« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

最近の天気

東京は暖かいそうですね。

こちらも週末はとても暖かくって半袖で十分な気持ちいいお天気でした。

が、今日。息子と公園から家路に着き郵便を取りにポストまで行くと(郵便物は日本のマンションみたいに何軒かのがまとまった場所に配られます)すぐそばでポツポツという音。

雨?と思ったけれど降っていない。

ちょうど降っているところと降っていないところの境目にいたみたいでした。ちょっと不思議な気分です。アメリカには「雨の境」があるって良く聞くけれど車では感じたことあったけれど外にいるときにわかったのは初めて。確かに境がありました!

数秒後、いよいよやっぱりポツポツと雨が降ってきました。あわてて息子の手を引き家に入ろうとするとポツポツがバチバチに変わりました。

Dsc08106バチバチ・・・。

雹です。

最近、霰や雹がたまに降ってはいたのですがこんなに大降りなのは初体験。

サイズは直径5ミリくらい。米粒くらいでしょうか。

めったにみられるものでもないからと息子に取ってあげようと紙コップを取ってきて腕だけ外に出してみましたが・・・甘かった。

腕はプチプチ痛いし、激しい降りなのでコップに入った雹も勢い良く跳ね返ってコップに集められません。

しばし雹鑑賞。息子は振り込んできた雹の粒を忙しく収拾しています。

Dsc08107あっという間に・・・銀世界(?)ほんの数分の出来事です。

あまりに寒いので家の中に非難しましたが息子の好奇心は治まらず小降りになってきたところで玄関を開けてあげたら吹き溜まりになってました。

Dsc08115 コロコロの氷の玉がかわいいです。こういうアイスクリーム、ありますよね。

息子はコップですくって「ご飯たけましたよー」とおままごと遊びしてました。

まもなく止んであっという間に日が差して溶けてなくなってしまいました。ほんの1時間くらいの出来事。

日本みたいな春や秋はないけれど、今回みたいな雹や綺麗な半円を描いている虹といった日本ではなかなかお目にかかれないお天気を楽しめるのは悪くないです。

でもいい加減、雨は飽きました。青い空、恋しいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お料理する会に行く

Dsc08075 お料理教室ない?とあちらこちらで聞いて回っていたらお友達がお料理上手のマダムに教えていただくことになったというので一緒に行かせて頂きました。

お料理教室フリークの私ですがこれまでにないスタイルで楽しい一日を過ごしました。

メニューは生徒からのリクエスト制。今回は「サーモン料理」。お礼も受け取られないけれど材料は生徒が手配。新しい。

10時集合でまずは野菜を切ったりの下ごしらえから始まりお昼前にカリフラワーのスープが完成。ジャガイモとカリフラワーのポタージュですがヨーグルトの酸味と隠し味のカレー粉がなかなか美味しかった。ちょっと変化球ポタージュで新鮮でした。チャービルを最後にどっさり入れるのもよかったです。パック買いしたハーブは残ってしまうし傷む前にたっぷり使ってしまうのはいいアイディア。いっぱい入れると春っぽい緑溢れる味ですっきり味になりました。

このポタージュとともに生徒手配のサンドイッチをつまんで簡単ランチ。なんとこの会、作った料理は食べないのです!メインは持ち帰り!!すごい斬新で驚きました。

食後はサーモン料理を。サーモンに多種ハーブや玉ねぎをあわせたフィリングをはさみオーブンへ。途中ライムを上に載せ更に焼きます。

Dsc08078 彩りも美しくパーティ栄えする1品。

これに手作りマヨネーズで作るタルタルソースを添えていただきます。(って家でね♪)

お料理しながら皆さんと沢山お話してあっという間のひと時でした。

マダムたちとお話する機会もなかなかないのでいろいろ新鮮でお話上手な皆さんにすっかり惹きこまれちゃいました。ストイックにお料理するよりみんなで楽しく作るっていいなぁ。アメリカ駐在員の定番!?ファイヤーキングのコレクションを見せていただいたり人様のおうちにお伺いするのは楽しいものです。

Dsc08079 お持ち帰りしたサーモン香草焼きはもちろんそのまま夕飯になりました。

このあたりはサーモンが美味しいのです♪

もちろん美味でした。意外とご飯にも合って旦那様にも好評でした。

お料理もすぐ復習しないと!なんといっても余った材料もお持ち帰りになってますから!ハーブがあるうちに作ってみます。

そしてアンティークコレクションを沢山拝見して私も欲しくなってきちゃいました。

なかなかいいコンディションのものは見つからないのですがまた探しに出かけたくなってきた~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

最近すっかり手抜き料理

最近本当に料理しなくなった・・・・。

結婚当初は「新婚」なだけに頑張っていたし、お料理に関係する仕事をしている時はやっぱりいろいろ研究していた。アメリカに着たばかりの頃も食材の違いに戸惑いつつも色々試していた・・・。

最近のこのだらけっぷりって・・・?

ようやく理由(のひとつ)が分かりました。

最近全然お客様をしなくなったから。

子どものお友達が遊びに来ることはあるけれどアレルギーや各家庭の考え方があるので手作りお菓子を出すこともほとんどなし。

うーんちょっとつまらない。そんなこの頃ですが久々に手料理をお供しする機会が続きました。

先週末には長期出張でアメリカにいらしている方がお夕飯にいらっしゃいました。2ヶ月近くのアメリカ生活当然自炊ということもなくあまり和食レストランに行く機会も多くなかったとか。手巻き寿司、お味噌汁、春巻、手羽先揚げ等々のおうちご飯を喜んでくださいました。ワインも進んで楽しい夜でした。

Dsc08072

写真は手巻き寿司の残った材料で作ったごちゃ混ぜポキ丼。混ぜただけの手抜き料理。

しょうゆで頂くお刺身は前夜の手巻きで堪能したので翌日は塩・ごま油味で頂きました。こちらも美味しかったです。

翌日は通っている英語クラスのsnack当番。いっぱい貯まっていた卵白を使って定番のエンジェルフードケーキを焼いていきました。メレンゲの泡を保持してくれるクレームオブタータがあるのを思い出して使いましたがあまり効果が分からなかった割に味には違いがあってちょっと残念でした。入れなくて十分が私の結論です。こちらも写真忘れました・・・。

やっぱりいろいろ作るのって楽しいかも。お料理熱はちょっと上がってきたけれど、冷蔵庫のお掃除モードなのでいろいろ作るのは難しいかな~。

落ち着いて6月になってからお客様を沢山しよ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NY土産

Dsc08069 NYといえばベーグル!

ベーグルの師匠が推薦のBarney Greengrassと超有名店H&H Baglesで買いました。

BarneyのもH&Hのも美味しかったけれどやっぱり出来立てのほうが格段に美味しかったです。

H&Hは日本でも食べられるんですね~。知らなかった。

本当はもっといろいろなbagle屋さんに行きたかったのですがそうも行かなくって・・・。

なぜなら、ほかにもこんなに食料を買っているから・・・。

Dsc08064マフィンとかクロワッサンとかデニッシュとか・・・。

あとサラベスのクッキーとかマシュマロとかコーヒーとか・・・。(笑)

Dsc08071 Zabar'sのサーモンスプレッドとか大好きなババガナッシュ(地中海風茄子・胡麻・ひよこ豆のペースト)ドイツ系のハムとかソーセージとか・・・・。

スーツケースの中身、ほとんどスーパー帰りの主婦みたいになってました。自分の食い意地にまた驚いた旅行でした。

でも、今回のツアー、食べているばかりではありませんでした!!

母の知っている方というかのNY在住のブログ友というか・・・ついに初対面を果たしてきました。

メールしたりブログにコメントしあったり彼是2年くらいのお付き合い(?)ですが、初対面。でも色々お互いのことを知っていて初めてというより久しぶり、見たいな感覚での対面でした。

思ったとおりのやさしい&頑張り屋さんの彼女とお坊ちゃまとお会いできて子供は遊び、大人はおしゃべりしてとても楽しく過ごしました。あっという間の時間。

Dsc08057 海外生活は大変なこともいっぱいあるけれどたくさんの人との素敵な出会いがあるのがとてもありがたいです。

「ご縁」って私は結構すきな言葉なんですが本当にご縁あってマンハッタンの素敵なマンションにずうずうしく伺って、用意してくださった日系ベーカリーの美味しいケーキを半分ずつ交換して頂きました。

なんだかほのぼの、素敵でしょ♪

いつもがんばっている彼女とついにお会いすることができて、いっぱいパワー頂きました。ありがとうございます。しかも前述のロールパン&ハムソーセージは彼女からのプレゼント。こちらもありがとう!!

NY土産、出会いも食べ物も明日からの毎日をがんばろうって気にさせてくれました。

いい旅でした。また行きたいな。(でも遠いな。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NYで朝食&ブランチ

Dsc08012 NYブレッドの中でも本場で絶対食べたかったPOPOVER。日本のパン教室で習ってすっかり気に入っていったい何度作ったか。シュー生地みたいなパンです。

アメリカにきてしばらくしてからなぜかすっかり膨らまなくなり、ご無沙汰の味をNYのPOPOVER CAFEで本物を食べてきました!

本物は私が思っていた以上に大きかった!

軽く赤ちゃんの頭くらいのサイズはあります。お約束のストロベリーバターをつけていただきます。美味しい!んーでも自分で作ったのも引けをとらない味かも、なーんて。でもあのサイズにはとても作れないわ。

Dsc08017 ボルシチみたいなスープがお勧めと聞いていたのですが残念ながらブランチタイムに行ったのでオーダーできず。

なのでEGG BENEDICT ARNOLDなるサーモンホウレン草入りのエッグベネディクトをオーダーしました。

もちろんイングリッシュマフィンの代わりにPOPOVERを使っています。

かなりヘビーでしたが美味しかった。他にもPOP OVERを使ったメニューがいくつかあって参考になりました。

ブランチの後は近くにあるZABAR'Sというdeli、食料品、キッチン用品がいろいろ売っているいかにも私が大好きなお店に行ったりbagleを買ったり。満喫です。

Dsc08040翌日のブランチは有名店Sarabeth'sで。

ジャムで有名なお店ですが場所柄かブレックファーストミーティングかNYステイ中の日本人スチュワーデスさんがいっぱい。

品のいいお味でした。名前忘れちゃいましたがオリジナルのブレンドジュースがとても美味しかった。

バナナ、ストロベリー、ざくろ、パイナップルが入っていたような・・・。スコーン美味しかったです。

Dsc07973後の一回は美味しいと聞いたパン屋さん Bouchon Bakeryでいただきました。

3人分の朝食とマカロン買ったら40ドル超えて相当驚きました。

でも美味しかった。マカロンはアーモンドの味が強すぎてちょっと残念だったかな。

サンドイッチで頂いたタプナード・ツナ・レタス・ゆで卵の組み合わせ、気に入りました。今度まねしてみよう♪

振り返れば振り返るほど食べすぎだわ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NYでオノボリサンしてきた。

Dsc08026 現地集合現地解散、土壇場決行NYツアーしてきました。

息子と二人で西海岸から東海岸まで一飛び。

6時間の空の旅。アメリカってやっぱり広い。だんな様とはNYのホテルで落ち合って3泊4日遊んできました。

NYは学生時代に行った以来だったけれど「東京」みたいだった。銀座とか日本橋とかそんな感じ。でも東京の方がもっとすごいと思うけれど。でもNYのほうがお金持ちは多そう。

Dsc08000 久々に英語とスペイン語以外の言葉が一杯聞こえる街で都会を堪能しました。人ごみ、渋滞、排気ガス、物価も高いし、うーん都会♪

自由の女神、グラウンド0、ロックフェラーセンターと観光しました。

ロックフェラーセンターの向かいにDean&Delucaがあるのですが毎朝見ているニュース番組がこのお店をバックに中継しているので、他の観光スポットよりも興奮しました。

NY在住のお友達に教えていただいて今回も食べましたよ。

Dsc07965 焼き鳥鳥人(TOTTO)のうわさのせせりも美味でしたがジャコ高菜ご飯はかなりヒットでした。

Dsc07985 最近オープンしたての一風堂!

店構えも東京と一緒ならラーメンも同じでした。まだ開店間もないとのことで味卵もテーブルにある高菜等々もなかったのが残念でしたが味は同じ。

店内はNYバージョンでおしゃれになってます。

Dsc08027 ラーメンせたが屋もありました。

日本では食べたことないけれど柚子も乗っていてさっぱりしていて気に入りました。

でもアメリカの豚肉はちょっと違うからかどこで食べてもチャーシューがいまひとつ。PORK BUTT使えばもっと美味しいと思うのですが・・・。脂身の少ない固めのお肉でNYでもやっぱりもう一歩でした。

Dsc08032 写真ボケボケですが北京ダックもたべました。元同僚NY在住のお友達ファミリーと頂きました。

息子は相当怖がっていましたが頭つきでこちらも美味。店員さんが巻いてくれるので話しに夢中になっていてもOKなのがまたよかった。

Dsc08010お寿司もたべました。

焼きハマグリが一番のヒット。

赤貝、エンガワは久々過ぎて涙がでそうになりました。

今回もよく食べました。

今回の最大の目的はNY Bread!その辺はまた次回~。

遠かったけれど楽しかったな・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

チューリップフェスティバルに行く

Dsc07936 家から車で1時間弱走った所にチューリップ祭があると聞きつけ行ってみました。

先月下旬から1月に渡りチューリップが広大な土地に咲き乱れるとのこと。

ずっと狙っていたけれど天気が優れず気がつけば今週を逃すともういけないことが判明。かなりの不安定な空模様ながら強引に行って来ました。

なんとかポツポツ雨程度の空のうちに到着。確かにひろーい土地に一杯チューリップですが黄色と緑の昔ながらのチューリップでちょっと「そのまま」すぎました・・・。ひねりがないです。coldsweats01

Dsc07933紫やちょっと変わった品種のも植えてあるのですが寒さのためキュッと蕾は閉じていてまだ見ごろではなかったこともあるかな。ただの緑でした。

奥には水車があって木靴職人のデモが見られて「なんとなーくオランダ」でした。(笑)

屋外系イベントにつき物のコドモ向けアトラクション「ポニーライド」に息子は初挑戦。家ではパパをお馬さんにして余裕で乗りこなしてますがさすがに本物のポニーには固まって泣きそうになってましたが最後は楽しそうに手を振る余裕もみせてくれました。成長しました。「お馬さん、パパより早いよ」が今回学んだことのようです。

途中から雨がすごくなってきて早々に退散。家族仲良くズボンの裾はドロドロに。たまにはいいか~。

しかーし、チューリップ園の人たち、めちゃくちゃ愛想がなくて驚いた。眉間に皺よってるよ~。アメリカ人は陽気な人が多いから久々に無愛想な人を見たなーと。そして観に来ていた人はなぜかアジア系がすごく多かったのはなぜでしょう・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

bread machineで食パンを焼く

アメリカに住む時日本から持っていったほうがいいと薦められるもののひとつ、パン焼き機。

アメリカのパンは美味しくないから、というか求めているパンが違うので日本人にあった食パンは手に入りにくいため多くの人が薦め、実際持ってきている人も多い。

私はといえば渡米したらキッチンエイドを買うぞ、と心に決めていたこともあって持ってこなかった。

パン捏ねや発酵の具合を自分で確認しながら焼くのがパンの醍醐味なのに、と思う一方、スイッチひとつで朝起きたときに出来立てパンが食べられる幸せを引き合いに出されると心が揺らぎます。

お友達がアメリカ製のパン焼き機ならあげる、といってくれたのでありがたく頂戴しました。

Dsc07896_2  そして焼いてみた。

パン焼き機といっても炊飯器みたいな形。蓋を開けるとアルミの型が入っていてそれに材料を入れてボタン操作をするとパンが焼けるという仕組み。

アメリカ製だけあって型のサイズが大きく、2斤分くらいが一気に焼けます。

只今試行錯誤中ですが、やっぱり求めるパン像が違うみたい。

周りのクラストは固め、パンのきめは粗め。

冷めてくると上部に皺が寄るんですが、これはなぜでしょう?分かる方教えて下さい。発酵に関係ありそうにも思うけれど・・・。

いつも手捏ねで作っている日本のレシピで焼いてみましたが全然お味が違ってびっくり。

発酵の温度管理は悪くないのか、普段よりふくらみはいいのですが捏ね不足な感じです。

アメリカの気に入ったレシピで試してみたらまあまあ。シンプルなリーン生地よりバターや砂糖が入ったリッチな生地のほうがよさそうです。

Dsc07907 もともとアメリカの食パン型のパンはそのまま食べるよりサンドイッチにするのが主流。朝食のトースト、っていう感じじゃないみたいです。

なのでもっぱらサンドイッチにしています。

今日の昼はパニーニ。

ルクルーゼのグリルパンを使って焼きました。

中身はサーモン、ほうれん草、ブルーチーズ。

パニーニはあんまり美味しくないパンでも美味しくできるのがすごい。(爆)

修行は続きます・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »