« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

オリンピックにイライラ

バンクーバーオリンピック、皆さん見てますか。

今回は大好きな街バンクーバーだし、開催地と同じタイムゾーンに住んでいるのでリアルタイムで楽しめる、とちょっと楽しみにしていました。

日本ではテレビ局各社が競技毎に放送権を買って放送しますよね。開催地にもよるけれど人気の競技はリアルタイムでその気になれば一日中オリンピック番組をハシゴすることも可能ですよね??

が、が、

アメリカでは某巨大局が放送権をすべて持ってます。昼間はいつもどおりの番組を放送。情報番組にメダリストが出たり注目の選手の紹介等々ありますが基本アメリカの選手。(これは当然といえば当然だけど)

放送権を一社が牛耳っているので他局は通常の放送。オリンピックの「オ」の字もできてません。

競技内容をじっくり見られるのは夜のゴールデンタイムのみ。一気に放送。「より多くの視聴者にお楽しみいただくため」だそうですがスポンサー都合に違いない。

バンクーバーはアメリカ西海岸時間と同じですが、リアルタイムで放送なんてせず全部録画。編集しまくり。

基本、東海岸時間(西より3時間早い)にあわせて放送。東のゴールデンタイム(視聴率がいっぱい取れる時間)西海岸はまだ夕方。なので先ずは東海岸で先に放送。その2時間後西海岸で同じ番組を放送開始。

同じタイムゾーンで繰り広げられる熱戦を誰よりも最後に見る羽目になる西海岸の人々!!ひどいっ。

浅田真央ちゃんのメダルがどうなるかをとても楽しみにしていたのですが・・・・

先ほどYahoo!ニュースで銀メダルと知りました。今、私は悶々としながらオリンピック番組視聴中に書いてます。

まだ真央ちゃん、滑ってませんっ。

20時から特番が始まってますが競技を一つづつ見せるのではなくちょっとずつ数種の競技を見せて番組を進めていくのです。フィギュアを1人見るとスピードスケートになり、スキーになり・・・・。

20時から見てまだ女子フィギュア2人しか滑ってない。(今22:30)

これまでもずっとこの方法で放送していたそう。でもまったく問題になってなかったそう。

なぜ???ありえない。

競技そのものは見れますが、会場の緊張感とかぜんぜん伝わってこない。

非常にイライラ。

先日の男子フィギュアも結局上位に入る選手がすべる時間まで起きていられず見られなかったし。

ああ、愚痴りました。

うーんでもやっぱり納得いかない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バレンタインデーと最近の幼稚園生活

P1040194 バレンタインデー、今年もやってきました。

アメリカでは子供たちの一大イベント。クラス全員でカードやお菓子の交換をします。

ハロウィン、クリスマス、バレンタイン、イースター・・・の各イベントに加えお友達の誕生日会などアメリカの子供は本当に甘いものを手にするチャンスが多い。

かなり間引きしているのにいまだにハロウィンのお菓子が手元に残っているのにまたいっぱいもらってきました。

英語の幼稚園ではパーティも同時開催。親も自由参加だったので入ってきました。ハート型のクッキーにアイシングで各々デコレーション。これらの材料や紙ナプキン等々のパーティグッツ、先生が親に寄付を募ります。寄付したいのですがいつも私が行く頃には全部に名前が入ってしまってます。こういうところはアメリカのとてもよいところといつも思います。

P1040249 最後に子供たちが“I wish・・・・”で始まるそれぞれの願いを紙に書き風船で飛ばしました。

「アイスクリーム食べたい」とか「おもちゃ欲しい」等の物欲系が多数でかわいいです。

なかには「死んでしまったペットにもう一度会いたい」といった泣かせるのもありました。息子は「かっこいいタクシードライバーになりたい」そうです。

そんな話一度も聞いたことないけど・・・へーってかんじでした。

今年の9月からキンダーの学年になる息子。日本で言う年長ですがアメリカではこの学年から小学校と同じ校舎で義務教育となります。6月まででこのクラスも終わりになるので幼稚園での時間の使い方もだんだん高度になってきました。

P1040197 先月から宿題もぽつぽつ出るようになり、今月は”What's inside?”というテーマで普段、中が見えないものについて勉強しています。人体図を書いて肺・心臓・すい臓・・・みたいなことを勉強してみたり、コンピューターを壊して中をしらべてみたりしています。日本語の幼稚園ともまた違う方針なのでいい刺激になっているようです。英語も自信が出てきたようで以前より話がわかるようになったのが様子を見ているだけでもわかります。

学年のはじめにアルファベットの書き方は一切教えませんと先生が断言していたのでこのままわからないまま終わるかな、と思ったけれど気がついたら大文字も小文字も大体かけるようになっていて驚くばかり。一生懸命おしえているひらがなの覚えの方がよっぽど怪しい。いずれ日本に帰る身としては心配です。

P1040333 日本語の幼稚園でも数字のお勉強に入りました。

4桁の足し算とかやっているみたいなんですが家で「10が2個あると?」と聞くと「12」と答える状態。うーん。母の能力不足かDNAの問題か道は険しいです。だんなさまは算数得意だったそうなのでがんばって教えてもらいたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »