« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

Amish Friendship Breadをつくる

P1000866 アーミッシュ・フレンドシップ・ブレッド、ご存知ですか?

アーミッシュの人たちしか知らないパンの種、すなわち酵母?だそうです。チェーンレター的に人の手から手へわたっていく代物。一度もらうと3人に分けられてねずみ講式に広がっていきます。でもチェーンレターみたいに回さないと不幸が・・ということは全くなくおいしいものを広めていくイメージなのかな。私もお友達から頂きました。(詳しいことはwikiでも調べてください)

前の人がパンを焼いてから途中小麦粉等を足しながら10日間発酵させてめでたく、やっと、パンが焼けます。

P1000921 今日がその日でした。タネから各1カップ、自分の次回分とお友達3人に分ける用、計4カップを取り置いて残りを今日焼くわけです。

結構な量のタネ。発酵するので増量するわけです。これにさらに粉は2カップ(日本で言う3カップ分くらい)だし砂糖もたーくさん。そんなに作っても食べきれないしどうしたものかと思ったけれどさりとてまた今度、と取っておくこともできないのです。

まあ焼いてから冷凍すればいいやと今日はレシピを参考にして全量焼くことに。

P1000923 でも砂糖を半量にして、一部はワッフルメーカーで焼き、一部はチョコレートとマロンを入れてパウンド型に。残りはナッツ・レーズン等を入れてマフィン型に入れて焼きました。

砂糖半量作戦が成功し、甘さ控えめのおいしいものが焼きあがりました。

P1000927 パンというよりパウンドケーキのような感じ。おやつですね。でもどれも予想以上においしい。悪くないじゃない~。おすそ分けしたくなる気持ちもわかります。

でもこれを10日置きに焼き続けるのは結構厳しいものがありますねー。どんどん増えるし。ヨーグルトきのことかと同じで飽きたところでサヨウナラってことになりそうですが・笑。

中のふわふわ部分よりカリッと焼けたところの方がおいしかったのです。抹茶入れたりもおいしいらしいので10日後やってみようかな。

もらった酵母(スターターとか言うようですが)を一度ダメにすると再び誰かからもらってこないと作れない、と説明書きにあるのですがネット検索すればスターターの作り方がいっぱい出てきます。興味ある方は作ってみてくださいませ。結構おいしいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Enjoy Strawberries!!

P1000818 U-pickでいっぱい採ったおいしいイチゴ。

日本の物ほど繊細ではありませんがすぐ傷んでしまうのでなるべく早く加工して存分に旬のイチゴを堪能します!

写真左の小瓶。こちらはあまりの酸っぱさにどうにも減らないトレジョのホワイトバルサミコに砂糖とイチゴを数日つけておいたストロベリービネガー。

キレイなルビー色がたまりません。早速使ってサラダ。

P1000833 ルコラ・クレソン・白桃・イチゴをディジョンマスタードとポピーシードのケシの実入りドレッシングであえました。

ストロベリービネガーと本物イチゴのダブル使いです。

中央2瓶は、母レシピのイチゴシロップ。アメリカで作るのは2回目です。今年は花粉症予防で飲んでいるヨーグルトドリンクに入れたりしていますが、本命はカキ氷用のシロップにしようと思ってます。

息子にはあまりに優しい色使いに不評ですが。お店で売っているのは無果汁ですからねー。一緒にしないでほしいです。

一番左端の瓶は初トライの自家製イチゴ酵母!イチゴがかぶるくらいのミネラルウォーターと蜂蜜少々、そのままだと発酵が弱いと聞いたので先日作ったレーズン酵母も入れて。

キレイな赤い酵母液ができました。紆余曲折の自家製酵母で焼くパン。失敗も多いけれど少しは上達してきたかな。

P1000828 レーズン酵母で作ったものより茶色っぽい色の仕上がりになりました。捏ねている間のあまーいイチゴの香りは最高でしたが焼いたらそんなにイチゴっぽくなかったのが誤算といえば誤算。でも美味でした。

P1000835 残りのイチゴでちょっとだけ簡単ジャム。お砂糖控えめで持ちは悪いですがきれいな赤。こちらは好評ですが洋服にこぼすと結構とれにくい。

後は冷凍庫へ。数ヶ月は持つそうなのでスムージー・ババロア・アイスクリーム・チーズケーキ・・・。まだまだ楽しめます。

と、一通りイチゴを楽しんだところでシーズンもおしまいになりました。

P1000850昨日最後のイチゴ狩りに行ったらラズベリー狩りの初日でした。

ラズベリーはベリー系の中で一番好き。こちらのラズベリーは甘くって別物みたいなお味です。さて次は何を作ろうかな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

息子の初めての遠足

息子、本日人生初の遠足に行ってきました。

遠足といっても日本みたいに大掛かりでなくふらっと近所にイチゴ狩りに行くかんじです。親も付き添いなし。

遅ればせながら本日私、やっとデビューできました。

「園ママのお約束お弁当つくり!!!」・・・・っていうほどか!?

週に何度かはお弁当作ってお友達と公園で遊ばせながら食べているのだけれどね。アメリカ人の前で私不在で手製のお弁当を食べるのが初です。

アメリカ人のこの手のお弁当は非常に簡単。PB&Jといわれるパンにピーナツバターとjellyというジャムを塗ったサンドイッチにジュース、ベビーキャロットやセロリスティックとかが付けばいいほうでチョコチップクッキーとかポテトチップスの小袋とか。そんなものです。

幼稚園からのお知らせにはnutritous lunchを持ってくるよう書いてある。若干プレッシャーを感じるけれどこうかかないと本当にポテチだけとかそういう子が出てくるらしい。

そしてアレルギーのある子もいるのでピーナッツものは禁止と書いてある。日本の幼稚園もこういうことは厳しいのでしょうか?

P10008021息子はおにぎりがいいといったけれど新しく通い始めたばかりの幼稚園でオニギリを食べさせるのもなんとなく気がひけてアメリカンなランチ。

チーズとハムのサンドイッチとりんごジャムのサンドイッチ。みんながお菓子食べてたら可哀想かしらとクッキーちょっと。と麦茶。

ホイルに包んだらあけられないかな、とかziplocはあけられるだろうか、とあれこれ悩みました。

サンドイッチの具を先につまんだり中身だけ落っことしたりするので何か策はないかとおもっていたのですが最近いいこと思いつきました。

厚めにパンをきって真ん中に切り込みを入れポケット状にして具をつめる。ピタパンの要領です。ホームベーカリーでパン焼くのはいいけれどサンドイッチ用に薄く切るのも手間だったので一石二鳥です。

結局、息子は大食漢なのでフツーに完食して帰って来ました。うれしい・・・。クッキーが少し残っていて聞いたら「時間なかったよ」とのこと。ランチはサラリと短時間で食べるのがアメリカ流のようです。

P1000820_2 イチゴ狩りは楽しかったみたい。憧れの黄色いスクールバスに乗ってファームに行き、試食もたくさん、お持ち帰りもたくさんでした!

ちゃんと母の言いつけとおり赤くってきれいなイチゴを採ってきてくれました。

このイチゴを使っていっぱいお料理開始です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏は忙しい。

他の季節は雨&どんより空のこの町ですが6月から8月までの夏はさわやかな晴天の日が結構多いこの町。住民たちはこの季節のために後の季節耐え忍んでいる・・・。

というのは大袈裟だと思うけれどこの季節になると皆さん尋常でなくアクティブになります。「遊ぼう遊ぼう」とみんな気合が入る・・。

短い夏を謳歌すべく日々、出歩くのです。

P1000632 かなりお肉焦がしましたがBBQパーティしたり。

P1000781 ポトラックパーティ行ったり。

P1000747 今一番おいしいと評判のお店にブランチしにいったり。

公園やゴルフ等々外遊びの企画もここぞとばかり目白押し。ちょっと疲れ気味だけれどね・・・。

P1000723 自家製酵母の研究も続いてます!ホントの所は失敗続きなのだけれど。

今のところがんばってます。

写真はルバーブと洋梨のジャム。お砂糖控えめの自家製です。ルバーブ特有の酸味がありますがなぜか息子が気に入って毎日食べてくれてます。

焼いたパンを食べてくれるのは息子だけなのでありがたいです。

9月から新しい幼稚園に行くことになっている息子。それに先駆けてその幼稚園のサマーキャンプに参加中です。親の心配をよそに初日から気に入った様子で通ってます。

旅行に遊びに忙しい夏がいよいよ始まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イチゴ狩り2009

P1000737 今年もシーズンがやってまいりました!

フルーツ狩り♪トップバッターの苺が今、旬です。

息子と二人でいっぱい収穫しました。

去年のイチゴ狩りでは取っては食べての繰り返しでお持ち帰りの概念がつかめていなかった息子。今年は「未来を考えて」後で食べる用のイチゴもちゃんと収穫してました。勢い余って青いイチゴを採ったりもしなくなったのにも成長を感じます。P1000740

今回は2キロほどを5ドルちょっとで持ち帰りました。

家から10分ほどの農園なので在庫がなくなると1パック分くらいを採りにきていたのですが今年はイチゴプロジェクトがいっぱいあるので初回から結構多めに収穫です。

早速帰って仕込んだのは、最近マイブームの自家製酵母つくり。イチゴの香りがするパンを食べるのが楽しみ・・・。

あとはイチゴビネガー。とてもすっぱくってこのままでは使い様がないホワイトバルサミコ酢に漬けてみました。色は早速赤くなっているけれどおいしくなるかな?

最後にイチゴシロップ。このシロップで食べたいものがあるのです!それは完成したらまたご報告します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自然のめぐみ

P1000628  家庭菜園してます。

周りの皆さんが育ててて豊作だったから、とおすそ分けがよく来るトマト。そんなに育つなら私も参戦です。実は苗はお友達に分けていただいたのですけどね。

左の緑のコンテナはサラダミックス。昨年外でレタスを育てあまりのアオムシさんに閉口だったので今回はキッチン菜園。間引きしながらちょっとずつサラダに混ぜていただいてますがいい感じです。P1000707

お庭に畑を作りたいのだけれど賃貸なので断念。鉢でがんばっています。

昨年育ちすぎて大変だったシソ。去年のこぼれ種から芽がでてそのまま育ててます。

紫蘇に限ったことではないけれどアメリカで育てるとなぜか大味でビックサイズに育つ野菜たち。紫蘇の香りは2年目はまだ大丈夫そうです。

ほかにもラディッシュ・ナス・きゅうり・小松菜・モロヘイヤ・ネギ・水菜やハーブも作っています。大収穫になるといいけれど。

P1000716  もともとお庭にある果実もいい感じ。

去年2個しかならなかった黄桃。今年はいっぱい実がついてます。

とおもったら鳥・リスに狙われすでに半分ぐらい食べられました。

こちらに住みだした当初「かわいい♪」とおもっていたリス。今となっては絶対許せない。天敵です。

昨年同様残った中から大きくなりそうなところに防護用の布を被せました。去年すごく甘かったので是非食べるところまで漕ぎ着けたい!

今イチゴが赤くなりつつありますがこちらも昨年同様ナメクジにほとんど食べられています。

まだ完熟ではないけれど完熟まで待つと食べられちゃうしで息子は毎日チェックしてはちょっと赤くなると「食べていい?」ばかり。去年はもう一日と待たせてナメクジに総取りされたので今年はどんどん許可。赤くないけれど食べれば結構甘い。完熟になったら凄いあまさなのかなぁ。

自然に囲まれた豊かな大地の恵みを満喫しています。

といいたいけれど弊害もひとつ。

P1000734 花粉症です。

3年この地に住んで花粉症にならなければ一生ならない、とよくきくけれど3年目にしてついに本格デビュー。もともと花粉症のダンナ様に加え、齢4つの息子まで苦しんでいます。

にっくき花粉めっ!

日本では処方薬のようですがこちらでは市販で買えるクラリチンという薬でかなり助かっています。よく効く。

ほかにも体質改善というか効くといううわさのケフィアヨーグルトを飲んだり地元産の生の蜂蜜をなめたりしております。多少は効いているのかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初トライ!自家製天然酵母でパンを焼く

P1000703渡米時に自家製天然酵母の本を持ってきていたもののデビューせずに3年。ついに自家製天然酵母起こしました!!

オイルコート無しのレーズンでつくるのですがオイルコート無しか有りか、アメリカのレーズンにはあまり表示されていないため二の足踏んでいました。(言い訳)お友達と一緒にやろうと盛り上がったらすぐにお友達がCOSTCOで見つけてきてくれました。しかもオーガニック。すばらしい。

消毒した瓶に湯冷ましとレーズンを入れ待つこと4日目。写真のようにちょっと泡が出てきて日向に数時間放置したらブクブクと発酵の泡が。

P1000704 早速レーズンを取り除き自家製天然酵母の出来上がり!

思いのほか簡単でびっくり!アルコール臭というかチリチリとした匂いがします。元気な酵母くんみたいです。

そして今日は気楽なお客様があり一日家に入ることになっていたのでチャンスとばかりパンも焼いてみました。

普通は酵母液に小麦粉を入れたりして酵母種をつくってからパンを仕込むのですが、酵母液と小麦粉等々を普通に捏ねていくストレート法という簡単な方法を見つけたのでこちらで挑戦。

P1000719 最初べたつきますが(バター入りのレシピなので)すぐにツルツルのいい具合の生地に。初挑戦なので今回は手こねでやりましたが機械でも全く問題なさそう。

P1000720 3.5時間ほどで一次発酵完了。快調です。

さらに分割・ベンチタイム・成形を経て二次発酵。2時間ほどしてかなり膨らんだのでOKとしましたが焼き上がりから見るにもう少し発酵させたほうがよかったみたいです。

でもできました!

P1000722 シンプルな丸パンですがレーズンの香りがします。お砂糖ももちろん入っているけれど独特の甘み。ホシノの酵母ともまた違います。遊びに来ていたお友達と早速試食。ベビーちゃんも喜んで食べてくれてとてもうれしい。

これからこちら、フルーツのおいしい季節になります。おいしい生のフルーツの自家製酵母でパン焼いたら・・・妄想ふくらみます。

こんなに簡単なら早くやればよかった♪しばらくはまります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島焼きをご馳走していただく

広島出身のお友達に前からお願いしていた広島焼きの作り方講座。ついに実現しました。

P1000622 小麦粉を水+出汁でクレープ生地くらいの硬さに伸ばす。こちらをホットプレートでクレープみたいに焼く。

かつお節をちょっと振って千切りキャベツ・もやし・焼きそば・ネギを載せて、つなぎようにちょっと小麦粉の生地をかけて薄切り肉を載せる。そして気合で裏返し!

キャベツがしんなりしてきたら、卵もクレープみたいに黄身を崩しながら焼いて、その上にのせる。完成!!

おたふくソース・かつお節・青海苔・マヨネーズをかけていただきました。

すっごいおいしい!!普通のお好み焼きは小麦粉がいっぱいでおなかにずしりと来ますがこちらのほうがライトでいいです!気に入りました。

家で作るには・・・。ホットプレートがないわー。まずはフライパンで試してみたいです。とりあえずおたふくソースを入手するところから!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー観戦にいく

P1000692 アメリカの球技といえばアメフト・バスケ・野球がメジャーですが・・・週末サッカー見に行ってきました。

アメリカではサッカーはどちらかというと女子のスポーツって言うイメージだし、もっとカジュアルな(?)雰囲気かと思いきやスタジアムについてびっくり。かなり本格的でした・・・。(かなり失礼な発言ですが)

実は元日本代表の鈴木隆行選手が今地元のチームでプレイしています。詳しくないのですがトルシエ監督時代に活躍されたようですのでかなり盛り上がっていましたよね。今回は対戦相手にこちらも元日本代表・平野孝選手もいるとのことで日本人対決も見られるかも・・・?とちょっと期待しての観戦です。

P1000674残念ながら鈴木選手は後半の最後10分くらいしか出場しませんでしたが得点にはならなかったけれど見せ場もあり満足です。試合もとりあえず地元チームが勝ちました。

鈴木選手はいかにもサッカー選手っぽいロンゲのお兄さんですが、地元の日本人界ではすこぶる評判がいいのです。私もパーティでご一緒する機会があったのですが、盛り付け手伝っていらしたりしてとても感じのいい方でした。

日が長くなって21時ごろまで薄明るいのでビール片手に気持ちいい時間をすごせました。

短い夏、楽しまなければと変な強迫観念に支配され日々すごしてます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »