« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

母、滞在中です

先週より母が日本から遊びに来てくれてます。

息子も成長して「日本に住むバーバが飛行機に沢山乗って自分のところに遊びに来てくださる」という“凄い感”が分かっているようで到着前から楽しみに待ったり、いよいよ再会してからはハイテンションでべったり引っ付いて甘えてます。

毎日いろいろ出歩いて食べたり買ったりしてます!

Dsc09608家のBBQセットでスモーク作ったり・・・。牡蠣が美味しかったぁ。

Dsc09614 レストランでも沢山外食しています。

最近オープンしたイタリアンで食べたポレンタフライは中々だったし、

Dsc09623 今にも雨が降り出しそうな中1時間ほどドライブしていったホテルのサンデーブランチも美味しかった。やっぱりオイスターカクテルが一押しでした。景色も良かったし。

Dsc09628 母が東京で従姉に習った香港マンゴープリンも作りました。

息子が以前から憧れていたスイカを器にしたフルーツポンチも作りました!Dsc09630 もちろんご満悦でしたが日本みたいな縞々模様のスイカでなく深緑のスイカで作ったので息子は何故か「カボチャのお皿」と呼んでました。確かに色はカボチャです。

他にもパンを買ったり、いろいろ食べておりますが・・・。

少々胃が疲れ気味~。(って私だけ!?)

少しペースダウンしながら食べなきゃー。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

東カナダの旅-ケベックシティ

  Dsc094635日目、モントリオールから車で3時間弱走ってケベックシティへ。北米唯一の城塞都市でその町並みはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

石畳の道ヨーロッパ風の建物はちょうど400年前にフランス人が入植したころから築かれてきたものでモントリオール以上にフランスの影響を感じられます。観光地は英語が通じますが英語を話さない人々もたくさんいるそうです。Dsc09509

観光用の馬車に乗って町をめぐりました。

観光客いっぱいですが気にならないほど見ごたえのある町並みが続きました。日本の歴史を思えば400年の歴史は短く感じますが、文化を守っていこうという思いが伝わってきます。

Dsc09535 一度は食べるべき?と聞いて伝統的ケベック料理を食べにAux Anciens Canadiensへ行きました。

ミートパイは美味しかったですがミートボールやシチューは・・・・。

塩漬けラードの焼いたもの(!)に至ってはベーコンの脂身そのものでヨーロッパからアメリカ大陸に辿り着き定住できるようになるまでの苦労が垣間見えました。贅沢な料理だったんだろうなぁ、先人の偉大さに驚いた次第です。

Dsc09457 クレープは手ごろなお値段で美味しかったです。Casse-Crepe Bretonにて。かなり並びました。そして日本人がたくさん居ました。

Dsc09579 翌日も引き続き町を散策。教会や車で少しはなれたところにあるナイアガラの滝の落差を上回るモンモランシー滝を観光しました。Dsc09561

ケベックシティを去る前にランチを。適当に入ったお店が大当たりでこの旅一番美味しいお店でした。

名前はわからないのですがロウワータウンのフニキュラー(アッパータウンとを結ぶケーブルカー)乗り場の隣、階段途中にある青がテーマカラーのフレンチです。Dsc09587

ブイヤベースを頼みましたがこれまで頂いた中でもトップのお味でした。ルイユがまたおいしかったの。ため息でました。ほかのものも美味しかった。

この後車で3時間かけてモントリオールに戻り買い物をして翌朝早朝飛行機で帰途に着きました。

この夏、西カナダのバンクーバーバンフ国立公園、東カナダと3回カナダを旅しました。あまり知らなかったカナダ、文化歴史を少し知るに至り、ぐっと身近になりその複雑さに考えさせられました。文化、歴史、平和、自然・・・・これからの時代のキーワードがいっぱい詰まった国でした。すっかりその魅力にはまりました!皆さんチャンスがあれば是非!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東カナダの旅-キングストン・モントリオール

Dsc09325 3日目朝オンタリオ州トロントを出発。お隣ケベック州モントリオールまで6時間ほどのドライブ。

途中ランチを兼ねてキングストンという街に立ち寄りました。

キングストンはオンタリオ湖のほとりにあってかの有名なサウザンアイランドへのクルーズ出発点として知られている街だそう。

余談ですがクリーミーなあの赤い「サウザンアイランドドレッシング」は南の島のではなく1000の島のドレッシングという意味です。(私も勘違いしてた!)カタカナ表記のを見ると「サザンドレッシング」って書いてあるものも少なくないので紛らわしいですねー。細かく切られた野菜が混じっているのが1000の島に見えるからだとかこのあたりのお店から人気が広がったとか諸説あるようですがいずれにしろゆかりがあるようです。

話は戻ってキングストンで立ち寄ったレストラン“Chez Piggy"がとても美味しかったです。小さな町なので期待していなかったこともありますがオープンテラスで頂いたクラムチャウダーやムール貝はなかなかでした。ちょっとわかりにくいところにありますがすごく混んでいて30分くらい待ちました。この旅で2番目に美味しかった!

Dsc09394 更にドライブを続けてモントリオールへ。モントリオールのあるケベック州は第一言語はフランス語。パリに次ぐ世界2位のフランス語圏の都市です。カナダの複雑な歴史は省きますがフランスとイギリス両国の影響が残っています。モントリオールの人々はみーんな英仏バイリンガル。お店の人同士でも英仏ちゃんぽんではなしているようでした。とはいえ英語でもかなりフランス語のアクセントが強くって聞き取りにくかったです。あまりアジア人はいなかったなぁ。第二のパリと呼ぶそうですがパリともまた違ったように感じました。西カナダとも全然違うんですけれどね・・・。

Dsc09350フランスの影響があるところに美食あり!北米とは思えない石畳のヨーロッパ風の町並みの中、フランス料理を頂きました。チビ連れなので素敵なレストランには入れないけれどふらりと入ったビストロが普通に美味しい。底力が違います。すばらしいです。

そば粉のクレープもオニオングラタンスープも美味しかった~。モントリオールの名物料理もいくつかあります。それはまたいずれ・・・。

素敵なのは食事や町並みだけでなく、美人が多い。スタイルのいいきれいな女性が多かったのがとにかく印象的。ただ細いのではなく出るところ出て、引っ込むところ引っ込む・・・。羨ましいというより見とれちゃいました。同じ女なのに・・・。セリーヌ・ディオンもここの出身だそうですがそんな感じのスタイル&雰囲気の方が多かったです。

もう一日モントリオールで美味しいものと教会やヨーロッパ風の街をたのしみ最後の目的地ケベックシティへ向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東カナダの旅~ナイアガラ&トロント

Dsc09255 東カナダ1週間の旅行から帰ってきました!

夕方ミシガン州デトロイトに飛行機で到着。そこからレンタカーですぐのカナダ国境を越え、2時間ほどのLondonという町で1泊。

翌朝ナイアガラの滝へ。ナイアガラの滝はアメリカNY州とカナダの国境沿いにあるので両国から見ることができます。滝の側まで船で寄れる「霧の乙女号」ものりました。あまりの勢いでレインコートを貸してくれますがびしょびしょでした。流れ落ちる滝は水というより霧になってしまって雨の中を進んでいるような感じでした。音もなかなか迫力ありました。一度は行きたい観光スポット。周りの街がもう少し洗練されるといいのですが・・・。

:::::::::

Dsc09310 1泊して、ナイアガラから車で2時間ほどのトロントへ。

トロントは日本ではメジャーではないように思いますがカナダ最大の経済都市なんですね。高層ビルがいっぱいの大都会でした。カナダはアメリカが「人種のるつぼ」といわれるのに対し「モザイク国家」というそう。ごちゃ混ぜになっているアメリカとはちょっと違ってそれぞれが個々の文化を守り続けながら共存している・・・トロントは本当にそんな町でした。

エスニックタウンといって様々な国・人種の町があります。

Dsc09279 ランチはギリシャ系の人々が集うGREEK TOWNへ。

ギリシャの旗が掲げられ道路標識も英語とあわせギリシャ語。エスニックタウンはそれぞれの言語で通りの名前が表記されています。

Dsc09287 夕飯を頂いたチャイナタウン。いくつか覗いたエスニックタウンの中では一番大きかったかな。

バンクーバーは英語と漢字が待ちに溢れていて香港っぽかったけれどこちらのチャイナタウンはあまり英語表記が目立たなかった。売っているものも漢方や野菜など日常的なものが多かったように思います。すごい活気でした。

しかもここ以外にもあと4つチャイナタウンがあるとか。恐るべし華僑パワー。

Dsc09306ほかにも 歩いている人がぐっとおしゃれになる(特に男性)Little Italyや小さめでしたがコリアンタウン、アイルランド人の集うキャベッジタウンも覗きました。

アイルランド系移民が庭先にキャベツを植えていたことからそう呼ばれるそう。確かにアイルランド料理にキャベツは欠かせないですものね。パブもたくさんありました。

ほかにもウクライナ人街、インド人街、ジューイッシュコミュニティと多文化がそれぞれの街を持っています。

それぞれのカラーが良く出ていて楽しかったです。歩いている人が当然違うので発見があって楽しかった。

トロントで1泊したら今度は更に北東へ・・・。6時間ドライブでモントリオールに向かいます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

食材整理実施中。

Dsc09143 夏も折り返し地点を過ぎ夏後半の最大のイベントが控えてます。その前に食材片付けないとね・・・。

:::::::::::

夏の初めにバジルの苗を買いました。いろいろ見比べて一番大きくて安いとトレジョのをかいました。$3.98

キッチンのシンク前においてどんどん使ってはいるのですが消費が追いつかず。だんだん葉も硬くなってきました。

早く使わねば・・・。とはいえ使い道ってありそうでそんなにない。

とりあえず定番バジルペースト。

Dsc09157 我が家の定番イタリアンの素もついでに作りました。

イタリアンの素はドライトマト・ニンニク・ケッパー・アンチョビ・レモン・オリーブオイルをフープロで混ぜたもの。本当はイタリアンパセリを入れるけれど今日はこっちにもバジル。イタリアンの旨み食材総動員なのでトマトソースに加えるとコクがでてとても美味しいです。パスタはもちろんお肉・お魚のソースにしたり、ドレッシングに入れたりいろいろ使えて便利です。日持ちもするし。

Dsc09154 パンにトマトソースと3種のソースをつけるとおつまみに良いです。

:::::::::::

昨日の夕飯はだんな様も息子も絶対好みでない一品を食材整理で作りました。

タイ風イカ団子鍋。フープロしたいかのすり身団子をレモンとパクチーの利いたスープで茹でたもの。レタス・パクチーが片付きました。

Dsc09160 まだまだ片付けねばならない食材が・・・・。

でも普段しないようなメニューを試せるいい機会でもあります。

問題は調子に乗って栽培しすぎた大葉。いっぱい使ういいレシピありませんか~?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

BBQ Partyをする

Dsc09132 いつでもできると高を括っていると意外と実行に移せないもの。我が家のBBQパーティ。

日本は暑いそうですがこちらは涼しい日も増えてきて夏の終わりが近づいているのを感じます。今日もかなり寒かった。

前々からお呼びするといって実行していなかったお友達ファミリーを呼んでBBQをやっと決行しました。

Dsc09124 BBQはビールが定番ですがサングリアもはずせない!久々に作りました。

今日のはサングリア・ノースウエスト・スタイルです。

何のことはない、オレンジやライムに加えこのあたりでたくさん取れるベリーを何種か入れてみました。ついでにカルフォルニア産の白桃も。

赤ワインとレモンライムソーダを入れて作りました。おいしゅうございました。

Dsc09134 BBQはお客様の前で焼くし順番に仕上がるので写真を撮るのも難しい。

そんな予感がして作りかけをとりあえず写真撮ってみました。

前菜はフムスと茄子の2種ペースト、枝豆、ジャガイモチヂミ、春雨・きくらげ・ひき肉のオムレツ。

和洋折衷どころか地中海・日本・韓国・ベトナムの各国料理。

メインはカンザスシティスタイルのBBQと韓国風焼肉。両方捨てがたく両方焼いてみました。イカ・ソーセージ・とうもろこしも焼きました。もちろん韓国風焼肉にはサンチュとコチュヂャンを添えて。後はおにぎり、ひじきサラダ、キムチ。

いろいろな国の美味しいものを集めてみました。お皿の数の割りに簡単料理が多かったので楽チンでした。

ビール、サングリアにワインも2本空いて我が家のパーティにしてはお酒が進みました。それもこどもが少し大きくなって大人だけで話していても勝手に遊んでくれるようになったから。ありがたいです。

デザートは自家製レモンカードを使ったレモンカードとベリーのセミフレッド。見た目はかわいいのですが(写真撮ってないわ~)すっぱかった!もう少し甘めでもいいかも。要改良です。

ああ、もう夏が終わってしまうー。あせっております。旦那さまも仕事で疲れているはずなのに6時起きでゴルフに向かい18ホールまわり15時以降のお安くなる時間で再度私とラウンドする予定。日も短くなってきたし短い夏をまだまだ満喫の予定です。体調管理だけ気をつけねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »