« Bake Saleへ | トップページ | Origami Cranes »

ついに小学生。考えさせられます。

昨日、日本語補習校の入学式がありました。ついに息子も小学生です。

歩き始めたばかりで渡米し、なんやかやと引越しを経ながら気がつけば小学生になっている息子。日本語や文化をかなり意識して大切にしながら育ててきている一方でやっぱり息子はアメリカに育ててもらっていてバイリンガルというよりバイカルチャーな彼の人生は大変なことが多い分、花開く可能性もふえているのかな、と勝手に期待しております。

日本語補習校の幼稚部に昨年一年通ったわけですが日本人として小学校の入学というのは親としてやっぱり凄く感慨深いものがあります。

現地校も昨年の9月から小学校に通っているので日本ならではの「桜咲く春に入学」というドラマティックな演出に興味をもたないのでは、と危惧しておりましたが・・・

「ベネッセの進研ゼミ」の営業ダイレクトメールに入っている「進研ゼミを受けたくなるDVD」のお陰で一年生のかっこよさ、勉強するぞという強い意気込みを学び取り、かなり盛り上がって入学式を迎えました。

(ベネッセさん、受講しなくってごめんなさい。でも感謝です)

先日の一時帰国でじーじばーばに買っていただいたランドセルが更にヒートアップさせてくれました。ありがとうございます。

さて、入学式、ナニを着ていくか。日本だったら着物着ていくお母さんがいてもおかしくない状況か思いますが、ココはアメリカなのでね。非常に自由です。

我が家は夫婦でスーツ姿。息子もジャケットにタイ。日本の入学式にもOKな格好で行きたいと考えてました。補習校内はあくまで「日本」を再現する場ですから。スーツの人もいる一方でお父さんジーンズだったり、お母さんレギンスだったり。妹履きこんだクロックスだったり。

いざ入学式が始まっても非常にゆるーいかんじで。

自分が学校に通っているとき「式」なる日は会場に入るときから私語厳禁でちょっと鼻がムズムズしようと手を動かしたりせずピシッとしているようにしつこく指導されたものです。(もちろん別に動いてもいいじゃない、と思っていたけれど)

ビデオをまわす父兄もいて、それはいいけれど式中は子供の頭しか写らないわけで隙あらば子供の名前を呼び手を振るお父さん・・・。こういうのアリ?まあそこまでするのは日本人でないパパさんが多く、文化の違いかなと思うけれど、やっぱり残念な思いは拭えなかったのが本音です。

私の行っていた学校が厳しかったのか、昨今はこんなものなのか。今時の日本もそうなのでしょうか???

日本を離れてまもなく5年以上が経ちます。

あとどれくらいこちらにいるのか分からないけれどアメリカのよさを吸収しつつ、日本を知っている子供に育って欲しいと思っています。

来週からいよいよ教科書を使った勉強が始まります。日本の子供が一週間でやる分を土曜日の4時間で学びます。親子共々新しい節目を向かえ引き締めていきたいところです。

|

« Bake Saleへ | トップページ | Origami Cranes »

アメリカ暮らし」カテゴリの記事

コメント

入学おめでとう!!だいぶ色々な格好の人がいる入学式なのねー。
でも日本でも、私たちの時代とは違うところいっぱいあるんだろうね?きっと。日本での1週間分の勉強を土曜日の4時間で、って・・sweat01!?
大変だけどお友達と楽しく勉強できるといいね♪

投稿: kotosato | 2011年4月11日 (月) 10時23分

yoくん、おめでとうございます!
先日はお会いできず残念(涙)。チョコご馳走さまでした。
うちの子も先週入学式でした。純日本のは初です。ロンドンもゆるめでしたが、やはり日本はピシっとしてました。
補習校、忙しいけど頑張ってね。

投稿: takukenma | 2011年4月11日 (月) 14時58分

一年生ご入学おめでとうございます。あの小さかったyoyoちゃまが小学生!本人は勿論のことご両親様さぞかし嬉しかったことでしょう。いつのまにか小学生といってもおかしくないほどに成長し、ランドセルも様になってましたわね。元気で、素直な良い子に育ってくれたのも、パパ、ママの日ごろの愛情と努力の賜物と心からお祝い申し上げます。

投稿: yoyoba | 2011年4月12日 (火) 17時16分

今の日本が段々分からなくなっている私です・・・。
我が家で一番忙しいのが齢6つの息子って正しいのでしょうか・・・?
漢字とか歴史とかこれからいっぱい覚えるものがあるのかーと思うとふと気の毒に思ったりするときもあったりして・・・。

投稿: kotosatoさまへ | 2011年4月13日 (水) 12時43分

先日は残念でした!
K君、ご入学おめでとうございます。ニコニコ笑顔が目に浮かびます。
やっぱり日本はピシッとしてましたか・・・。
流石に最近は着物っていう人はいないのかしら。

投稿: takukenmaさまへ | 2011年4月13日 (水) 12時44分

ありがとうございます。
もう小学生、と思ったりまだベビーと思ったり。
ランドセルが思ったほど大きく見えなくって意外でした。普通、子供とランドセルどっちが主役か分からないアンバランスな感じになるでしょ。

投稿: yoyobaさまへ | 2011年4月13日 (水) 12時46分

ご入学おめでとうございます。わが家も同じく補習校で一年生になりこれまでの幼稚部とちがっていきなり先生もビシッ!教科書も渡され、お教室は各々の席があり全く雰囲気変わりました。
式に望まれたご感想を読んで、主人がいってた私に対する不平不満の意味が少し分かった気がしました。私も日本人学校の入学式を経験してきたものとしてこんなものという印象があります。主人もyoyomaさんも日本の私立の小学校でしょう?!きっと。それはそれは重厚な雰囲気の中親御さん達の大いなる期待をしょってのお式よねぇ。もっとびしっとしろ!とかこれから心入れ替えろ!とか夫に言われましたけれど、あまりピンと来なかったのはそういうわけかしらね。

投稿: yoyo | 2011年4月13日 (水) 19時29分

NYは補習校いっぱいあると思うけれど校舎はパブリックスクールを借りているのかしら?こちらは中学校を借りてやっているので机の高さも中学生サイズだし、中途半端な人数で白板に背を向けて座る子も出るような教室で微妙です・・・。
前行ってた方が何かときちんとしていてレベルも高かったので不安は尽きないです。

投稿: yoyoさまへ | 2011年4月14日 (木) 15時13分

ご入学おめでとうございます(^^)
こちらの日本人学校は結構厳かな感じで、式の最中にビデオとか撮れるような雰囲気じゃないし、ハンクの入学式のときジュリアが退屈してたんでクッキーかなにか食べさせようとしたら「式の最中は飲食禁止です!」って注意されたよーー。おなじ日本人学校でもずいぶん違うもんだね。

うちもだけど誕生日が3月だと「え、この間6歳になったばっかりなのにもう小学生?!」って感じだよね。
こちらで最初に会ったときはyoyoくんはまだ3歳児クラスに通っていたのに、はやいもんです!

投稿: | 2011年4月15日 (金) 12時31分

↑ ごめん、さっき名前書くの忘れました!

投稿: かよ | 2011年4月15日 (金) 12時32分

どちらの補習校も規模は同じくらいなだけにその差ばかりがいやに目立ちます・・・。
そちらのは事務局もしっかりしているし勉強そのものは大変だと思うけれどその分意味があるような気がする・・・。
3月生まれは何かとね。お友達の7歳のお誕生会の招待状がまもなく届く、とか驚かされること多いよね。

投稿: かよさまへ | 2011年4月15日 (金) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49202/39567174

この記事へのトラックバック一覧です: ついに小学生。考えさせられます。:

« Bake Saleへ | トップページ | Origami Cranes »