« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

おうちでクリスマス

クリスマス当日は祝日でだんなさまもおうちに。家族3人ゆったりクリスマスをお祝いしました。

私は朝からお料理。ふと気が付けば雪が降ってきてあれよあれよというまに薄化粧。

Dsc07274 完全なホワイトクリスマスとはなりませんでしたが息子はお喜びでした。

でもすぐ雨に変わってしまい、あっという間に溶けてなくなっちゃいました。

おやつには息子が予てから事あるごとに食べたいという「ショートケーキ」をつくりました。子供の本に結構でてくるのでケーキといえばショートケーキみたいです。

Dsc07278あまり生クリームを沢山あげるのもいやなのでスポンジの間にはアプリコットジャム&バナナをはさみました。

Dsc07281 本当は丸ごとイチゴがいっぱいのっているケーキを作ってあげたかったのですが、ここはアメリカ。イチゴのサイズは尋常じゃなく不揃い且つ大きいので無理。カットしてオレンジとブルーベリーとを混ぜてのせてみました。

デコレーションのクリームも少なめにしたので大人としてはもう少しクリーム多めがよかったかな。

息子は上と間のフルーツを食べて、更にフルーツをおかわりして、ママのストップがかかったところでやっとスポンジに手をつけました。こんなならフルーツポンチで十分だったかも。(笑)

夕飯はいつもよりちょっと手をかけて・・・。

Dsc07302 ムール貝のグラタンとサラダ。メインは海老とチキンのカレークリームの上にチーズスフレを流してやいたもの。赤ピーマンのピラフと頂きました。

スフレは大好きで作りたいけどすぐ萎んでしまうので夕飯の時間が2回に分かれる我が家には不向きなメニュー。家族3人揃って頂ける時だけのスペシャルメニューです。

以前バンクーバーで仕入れたアイスワインとともに頂きました。

ついにクリスマスも終わり、もう今年も残すところわずか。

アメリカに居ると年末年始の感覚が今ひとつで物足りないのですが今年は家でお正月をするのでのんびり楽しみたいと思います。

まずは・・・ツリーを片付けないとっ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

12月24日の一日

Dsc07253写真のお皿はロイヤル・コペンハーゲンのイヤープレート2007です。

青色の定番クリスマスプレートは有名ですが今年は100枚目とのことで特別色の緑が発売されていました。

今年の初め頃知ったのですが緑好きの私は人目で気に入りアメリカで購入しようと思ったら全然見当たらずネットでもなくついには日本で買ってもらって母に送ってもらったのでした・・・。

購入当時住んでいた家の壁が緑系だったこともあり映えるだろうなと楽しみにしていたのに思いがけず違う家に住むことになっちゃったのがちょっと心残り・・・。

**************

とりあえず今日は朝から息子を幼稚園に預け、スーパーで買い物を済ませたあと予約していたネイルサロンへ。

クリスマスだしたまには贅沢を・・・とマニュキュア&デラックス・ペディキュアなるマッサージやらパックやらがついているコースをオーダー。

2回目サロンでしたが相変わらずベトナム人の店員さんと意思疎通がうまく行かずちょっとネイルカラーそのものの仕上がりには不満が・・・。お互い英語が微妙なのでネイルみたいに雰囲気をうまく伝えたいような時は文化の差もありかなり毎回苦労します。フレンチネイル頼んだほうがよっぽどいい出来だったかしら・・・?

まもなくサロンを出るときにダンナ様から電話。今日午後はクリスマスにつきお休みとのこと。もう会社を出るというのでたまには夫婦2人でランチしよう!ということになり待ち合わせ。こんなこと初めてです。

ずーっと行きたかった高級お寿司屋さんに向かったのですが、クリスマスにつきお店は閉まってました・・。

懲りずに最近おいしいと評判のアメリカ料理のレストランに行き豪華にランチしてきました。

期待していなかったからか子なしでいったレストランだったからか凄くおいしくって久々にアタリレストランに興奮しました。

前菜にオイスターカクテルとサーモンチャウダー、メインにダンナ様はシーフードトマトシチュー、私は海老とレモンのパスタをオーダー。

なんでカメラ持っていなかったんだろう・・・。後悔しきりのおいしさでした。特に自家製のフォカッチャが絶品で東京でも勝負できるほどのおいしさでした。

すっかりいい気分で息子を二人で迎えに行き、コストコにお買い物に行ったらご飯作るのが面倒になった時の定番「ローストチキン」$4.99が目に留まり、クリスマスイブですもの~と手抜きの言い訳をしつつ購入。スタッフィングを作って思いがけず日本風クリスマスをお祝いしてみました。(アメリカのクリスマスはまたもやターキーを焼くのが定番です)

明日は明日でちゃんと作る!予定。

なんだかネイルの不満もどこへやら思いがけない展開の一日でしたが中々充実でした。

Dsc07245 只今24日23時過ぎ・・・・

息子のところにはもうサンタさんからのプレゼント届いたみたいです。

明日見つけたらどんな顔するかな・・・?楽しみです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クリスマス・パーティ

Dsc07227同じくらいのお子さんがいらっしゃるファミリー2組とクリスマスパーティをしました。

大人6人子供4人で賑やかなパーティになりました。

お料理は持ち寄り。事前に相談してお願いしました。

あるファミリーからはお手製のイジジク入りのカンパーニュ風のパン、これまたお手製のお肉のパテ、チーズ、生ハム等々のおつまみ系、デザートのチョコレートケーキをワインとともに持ってきてくださいました。

とても若いママさんなのですがお料理も上手でお肉のパテは以前お家にお招きいただいた際にとてもおいしくってすっかり気に入り今回もリクエストしてみました。やっぱり今回もおいしかった。

Dsc07233 もう一つのファミリーからはチーズやナッツなどのおつまみ前菜とメインのクミン風味のチキントマト煮込み&ガーリックライスを。お話に花が咲いてすっかりいい具合にトロトロに煮込まれていてみんなおなかいっぱいといいつつも沢山いただきました。これまた頂いたスパークリングワインもとても爽やかで乾杯に開けさせていただきました。

我が家からは定番物ばかり・・・。

海老とアボガドのゼリー寄せ、赤ピーマンのソテータイム風味、カリフラワーのサラダ、ローストビーフを作りました。

実はこちらに越してから家の間取りがどうも使いにくくお客様好きな私も中々乗り気にならず、初めて着席でおもてなしのお客様だったのです。お料理は楽させていただきましたがやっぱり慣れない家でお客様っていろいろ難しいなと実感。修行が足りません。(笑)

Dsc07254 とはいえ、初めてこのメンバーで集まったにも関わらず皆さんお話し上手で大いに盛り上がりビールの他にワイン4本も開いてました。

手前味噌ながら以前住んでいたアメリカ中西部産のワインも頂いたのですが樽の香りがしておいしかったな。

久々に結構頂きました。

元々飲まない家なので4本開いたなんて結構な快挙です。

子供も喜んでくれたようですし、よかったよかった。

とりあえず無事に終わってほっと一息。いよいよクリスマス本番です・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パネトーネを焼く→大失敗

クリスマスのパンといえばイタリアのパネトーネ!

ふんわりバターの香のするリッチな生地にレーズンなどが入っているものです。

以前パン教室で習ったレシピ、とてもおいしかったので作ってみました。

数日前からオーガニックのオレンジ皮を刻んでお砂糖で煮てオレンジピールを作り、レーズンをラム酒につけ自家製ラムレーズンを作りました。

準備も万端!早速パンを焼くぞと張り切りました。

最近もちょくちょくパンを焼いているけれど家の中が寒いので発酵が思うようにならずもう一歩の仕上がりが続いています。

日本にいた頃はオーブンについている発酵モードを使っていたことを思い出しちょっとだけオーブンを温めてやってみました。一次発酵はとてもうまくいってなかなかの出来栄え。

これで気が抜けてしまったのでしょうね・・・2次発酵で大失敗。温度が高すぎたみたいです。イーストが死んでしまうと変なにおいがすると聞いたことあったけれど、あーこれのことだったのか・・・Dsc07170

全然膨らんでいないし明らかに「無理」モードでしたが捨てるのももったいないのでムリムリ焼いて仕上げてみました。

ひどいものです。

せっかくパネトーネ型を使って何日もかけて作ったのに・・・。無念です。

お味はやっぱりイーストの変なにおいがして全然おいしくない。コーンブレッドみたいなボソボソしたものになっちゃいました。

ふわふわのパネトーネを想像していただけに悔やまれます。

でも翌日強引にフレンチトーストにして食べたら、食べられないものではありませんでした!ってなんてレベルの低い話。

リベンジ、といってもまたオレンジピールから作るのも面倒だしな~と思っているうちにもうクリスマス。

発泡スチロールの箱で発酵させるといいと聞いたのでその方法でやってみるかな。

もう一度焼くか、williams-sonomaのパネトーネを買うか・・・。

ハロウィンからはじまっている一連のイベントに少々疲れ気味のこの頃です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ポトラックパーティ☆をする

こちらに越した最初から毎週参加しているプレイグループでポトラックパーティをしました。

早半年ほどお世話になったグループだったのですが今日のパーティを以って解散となりました。子供がいよいよ幼稚園の年齢に差し掛かり曜日を決めてみんなで会うのは難しくなってきたので残念ながらそろそろ一旦〆ましょうということになりました。

右も左もわからずこの町に来て諸々をお聞きできる人が一人もいない状況でしたので本当に助かりました。週一ペースであっているとすっかり仲良くなりましたし、今後の生活でもお世話になっていく方々かと思います。

うちにはクリスマスツリーが飾ってありますがHolidayは各家庭いろいろですのでクリスマスパーティではなく単なる“ポトラックパーティ”になりました。

Dsc07212 メニューは・・・・

写真撮ろうと思いつつ今回なぜかお肉系&チーズ系メニューが多かったので急遽サラダなんぞを追加で作っていたらすっかり忘れて、この有様です。

みーんな、おなかいっぱい・・・。

チーズキッシュ、ピリ辛のピメント入りキッシュ、鳥のから揚げ、炊き込みご飯、チキンベルデ(鶏のグリーンソース?)を持ってきていただきました。

私は追加した適当サラダと鶏のクレープ包み焼きを作りました。Dsc07219

全然違うものを作ろうと思っていたのですが買出し先のファーマーズマーケットに行ったらクレープ屋さんが出店していて、久々にクレープの存在をおもいだしました。アメリカではクレープってあんまりメジャーじゃないかも。トルティーヤで済ましちゃうのかしら・・・・?

とにかく急に食べたくなってその日のランチに頂いたのですがなんとも“おフランス”な感じが新鮮で勢い余ってメニュー変更して作りました。

クレープの中は鶏としいたけのクリームソースが包まれています。下にほうれん草のソテーが敷いてあって最後にチーズをかけてオーブンへ。クレープ焼くのが一手間ですが後は簡単でおいしいので大好きメニューです。とても好評でした。

Dsc07213 デザートは持ってきていただいたブラウニーとシュトーレン。

温かいお茶を入れていただきました。

なんだかまた来週も普通にお会いしそうな感じがしますが・・・これもまた子供の成長のことですから前向きにいきたいと思います。

夕飯は残った分を会場提供者の役得で頂いたもので済ませ、盛り上がりまくった息子は7時を回る頃にはすっかりベットで寝入り、今夜は長いこと一人の時間を楽しめそうです・・・ウフフ。

なにしようかしら・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イルミネーションを見に行く

Dsc07180 週末はクリスマス気分を満喫しに出かけました。

まずはダウンタウンのイルミネーションを見に。

とはいえ来るまで目抜き通りを走っただけですが。

華やか・・・とはお世辞にも言えず。(苦笑)一応大きいツリーが光っていて街路樹にもライトがついてます。

昔の表参道を知っているだけに物足りないわ!

そうそうにダウンタウンに見切りをつけ、個人宅が飾っているのを見に行きました。

この町では有名な一つの小さな通り両サイドの家すべてが電飾ハウスになっていて観光スポット化しているとか。1920年代から続いているといいますからかなりの伝統ですね。

Dsc07193 通りに近づくと既に渋滞気味。歩道を歩くこともできるし車で通り抜けることもできます。

寒かったし息子もいるので車窓から見物~。

見に行ったのは初日だったし結構混んでいます。Dsc07190 屋根・庭のライティングはもちろんですが写真には写っていないものの通りに面した窓の内側もいろいろ飾っています。

観覧車が回っていたり、サンタの人形が動いていたり・・・。

Dsc07202 この通りに住むって相当プレッシャーだろうなとか電気代っていくらに・・??とかそんな冷めた視線でしか見れない自分にちょっとゲンナリ。

でも妙に感動したのはアメリカ人の行動。みんなちゃーんとルールを守って車道を横切ったりとかする人もいないし、悪ふざけしているような人も見かけませんでした。日本だと電飾いじったりポイ捨てしたりする人、結構いるでしょうに・・・。

ああいうところ、アメリカ人って妙に律儀で偉いなと思います。まあもちろん例外もあるのでしょうけれど。

あと、道で温かい飲み物を売っているのですが商売ではなく寄付を募っています。この時期特に何かと寄付を集めるのが多いですが日本はただ「募金」をするパターンがおおいけれど、こちらは何かのサービスを売りつつその売り上げを寄付にまわすことが多いようです。子供が洗車してくれたりとか。こちらの方法の方がスマートで好感持てます。

まあ、イルミネーションそのものは、まあ・・・ということでまたもや東京って本当に凄いところだわと故郷のクリスマスを思い出しておりました。

わざわざ通りに行かずともなぜかおうちのご近所さんは気合が入っている様子で皆さんチカチカしていますのでそれで十分だったかも・・・。まあ話の種に、ね。

息子も「(自分の)おうちキラキラする」といって聞かないのが困ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Hanukkahの真似事

クリスマス前にジューイッシュ(ユダヤ教徒)のお祭り、Hanukkah(ハヌカ)があります。アメリカ東部には多くのユダヤ教徒が住むのでもっと盛大かと思いますがここ西海岸でもクリスマスとともにラッピンググッツやハヌカのグッツがいろいろ売られています。パーティ用品屋さんをみるにハヌカグッツはブルーが基調でヘブライ語の文字が書かれているのもが多く見られます。

私も詳細は分からないのですがユダヤ教のクリスマスにあたるお祭りのようで8日間つづくようです。今年は12月5日から始まったそうです。毎日ろうそくを1本ずつともしていきます。

少量の油が8日間燃え続けた奇跡をお祝いするお祭りでもあるそうでハヌカの食卓には油を沢山使ったものが上るそうです。

中でも最もメジャーなのがLatkes(ラトケス)と呼ばれるジャガイモのパンケーキ。パンケーキと言ってもジャガイモで作った生地を揚げます。油を使っているわけですね。ドイツ料理にもあるし同じようなものがヨーロッパの料理にはよくあります。以前私もドイツ風のものをつくりました。

Dsc07144今回はRugelach(ルガラー)というクッキーを作ってみました。

クッキー生地にアプリコットなどのジャムを塗ってアーモンド等のナッツを散らしてクロワッサン型にして焼くものです。

中身はいろいろバリエーションがあるようでしたがいろいろなレシピを見て今回は生地にシナモンパウダーとブラウンシュガーを振り、ピーカンナッツの砕いたものとドライアプリコットを乗せて焼きました。素朴なやさしいクッキーになりました。

ただ・・・実際のレシピで作ると日本のクロワッサンくらいの大きさです。クッキーと呼ぶにはあまりに大きいので5センチくらいの長さになるように作ってしまいましたがそれでもかなりヘビーなクッキー。クッキーというよりパンのカテゴリーに入るように思うのですが・・。

さすが油のお祭り・・・ってことでしょうかね。

あっているのかな、私の作っているものは・・??そもそものレシピはその特大サイズで大抵48個分とかなので凄い量。ムムムです。

知らない文化の食べたことのないものって作ってもホンモノを知らないだけにいつも首をかしげて終わるのですが、やっぱり今回も良くわからないなーというところでした。

これはこれでとてもおいしかったのでよかったのかな。今度ジューイッシュのお友達がいるので聞いてみます。

ところでキリスト教ではクリスマスにサンタさんがプレゼントをくれたりしますがユダヤ教ではどうなのかしら?と思っていましたらやはりサンタさんはいないそう。

ハヌカの8日間に小さなプレゼントを子供たちはもらうそうですが(伝統的には独楽とかのようです)近年は親たちが子供に配慮してハヌカプレゼントとしてキリスト教徒と同様に贈り物をしているようです。ちょっと良かったね・・・とおもっちゃいました。

わが子はキリスト教徒でもありませんがテレビで知ったのかサンタさんに欲しいもののお手紙を一生懸命書いております。といってもまだぐちゃぐちゃ描きなのですが。

どうやらマラカスが欲しいらしい。サンタさんにはもっとビックなプレゼントをお願いしてもいいのでは・・?と思うのですが本人が欲しいようなのでまあいいか。

おもちゃ屋さんで売っていたのできっとサンタさんが持ってきてくれるでしょう・・・♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バンクーバーで食べたもの

結婚記念日でいったカナダ・バンクーバー。

もちろん目指すは中華です!香港からの移民がたくさんいるこの街は、世界一中華がおいしいといわれています。

シーフードも近くでたくさん取れるしすぐそこにはアルバータ牛というおいしい牛肉の産地があります。おいしいはずです。

Dsc07071着いてすぐのランチは前回、あまりの美味しさに悶絶した坦坦麺。

ピーナツ油を使った辛いスープは本当に癖になるお味。麺だけで食べたらず、ご飯と上に乗っているお肉を追加オーダーして坦坦丼にしていただきこれまた美味でした。

ダンナさまが前回もいっていたのですが「この店の凄いところは坦坦麺以外は全然美味しくないところ」 息子用に辛くない湯麺を頼みましたが確かに美味しくない。点心も一つ頼んでみましたがいまひとつでした。へんなの~。

夜はアニバーサリーなのでどーんと豪華なコースを頂きました。(もちろん中華)

Dsc07079 ミル貝の湯引き。シンプルながら最高においしい・・・。語りつくせぬあのおいしさ。

手前のぶれているのは、息子用に頼んだ炒飯。待ちきれずお皿を引っ張ったの図。かなりの量でしたが、おいしい炒飯でしたのでほぼ完食してました。2歳児もあの違いがわかるようです。

Dsc07087 他にフカヒレのスープ、あわびの姿煮、ロブスターの蒸し物、青菜の炒め、貝柱とカニの炒飯と続きました。

盆暮れ正月より豪華だわ!

〆もゴージャス、ツバメの巣のココナッツミルク煮。

Dsc07093_2 とろみのついたココナッツミルクとシロップをツバメの巣の入った器に注いで温めます。

一煮立ちしたら出来上がり。

ツバメの巣は別に味があるようなものでもないのでそんなに好きじゃないのですが絶妙な甘み&とろみのココナッツミルクがとにかくおいしかった。

春雨でも使ってまねてみようかと思うほど。

最高のアニバーサリーディナーでした。

翌日は雪への不安を抱えつつ飲茶のブランチ。

Dsc07114 時間が早すぎてあまりワゴンが回っていなくって残念。

周りのお客さんを見ると欲しい点心を直接オーダーしているよう。

このお店、全くといっていいほど英語が通じないのです・・・。10時ごろにはワゴンがかなり出ることがわかっていたのですが雪のことを考えると一刻も早く出発したいところ。

ココから後は人のテーブルに運ばれてくるのをみては指差してpleaseを連発し、同じものを持ってきてもらっていました。

念願の大好きエッグタルトにもありつけて幸せ。次回に向けて飲茶メニューの漢字表記を勉強すると決めました。

ココのお店の飲茶をお持ち帰りして、雪の帰り道のランチにしました。さめてもまたおいしいところに並々でない凄さを感じました。

中華三昧・・・。また行きますよ!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

カナダ・バンクーバーに行く

週末に何度目やらの結婚記念日を迎えたのでカナダのバンクーバーまで旅行してきました。

つい数日前に思いつき飛行機を手配しようと思ったらあまりにも高額で初めて陸路で往復することに。カーナビでは6時間弱と見積もってます。

金曜日の夕方ダンナさまを会社で拾って向かいます。息子もいるので無理は禁物とまずはシアトルあたりで1泊。

翌朝目を覚ますと・・・・うっすら町が白くなっているんですが・・・。

Dsc07063 走っていくとどんどん雪が降ってきて凄いことに。

カナダというと寒いイメージがありますがバンクーバーのある西海岸は比較的温暖で氷点下になることもまれで雪は東京と同じくらい、年に1,2度降るかな、というようなところなのです。

なのに・・・。よりによって。

徐々に本格的につもり事故が多発していましたがもはや後戻りもできず前に進むのみ。

Dsc07065 のろのろ運転で何とか国境に辿り着き無事、カナダ入り。

Dsc07070 標識にフランス語が使われているのがなんともカナダを感じます。

アメリカはスペイン語だものね。

第二言語が変わるだけでなくこんなものも変わります。

Dsc07068 距離の単位がアメリカはマイル、カナダは日本と同様にキロメートルです。

ちなみに重さもポンドからグラムに変ります。アメリカだけなぜ違うのか本当に謎。でも新生児の体重や身長はグラムやセンチメートルで言うことが多いそうな。不思議・・・。

そして、たらふくおいしいものを頂いて日曜に家に向かいました。

Dsc07110 まだまだ雪は降っています。

今日中に着くのか・・・不安に思いましたが7時間ほどの運転で無事家に着きました。

国境を越えてすぐから雪が大雨に変り、地面の雪もすっかりなくなったので夫婦で妙にハイテンションに飛ばしたので意外と早く着いたようです。

家に着き無事の帰還を喜び、軽く夕飯でも作ろうかと話していたら、突然バチッと音がして今度は停電です~。涙。

雪のことで頭一杯で雨なんて楽勝~と思っていたのですが実は凄い嵐だったようで、澄んでいるあたりは洪水で停電になってしまったよう。

ろうそくの明かりで何とか見つけたカップラーメンで夕飯を済ませ早々と就寝となりました。

トラブルばかりの結婚記念日でしたが、印象に残るものとなりました。いいやら悪いやら。

1年間アメリカの中西部で暮らした厳しい冬と激しい雨の経験がこんなところで活きるとは・・・。なんでも経験は無駄にならないものね・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

クリスマス・ツリーを飾る

Dsc07048 アメリカにいるうちにしかできないものー

大きいクリスマスツリー。

2メートル以上あるツリーを買いました!

本当はもう少しコンパクトで日本に持ち帰れるものをと思ったのですが2メートル以上が標準のようでなかなか小さいのは売っていませんでした。

昨年買おうと思ったときには既に遅く気に入ったものがなく断念。今年はサンクスギビング前に購入しておきました。

飾りはシンプルに・・・。おそらく年々増えていくでしょうし。

Dsc07040 お気に入りは先日ハワイで見つけたアロハサンタwith wife。

ダンナさまにこんな仲良しおじいちゃん、おばあちゃんになれたらいいね~なーんて話をしてみました。

Dsc07042 アロハサンタは本当に癒されます。

かわいい系もいいのですが一応大人っぽいものも・・・。

Dsc07046 スワロフスキーの2007年限定のもの。

店頭でキラキラとキレイだったのですが我が家のツリーはあまりに鬱蒼と茂っていて、ガラスの反射がキレイに見えず。

さりとて壁に飾ってももう一つだったので専用のオーナメントホルダーを買おうか検討中。せっかくならキレイに飾りたいですものね。

まだまだ進化中のツリーです・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »