« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

パネトーネマザーを使ってパンを焼く

最近の記事でちょこちょこ書いてますがパネトーネマザー(以下、パネマザー)というドライイーストが日本で売っていて最近それを使ってパンを焼いてます。

うわさどおり(?)ふっくら柔らかいパンが焼きあがるしイースト臭さがないように思います。慣れてくると普通のイーストよりいいのかも。

普通のドライイーストと違うことが多くって失敗ばかり。なので忘れないうちにメモしておきたいと思います。

見た目から違うんです。このイーストには酵母菌のほかに乳酸菌が含まれているそうでイーストっぽい粒が粉にまぎれている感じです。使用する量も多くいつも小麦粉200gに対し3グラムのドライイーストをつかってHBで焼いてますが同じ粉に対し11gくらい必要みたい。

1回目、パネマザー多めにしたつもりでしたがそれでも6gとかだったので膨らまなかったみたい。しかも回りも焦げ気味。混ざりも悪く途中で手捏ねにしました。

Dsc00460 2回目。シンプルな食パンを試してみることに。ネットでHBならばソフトコースの方が発酵に時間を要するパネマザー向きとあったのでソフトコース使用。

ナショナルのHBは製パンのセオリーを覆す製法。イースト以外の材料を先に練ってからイーストを入れるのです。それがナショナルHBのおいしさの秘訣だそうです・・・。パネマザーは1回の使用量が多いのでイースト入れに入りきらない。しかも粉が混ざっているのでイーストケースが開いてもケースについたままスムーズに入りきらない。なので、私は最初から手で投入しました。早めにイーストを入れることで発酵時間が普通のイーストより必要というポイントも回避できてるかも。

結構まともに焼けました。イースト臭が控えめなのがはっきりわかりました。イーストよりフカフカな気配は感じられましたがBread flourをつかったのでちょっと重めでした。

Dsc004903回目、パネトーネを。

自家製のオレンジピール&ラムレーズン入りです。

all-purpose flour200gに対し12gのパネマザー使用。

HBの食パンコース、焼き色薄めで作りました。

パネマザーは粗方材料が混ざった時点で手で投入。生地がまとまってきたところでラムレーズン、オレンジピール、胡桃をこれまた手で入れました。自動投入より早く入れたほうがパン生地自体に具の味が広がっておいしいように思うためです。

結果としてはちょっとイーストが多かったようで膨らみすぎてふたにつきあたってました。次回は11gでやってみます。ふんわり軽く焼き色もちょうどよくうまくいきました。

Dsc00500 クリスマスの朝、フレンチトーストにしていただきました。砂糖無しの卵+牛乳液につけてフライパンで焼きます。マロンペーストを生クリームで少しゆるくしてかけていただきました。

やっとクリスマスっぽいものにありつけました。

HBで焼くと捏ね、発酵温度が均一なので材料の違いをみるのにも本当に便利。一生懸命手捏ねして失敗した時のダメージはかなりのものですがHBで様子を見てから満を持して手捏ねで作るとうまくいきます。

まだパネマザーあるので今度は手捏ねで何かつくってみたいなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いよいよ食糧が底をついて参りました。

さすがに冷蔵庫の中もだんだん寂しくなってきました。

今日はクリスマスイブ。日曜の大雪が後引き、その後も数センチずつ積雪が増えておりしかも氷点下。毎日車で通勤のだんな様もついに今日滑ってしまいヒヤリとしたそうです。事故にならなくてよかった。

地面は雪が氷になっていてフリーウエイはさすがに除雪されて入るそうですが一般道は大きめの道も含め滑りやすい状態だそう。一連の雪で今日の道路コンディションが一番悪いらしい。

ゆえに、今日も食糧調達できませんでした・・・。

ついに、お肉モノのストックが底をつきました。クリスマスイブだというのに前に作った残り物を冷凍にしておいたポテトコロッケと魚のフライを揚げてイブのご馳走とさせていただきました。わびしい。

せめておやつモノを充実させたかったのですが。

卵なーし。生クリームなーし。牛乳もバターももうすぐなくなる・・・。ブッシュドノエルでも作ろうと思ったけれど無理でした。

Dsc00486 黒くなりかけているバナナを使ってバナナブレッドを焼きました。普通のレシピだとバターが足りなかったのでバターもちょっとしか使わないLIGHTというヘルシー版レシピで焼きました。

やっぱり濃厚さにかけますね・・・ちょっと潤いが足りない。しょうがないけど。でもまあ悪くなかったです。おやつというより朝食用って感じでした。

あと懸案のパネトーネマザーでやくパネトーネも焼きました。こちらはこれまでの研究(って言うほどでもないけど)の成果が出て一応形になりました。それはまた後日。

バナナブレッドをつまみながら、「おいしいけれどクリスマスじゃない」という結論に達し何か作ろうとない知恵を絞りまくりました。

おー、冷凍庫に卵白発見。これはいつものエンジェルフードケーキを焼こうと決めました。

Dsc00498 最近自分の焼いたお菓子が甘くってもたれるのでちょっとお砂糖減らしてみました。これでもまだ甘かったかなー。

エンジェルだし、少しはクリスマスっぽい!?と思ったけれど食べてみたらやっぱりクリスマス気分は盛り上がらなかった・・・。

明日は絶対買い物行くぞ。

25日クリスマス当日はお休みのお店も多いはず。アジア系スーパーに買出しかな。でももう何も作りたくない・・・。外食したいっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しつこいですがまだ雪です。

12月14日に最初に積雪があって以来、ちょっと解けたかと思えばまた積もっての繰り返しで既に1週間以上になります。

Dsc00462この間の土曜日くらいまでは結構余裕がありました。

息子に寒天の絵本を読んであげて寒天食べたいなどというのでフルーツ寒天を作ってみました。

無意味に雪の中において早く固まらせてみたりして。

Dsc00463 アップルジュースに寒天入れただけの物に冷凍庫にごっそり入っている自家製冷凍カットフルーツを適当に散らして。Dsc00465

夏に旬の盛りの一番甘い果物をカットして保存してあるのです。そのままフードプロセッサーにかければ自家製シャーベットになるし、さっぱりした甘いものがほしい時、一片口に放り込むとかなり癒されます。

雪の寒さですぐに固まったのはいいのですが息子は「このブリブリがいやだ」と不評。プリンとかグミとか嫌いなので寒天もやっぱりダメだった。旦那には好評。自分としてもヘルシーデザートで気に入ったんですが。

Dsc00474翌日曜日の雪はすごかった。 庭の笹は雪の重みに耐えかねて曲がったまま凍ってました。

しかし、まだまだ甘かった。

今朝、月曜日起きたら・・・Dsc00479

雪、増えているのわかります・・・?

積雪30センチほどでしょうか・・・。

我が家の脇に誰かが路駐した赤いフォルクスワーゲン。Dsc00476 日曜日はこれくらいだったのに、今朝は雪で多い尽くされていてシルエットで「おそらく車であろう」という状態。絶対出られない。

旦那様は会社に行かねばならないらしくいつもどおりの時間に出社。4WD車のかなり雪に強いうちの車でも結構かなり危なかったらしい。

こんな日も出社でお気の毒・・・と思っていた朝9時。

ふっ・・・・

恐れていたことが起こりましたよ。停電。

雪で少し明るいとはいえ、家の中は既に暗く、暖房も消え、テレビも消え・・・。

外は氷点下。ガレージには絶対雪道無理なセダン車が1台。ちなみにガレージのドアも電動なのであかない。

とりあえず旦那に電話、と思えばケータイの充電も半分くらいしかないし。結構あせりました。以前一度停電になった時があったのでまだ冷静でいられました。

暖房はありませんが、アメリカの家には暖炉があるのです。我が家はガス式なのでそれが動きました。家中暖めるのは無理ですが暖炉の前にいれば十分暖かいです。ほかにもアメリカの家の多くは電気ですが我が家はガスコンロなのでチャッカマンを使えばキッチンのコンロも使えます。ありがたやー。最悪、外のBBQセットを使うって言う手もありますが。

いつもよりちょっと着込んでいれば日中は凌げそう。でもこれだけ電気に頼った生活をしていると一気に情報も取れない状況に陥ると本当に不安になります。ケータイだけが頼みの綱。

結局お昼直前に復旧。事なきを得ましたがしばらくしたらガス暖炉が壊れた。もう一度停電になったら我が家はホテルに避難しないといけないことになりそう。

東京生まれの東京育ち。雪には弱いです。でも毎日1時間以上の雪かきはかなりのエクササイズでノウハウも身についてきましたよ。この町は幹線道路以外除雪車全く来ないです。そしてほとんどの人は雪かきもしないです。なぜだろう!?出られないよっ!

今回、痛感したこと。

オール電化は危険ですよー。ライフラインは絶対に分散させておくべきです。日本だと地震も多いし。絶対電気とガス、両方使うべきです。

あとケータイの充電はマメにしましょう。いつ何時どうなるやら、ですから。

今週後半まで雪の日が続きます。ホワイトクリスマス、と喜んでいる場合ではありません。ご馳走を食べに行くことも食材を買出しに行くことも難しそうです。冷凍庫の中と相談してありあわせのクリスマスになりそうです。

みなさま、よいクリスマスを。

雪でひとつもクリスマスパーティをできずに今年は終わります・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

クリスマス準備をする

Dsc0044312月のはじめのことですが 毎年恒例のcostcoの生リースに飾りをプラスして今年もクリスマスリースつくりました。

今回で3回目のフラワーアレンジメントの会で皆さんと一緒に作りました。

大きいリボンを真ん中にやろうと思っていたのだけれどリースに対してリボンが細すぎてバランスがわるいので今年は私らしくないラブリーなチビリボンを散らしたリースとなりました。直径50センチ以上あるのですよ。アメリカの大きい玄関ドアでもいっぱいいっぱいの幅です。

Dsc00441 時間が余ったのでテーブルセンターも作りました。

いつだかに買ったキャンドルと雪の結晶のきらきらオーナメントを使いました。プレゼントがかわいいでしょうー。写真はぼけているけど。

*************

  Dsc00437息子とクリスマスモチーフのクッキーを焼きました。型抜きもつやだし卵を塗るのも息子がやりました。あっという間に食べきりましたよー。

*******

クリスマスといえばパネトーネ。イタリアのクリスマスパンです。昨年失敗したまま焼きなおすこともなく終わってしまいましたが「パネトーネマザー」というパネトーネ専用のイーストを使いやすくしたものが日本で売られていて買ってあったのでトライしました。

Dsc00450 ホームベーカリーでできる・・・って言うレシピをネットで見て作ったのですが全然膨らまなかった。

全然おいしくないっ!側面焦げてるし。

先ほど再度ググってパネトーネマザーを使った食パンレシピを見つけたので今焼いてますが捏ねの時点でバターは塊のままだしイーストブツブツ残っているしで失敗の気配だったので取り出して手捏ねしてベーカリーに戻しました。今最後の焼成中ですがいい具合に膨らんでるみたいです。

ホームベーカリーに付きっきりになって手を加えて作るくらいなら最初から手で作ればよかったー。

パネトーネマザーまだまだあるので研究してみます。(雪で出られないし)Dsc00439

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪続きでうんざり。

Dsc00447 先週日曜に5センチ以上の積雪して以来、降ったり止んだりが続いています。月曜から金曜まで冬休み前最後の週にもかかわらず雪で学校はすべてお休みになり、我が家は病人&怪獣を抱えてお出かけを控えています。

雪の多い地域から見たら笑ってしまうほどの混乱振り。積雪は大したことないですが朝晩は氷点下なのでしょうがないのですが。

スーパーに買出しに行けばすごい量、買いだめしている人も多い。日本人ならお米に始まり野菜や肉魚を調達するだろうにさすがアメリカ人はクッキードウ(あとは焼くだけでクッキーになる生地)とか甘いものやソーダ系の飲み物を激しく調達しているのが目に付きます。日系スーパーにいったら全然人居なかった!日本人は皆無でした。きっと前々から雪の予報だったから事前に買いこんであるんだろうな。計画性あってすごいぞ、日本人。

クリスマス商戦も思いがけない雪でダメかと思いきやちょっとの晴れ間にトイザラスやモールに人が押しかけ今のうちに!と買いあさっている模様。貯金できないアメリカ人の気質が思いがけないところで浮き彫りになってる・・・。

ダンナサマの方はお陰様で回復早く、昨日から会社に復帰しました。いろいろご心配頂いてありがとうございました。

そんなこんなで、混乱しているところを見つけては放送してくれるニュースを見たり、たまにやるから楽しい「雪掻き」を楽しみ、たまに近場のスーパーに行くくらいで大人しくしています。Dsc00454

お正月用に思い切って買った“高級”お頭付き鯛。

なんだか待ちきれず鯛めしにしてみたら恐ろしくおいしかった。一応旦那様の快気祝い。

Dsc00456 雪の中これまた繁忙期真っ只中の郵便屋さんが日本からの荷物をもってきてくれました。

母の香港土産です!ありがとう!かわいい型抜き。リクエストして買ってきていただいたのはいいけれどこちらの大根も人参もほそーいのでくりぬくものがないことが判明!!

韓国大根は太いので今度それを買ってきてくりぬきます!

週末も大雪らしい。早く通常の生活に戻りたい!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

息子の発表会にいく

Dsc00327 先週の話ですが・・・

夜中に大量のパンを焼きました。

Piggy-in -a-blanket、「毛布にくるまれた豚さん」です。ESLの先生に教えていただいたパン。ソーセージの周りに実にカジュアルにパン生地を巻きつける一品。普段使わないメーカーの粉を使ってもう一歩の仕上がりで残念でしたが、流石に50個近いパンを作り直す気力は到底なく(っていうか失敗作50個残ってもありえない)作り出したパンを仕上げるだけで頭がおかしくなりそうでした。パン屋さんってえらいなぁ。

何のためかというと、翌日に息子の人生初の発表会&ポトラックパーティがあったのです。

齢3歳の息子。9月から本格的なプリスクール生活に入り楽しみに通園しています。普段やっている「お仕事」をパパママに見せてあげるのというのから始まりました。

Dsc00331 作品は持ち帰ってくるもののどんな風に子供が取り組んでいるのかはわからなかったのでとっても楽しみに行きました。パパも参加して(虫垂炎前日の出来事)感動のあまり涙をためつつ、息子の成長を噛み締めました。

その後はいっぱい練習したというお歌の披露。楽器を使ったりフリつきだったりの高度な感じでしたが歌好きの息子君、楽しそうに見せてくれました。本人曰く「ちゃんとできなかったよ」と辛口でしたがママは感動の嵐でしたよっ!

披露が終わるとみんなでポトラックパーティ。

Dsc00424 それぞれが両親を連れて来ているのですごい人数でした。それぞれにおいしくって楽しくってよかった。

Dsc00423 アンパンマン散らし寿司、すごいです。こういう技、決して真似できないので尊敬します。もちろん子供たちに大好評でした。

アメリカは運動会もないしこういった発表会もあまりないのが普通です。あっても日本みたいに事前の仕込がすごいのではなく、ゆるーい感じのものです。子どもたちが一生懸命この日のために準備していたのを聞いていたので日本的なこういう行事、息子にも体験させてあげられてよかった。

入園前の見学ですっかり先生に魅せられて入園させました。初めてだんなさまも先生に対面して、すごく気に入ってくれました。夫婦でいい幼稚園、いいお仲間と出会える環境を見つけられたことをすごくありがたく思った一日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

24・ER・Desparated wifeを地で行く

クリスマスも間近でいろいろ予定も立て込んでいるのですがそれらが一気に吹き飛んだ我が家です・・・・。

というのも、

It was the longest day of my life・・・・・だったんですよ。

先週土曜日の午後だんな様が腹痛を訴え始めました。ここのところ忙しかったし急に寒くなったし、と最初は胃腸が疲れてきているのでは、と市販薬を飲んで休んでいました。夕方になって、悪化しているので病院にいって薬をもらおうということに。

アメリカの医療システムは日本とシステムが違います。基本的に予約制でホームドクターを決めて健康診断から風邪などすべてを診てもらったり、例えば大怪我や専門医に見てもらうべき時は専門医に紹介してもらうのが本来。ですが普段我が家の場合ホームドクターは決めず心配事はそれぞれの専門医に見てもらったりしています。

今回のような急病の場合はImmediate careという予約無しで見てもらえる(多分通常のホームドクターより割高)なクリニックがあるので我が家は普段そこにお世話になっています。

そちらのクリニックに行って診察をしてもらうと、「虫垂炎の疑いが強いので今すぐ、ERに行って下さい」とのこと。

ERとはアメリカの人気ドラマですっかりメジャーになりましたが救急治療室の意味。日本で言うなら救急車が着くようなところです。

日本だったら無料の救急車で搬送してくれるところでしょうがここはアメリカ。救急車はもちろん有料、$500(約5万円)以上かかるそうです。なので本当の生死にかかわるような人くらいしか利用しません。ゆえに、私が運転していくのです・・・。

19時ごろ辿り着き順番を待ちます。単なる消化器系トラブルと思っていた我々はかなり動揺。アメリカは任意の健康保険制度なので保険に入っているかが何より病院にとって重要なこと。診察より保険の照合や事務手続きが優先事項です。

通されたのはまさにER.ドラマみたいでした。あのままです。ERのドクターやナースはどらまよろしく絶対小気味いいトークしているに違いありません!日本とはああいう場での振る舞いが文化的に違うのです。私も散々「ジーンズかわいいどこで買ったの?」とかそんなノリです。PCで靴を見ているナースもいたし・・・。

まあ、あの不真面目な感じが今の状況が大したことではない、という安心感につながったりもするのですが。

そして数時間の検査の結果やはり虫垂炎と診断され翌日の手術が決定しました。翌日曜日、朝の手術なのですが雪です。10年ぶりの寒波が来ているらしく今週は氷点下の上に雪となるそう。小雪ちらつく中、病院に息子とともに到着。

手術は滞りなく予定通り進みます。手術を待つ間外を眺めれば粉雪が強風のため横にふっています。吹雪で視界がほとんどない状態。その日午後からどうしてもはずせない仕事が入っていた旦那さま。手術により本人がいけないことが確定したので急遽変わりに私がお詫びに伺う予定にしていました。院内のテレビを見れば続々と通行止めを伝えています。チェーン、持ってません。(一応雪OKというタイヤだけど)家に帰れるかもわからないのにだんな様の代打もとは・・・相当参ってました。崖っぷちです。

お昼過ぎに無事手術を終えて病室に戻った旦那さま。麻酔が覚めるや否や仕事のお詫び電話をすると・・・雪のため仕事キャンセルとなりました!思わず歓喜の声、あげてしまいました。後は今夜どうするかを考えるばかり。頭痛が半減しました。

虫垂炎の手術、日本だと数日から数週間入院するのが普通のようですが医療先進国アメリカ、どこまでも合理的に「日帰り」です。もちろん術後が芳しくないと入院は続きますが。

日没近い17時ちょっと前、退院許可が出ました。でもすごい雪。家族三人泊まっていって明日帰ってもいいし、今日帰ってもいいよ、と先生・・・。自己責任です。ビバ☆アメリカ!

だんな様の帰りたいとの希望により意を決して、既に氷と化した道路で家路につきます。途中、院外処方のためドラッグストアにもより家に戻りました。

中西部で暮らしたころの冬体験がここでも活きました。ホント、よかった。

Dsc00431 ストレス満載だった一日が終わり夜が明けるとやっと銀世界を楽しめる余裕ができました。

真っ白です。

積もってます。

だんな様はまだ痛いみたいだけれど食事も普通にOKだしほっと一息です。

待っていても誰も雪かきしてくれない町なので今日もがんばりました。でも周りの家はほとんどやってない。後で困っても知らないよ。

また週の後半、雪がさらに積もるよう。まだまだhardな日々は続きそうです。

息子を預かってくださったお友達、本当に本当に感謝です。ありがとうございます。

出張が多いだんな様、出張先や飛行機内でなく週末の家族がそろっている時でせめてよかったです。

やっぱり健康第一。素人判断せずに安心を買いに病院に行く、とても大事だと痛感しました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

サンディエゴ~メキシコ気分

Dsc00268サンディエゴ3日目はOLD TOWNに行きました。

その名の通り古い町らしい。サンディエゴはスペイン人が入植して開けてきた町らしいのですが私にはスペイン風とメキシコ風の区別がつかないのですが・・・・私にはメキシコっぽい!と感じました。あってる??

Dsc00283町全体が博物館みたいになっていて昔使っていた建物の中に当時の道具が展示してあったりします。

歯医者さんはこわーい感じでした。すごい恐ろしい治療だったんだろうな・・昔は。 並んでいる道具が工具にしか見えませんっ!こわ。

ほかにも商店やレストランなどがあったりほろ馬車が展示してあったり。タダで結構楽しめます。見るには興味深いものがありますがかなりの数あるお土産屋さん、商売が成り立っているとはちょっと思えない~。

Dsc00290見学の後は、メキシコ料理屋さんでランチ。メキシカンって好きなんだけれどメニューを見ても実際出てきたものを見てもいまひとつどれがどれだか分からない・・・。で、コンビプレートを頼んでしまい、益々区別がつかなくなる・・・。

とりあえずおいしかった。けど、「アメリカのメキシカンと本場のメキシカンは違う」とよく言われますが今回のお店では違い分からず。国境が近いとはいえまだアメリカだからかしらね。

このエリアにはたくさんメキシコ料理屋さんがあって賑わっています。お勧めスポットです。

あっという間のサンディエゴツアーでした。同じくメキシコに近いフロリダの人々は英語ひとつとってもスペイン語訛りがすごくってアメリカではないように思ったけれど、サンディエゴはメキシコ、というより「カリフォルニア」でした。

よく耳にする町にもかかわらずこじんまりしてて観光するところもそんなにないけれどのんびり楽しいところだったな。ダウンタウンも小さめでした。日本食はかなり充実。日本人が住むにもなかなかよさそうでした。

また行きたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サンディエゴ~レゴランド・焼き鳥

Dsc00147 2日目は朝からレゴランドへ!

あのレゴのテーマパークです。男の子ママとしては必見のテーマパーク。

Dsc00150 園内のいろんなものがレゴでできてます。

エントランスのツリーももちろんレゴ。

ディズニーのような夢の世界というより「凄い!」とうなってしまうようなレゴオブジェの数々。こどもよりお父さんがはまってしまう気持ちがわかります。

Dsc00221 レゴランドで必見のminilandというレゴで作ったミニチュアの町があります。アメリカの名所をレゴで再現してあります。

自由の女神もNYのビルたちとともにあったし、

Dsc00215 ラスベガスの個性的なホテルの数々もレゴでばっちり再現。

その完成度も凄いけれど建物だけでなく人や車なども一緒に再現されています。今の季節サンタクロースがところどころにいたりしてそれも見てて楽しいです。

Dsc00181 見るばかりでなく乗り物もたくさんあります。5歳以上のお子さんたちにはちょっと物足りないかもしれませんが3歳の息子でも乗れる乗り物がいっぱい。

写真はvolvoの協賛でやっているドライビングスクール。レゴでできた車に子どもだけが乗り込み運転します。当然ほかの車とクラッシュしたりうまく動かせなかったりするのですが「自分の力でやった」という達成感を子供は楽しめた様子。

レゴランドの乗り物は乗っているだけでなく自分で運転したり操縦したり能動性が求められるのが楽しいところ。プレイグラウンドなどもあって息子は大喜びで一日楽しみました。

乗り物に乗るにせよ一番並んだので30分弱と行列ストレスもなく乗りたいものにどんどん乗れたのもよかったです。

しかし日本人、一人も見かけませんでした!なぜだろう・・・。ロスからもそんなに遠くないので機会があれば是非お勧めしたいスポットです。ほかにイギリスや本場デンマークにもあるそうです。

Dsc00245 夕飯は日本語タウン誌で見つけた焼き鳥屋さん野球鳥へ。名古屋で修行された日本人がやっているお店。名古屋風の手羽先がおいしかった~。焼き鳥もいろいろな種類があってとまらなかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サンディエゴ~ラーメン・アザラシ・おすし

Dsc001191 週末にサンディエゴまで遊びに行きました。

サンディエゴはカルフォルニア州の南にあってメキシコとの国境まで30㎞ほどなんですって。

南国っぽくやしの木が街路樹の定番です!気候も暖かく昼間は半袖でもOK!最高!

Dsc00117ランチタイムが迫っていたのでまずは日系スーパーMITSUWAのフードコートにある山頭火へ。

これまで大人用のらーめんからとりわけで息子に上げていたのですがこのたび初のMYラーメンをオーダー。しかも納豆ご飯つきがいいといって聞かない。ラーメンはミニサイズですがほとんど完食。恐るべき3歳児に成長しております。

Dsc00122 サンディエゴ観光といえば水族館が有名だけれど結構なお値段なので今回はパス!代わりにタダで見られる野性のアザラシをみに北へ30分ほど行ったリゾート地La Jollaまでいきました。太平洋を渡ってきたらしいアザラシがビーチで休憩しているところが見られます。かなりそばで見られますが保護のためにあまり近寄らないように刺激しないようにいたるところに看板があります。水遊びしたり浜辺で動くアザラシもいて結構楽しめます。お勧めです!

Dsc00143 夜はお寿司!

このあたりはウニの産地で有名!バフンウニですよ!てんこ盛りの軍艦巻き頂きました。サンディエゴで一番おいしいと聞くSHUSHI OTAにいったのですが確かにおいしかった~。お値段も雰囲気もそんなに敷居が高くないのがまたありがたかったです。ここでも息子は1/2うどん、鶏唐揚げ、サーモンの握り4貫を平らげました。ほかにも枝豆とかも食べてたなぁ。息子のこといえないくらい、親たちも頼みまくりですが・・・。サヨリ、エンガワ、キンメダイといったなかなかアメリカでお目にかかれないネタもあって幸せ。

あっという間の一日でした~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

結婚記念日

12月1日は7年目の結婚記念日でした。

アニバーサリーディナーならぬアニバーサリートラベルが恒例になってきているのですがそれは今週末から・・・・。って先週もバンクーバー行ってたんですが・・・。

記念日当日、突然決まったポトラックパーティ@家があったので特別なディナーを作ることもなく週末にお祝いしようと話していました。

夕飯は寄せ鍋。だんなさまの帰りを待っていたら、おおおおお!

Dsc00085 花束買ってきてくれました!!!初めてだわ。わーい。やっぱりうれしいものです。

息子にも結婚記念日とは何かを話してみたところ、「ぼく、ママのお嫁さんになるー!」といってました。まだちょっと難しいかな。

毎年この日に忘れることなくメールを下さる方がいらっしゃいます。

旦那さまの仕事関係の方で高齢ながらも現役で今もお仕事なさっています。若輩者の我々の結婚記念日を覚えていてくださって毎年暖かいメッセージのこもったメールを下さるのです。簡単なようでできないこういうこと。毎年、この日が来るとあの方のような優しさをもって年を重ねたいね、と夫婦で話します。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »