« やっぱり私は根暗だった。 | トップページ | PIZZA PARTY! »

American Cookingを習う

毎週通っているESLクラスのお料理の会がありました。普段英語を教えてくださるアメリカ人の先生方が今日はお料理を教えてくださいました。

Dsc00009 オードブル&スナックがテーマ。

先生の使い込まれたレシピカードが期待できます!

Dsc00056 そして出来上がったのがこちら~。

ありえないピンボケですー。

ミニソーセージの周りにディナーロールのパン生地を巻きつけて焼くミニソーセージドック。その名は“PIGGY IN A BLANKET(毛布を被った豚さん)"というそうです。計量一切無しのザ・アメリカンベイキング。いつもおいしいパンを焼いてくださる先生なのでいろいろ質問攻めにしてみました。やっぱり先生もAll Purpose flourをお使いでした

オリーブ入りのイタリアパンチャバータにカプレーゼをのせる一品もシンプルでおいしかったし、Spinach BallというおつまみもHot Artichoke Dipもおいしかった!近日家でも作ってみます。

そして一番驚いたのはこれ。

Dsc00053 Coffee Punch!

パンチといえばフルーツパンチしか知らなかったけれど。

あれ?フルーツポンチ!?

ポンチ?パンチ?勝手に混乱してきました・・。

ソーダが入ってて刺激的だから"punch(殴る)”というのだと勝手に解釈してましたが・・・違った。

今調べてみたら、サントリーさんのHPで見つけました。以下引用

「ワイン、スピリッツをベースにして、各種リキュール、フルーツやジュースを加えてつくる、ポピュラーなパーティー用ドリンクで、一度に多人数分つくることが多い。カップ(Cup)と異なる点は、パンチがパンチ・ボウルでつくり、パンチ・カップに注ぎわけて供する点。パンチという言葉は、古代インド語であるサンスクリット語のパンカ、ヒンディ語のパンクに由来する。その意味は数字の“5”。パンチとは、元来は酒、水、果汁、砂糖、香料の5つの要素からつくられる飲み物を意味していた。」

へー。

で、話は戻ってコーヒーパンチ。コーヒーにココアと砂糖・牛乳を入れて冷やし、最後にバニラアイスを大量投入してアイスがちょっと溶けかかってきたら出来上がり。

簡単。アメリカっぽいです。高カロリーは間違いないですが結構おいしかった。

今日も発見いっぱいの一日。

大統領選挙とは全く無縁の一日でしたー。

|

« やっぱり私は根暗だった。 | トップページ | PIZZA PARTY! »

アメリカ暮らし」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パン」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

わぁ、楽しそう!私も習ってみたいわー。
コーヒーパンチ、大きな四角で浮かんでいるのがアイスクリーム?
↓全米クロスステッチの完成、おめでとう~。いつか実物見せてね。ディープディッシュピザ食べたくなっちゃったよ。

投稿: takukenma | 2008年11月 6日 (木) 04時59分

そうそう、四角いのがバニラアイス。しかも、2ポンド入りのをすべて投入!!

なつかしいよねぇーディープディッシュピザ!

投稿: takukenmaさまへ | 2008年11月 8日 (土) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49202/25050385

この記事へのトラックバック一覧です: American Cookingを習う:

« やっぱり私は根暗だった。 | トップページ | PIZZA PARTY! »