「裁縫」と「豊かさ」と「年の功」

先週月曜から金曜の朝9時から12時までお裁縫教室に通ってました。

通っているESLの教会が主催しているティーン向けのサマーキャンプなのですが「いいなー私が行きたい」と独り言をいったら先生が快諾してくださったので図々しくも参加させていただきました。

教会主宰だけあってたった$40で5日間。3名に一人くらいの割合で先生がつきもちろん材料費も込み。通ってわかりましたが先生方がどれだけ前もって準備を重ね当日を迎えられたかを思うとボランタリー精神の凄さに尊敬です。P1010239

各自ミシン持参でくるのですが私は日本においてきてしまっているので先生にお願いしてお借りしました。

なかなか年代モノです。私がお借りしたものより更にアンティークなミシンを使っている人もいたのですがすべて電動。母が昔持っていた嫁入り道具のミシンも小学校だか中学だかで私が使ったものも足踏ミシンでしたからアメリカがいかに昔から豊かだったかを知りました。先生(70歳以上)に足踏みミシンのことを話したら「私のお母さんが使っていた」と言いますから一世代分進んでいたんですね。戦争で敵わないはずです。

P1010265 お裁縫の方は子供向けなので生地もそんなかんじでしたけれどミシンを使ったのも下手すると20年ぶりくらいだったので楽しかったです。1日1個くらいのペースで作品が仕上がり、毎日息子が「いいじゃない!」とほめてくれるのが嬉しくて、励みました。

アメリカ的というかなんというか昔家庭科の授業でやった時はマチ針だ、しつけだ何だと直線ひとつ縫うにも手間が多かったように思いますが、今回はマチ針をちょろっとうってあとは勢いでガーっと縫う感じ。ティーンは勢い余って曲がっちゃったりそれなりに苦労していましたが年の功かお裁縫から離れていても昔よりよっぽどうまく出来上がり不思議です。年をとるっていうのも悪くないなと思いました。

アメリカでは家庭科のような授業はないそうです。なので下手をすると針を握ったこともないまま大人になります。今回も「玉止めを知っている人」と挙手を促しても数人だけでした。自分がティーンだった頃、(嫌いな数学はもちろん)美術や音楽等々殆どすべてにおいて、こんなことしらなくったっていいじゃない、と思いましたがたとえ忘れてしまっても大切な時間だったのだと今になって思います。昔、大人たちも「大人になれば分かる」というようなことを言ってましたがホントに大人になって分かりました。

そして今回の先生方。母かそれ以上の世代の方々でしたがいやな顔ひとつせず、親身になってご自身のできるベストを提供されてました。かなりお疲れだったことと思うのですが、どうしてあそこまでやってくださるのか、凡人の私には只、尊敬するばかり。「自分に与えられたGIFT(才能)を神様に委ねるとみんなにいきわたるのよ」とは先生の言葉ですがホントに凄い。ああいう風に年を重ねたいというのがこのキャンプで一番得たもの。

P1010252 途中、先生の一人がお誕生日で別の先生がお手製ケーキを準備。

凄い。凄すぎる。

アメリカにしては甘くなかったけれどこのケーキとジュースを出されても流石の私も無理でした・・・。

この辺はまだまだ日本のほうがいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LOVE マカロン!!

Dsc01065 マカロン大好き。

アメリカでは「マカルーン」と呼ばれるお菓子があるけれどミニバーガーみたいなサイズで固めのバリバリ食べるお菓子です。あまりメジャーじゃないけれど。

日本でお目にかかるような繊細な小さくって・・・なマカロンとは別物です。

というわけで繊細マカロンに思いを馳せつつフェルト教室でマカロンを作ってきました。

メレンゲとクリームそれぞれ好きな色を選んで作ります。なかなか地味な作業だったけれど3時間ほどで6つ出来上がりました。

どこに飾ろうかな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フェルト教室に参加する

Dsc00702 お友達のお友達(狭い日本人界なのでたどればすぐお友達♪)がフェルト教室をされていて念願かなって参加してきました。

羊毛フェルトという綿というか毛糸を解いたものというかを専用の針でちくちくと刺して形を整えるもので最近日本でも人気だそうですね。

動物のぬいぐるみやお菓子のミニュチュアを作るのが王道のようですがこちらの先生はシックなかわいいものを作っていらして今回はバラのコサージュorヘアゴム、というお題。大人っぽいモカブラウンで作りました。今回はシート状になったフェルトを使って作ったのであっという間にできました。凝り性なのですっかり気に入り早速少々材料を揃え家でも作ってみようかな~。旦那は頭にバラをつける妻にドン引きですが個人的には悪くないと思うのだけれど~。息子が触りたがるのが困ります。

写真右奥にある黄色と緑のマカロン、かわいいでしょう!針刺しとして用意してあったものですがマカロン好きとしては是非作りたい!今度のお教室で是非!とリクエストしてきました。

家庭科は好きだったけれど美術の成績は苦手の数学以上に悪かった私がクラフト物をやるとは人生わかりませんね~。アメリカはあまりかわいい色の素材が少ないそうで日本人好みのは日本のほうが揃うみたいです。今度日本に帰ったらお買い物したいわ。

寒い冬は家でやることが多くって困ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

やっぱり私は根暗だった。

昨年の今頃から始めたクロスステッチのUS MAP、ついに完成いたしました!

Dsc00001 っていうか正確には未完成のものをよしとした、というか。

ただでさえ広いアメリカ。州のアウトラインを入れて州名、町の名前、特産品や名所・・・

やり出したらきりがない。

ハワイアンキルトはあとから付け足すことは難しいし、縫い目を粗くする以外手の抜きようがないのですがクロスステッチは「この柄いれるのやめたー」のひとことでいくらでも簡略化できる。

Dsc00027 最初のころは気合が入っていたのでオリジナルの図案なんか入れちゃったりして。

お気に入りはイリノイ州シカゴ名物Deep-Dish Pizza。キッシュみたいな見た目ながら実はピザというきわめてアメリカンな一品。ハイカロリーながら結構美味しい。

だんだん苦痛になってきましてね・・・でもせっかくのアメリカ生活の記念にと作ったので訪れた場所はどうしても入れたくて。

刺繍は真ん中から徐々に左右上下に縫い進めていくらしいので中西部は本来そんなに縫いこむようなものないのに豪華な刺繍。

Dsc00028 一方、一番最後の方にやった西海岸。

力尽きてて、カナダ旅行で行った所も入れてみよーと始めたのはいいけれど、壮大すぎる大自然をオリジナル図案などで描けるわけもなく、地名のみ。

もういいやと見切りをつけてお店で額装してもらったらちょっとは見られるようになってうれしいです。

でも後から見れば縫い忘れも多くって、テキトーな性格がよく出てます。まさにオリジナルです。まぁ、いいかー。

日本地図よりアメリカ地図のほうが詳しくなりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

フラワーアレンジメントの会をする~秋のリースつくり

6月のフラワーアレンジメントの会のメンバーで第2弾として秋のリースつくりをしました。

Dsc09745 午前中にクラフト屋さんで集合してそれぞれイメージに合った資材をチョイス。

ハロウィン、サンクスギビングとイベント続きの秋、皆さんトーン抑えめのシックなオレンジ、ピンクの葉や実モノのアートフラワーをお買い上げ。近所のレストランでランチを済ませたあと我が家にて作りました。

皆さん初リース作りとのことでしたが今回も恐ろしいほどの集中力でどれもかわいくできました。

Dsc09749 私はゴールドがちょっと入った紅葉した楓をベースに紫のアジサイとブドウをつけてみました。

想像以上に暗めの仕上がりになってしまいましたがこれはこれでハロウィン後の秋に玄関を飾ってくれそうです。

およそ2時間ほどの無言製作タイムを経てお茶タイム。

今回は以前お友達に教えていただいたパステル風なめらかプリンを作りました。ちょっと緩めすぎました~。容器が厚めだったのでもっと火を入れるべきだったなー。

またクリスマスリースも作ろうと盛り上がり気がつけば夕方。あっという間の一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニット・デビューをする

Dsc08538伯母と従姉は長年編み物教室をやっている筋金入りのプロ・ニッター。(従姉のブログはこちら

少し前からかなり流行っているニットに仲良しさんがすっかりはまっていて一緒にやろう~といわれすっかりその気になって先日の一時帰国で伯母に習ってきました!

美術の成績は数学の次にひどいものでしたが、家庭科っぽいのは大好きなのですよ、私。

これまでもフラワーアレンジメント・ハワイアンキルト・クロスステッチ・スクラップブッキングと細々いろいろ続けてます。

ひとつ作りたいバックがあってそれにいい糸をアメリカから持ち込んで早速、基礎中の基礎から。結局滞在中にかぎ針も教えていただいたし、広く浅く(?)とりあえず習い、本も持ち帰って、その上伯母から糸のプレゼントまでいただきこちらに戻りました。

Dsc08531さて、その作りたかったものとはこちらのバック。

伯母のヘルプを受けられる日本にて「一応」仕上げるために毛糸の残り量と相談しながら編んだり解いたりしながら作りました。結構編んだから息子のセーターくらいは余裕で編めるほどの目数だったと思うわ。

残り糸でお花とチビポーチもできてニットバックの出来上がり~♪

じゃないのです!

やりたかったのはここから!?

Dsc08533まずは編みあがったバックのサイズを確認。

そしてこれをいざ洗濯機へ!!

そうすると・・・

Dsc08631 キャー縮んでるっ!

これでいいのです。

アメリカの激しい雑な洗濯機で洗うことで縮み毛羽立ち、フェルト状になるのです。

そのまま英語ではfeltedといってアメリカでは結構メジャーなものでfelted専用の糸が売っています。Dsc08634伯母の話によると日本の洗濯機では何度やってもフェルトにならないそう。珍しくアメリカの豪快さがいい方に働いてます。

どれくらい縮むかが良くわからないのでサイズを問うものを作るのはかなり難しそうですがバックならサイズが適当でもOK。

最初、水洗いモードで洗濯したら縮むだけで全然フェルトになってないので再度お湯洗いモードでやってみたら更に縮みました。

もうちょっとfeltedになってもいいかなと思うので3度目の洗濯をするか今迷い中。でも随分な小型バックになりそうだし・・・。悩むところ。

かぎ針のポーチもUpできるような代物ではないものの自分使いに耐える程度のできばえのが完成。勢いで4作品仕上がりました。今次のバックを編んでます。

ふと気がついたらアメリカ地図のクロスステッチもまだ未完成なので家ではクロスステッチを車で息子が寝てしまったり空いた時間ができた時に車中で編んでいます。

何度も伯母に出張教室で教えてもらいすっかり気合が入ってます。取っ掛かりがあると始めやすいですよね。伯母さま、ありがとうございます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お正月も終わった

昨年10月のハロウィンから始まりお正月までの一連のholiday seasonが無事終わりました。その場その場で切り抜けて何とか一通りイベントを楽しみました。

そして1月ー。

すっかり燃え尽き症候群です。雨続きの毎日に予想以上に気が滅入っております。なんとなくお料理モードでないし。でも地味にはまっていることがあります。

クロスステッチ。Dsc07335 地味だわ。

子供が生まれる前からハワイアンキルトをやっていて根暗な性分にひたすら針を動かすのが合っていたようで数点ながら結構大きい作品も作りました。

アメリカはキルトの本場なのでどこかで習ってみたいなと思いつつこっちのお稽古は平日夜か週末しかなくって、平日の息子が居ぬ間に習いたい私には未だ実現せずにいます。

お友達がクロスステッチをしていると聞き図案をお借りしてアメリカ全土の地図をチクチクやってみることにしました。12月から始めてやっと本土のアウトライン&州境がほぼ完成です。

Dsc07336 アメリカって本当に大きいです。チクチクとなかなか進まぬ針を動かし無いなりの知識でこの辺はどの町かな・・・などと思いながら進めています。

前住んでいた中西部の町はこの辺ね・・・なんて感傷的になったりして。

アメリカの州境が直線な理由を前どこかで聞いてなるほどと思ったのですが忘れました。わかる方、教えてください。

アウトラインが完成したら州名・州都をいれ名産物などを刺繍する予定です。お友達からの情報によるとこのあたりの駐在妻で完成させた人は一人しかいないと聞きます。その気持ちも非常に良くわかるのですが、何とか2人目になりたいものです。

根気が続いて完成したらこちらにも載せようと密かな目標。がんばります。(暗)

とはいえ毎日インドアな生活しているわけではないですよ。先日はお友達といったレストランが凄いおいしくって新年早々幸先いいわ。あまりにムーディな店内でカメラなど取り出せずでしたが。

他にも今更ながら宮部みゆきさんの「模倣犯」に夫婦でハマッて寝不足な上に夢見が悪い日々です。

日本のお友達からとっても心温まるサプライズギフトを頂き、嬉しかった。感涙です。久々にフラワーアレンジ熱が高まってまいりました。

地味に静かにいろいろ盛り上がっております、2008年。今年の目標はダイエットです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

最近ブログ更新が滞っております。

Dsc05641 最近、息子が寝た後、スクラップブッキングをやってます。

ちょうど1年前アメリカに渡ってからの分を今更、ね。今やっと年明けの位のを作ってます。

簡単に言えば手作りアルバム。1枚の台紙に「オリジナルセンス」を活かして写真を綺麗にコラージュしていく・・・。

家庭科ジャンルは好きだけど、美術ジャンルは苦手なのよね・・・。料理にしろクラフト系にしろ下手の物好きなので苦労します。「センス」どこかで売ってませんかねぇ。

まあヘタなりにそこそこまとまるような気がするのがスクラップブッキング人気の秘密だと思うのでめげずにやっています。先日開通したロケーションフリーで日本の番組を楽しみつつ手を動かすのが最近の夜の過ごし方。

でもお料理もやってますよ~。

Dsc05490 最近のダンナ様が夕飯不要の時の定番メニュー「納豆野菜炒め」

ひき肉・人参・椎茸・ネギ等々を炒め、最後に納豆も投入。ごま油と醤油が香ばしい一品。ご飯にかければ野菜も沢山摂れて、息子も気に入っているのでよく作ります。冷めてもおいしいし♪

もともとは希須林の納豆あんかけチャーハンを真似していたところからはじまったメニューです。だから、そのままチャーハンにしちゃう時もあります。あと卵入れたり。

お菓子も作ってますよー。

Dsc05480日本で従姉にご馳走になったマンゴープリン・ココナッツミルクソース。

ペリカンマンゴーではなく、東国原知事おススメの宮崎マンゴー(アップルマンゴーでしたっけ?)みたいなマンゴーが安売りだと1ドル以下で買えたりするのでそれで作りました。

マンゴー自体、甘みは十分だけれど、ちょっと筋が気になる。数千円の価値ある宮崎のマンゴーには到底及びません。でもプリンにしてみれば十分おいしい。ユルユルのプリンにコンデンスミルク+ココナッツミルクのソースをかければ、完全アジアモードです。ペロリ。

余談ですが宮崎のは本当においしいので是非一度たべてみてください!太陽できちんと熟されたマンゴーは甘いだけでなくコクがあってマンゴー観が変わります。高いけどね。

パンも焼いてますがスランプ未だ抜け出せず。

相変わらず膨らまない某パンと格闘続行中。今日焼いたプレッツェルは焼成したら穴が塞がりタダのパンになった。

料理の道もまだまだですな。楽しいからいいか~。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

イースターエッグを作る

そういえばイースターエッグを作るキットを買っていたのでした!早く作らねば!

先日行ったイベントのエッグハントはプラスチック製のカラフル卵でしたが、卵の殻に絵を描いたり色を塗ったりした自家製イースターエッグを使用するのが本当なんでしょうねぇ。

パーティ用品屋さんやスーパーなどで卵に色をつける簡単なキットが数ドルで売っています。

Dsc05024_1本来はホンモノ生卵に直接色づけしちゃうようですが、息子に(もしくは自分に)割られるリスクを考えゆで卵にしてからカラーを乗せました。

作り方は本当に簡単。キットに入った液体を水に溶かします。色は黄・緑・青・紫・赤の5色。

後は卵をしばらく漬けてから取り出し乾かします。

乾いたらラメ入りの液を塗ってキラキラ卵が出来上がり~。と説明には書いてありますが・・・。

Dsc05025 ラメ入り液体は凄い少量だしあんまりキラキラしないし・・・。しかもまだら(よく言えばマーブル)にそまった卵はかなり恐竜っぽい。もっと愛らしいものを予想していたのですが・・・。

2度違う色に浸せば2色使いの卵になると書いてありましたがあまり綺麗に色が入らず1色染め。

本当はイースターっぽい籠に入れたかったのですがちょうどいいサイズがなかったのでギフトボックスにラフィアを裂いたものを敷き詰めて巣に見立て詰めてみました。

Dsc05103 やっぱり恐竜っぽいです。

| | コメント (10)