« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

baby showerをする

お友達のお産がいよいよ迫ってきたのでbaby showerをしました。

お友達のお宅で分担して準備です。いつもは食べ物担当なのですが、今回はいつもお花担当してくれている方がお産ということでお花の担当になりました。

フラワーアレンジメントなんていったいどれくらいぶりなのでしょう・・・・。たまーにスーパーでチューリップとか見かけると買って投げ入れする程度。あんなにフラワーアレンジメント好きだったのにすっかり遠のいていました。

いざプレゼント用に作るとなると気合が入りました。担当が決まってからあちこちお花がありそうなところを下見。お花は保存が効かないし次の入荷に同じものが入ることはないのが痛いところです。まぁ、それが面白くもあるのですが。

Dsc07664結局パーティの前日に何店かでちょこちょこ買ってアレンジを作りました。

下見で思っていたお花は殆どなくって全然違うものになりました。

花キャベツ(?)があったので入れてみました。ヨーロッパでは赤ちゃんはキャベツから生まれてくるとかだそうで、食べるキャベツをくり貫いてアレンジしたりすることも多いそうですが、ちょっと引かれそうなので花キャベツで・・・。

メインのバラの鮮度が悪いのが心残りですが個人的には満足です。

ランチはパン屋さんのバケットサンド、キッシュとデリのサラダ。デザート担当のお友達がみたらしダンゴも作ってくださって久々にお団子を堪能しました。

Dsc07666 苺がたくさんのったショートケーキと黒胡麻プリンまでついて本当におなかいっぱい。

主役のbabyちゃんもなんだか予定が早まりそうとのことで近いうちに誕生しそうです。

日本式の「生まれてからおめでとう」もアメリカ式の「いよいよね、おめでとう」もどちらも素敵な習慣ですよね。元気な赤ちゃんを祈るばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ダンナさま、お誕生日でしたよ。

Dsc07659 昨日はダンナさまのお誕生日でした。

夕飯はリクエストに応えて海鮮丼!甘エビ、イカ、帆立、サーモン、炙りさわらを豪華に乗せてみました!アメリカでココまで出来ればかなり満足です。

海鮮丼のことばかり頭にあってすっかり息子のことを忘れていた!なんとなく3歳までは生魚はやめておこうと思っていたので海鮮丼は息子の夕飯になりません・・・。

アレルギーがでやすいという海老イカはパスさせて他のお刺身を炙りにして半生状態であげてみました。

大好評でした・・・・。

こうやって贅沢な味を覚えていくのですね。これまではお寿司屋さんにいっても納豆巻き一筋で通してきた安上がりな息子だったのに・・・。

デザートも珍しく作ってマンゴーババロアをみんなでいただきました。

プレゼントは特に用意していなかったけれど息子ががんばってくれました。

「パパはお誕生日なんだよ、おめでとうって言おうね」と話をしていたらパパが帰宅するなり「おめでとう」といってお得意ダンスとともにHappy Birthdayを歌いだしました。しかもフルコーラス。歌詞もばっちり英語でちゃんと「Hpaay Birthday dearパパ~♪」といえました。後で聞いたら幼稚園で歌うから知っているそうです。

子供って凄いです。パパも目じりがたれっぱなしでいいプレゼントになりました。

ダンナさまには太りすぎに気をつけて長生きして頂きたいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

パン教室に行く

新聞で見つけた単発のパン教室に行ってきました!

Dsc07622 教室といっても製粉メーカーが宣伝も兼ねてやっているデモンストレーションクラスですが。

でも結果としてめちゃくちゃ勉強になりました!

製粉メーカーKing Arthur Flourはちょっとお値段が張るもののいろいろ試した中で一番おいしくって気に入って使っているメーカーです。

Dsc07629 入り口でレシピを受け取り会場に入ると年配者中心ながら大盛況。

男性が多いのも日本とは違う~。

講師がいろいろ説明しながらパン生地を作っていくのですが、目から鱗が落ちまくりでした。

デモで作ったのはSweet Bread Doughというブリオッシュ生地でしたが使った粉はBread Flour(強力粉) ではなくAll-Purpose Flour(中力粉)。日本から持ってきたお気に入りのパンレシピたちを作るときこれまで強力粉とレシピにあれば何も疑わずBread flourを使っていました。講師曰く、ベーグルなどのモチモチ系パン以外はAll-Purposeで十分とのこと。パンを焼いては軽さがないと思っていた疑問が消えました。

他にも書き出したら限がないくらいちょっとした疑問が解決されてとても有意義。

あまりに興奮して家に着くや否やパンつくっちゃいました。

Dsc07631 習ったとおりに作れば生地は久々に改心の出来!気持ちよく発酵もしてくれて満足。

気分良くなって出来上がった生地の半分はチョコレートとアーモンドで包んで成形。残りの半分は前から作りたかったモンキーブレッドにしました。

モンキーブレッドっていう名前の由来はお猿さんの好きな実に似て一粒ずつ千切れるからだそうです。

ボール状に丸めた生地にシナモンシュガーを絡ませて型に入れていきます。ところどころ隙間にレーズンをいれました。本当はバターとお砂糖がたっぷりのキャラメル風のシロップに絡ませるのが正統派らしいのですが講師がシナモンシュガーのみのもお勧めといっていたので今回はそれで。

クグロフ型で作ったら高さが出過ぎて上が焼けすぎですがほんのり甘いおいしいモンキーブレッドができました。息子もお団子パンといいながらたくさん食べてくれました。

Dsc07637 次回は正統派のレシピも試してみたいと思います。

それにしても楽しかった♪

温度や計量などあんまり厳密にうるさいこと言って作るの好きではないのですがその私も圧倒されるほどに気楽にパンを作っていて、こういう大らかさがアメリカン・ベーキングの魅力だわ~と妙に納得しました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

我が家のバレンタイン

今更ですがバレンタインねた。

息子が幼稚園に通うようになって初めてのバレンタインデーでした。

アメリカでは女性から男性ではなく男女関わらず感謝の気持ちをこめて赤いバラ(これは大抵男性から女性です)やチョコレートなどをプレゼントします。

チョコレートなんて日本の製菓メーカーの仕掛けたものよ、と聞いていたのに意外とチョコレートはこちらでも定番でした。

さて、幼稚園児の場合。小学生も同じパターンと思いますが、学校主導の「行事」です。

数日前にこんなものが配られます。

Dsc07586 クラスメイトの名前一覧表。

これを元に当日カードやお菓子を持たせます。で、クラスの中で交換するそうな。←その場は見られないので実際どんな感じかは謎。

話は聞いていましたが初のことなのでどんなものを持たせるのかも良くわからずオロオロ。とりあえずスーパーに走りバレンタイン売り場をみてまわります。「クラスの人数分位のカードがセットになって売っている」と聞いていたのでカード売り場をチェックしたものの見つからず。店員さんに聞いて売り場に案内してもらうと・・・・

Dsc07588_2 お菓子コーナーにありました。パーティパックみたいな大きめの袋にガサッとはいってます。思いがけない形でした。(笑)カードを買って別にお菓子を買うのだとばかり思っていたので。

中身はDsc07589 こんなかんじ。

カードにキャンディーが1本ずつセットになってます。toとfromに名前を書き込めば完成という代物。一応女の子にはDORAちゃん(女の子の方)、男の子にはDiegoというつもりで買ってみましたがクラスメイトの名前の中には男女の判別がつかないのもありました。(恥)多分うちの息子も他のママさんの頭を悩ませていたと思います・・・。

さて、当日お迎えに行くと一杯持って帰ってきました。

Dsc07593 カードだけのもの、お菓子つき、ちょっとしたおもちゃつき、いろいろでした。息子も家に帰ってから一つ一つ開けて眺めたり、食べたり、遊んだりとても嬉しそうでした。

Dsc07601 これが日本式バレンタインだったらかなりモテモテということなんでしょうけれどクラス全員で交換ですからね・・・。日本に帰国してからダレからももらえなくって寂しい思いしそうです。

Dsc07602わたしだって バレンタインデー、参加していますよ!!

って、息子の先生たちにカードとギフトを差し上げました。クリスマスギフトとあわせお中元お歳暮みたいなものでしょうか。

そして14日当日におうちに遊びに伺ったお友達からもいただきました!女性から女性ってとっても新鮮でした。

ダンナさま??出張だったので今年はパス!?バラの花抱えて帰ってきたらチョコレートくらいはプレゼントするのかな?

ナイナイ・・・・・・。あはは。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Chinese New Yearイベントに行く

Dsc07539_22月7日は旧暦のお正月でした。本場中国はきっとさぞ盛大にお祝いしたんだろうな・・・。

香港にいる従姉イギリスにいるお友達も旧正月のイベントを楽しんだようです。

私ももちろんアメリカで旧正月楽しんでみました!

もちろん目的は獅子舞です。12時から舞う予定となっていました。先日の餅つき大会で肩透かしを食らったので、12時ちょっと前に会場に着けばいいかしら、とのんびりスタートしたら規模が違った!

Dsc07559 12時ごろ到着したら会場は大混雑で入場のチケット買うのに並び、入場するのに並び・・・。普段あんまり中国系の人見かけないのですが凄い人!結局、会場内を獅子が練り歩く時間には間に合いませんでした。獅子舞がステージにあがり会場も大盛り上がり。もっと近くで見たかったのですが息子が怖がったので後ろの方で見る羽目に。獅子が立ち上がったときしか殆ど見えませんでした。残念。

ステージではその後も音楽や踊りのショーが繰り広げられ、なんだか中国の祝宴の話をしているような気がしたのですが舞台の上は見えずなんだろうと思っていたらしばらくしてステージから降りた子豚の丸焼き君とすれ違いました。もっとじっくりみたかったわ。Dsc07551おじさん邪魔よ・・。

Dsc07550 食べ物コーナーでお饅頭等をランチ代わりにしていただきました。

会場内では福引みたいなことやマルディグラさながらのジャラジャラネックレスやお年玉袋を配っていたりしたので会場をふらついて、帰りました。

しかし、英語が通じなかった。全員普通に中国語だし。(広東語か北京語かすら不明)

Dsc07578うちに帰ってお年玉の中を開けると・・・。 噂どおりチョコレートが入ってました!

kissチョコかと思ったけど違うメーカーのものでした。

あの形って登録商標みたいになっていないのかしら?なんて・・。

Dsc07538おうちでは皮から手作りで餃子を作ってみました。

焼き餃子にする予定だったのですが包んでから焼くまで時間があったので互いがくっついてしまい収拾つかなくなり水餃子に変更。でもなんとなくつまらなくてさらしネギと生姜を散らして醤油をかけ熱々に熱した油をかけて・・・とワンタンでよくやることをやったらなんとも中途半端なものになり、不完全燃焼です。せっかく皮から作ったのに台無しです。

近々焼き餃子、作ることになりそうです。皮は、買ってきます。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今年の目標はダイエットだけど。

運動不足もさることながら私の場合、絶対食べ過ぎなので食べる量を減らせば必ずや体重は落ちるハズ。

でも食べる量なんて減らせないですよぅ~。

ご飯より甘いものが特に問題です。お菓子作るのも好きですが、半量で作るわけにはいかなかったりさりとておすそ分けできるレベルでもないし。

今年はお菓子作りを控えれば少しはマシになるのでは・・・と思ったけれど世の中そんなに甘くないです。

自分で作らないなら外で買っちゃうのです。限られた海外生活ゆえにこのチャンスを逃すまいと珍しいものをみれば試したくもなります。

バカだね、私。

Dsc07524 この町で一番おいしいというお菓子屋さんにもいっちゃった。確かにおいしい。けど1個が大きい。

Dsc07497 一見、ポテトチップスみたいな袋ですが実はお煎餅が入っているMr.Krispersはお煎餅に興味のない私も止まらなくなるおいしさ。

先日お友達が日本から送ってくださった中にあった亀田製菓のきなこ餅のおかき(?)も日本で売れまくりというだけあって、はまりました。幸か不幸か最近日系スーパーで取り扱いが始まり思わず手が伸びた。

Dsc07531ウィリアムズ・ソノマで1箱$18だかする高級マシュマロ。一度は試してみたいと思っていたらセールで4ドル切っているし。 食べればやっぱりその辺のマシュマロとは違うだけにココアに入れてみたいな、とかこれまた余計なアイディアが浮かぶ・・・。Dsc07532

お菓子だけならいいんですけどね、タイ料理もたらふく食べちゃったし・・・。

あーせめて一人家で食べるランチくらいは軽めに・・・・と思ったら

Dsc07521 昨日の夕飯の残り、中トロが数切れ。

駄目にするのももったいないよね・・・。

で、中トロでマグ茶漬け。

飛行機のエコノミー乗れなくなる日が本当に繰るような気がして怖い・・・。

お菓子は自分で作ったほうがまだマシな気がしてきた。アメリカは激甘だし。

あー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Mardi Gras 直前!ニューオリンズの味を楽しむ

2月5日はMardi Gras!ニューオリンズのカーニバルで有名なお祭りです。

気がつけば最近めっきりニューオリンズの味、ケイジャン・クレオール料理、ご無沙汰しておりました。

Dsc07525たまたまニューオリンズ料理のレストランがあるのを知ったのでそちらのサンデーブランチにいってきました。

サンデーブランチにはジャズの生演奏も入っていて、気分はニューオリンズ!

ブランチなだけに夜っぽいちょっと怪しげな雰囲気ではなくとても洗練されたフランスの空気を感じる明るいイメージでした。

Dsc07529オーダーしたのはシーフードガンボ、ジャンバラヤオムレツ、息子用のベニエとスコーン。

正直、本場ニューオリンズで頂いたものよりおいしかった。ガンボは特においしくってお代わりしたいくらいでした。

ジャンバラヤに添えられたコーングリッツ(トウモロコシの砕いたものをお粥状に仕上げたもの。ポレンタみたいなもの)も最高でした。なんとなく豚さんの餌っぽくって好きになれなかったのですがこちらのはチーズが入っていて上品でした。

また行きたいわ~。きっと夜は大人のムードだと思うけれど。

******

ところでMardi Gras。

地理的に西海岸は南部と遠いためか全く盛り上がりが感じられません。中西部にいた昨年はスーパーなどでもMardi Grasのお菓子“King's Cake”が売っていたりして雰囲気出ていたのですが。

キング・ケーキはフランスで言うところのガレット・デ・ロア。フランスでは1月6日に頂くお菓子。中にフェーブと呼ばれる小さな陶器製の人形が入っていて切り分けられたケーキから出てきた人がその日の王様となる・・・そんな“お楽しみ”です。

フランスの影響が強いニューオリンズなだけにフランスと同じようなモノがあるのはうなずけるのですがすっかりアメリカナイズされています。*ご興味ある方はクリック→こんな感じ

ブリオッシュ系のリッチなパンにアイシングをたっぷり。色はMardi Grasカラーである緑紫金。リンクのものはかなり上品なカラーかと思います・・・。

本当はこれを作るパワーはないけれどお試しで買ってみようと思っていたのですが見当たらず・・・。

自分で作るのもなぁ。

今年のマルディグラは特に何もせず終わりそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »