« 秋ですね~ | トップページ | ふと気づけば日本ではありえないこと »

栗拾い

「学校の校庭に大きい栗の木があるから栗拾いに行こう」

お友達に誘われて父兄のふりして学校に潜り込みました。

校庭には1本だけなのですがとても大きい栗の木がありました。栗拾いの間も「バサ。」っと音がして栗のイガが落ちてきます。あたらなくてよかった。

イガがはじけて栗が飛び出してそこら中に落ちてます。

西洋では飢饉のとき栗粉をおかゆにして食べたそうで我々の「秋の味覚」といった趣もなく拾っている人はいません。

アジアンスーパーに行くと売っていますが普通のスーパーではサンクスギビングの頃ターキーにつめるスタッフィング用として瓶に入ったものが売られていますがあまり見かけません。

P1020718 栗は甘栗くらいのサイズ。アメリカ種は以前病気が流行ったそうでほとんど全滅しているとネットで見ましたがこれはどういう種類なのやら。

これ以上拾っても食べきれないと思ったところで帰ってきましたがまだまだいっぱいありました。

散々おすそ分けしてから重さを量ったら5キロ近くありました・・・。(タダだからって)拾いすぎ。

さて、どうする、この栗。ネットで調べたら3日ほど冷蔵庫で保管してから調理すると甘みが増すとか。

あまりの量に一気に加熱しても剥く作業が追いつかないと踏んで2日目くらいからちょっとずつ焼いては剥くの繰り返し。ちょっと包丁で切り目を入れて400Fのオーブンで25分くらい。栗が小さいので生で剥くにはちょっと怖くって・・・。

P1020724 剥いて剥いて剥いて。昨日はほとんど1日剥いてました。自分の根気(食欲?)に驚いた。

いくつあったのかしら。写真の鬼皮はほんの一部ですがもう当分栗は剥きたくないです。

腱鞘炎っぽくなってます。

肝心のお味は日本のものに比べホクホク感は控えめ。栗のねっとりした感じがあまり好きではないのでこちらのホロホロの甘い栗、好みです。

さてこれらの栗さん、一部はなんちゃって渋皮煮に。栗が甘いので砂糖控えめで。持ちは悪いけれど汎用性も広がるので使いやすそうです。

渋皮煮の煮崩れた分をフードプロセッサーで砕いて生クリームを少々入れて・・・。

めちゃくちゃおいしいモンブランのクリームみたいなのができました。自然の恵みに感謝。

今週、お集まりがあるのでこの栗を使って何か作っていこうと思ってます。パウンドケーキかモンブランか・・・迷います。

|

« 秋ですね~ | トップページ | ふと気づけば日本ではありえないこと »

お菓子」カテゴリの記事

アメリカ暮らし」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

すごいわねー。この栗の量はんぱじゃないわ。
よくぞ一人でこつこつと剥いたこと!感心。
モンブラン頂きたいわー。とても美味しそうね。

投稿: yoyoba | 2009年10月12日 (月) 21時03分

結局モンブランまで行き着いてません!
今日やっとパウンドケーキにして差し入れにしてきました。
後は冷凍庫へ。
ナニを作ろうか・・・。

投稿: yoyobaさまへ | 2009年10月21日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49202/31752841

この記事へのトラックバック一覧です: 栗拾い:

« 秋ですね~ | トップページ | ふと気づけば日本ではありえないこと »