« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

息子とパパの成長

Dsc01033 もうすぐ4歳になる息子。誰に似たのかとてもとても慎重な性格で「石橋をたたいて、たたいて渡らない」タイプです・・・。

母としては歯がゆく思うことも多いのですが急かせば余計やらない頑固モノでもあるのでただひたすら時を待つのみ。

短い4年ほどの人生の半分に当たる2年は通っている水泳教室もやはり同じでしたが、やっと効果が出てきました。

もちろんベビークラスは私と一緒に入水で月齢を重ねるごとに進級していきますが3歳以降の子供のみのクラスになってからずーっと一番初めのクラスを受講していました。これ以降は年齢に関係なく一定のレベルに達しない限り進級しまんせん。後からはじめたお友達が遥か上級のクラスに進む中、初めての水に怯える子供とともに毎週がんばってました。

本人は水が大好きでパパとも毎週のようにプールで遊んでいるのにほとんど抱っこで離れたがらず飛び込みなんてとんでもない状態でしたがあまりに効果が出ないので水泳教室を変えたら効果絶大!!飛び込みも一人で泳ぐのも(って浮きを使わないとすぐ沈みますが)どんどんできるようになって遂に進級となりました。

最近英語もかなりわかるようになってきたのでその辺も理由かも知れません。ともあれ先日ダンナさまも一緒に水泳教室を見学して夫婦で涙目でした。

**********

今日はだんなさまのお誕生日!お祝いは週末にするとして、結構いい年!?になってきました。ホント30代は時の流れが早いですね。

Dsc01067 昨年来、だんなさまはそりゃもう、ゴルフ三昧で家ではゴルフ雑誌を読み、買い物行ってちょっと目を離すとスイング練習とまるでオジサンですがその甲斐あって、昨シーズンのGOLFER OF the Year 2008を受賞しました。トーナメントの優勝カップとともに10年越しくらいで回っているトロフィーを先日受け取りました。すごく立派なカップ&トロフィーで驚きました。(飾るところナイ)

ブログの趣旨に全く関係ないのですが旦那様たっての希望でブログにのせてほしいというのでUPします。

これが私からのお誕生日プレゼント♪

今年もゴルフに励むそうです。定年後のゴルフ三昧を今から楽しみにしているそうです。お付き合いできるように私も練習しないとなー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

LOVE マカロン!!

Dsc01065 マカロン大好き。

アメリカでは「マカルーン」と呼ばれるお菓子があるけれどミニバーガーみたいなサイズで固めのバリバリ食べるお菓子です。あまりメジャーじゃないけれど。

日本でお目にかかるような繊細な小さくって・・・なマカロンとは別物です。

というわけで繊細マカロンに思いを馳せつつフェルト教室でマカロンを作ってきました。

メレンゲとクリームそれぞれ好きな色を選んで作ります。なかなか地味な作業だったけれど3時間ほどで6つ出来上がりました。

どこに飾ろうかな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

餅つき大会、開催!!

先週のことですが・・・。

息子の幼稚園でお餅つき大会がありました!10家族が集まりアットホームに餅つきパーティです。

Dsc00990 父兄に一声かけたらすぐに3台集まった餅つき機。こういうものが家にあったりするのもアメリカ在住日本人家庭ならでは。

もち米を蒸すのもやってくれるんですね~。便利便利。

子供たちが蒸したもち米から餅を仕上げるのはかなり大変ということで米粒が見えるか見えないか暗いまでは機械にやってもらいます。

庭で待ち構える子供&父兄の前にDsc01005 先生が日本から持ち帰ってくださった(いったいどうやって・・・?)臼と杵で餅つきです。

子供たち順番にぺったんぺったんやります。

蓬餅も作りました。蓬パウダーを水で戻して混ぜれば蓬餅になるのです。簡単。そしておお、日本の香り!

Dsc01019 3.4歳児が丸めたお餅・・・。衛生面は目をつぶり(?)きなこ・あんこ・砂糖醤油で味付け。

かわいいお餅がいっぱいできました。

日本で生まれ育った私でも2回目の経験。日本から遠く離れたアメリカの地でお餅つきを子供に体験させてあげられる幸せを感じた一日でした。

日本の文化万歳!!次のイベントはひな祭りですねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バレンタインデー2009

遅ればせながら今年のバレンタインのこと。

14日は土曜日のため金曜に幼稚園でバレンタインカードの交換会がありました。“ST(聖)”と付くだけあって一応キリスト教イベントと解釈されるのか無宗教を謳う現地の幼稚園では“Freindship Day”と呼ばれてました。クラスみんなで男女関係なくお互いにカードやちょっとしたお菓子をプレゼントしあいます。

Dsc00799 2つの幼稚園に息子は通っているのでカードもたくさん用意することになりました。

カードを持っていく&持ち帰るための紙袋は息子のお手製♪

一生懸命作ってました。

中身も自分で作りたいところだけれど・・・手が回らず。

Dsc00794 息子の好きなGO! DIEGOのカードにキスチョコのバレンタインバージョンを添えました。

日本人的にはバレンタインはやっぱりチョコレートって気がします。

小さいキスチョコにピンク・赤・白のコーティングがされているチョコレートが小袋に入ってます。

袋ごとに微妙に入っている量が違うっぽい。さすがMADE in USAです。

息子が頂いてきたカードに添えられたお菓子の多くは飴でした。アメリカは今ピーナツバターにサルモネラ菌が見つかったとかでリコールが相次いでいるため例年以上に飴が多かったように思います。チョコレート×ピーナツバターの組み合わせのお菓子ってすごく多いんですよ~。

いっぱいお菓子を頂いて息子もとってもうれしそうでした。

Dsc01049私宛のバレンタインも頂きました!

当日REUNIONを果たしたお友達から地元のおいしいチョコレートを頂きました。

Christopher Elbowのチョコレートです。全米おいしいチョコレートランキング6位に入っているこちらのチョコレート、すごくおいしい!知らなかった!Dsc01051

アメリカらしからぬ繊細さと凝ったフレーバー。少しずつ大事に頂いているのですが今のところ右下の緑っぽい色のローズマリー風味のが一番ヒット!ありがとう!

そういえばだんな様からは特に何もないな・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Reunion@Disneyland!

Dsc00866 週末ロスのディズニーランドに行ってきました!

中西部に住んでいたときのお友達ファミリーと一緒に楽しんできました。

数日前の天気予報は雨でかなり青くなりましたが、あちらのパパさんはスーパー晴れ男さん。見事に快晴に恵まれました。ありがとうございます。命拾い。(我が家は雨系なので・・)

2日間遊べたのでディズニーランドともうひとつのカルフォルニアアドベンチャーを行ったりきたりして充実です。あちらのママさんはディズニーにかなり詳しいのですっかりおんぶにだっこで案内してもらった感じです。

子どもたちもだいぶ大きくなってきたので行く前から再会を楽しみにして、再会後しばらくはモジモジしてましたが最後にはすっかり打ち解けてhugしてお別れしました。成長したなぁ。

息子は100センチ以上の身長制限のためこれまでNGだったスペースマウンテンやビックサンダーマウンテンデビューを果たしました。親の心配をよそにとても気に入ったようです。だんだん男の子らしくなってきたと感じるこのごろです。

お馴染みのIt's a small worldが新しくなっていてこれまでよりいろいろな国がわかりやすくバージョンアップしていたし、 Toy Story Midway Mania!という的当てみたいなのが新しく登場してました。息子にも分かりやすくって楽しめたようです。

Dsc00965 Poohのアトラクション出口にあるおみせでかわいいスイーツがいっぱい売ってました。

マシュマロのチョコがけとかアメリカっぽいスイーツがいっぱいでした。おなかにゆとりがなかったので今回はパスしましたが見るだけでもかわいいです。プーさんのハチミツワールドに引き込まれた後に見ると甘いもの食べたくなります!

Dsc00915 夜は外に出て焼肉鶴橋で大盛り上がりでした。すごい量食べました。

お客さんはひっきりなしに来るし相当な有名店のようです。

お肉もおいしかったし最後の黒胡麻アイスクリームもおいしかった~。

Dsc00986翌日の夕飯にはラーメンすすって帰りました。

ロス界隈に7店舗あるという新撰組へ。いい意味で“普通においしい”とんこつラーメンです。

隣でアメリカ人が3回替え玉頼んでましたがそれはやりすぎだと思うけれど・・・。そぼろ丼もおいしかったです。

久々に家族ぐるみで楽しい週末を過ごしました。ありがとうございます!また次回を楽しみにしています!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Bunco Partyに行く

毎週行っているESLのクラスでバンコ・パーティがありました。

まずはサイコロを使ったゲーム、バンコを初めてしました。

ルールはえーっと・・・リンク張ろうと思いましたがわかりやすいのが見つかりませんでした・・・。

ひじょーに簡単にいうと、4人一組でテーブルに分かれサイコロ3つを振って得点を競うゲーム。

子供を夫に預け2時間ほど女性が集まり(男性もするのかなぁ)軽食片手におしゃべりしつつゲームをするというのが楽しみ方。実際アメリカ人と多くお付き合いがある方は定期的にBunco Partyしているらしい。最低3卓、12人くらいは集まらないと盛り上がらないので日本では住宅事情を考えると絶対はやらない。

だけど実際ゲームが始まると軽食をつまむ余裕もおしゃべりする余裕もナシ。スコア表担当になった時にはかなり真剣モードでした。でも5歳の子供もみんなに助けられながらプレイしてましたよ。要はサイコロふるだけだし。

3つのサイコロの目がすべて同じ目でそろうとbuncoというのですが、珍しくこの日は運が向いていたようで最多buncoで商品もらっちゃいました~。わーい。フォトフレームでした。

Dsc00772 楽しくあっという間にゲーム終了。皆さんで持ち寄った食べ物でランチ。

我が家の男性陣に不人気のため作らない卵豆腐があって久々の味に癒されました。

Dsc00773 私は例のブレッドプリンを作って行きました。

砂糖を減らしているとはいえさすがアメリカンレシピ!アメリカ人の先生方にめちゃくちゃ好評でした。日本人にはちょっと甘めなんですけどね。

今回もアメリカンカルチャーの発見があって面白かったです。

日本的なやさしい甘さのカボチャプリンがあっておいしく頂いていたのですが、アメリカ人の先生方のお話を小耳に挟んでしまいました。

A先生:それ何?

B先生:黄色いからカボチャだと思うけれど・・・・

A先生:おかず?お菓子?

B先生:わからないわ。

よく日本のレシピで作ったお菓子をアメリカ人に振舞うと甘さが足りず「ナニ?」って顔されると聞くけれど目の当たりにしました。

あとバナナブレッドってありますよね。バナナパウンドケーキと何が違うのだろう、なぜブレッドというのだろう?と常々疑問に思っていたのですが先生作のバナナブレッドを食べてわかりました。

バナナブレッドがサンドイッチになっていて間にバターが挟まれている!!

パンの間にバターが塗ってあるのは普通の食べ方だわ。

英語以外でも発見いっぱいのESL。いつも勉強になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

季節はずれのパネトーネ

Dsc00761 イタリア発祥のクリスマスによく食べられるパン、パネトーネ。イタリアにしかないパネトーネ酵母を使ったブリオッシュ生地にドライフルーツなどが入っていてクリスマスシーズンに少しずつ食べていくそうです・・・・。

William's Sonomaの中でもかなり有名なこのパネトーネ。1000g入りで直径25センチ・高さ12センチ位ありそうなそれはそれは大きなパンですがお値段40ドル近くするのです。

いくらなんでもパンに40ドルなんて!

ちょっと無理・・・。

じーっとセールを待ってました。クリスマス後の26日からちょっとずつ値が下がっていき半額くらいまでは行きます。以前はこの値段で買いました。$20でも十分高いけれど。

パネトーネのことなんかすっかり忘れていた1月中旬、ふらりとお店を覗いたらなんと$40のこのパンが$7.95!!

驚愕の割引に即効買いました。


栗がいっぱい入っていることと赤い缶が最高にかわいい!

パンそのものはそのまま食べるには甘いですがフレンチトーストにしたりブレッドプリンにしたりするとおいしい。

日持ちするのでブレッドプリンばかり作っています。

景気悪いんだな、とこんなことで感じております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »