいく

Dsc06440 毎日毎日雨続きで早くも参っていましたが、日曜日、久々に雨が降っていない!!(とはいえ今にも降りそうな空模様)

ダンナ様はお仕事で不在だったのですがめったにない雨なしデーに家にいるのももったいなすぎるので季節モノのPumpkin Patchに行ってきました。

ハロウィン気分を盛り上げるためにも欠かせないイベント。息子もカボチャ取りに行く~と大喜びで行きました。

家からたったの20分で農園に着きます。去年行ったところは仕入れてきたカボチャを使っているような感じですが今回のところはまさにそこで育てたカボチャがごろごろと置かれています。物によってはまだツルに繋がったもののものも。

Dsc06444大きいのを1個仕入れたかったのですが先日より近所を騒がせているコヨーテがどうやらカボチャを食い散らかしているらしくご近所さんのカボチャは既にオダブツになっておりましたので今回は家の中に飾る小さいものを仕入れてきました。

いろいろな種類がありますがどれも1個75セント。3個だと2ドルとか買えば買うほど安くなる仕組み。6個仕入れました。

山羊やひよこなんかもいて子供は自由になでたり出来ます。息子はようやくヒヨコを指1本でなでるというより、つついただけでしたが・・・。

Dsc06448ホットドック等の軽食とあわせ売店がありいろいろおいしそうなものが!

パンプキンドーナッツ、ピーカンパイ、桃とクリームチーズのパイ、アップルサイダーを買いました。

そんなに甘過ぎなくって珍しくおいしいと感じるスイーツたちでした。

桃とクリームチーズのパイは中ではちょっと甘めでしたがフレッシュな桃が入っていておいしかった。

簡単に真似できそうなので今度自分でも作ってみようかな。

秋をちょっと感じた週末でした~。Dsc06447 紅葉もキレイだし~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アメリカって凄い国だ。

中西部で1年、北西部で3ヶ月。アメリカ生活に大分慣れてきたけれど未だに日々驚くことだらけ。

今日は夕飯のお米を研ごうと水道を開けるとキッチンのシンク下から突然水が溢れだしてきて相当驚きました。珍しくすぐ修理の人が来てくれて直してくれました。(これにも驚いた)

ついでに修理の方にいろいろ家のことで疑問に思っていたことを聞いてみた。

その中の一つ。最近、庭のスプリンクラーが動いていないことが気になっていた私。普段はタイマーがセットされていて毎日時間になると自動的に水が撒かれていました。

コントロールパネルに見慣れぬ赤いランプが点いていて“water suspended”と書いてある。意味は「水撒き、一時停止」。なぜ??勝手に停止する??と疑問だったのです。

修理のおじさんの説明によると雨が降っている日は水撒きが停止されるように衛星から指示が飛んでいるという。

すごくないですかっ!?私だけ?こんなに驚いているのは。

雨降っていると自動的に水撒き止めるんですよ、しかもたかがそんなことを衛星から情報飛ばしているんですよ。

そんなのお庭にセンサー棒でも立てて雨を感じたら止めるとかその程度の作りでいいと思うのですが。なぜ宇宙まで絡んでくるのか・・・。

アメリカって凄いです。スケールが違う。驚きました。

あと最近近所に張り紙がしてあります。

「コヨーテが出ます。犬、猫、子供注意!」

子供が最後ですか?しかもコヨーテってどんなものでしょう。

こんなでした。犬とオオカミの雑種みたいだそうです。数日前警察が草むらを調べてましたがコヨーテだったのでしょうか。

今調べていて分かりました。犬、ねこ、子供、の子供が最後だった理由。人間はあまり襲わないそうです。勉強になりました。でも怖い動物のようです。見つけたら近所の人に知らせましょうとありました。

このアタリにはスカンクもいるそうです。逆立ちしてするかどうかは不明ですがやっぱり相当臭いのを放つそうです。先日実際遭遇され臭いを体感した方とお話しましたが、初めて嗅ぐ臭いだそうです。生ごみの延長のすごいのだそうです。

今日は全然食べすぎとは関係ありませんがちょっと驚いたのでメモ代わりに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋、ですよ。

10月ですね。早いですね。

Dsc06398 こちらは朝晩10℃を切るようになって来ました。夏の間は雲ひとつない、広い青い空が気持ちよかったのですがだんだんと雲が多くなって来て・・・。

ちょっと前に雲が多くなったな~と思いつつ撮った写真ですが今となってはこんな空も拝めず、日々どんよ~りして雨が降ったり止んだりを繰り返しております。冬場はこのアタリは殆ど雨らしい。イヤになっちゃわ~。

すっかり寒くなって紅葉も始まっています。だんだん温かい食べ物がおいしい季節になってきました。

Dsc06405 久々にオニオングラタンスープ、作ってみました。

玉ねぎをじっくり炒めて・・・。

なんてことはせずにレンジでチンした玉ねぎをキャンベルのビーフブロスと赤ワインで使ったスープに入れるだけの簡単オニオンスープ。

別にバケットにチーズを乗せて焼いておいたものを浮かべれば出来上がり。

パン教室のレシピですがすっかり気に入って冬場にたまに作ってます。下手に手間かけて作るより断然おいしいです。

さて、10月になりまして我が家にも変化が。

今日から息子は保育園に再デビューいたしました。1年ほど前に通った時は毎回大泣きで一向に慣れてくれませんでした。いろいろなことが分かってきている年頃(2歳半)なので前回とは反応が違うだろうとは思っていましたが予想以上に息子が成長していて母としては複雑です・・・。

園の下見に行った時から「ようちえん、いくのー!」と張り切っていた息子。今日の初登園でも、預ける時ちょっと泣いたものの悪くない雰囲気。ランチもスナックも殆ど食べなかったようですが、迎えに行った時は「一人でようちえんいたよー。」とか「もうすこし、あそぶー」というほど。すごいな~と感動しました。

が、夜寝かしつけようと部屋を暗くするとすすり泣くではありませんか。最初は幼稚園に一人で行ったとかお昼寝一人で出来た、とか言っていたのですがだんだん気持ちが高ぶったようで最後は嗚咽。「ママもようちえん一緒にいこうよぅ」と繰り返すばかり。

その場では明るく振舞っていたもののやっぱり息子にとって相当ハードな1日だったようです。息子の成長に最近抜けている(いろいろね・・・前からだけど)自分もしっかりしなければと反省しました。

少しずつ慣れてくれるといいな。そう願うのみです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »