« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

WBC観戦@日米テレビ

WBC日本優勝おめでとう~!!

日本での大盛り上がりが想像できますが、我が家も盛り上がりましたよ!!

スポーツ専門チャンネルではしっかり放送していましたが一般的にはあまり受け入れられていないみたい。というかスポーツイベント全般にいろんな大会に一喜一憂というより優勝したら「アメリカ万歳!」って騒ぐ感じ。広いからね・・・。今回はサンディエゴ・ロスで試合だったし野球大好きのダンナさまは行きたがったけれど直前までカードがわからないだけに断念。結果的には行けばよかった!

日・月の準決勝・決勝は遊びに来ている母も含め大盛り上がりで観戦しました。

実は我が家、最近「快適日本生活」レベルを手に入れたのです。インターネット経由で日本のテレビをすべてリアルタイムで見られるサービスに加入したのです。普段は時差もあるので録画したものを楽しんでいます。というわけでドラマもニュースも遅れることなく日本とほぼ同じタイミングで楽しめるようになりました。

ただ我が家のネット環境&PC自体がいまひとつのため動画は粗いしたまに固まることも・・・

観戦にあたり画像はいち早く楽しみたいのでアメリカの普通のテレビで、実況をふくむ日本っぽい盛り上がりも楽しみたいのでPCも。と欲張りな観戦でした。

そしたら変なことに気が付きました。

Dsc01300 バッター後ろの広告に注目。

奥のアメリカのテレビはAQUAFINAというミネラルウォーターの広告。

手前日本のテレビは「アサヒSUPER DRY」ビールの広告。

どいうこと!?もしかして韓国での放送ではハングル語の広告が映っているのでしょうか?

すごい技術だ~。マリナーズのイチローが打席に立つとき大抵日本語の広告が出ているように思ったのだけれどもしかしてそれは日本の番組だったから??

それにしてもいい試合でしたね~。

韓国とはホントいいライバルですね。強かった!

試合後、日本の選手達がチームメイトを称え合っているのが美しく、とてもいい気分になりました。久々にみられた饒舌イチローもよかったなー。

まだ興奮冷めません!

ほんと勝ってよかった~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Birthday Party

週末、息子のお友達を呼んで4歳のお誕生会をしました。

Dsc01142 アメリカの子供のお誕生会は日本より派手かつ大規模。お友達の誕生会に呼んでいただく度に自分の誕生会への夢を膨らませていた息子。

ずっとずっと前からすごーく楽しみにしていました。

誕生会といってもいろいろなスタイルがありますが今回は本人希望により誕生会の定番スポットで15人のお友達を招いてお祝い。

お出しするジュールやスナックの買出しも結構な規模です。

Dsc01151 会場は日本語でなんと言うのでしょう・・・?inflatable houseとかboucy houseとかいわれる空気の入った滑り台等で遊ぶ・・・ひたすら飛び跳ねる遊び場。

写真はちょっとしか写っていませんがいろいろな種類があって大汗かきながら1時間ばかりひたすら跳ねまくり。大人も入れるので一緒にジャンプ。大人は数分でギブアップするほどの運動量です。子供の底なしパワーを感じることができます。

Dsc01147_edited 散々遊んだ後はパーティルームにうつってピザをつまみ、みんなでケーキを頂きます。

本当は手作りケーキ・・・といきたいけれど人数が人数だし今回はスーパーでオーダーしたアメリカンケーキでお祝い。とことんアメリカンスタイル。

35×25センチ以上あるケーキを子供と大人合わせて30人以上で分けていただきます。

息子の希望通りミッキーマウスのケーキ。滑り台とかピタゴラスイッチとかが大好きな息子にぴったりのジェットコースターにのるミッキーマウスの飾りを何とか見つけたので乗せてもらうよう頼みました。アメリカではミッキーマウスは人気ないので(古臭いらしい)探すのにも苦労しました。ちなみにケーキは$33。アメリカらしく激甘でしたがこっちにしてはそんなに甘くないのを選んだつもり・笑。

最後にお友達から頂いたプレゼントをこれまたアメリカンにビリビリ包装紙を破きながら開けて、大喜び。

Dsc01144 最後にgoodie bagといわれるちょっとしたお土産を差し上げてお開きとなります。

ここまでの全工程1時間半!

アクシデントが合ったりバタバタのうちに終わりましたがお友達も喜んでくださったようですし、何より息子が大喜びの大興奮でした。

たった4歳の息子のために多くの方に集まっていただける幸せ。その凄さに息子はまだ気が付いていないようですが、楽しかった思い出は覚えていてくれるといいな~。

後は写真を焼いてお礼のカードとともにお渡しすれば一連の企画が完了です。

明日は誕生日当日。いよいよ4歳。感慨にふける間もなく記念行事が続きます・笑!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本の味、堪能。

Dsc01106 日本から母が遊びに来てくれています。

毎回いろいろリクエストして日本の味を持ってきてもらいます。

アンパンマンのふりかけから一度送ってもらって以来気に入っているSadaharu Aokiのクッキーといったぜいたく品までいろいろ持ってきてもらっています。

中でも一番楽しみにしているのがウナギ。お土産用で売っている真空パックのウナギではなくデパ地下で売っている今夜のおかずにそのままなるタイプのウナギです。

アメリカでも「ウナギ」はお寿司屋さんでも食べられるしアジアスーパーに行けば手に入ります。ただ、ものによっては一人前$2とか危険な香りがするものまで売っています。ネットでいろいろ調べるとアメリカ在住の人で原因不明の手の痺れがでてどうやらその原因はこのあたりにありそう、とかいう話が結構出てきます。真偽はなぞですが怖いので私は普段食べないようにしています。

「食べられない」ジレンマは「すっごく食べたい」欲求に繋がっているわけで一度味をしめて以来、出発前日に母にデパ地下に行ってもらって到着した夜は鰻丼を堪能します。

やっぱりすっごくおいしかった・・・。幸せ。

Dsc01113 あともうひとつは「生そば」

乾麺はもちろん手に入りますがやっぱり生の蕎麦は違う。てんぷらいっぱい作っていただきました。

****

というわけで、お買い物に食い倒れに東方西走の毎日です。

息子もいろいろわかるようになってきているだけにバーバに見せたい物・ことがありすぎて、興奮しきりです。

毎日にぎやかに楽しくやってます。いろいろお土産下さった方、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近入手のおもちゃ!?・・flip

Dsc01103だんなさまが電気屋さんで買ってきた“ flip”

小型簡易ビデオカメラです。文庫本と並べても写真のような小ささでケータイとかデジカメと同じようなサイズです。お値段は100ドル台らしい。

画素は若干粗いもののボタンひとつで最大60分まで撮影可能。バッテリーは電池!

USBで直接PCと接続できてメールやYou tubeに撮った動画をupできます。

じーじばーばがいらっしゃる日本から離れて暮らしているので孫の近況を動画で手軽に送れるのがいいです。

ちゃんとしたビデオカメラも持っているけれど結局大げさすぎて持ち運びが面倒だったり、ネット上で動画を送るには重過ぎるしで我が家で記録として保存するだけにとどまってしまったのが現状。

flipの手軽さだとちょっとした最近の様子や日本から送っていただいたもののお礼などの映像を撮影してメールで送っています。

シンプルを追求して本当に必要な機能だけを集めたらこんな感じだった、ということでしょうか。なかなか便利で無駄なコードやらもないので気に入ってます。

*****

ところで写真と一緒に映っている東野圭吾さんの「殺人の門」最近読んだのですがイライラしまくりで読み終わるまで息子に八つ当たりするわ悪夢は見るわ、面白くてって途中でやめられないのだけれど精神的によろしくなく非常に困った作品でした。

わるーい幼馴染のせいで人生が何度も狂わされる主人公。幼馴染を殺そうと決心するくせにいつまで経っても実行に移さず、また幼馴染にだまされ続ける・・・。

「早く殺してしまえ~」と真剣に思う危険な状態になりました。

未読の方はお暇な日を一日この本用に使って一気に読むことをお勧めします・笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

息子のMY BED

Dsc01080 ベビーベットを卒業以来、私たちのベットの横に息子用の布団を敷いて寝かせていました。

まもなく4歳の息子、「4歳から一人で寝る」そうです。

3歳のお誕生日を控えていた昨年も「3歳になったらひとりで寝る」と豪語していたものの当日近くなって泣き落とし作戦され、同じ部屋で寝ていました。

教会や御守りなど見るたびに手を合わせては「一人で寝られますように」とお願いしていた息子。4歳を前についにMY BEDを買ってもらい、MY ROOMを手に入れました。

IKEA(アメリカではアイケアと発音するけれど、なんとなくしっくりこないのは私だけ・・?)でフレームとマットレス、息子に布モノの柄を選ばせて週末に組み立てしました。

夫婦でどうなるかとはらはらしていましたが意外とノリノリで「自分のベット~♪」と盛り上がり寝ることに。でも「まだ3歳だからママも一緒に寝てね」と言われ寝付くまで一緒に横になってました。

夜、いつも息子がいる私のベットの横には誰も寝ていない布団があって成長を喜ぶ反面、ちょっと寂しかったなぁ。

でも結局夜中に猛ダッシュで私たちのベットにやってきて結局3人で寝ました。

そんなことが毎晩続いています・・・。4歳になったら絵本タイム終了後「おやすみ」といって部屋を出るつもりだったのですが・・・できるんでしょうか、特に私が。

親は親で寂しがって夜走る音がすればなんとなくニヤニヤしてます。

早く成長してほしいと思ったり子供のままでいてと思ったり大人は勝手。

いつか構ってくれない日が来るまでもう少し、楽しませていただきます。ホントに一人で寝るというまで一緒に寝ようかなー。子離れできない。。。。。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »