« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

BUNCO@我が家

ご近所の奥様たちと月1回サイコロゲームBUNCOをする会に参加しています。

会場は持ち回りで家を提供します。子供のいる人はダンナさまやシッターさんに預けて参加。どこに行くにも車でないといけないのに飲酒運転は当然ご法度なのでご近所での家呑みを皆さんかなり楽しみにしているようです。

P1050284参加してかれこれ半年超。ついに我が家が会場となりました。

ホステスが軽い夕飯とワインほかの飲み物とおつまみを用意します。これまでピザとか冷凍ラザニアとか簡単な夕飯が多かったのですが先月すごい料理好きの方がホステスで豪華でした。最初はピザかなにかを出せばいいやと思っていたけれど当日が近づくにつれ、せっかくだし・・・とやっぱり作ることにしました。

シェルパスタのラザニア風キャセロールをメインにリーフサラダ、サーモンパイ、チーズのディップ、スピナッチボール・・・少しは日本ぽいものをと思って大根と大葉のサラダ。

意外と大根サラダ皆さんフツーに食べてくださって驚き。おつまみには先日の幼稚園でアメリカンキッズにうけたお煎餅も準備。一人すっごくはまり、ほぼ一人で1袋平らげて今度自分でも買うと張り切ってました。いいぞ日本スイーツ!

たくさん食べて、たくさん呑んで・・・今回はシッターさんに子供を預けている方が多かったので早めのお開きになり、ひそかにホッとしました。いつもエンドレスなのです。

アメリカ人にもいろいろいるとは思うけれど皆さん話し好き。初対面の人でもどんどん話すし、日本人には真似できないところもあるけれどこの社交性は見習いたいです。

日本に興味がある・関係がある(奥さんが日本人とか)アメリカ人がうちにいらっしゃる機会はこれまでもあったけれど全くフツーのアメリカ人を我が家にお招きするのは初でした。

家でのおもてなしはメニューの決定から後片付けまで大変だけれど終わった後はいつもやってよかった、と思います。(失敗ばかりだけれど)

P1050285 次回はお客さんなのでゆっくりじっくり飲みたいと思います。ところでワイン処なのに差し入れくださったワインは地元産はなかった。どうしてでしょう???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シアトルへ

P1050230 母の日当日はシアトルまで旅行してきました。

イチローのいるマリナーズと松井がいるエンジェルスの試合でした。

イチローは何度か見たけれど松井は初なので楽しみにいきましたが今期初の欠場。ついてなーい。でもお天気は快晴で夏のような空。イチローはたくさん打ったり盗塁したりでパパさんが頑張って探したいい席で見た甲斐がありました。

P1050241 野球に興味を持つにはまだ幼く、さりとてパパママと一緒にいれば幸せ、という年でもない息子は少々飽き気味。

彼にとってのハイライトは綿飴を食べること。遠くで売る綿飴のお兄さんが来るのをじっと待ち続ける姿はかなり健気でした。

夜はシアトル一おいしいという高級寿司店へ。サンディエゴ一おいしいおすし屋さんは本当においしくって感動したので今回もかなりの期待を胸に来店。

オープン時に満員。板さんも完全に日本人。(結構ラテン系のお兄さんが握っているところが多いのです。)

椀物は日本だと最後に出てくるけれどアメリカではスープ扱いなので最初に出てきたりします。きちんとした和食屋さんだといつ出すか聞いてくれるものですがおすしより先にお吸い物が出てきたあたりから危険な香りが・・・しかも味がないのですが?

握りを堪能しようとたくさん頼んだのですが、お皿のお寿司が目に入った瞬間「はずした」と思いました。魚が乾いていて、シャリが大きくって・・・。シャリが冷たい。コンビニのお寿司みたいなものでした。

温厚なだんなさまも相当お怒りの様子。なだめる術が見つからないお味。

残念でした。近所の回転寿司屋さんのほうがもしやおいしいのでは?で本当にがっかり。

シアトル一おいしいおすし屋さんは絶対別にあるはず。

翌日アウトレットでお買い物を楽しみ、やっと心が和みました。

あ、でも鶏唐揚げはかなりおいしかったです。息子用に頼んだ白飯も甘くっておいしかった。あの差はなんなんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母の日

先週のことですが母の日でした。

現在3つの幼稚園に通っている息子。おかげさまで母の日も3倍。

P1050206メインで通っている日本語の幼稚園からは恒例の母の日パーティにてフルーツポンチが振舞われ、歌のプレゼントもありました。今回は既存の歌の続きを子供たちが作詞して歌ってくれました。縦割り教育の幼稚園なので全員で歌うパートのほかに学年が違う子がペアになって少しずつ歌ってくれたりで昨年からの成長を目の当たりにしました。

今年の秘密のプレゼントは油絵でした。幼稚園のそばの森で小石を集めてコラージュ。壁掛け用の板を現在お友達のパパさんが作成くださっているのでそれにつけて飾る予定。楽しみです。

P1050218 補習校ではハートがいっぱい描かれたバスケットのプレゼント。中には母の好きそうな色を選んでテグスに小さいビーズを通したネックレスを頂きました。もちろん似顔絵つき。似顔絵のうらには「ままえ だいすきよ」の直筆メッセージ。「ハートのチョコもあげるよ」とバレンタインに誰かから頂いたチョコをつけてくれました。

P1050216 現地の幼稚園の母の日パーティには参加できなかったのですが似顔絵&メッセージをもらいました。メッセージには先生の入れ知恵も感じられますが・・・。

3箇所の幼稚園で3様のプレゼント。教育方針の違いと息子の取り組み方の違いがよく出ていて、思いがけずいろいろな幼稚園に通うことになったのもそう悪くないなと。

おかあさん、ありがとうより「息子よ、いつもありがとう」な母の日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近がんばってます

息子の幼稚園に限らずどこの学校でも年度の初めにアンケートが来ます。

「ボランティアできますか?

定期的に・月2回くらい・家でできることなら・特技等を子供に教える」

日本だったらNOに思いっきり丸付けちゃいそうですが、皆さんかなり参加されるので我が家だけごめんなさいもできない・・・。「手伝えるけど英語がちょっと・・」みたいなことを書いて提出したら

「では日本文化の紹介よろしくね」とかなーり前にいわれてました。

3月のお誕生日にやろうと思っていたけれど先延ばししてましたがやっと重い腰をあげました。

「5月5日子供の日」ということで。(ちなみにアメリカ的にはCinco de Mayoというメキシコのお祭りの日)

P1050146 やっと見つけた“Tokyo Friends"という日本文化とアメリカ文化を比較する絵本を先生に読んでもらって、兜のクラフト。子供の名前をひらがなで書いて兜に貼るようにしました。予想以上に好評でとってもうれしかったです。子供は素直な分反応が怖いので。

最後はスナックタイムに「日本のお菓子」

定番のおせんべいといちごポッキー。

イチゴポッキーをクリスマスにもらってすごくおいしかったと一人の子が飛び跳ねて喜んだ。写真のとおりグリコのイチゴポッキーはアメリカオリジナルのパッケージになってます。意外とどこのスーパーでもアジアン食材コーナーにおいてあったりします。

お煎餅はまずいといわれるのを覚悟で持っていったのですが、大好評。健康オタクが多い土地柄なのでヘルシースナックとして普段から食べるといっていたブロンドガールもいてこっちが文化の勉強をさせて頂いた感じです。

何はともあれよかった。肩の荷が下りました。

持っていったお煎餅もトレーダージョーで普通に売られている「ライスクラッカー」なので日本文化も結構浸透しているのかな。トレーダージョーでは最近冷凍の焼きおにぎりが売られていて在米日本人コミュニティーで話題の商品です。結構おいしいので重宝。

ハラキリ・サムライ・スシだけでなくBENTO(弁当)IZAKAYA(居酒屋)も英語になりつつあるのでまだまだアメリカで受け入れられる日本文化があるはず。ガンバレ日本!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »