« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

Korean Cooking Class

ご近所の韓国人のお友達にお願いして韓国料理教室を開催してもらいました。「私あんまり上手じゃないから~」とこれまたご近所の料理上手の韓国の奥様に講師になっていただき教室開催です。日系食材店より韓国系のほうが何店もあるのですがどれもここ10年以内にできたお店ばかりだそうでそれより前は、海外暮らしの基本「ないものは作る」で暮らしていてすっかり何でも作れるようになったそうです。

P1050069海鮮パジョン(韓国風お好み焼き)とスンドゥブチゲ(豆腐の辛いスープ)を教えていただきました。

メニューとしては挑戦したことがあるものだけれど本場のやり方を生で見せていただくのはやっぱり発見がいっぱい。やっぱりお料理教室って楽しい~。

手際よくぱぱっと、あっという間に出来上がり。生徒は何も働かず作って頂いただけですが。

メインの2種に加えお姑さんの自家製キムチと玄米&黒米入りご飯も出してくれました。

P1050070 韓国の正式な食器の配置。ご飯と汁物の位置は一緒だけれどお箸とお匙は中央に置くそう。ちなみに食器を持ち上げていただくのはNGです。

こんなに食べられないわ~といいながらいっぱい頂き残った分はお土産に頂き夕飯になりました。これまた韓国式で「お客さんは働かない」ということで食後の片付けも断られ、すっかり図々しい人となりました。

ホントおいしかった。レストランで食べるのとはちがうやさしい家庭の味。(辛いけどね)

近いうち復習しないと!第2回をお願いしてお開きとなりました。

P1050057 今回お願いした友人手製のキンパップ(韓国海苔巻き)つまみ食いでかなりの量を頂いてしまいました。

かなり前に習ったハングル語、もう一回勉強しようかしら?韓国料理はホントおいしい。大好き。

***************

P1050072 秋の栗シーズンに拾った栗。皮向いたまま冷凍庫にずーっと眠っていてもてあましていましたがたまたま見つけたレシピに使ってみました。

豚の塊を炒めたたまねぎ・にんじんとともに栗をいれ牛乳で煮込むレシピ。

見た目がぜんぜんおいしくなさそうなのにすごーくおいしくって久々にあたりレシピでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年長さんスタート!

4月になりました。(かなり前に・笑)

アメリカは9月が学校の新年度だけれど補習校は日本と同じ4月スタートです。

補習校は海外に住みいずれ日本に帰国後、問題なく日本の学校の勉強についていけるよう国語と算数を中心に勉強するところです。月曜から金曜は現地校に通い、土曜日の午前午後を使って文科省の教科書を使って勉強します。「帰国子女はいろいろ得」と思われがちですが実際は現地の言葉で現地の生徒と同様勉強する上に日本の子供が一週間かけてやることを土曜日の一日で勉強せねばならず親子共々大変な努力が必要です。普段の生活でぜんぜん使わない漢字を覚えていくのはさぞ大変だろうな・・・。

昔帰国子女のお友達を見て簡単に語学を習得し大学受験も有利だったりいいなーと思っていたけれど普通に日本にいるより断然大変だったんだなーと今になって思います。

とはいえ、我が家はまだ幼稚園児なので・・・・お気楽ですが。

先日入園式がありました。アメリカの学校には卒業式こそあれ入学式はありません。何かにつけて式をする日本とは対照的かも。

息子も入園式に向けジャケットネクタイを用意し革靴はいて登園です。(学校は現地校を土曜日だけ間借りしています)

日本っぽい校長先生がお話したり、お辞儀したり、まるで「日本」でした。

補習校の幼稚園ではひらがなや数字に加え「日本文化」を勉強します。小学校以降は勉強に時間をとられるので日本の季節の行事に触れる機会が少ないものの日本人として「文化」に触れる時間が必要とのことで幼稚園が設けられています。とてもありがたいです。

先週土曜日が初・授業でした。憧れのスクールバスに乗りお友達と登校。

相変わらず詳細を語らない息子ですが工作したり日本の歌を歌ったりしたようです。「日本の」リサイクルマークの勉強とかしてきました。確かにこちらで暮らしていると「プラ」とか「アルミ」のマークはみないのでいい勉強になっていると思います。

ランチはお弁当を持っていきます。お弁当箱は布巾に包んで持っていく日本式。ちゃんと広げられるかな?時間内に全部食べられるかなと心配していましたがきっちり完食して帰ってきました。

宿題も出てすっかりお兄さん気分です。

月曜から土曜まで(息子が)忙しい毎日です。

夫婦二人きりの土曜日・・・・さあ、ゴルフタイムです!!!???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »